ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

      2017/03/20

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

サイコロの1だけが赤いのはなぜ?

普段何気なく使っているサイコロ。

どうして1だけ赤いのでしょうか。

諸説あるようです。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

夕方になると胃が痛い 空腹時に胃痛が起こる原因について

胃痛を抱えている人は増加傾向にあるそうです。

夕方になると胃が痛いと感じたり、空腹時の胃の痛みなど、

仕事が忙しくなると中々食事の時間を取るのも大変な方も

いると思いますが、空腹時間を持続させないことは、

非常に重要となります。

軽く見ていると病気になってしまう可能性もあるそうなので、

しっかり胃のケアをして生活しましょう。

読書感想文の書き方は?書き出しや文章構成について

夏休みの課題などになる読書感想文ですが、

書き方がわからなくて、困ったりしていませんか?

ポイントを掴めば難しいことはないので、

書き出しや文章構成について知り、さらっと書いてしまいましょう!

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

寝る前の食事が太ると言われる理由について

寝る前に食事をすると太ると言われるのは、なぜなのでしょうか?

まず、寝る前に食事をすることは、中性脂肪を溜め込んでしまうことになります。

寝ている間は体をあまり動かさないので、高血糖状態が長く続き、
血糖値を下げるインスリンが多く分泌されるそうです。

インスリンは脂肪の分解を妨げる作用があるので、
それが結果脂肪蓄積に繋がります。

また、副交感神経が優位に働き、代謝は抑制されていますので、
それで体脂肪を溜めやすくなるということもあるそうです。

さらに夜になると副腎皮質ホルモンの分泌量が減ります。

これは、血糖値を上昇させてエネルギーとして消費しやすくする働きがあり、
エネルギーになりにくく、脂肪を溜めやすくなるそうです。

そして、夜は食事による熱産生が少なかったり、
脂肪を蓄積させるBMAL1が増えることもあります。

このBMAL1は午後3時が最も少なく、
午後10時から午前2時が最も多くなるとされています。

こう見ると、やはり夜の食事は太りやすいのかもしれませんね。

スポンサーリンク



  人気記事

寝る前の何時間前までなら食べてもいいのか

胃が食べ物を消化するまでに約6時間ぐらいかかるということでした。なので、やはり睡眠の6時間前に食事を取るようにするというのが一番いいのですが、会社勤めをしている方だとなかなか現実的ではないですよね^^;

かくいう僕も会社勤めの時は毎晩帰宅が10時以降。遅いときだと12時とかになっていました。

確かに一般的な人間の構造上は6時間前がベストだとされていますが、やはりこれには個人差があります。お腹が減りすぎて眠れなくなってしまて、夜食を食べてしまうということになってしまったら本末転倒ですよね。

ちなみに食べ物が胃から腸へ移るのには約1時間ぐらいかかると言われているので、約2,3時間前に食べれば、寝る直前に食べるよりは少し胃への負担は軽減できるみたいです♪

引用元-寝る前の食事はダメ?何時間前に食べると一番いいの? | 気になるDiary

スポンサーリンク



睡眠までの時間を空ければ夜の遅い時間の食事でもいいの?

実は寝る前の食事だけでなく
夜遅くの食事も太ってしまいます。

「えっ?寝る3時間前に食べれば良いんじゃないの?」
と思う人もいるかもしれませんが

最近の研究で夜中に食べると
太ることがわかってきました。

タンパク質の一種にBMAL1(ビーマルワン)という
成分があります。

この成分は脂肪を蓄積させる作用があり、
多ければ多いほど脂肪を溜め込んでしまいます。

またBMAL1は時間帯によって増加が見られ
昼間は少ないのですが、夜に増加する性質があり、

午後10時頃から急増し午前2時~午前4時頃に
ピークを迎えます。

つまり夜10時~午前4時の間に食べると
他の時間に食べるよりも太りやすくなるのです。

そのため夜仕事が遅い人は食事が遅くなり、
食べてからすぐに寝る傾向にあるので

どうしても太ってしまう傾向にあります。

引用元-寝る前や夜遅い食事が太る理由!おすすめのダイエット法は? | 健康一番

遅い時間に食事を摂らなければならない時はどうしたらいい?

忙しい毎日の中、このように帰宅時間が遅く、どうしても夕食時間と睡眠時間の狭間で悩みを抱える方も少なくはないと思います。

そこで、オススメしたい食べ物は!

ヨーグルト
ビタミン・ミネラル豊富な果物
ヨーグルト、ビタミン・ミネラル豊富な果物からは美肌効果が得られます。

小さめのおにぎり
消化の良いおかゆ
雑炊
お茶漬け
具だくさんスープ(スープはリラックス効果の得られる)
セロリ
パセリ
タマネギ
三つ葉
など、取り入れるといいでしょう。

遅い時間の夕食は、脂肪の摂取を控え、消化の良いものを中心に軽めにすませるようにしましょう。

引用元-寝る前に食べて良い物と悪い物はコレ【美肌の秘訣】 | 豆知識PRESS

寝る前の食事と病気の関係について

食べてすぐに寝ることは、代謝が下がったり、腸内環境が悪化するだけではありません!

寝ているときに仕事を増やすと上手く体が機能しないために起こる病気もあるのです。

例えば、起きているときの食事の後は、インスリンというホルモンが血糖値を調節しますが、
食べてすぐ寝る行為を続けていると、それができないために糖尿病になるリスクが上がります。

また、胃酸も上手く分泌出来ないので、慢性胃炎や胃潰瘍などの病気になるリスクが上がります。
更に、横になることで胃酸が逆流しやすくなり、逆流性食道炎にもなるのです。

引用元-食べてすぐ寝てはいけない!寝る前に食べると起こる怖い病気!

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学