ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

      2017/03/27

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

スポンサーリンク

  関連記事

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

納豆容器内にあるフィルムを綺麗にとる方法とは

納豆の容器の中にあるフィルムを取るのに苦戦している方もいるかもしれません。
ここではスライド手法と呼ばれる方法だそうです。
この方法は、全国納豆共同組合連合会(納豆連)でもおすすめしている手法であるそうですよ。

スライド手法について

1.容器のフタを開けます

2.フィルムを容器の端から少し出します

3.フタを閉じて、フィルムを引っ張って出します

中々外すのに手こずるフィルムですが、
内容も簡単なので、ぜひ試してみたいですね。

何より手が汚れないそうなので、そこが魅力かも。

スポンサーリンク



  人気記事

納豆好きからは早く知りたかったという声も

納豆好きの私ですが、こんな方法があるとは知らなかった!

いつもパックの納豆食べるとき、フィルムに豆がいっぱいくっついちゃうんですよね(笑)

取るのもめんどくさくて、いつも捨てちゃってます。

というか、こんな便利なやり方があるんだったら納豆のパッケージの裏とかに書いておいて、教えてくれればよかったのに(笑)

普段よく使ってるものだけど、知らないことっていっぱいあるんですね。まだまだ他にもあるのかな?

ちなみに、私が納豆食べるときはふつうにフタを開けてフィルムを取ったあと、フィルムをぐるぐる回して納豆の糸を取ってから食べてました(笑)このたとえでわかる人いるのかな?

引用元-これは使える!納豆がくっつかずにフィルムをはがす方法 – LIFENote

スポンサーリンク



納豆のフィルム トルネード手法という取り方も

a0002_011301_m

紙パックの場合のトルネード手法について

1.まず、納豆に接しているフィルムをつかみます
2.紙パック、もしくフィルムをクルクル回します
3.糸が1本になっているのを確認し、カップかもしくはフィルムを上下に動かします

フィルムの目的は、乾燥が進む納豆を保護することであるそうです。
完全に密封すると発酵がすすまないそうなのですが、
空気に触れすぎると乾燥が進んでしまうのですね。

やったことはありませんが、確かに理にかなっているのかもと思いました。

納豆容器フィルムのない商品も存在する

そもそも、なぜフィルムが入っているのか? その理由は「納豆が乾燥するのを防ぐ」「タレやカラシを乗せたときにネバネバがつかないようにするため」の二つだといいます。

 これらを克服して、フィルムなしで販売している商品があります。ミツカンの「金のつぶ パキッ!とたれ」です。2012年1月に発売されたこの商品。タレを小袋ではなく、ふたの上部に入れておき、ふたを割ると中身が出てくる仕組みです。

 フィルムをなくしても大丈夫なのか? ミツカンの担当者はこう説明します。

 「納豆は菌が生きているため、完全に密封してしまうと発酵が進みません。一方で、空気に触れすぎると乾燥を早めてしまいます。従来の商品でフィルムがあるのは、こうした乾燥を防ぐためでした。『パキッ!とたれ』では、ふたの中心をへこませることで ふたを割りやすくするとともに、乾燥防止の役目も果たしています。このような形状をとることでフィルム無しでも容器内の乾燥を最適にコントロールすることが可能となりました」

 見た目の楽しさだけでなく、乾燥を防ぐ工夫をした上でフィルムを外しているとのことでした。

引用元-Yahoo!ニュース

納豆の発泡スチロール容器はいつ頃から?

1960年代以降は、流通面で効率的なことなどから、一般的には発泡スチロール容器が使われている。発泡スチロール容器は積み重ねられる形状になっていて、2 – 4つを1セットとして売られている場合も多い。また、納豆を容器に入れたままかき混ぜて糸を引くことができるように、底に凹凸が付けられるなどの工夫もなされている。発泡スチロール容器の普及は納豆の消費拡大に大きく貢献した。ただし、藁に比べると通気性が悪く、また納豆の臭い成分を吸着しにくいために、納豆独特の臭いがこもって強くなる傾向がある。こうした風味の違いや、「自然食品」的なイメージから、一部の高級品や自然志向の商品、土産物では現在でも藁や経木を使う場合がある。
からしと納豆用のタレが付属することも多い。2008年には、ミツカンが新改良の発泡スチロール容器の製品を発売した。これは同梱のタレを従来の液状袋入りからゼリー状にして容器内の小室に直接注入したもので、納豆とタレ袋を分離するフィルムを廃して通気性を向上させると共にタレとの混合を容易にしていた。ただし長時間容器を傾けて運搬・保存できない、ゼリー状のタレと納豆との混ざりが悪い、という欠点があったためか2013年現在は、蓋に液体タレを内包させる新方式に変更されている。

引用元-納豆 – Wikipedia

 - 生活の知恵, 雑学