ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆のフィルムを手を汚さずに外せる方法とは?

      2017/03/27

納豆の容器を開くと納豆の上にかかっているフィルム。

各々外し方があると思いますが、

綺麗に外せる方法があると話題になっている方法があります。

スポンサーリンク

  関連記事

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

音痴の原因を探る カラオケ音痴を治すには?

音痴だから友人や会社の同僚と

カラオケに行くのが憂鬱、という方もいるかもしれません。

まずは音痴の原因を探り克服して楽しめるようにしましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法とは?

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

納豆容器内にあるフィルムを綺麗にとる方法とは

納豆の容器の中にあるフィルムを取るのに苦戦している方もいるかもしれません。
ここではスライド手法と呼ばれる方法だそうです。
この方法は、全国納豆共同組合連合会(納豆連)でもおすすめしている手法であるそうですよ。

スライド手法について

1.容器のフタを開けます

2.フィルムを容器の端から少し出します

3.フタを閉じて、フィルムを引っ張って出します

中々外すのに手こずるフィルムですが、
内容も簡単なので、ぜひ試してみたいですね。

何より手が汚れないそうなので、そこが魅力かも。

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

納豆好きからは早く知りたかったという声も

納豆好きの私ですが、こんな方法があるとは知らなかった!

いつもパックの納豆食べるとき、フィルムに豆がいっぱいくっついちゃうんですよね(笑)

取るのもめんどくさくて、いつも捨てちゃってます。

というか、こんな便利なやり方があるんだったら納豆のパッケージの裏とかに書いておいて、教えてくれればよかったのに(笑)

普段よく使ってるものだけど、知らないことっていっぱいあるんですね。まだまだ他にもあるのかな?

ちなみに、私が納豆食べるときはふつうにフタを開けてフィルムを取ったあと、フィルムをぐるぐる回して納豆の糸を取ってから食べてました(笑)このたとえでわかる人いるのかな?

引用元-これは使える!納豆がくっつかずにフィルムをはがす方法 – LIFENote

スポンサーリンク



納豆のフィルム トルネード手法という取り方も

a0002_011301_m

紙パックの場合のトルネード手法について

1.まず、納豆に接しているフィルムをつかみます
2.紙パック、もしくフィルムをクルクル回します
3.糸が1本になっているのを確認し、カップかもしくはフィルムを上下に動かします

フィルムの目的は、乾燥が進む納豆を保護することであるそうです。
完全に密封すると発酵がすすまないそうなのですが、
空気に触れすぎると乾燥が進んでしまうのですね。

やったことはありませんが、確かに理にかなっているのかもと思いました。

納豆容器フィルムのない商品も存在する

そもそも、なぜフィルムが入っているのか? その理由は「納豆が乾燥するのを防ぐ」「タレやカラシを乗せたときにネバネバがつかないようにするため」の二つだといいます。

 これらを克服して、フィルムなしで販売している商品があります。ミツカンの「金のつぶ パキッ!とたれ」です。2012年1月に発売されたこの商品。タレを小袋ではなく、ふたの上部に入れておき、ふたを割ると中身が出てくる仕組みです。

 フィルムをなくしても大丈夫なのか? ミツカンの担当者はこう説明します。

 「納豆は菌が生きているため、完全に密封してしまうと発酵が進みません。一方で、空気に触れすぎると乾燥を早めてしまいます。従来の商品でフィルムがあるのは、こうした乾燥を防ぐためでした。『パキッ!とたれ』では、ふたの中心をへこませることで ふたを割りやすくするとともに、乾燥防止の役目も果たしています。このような形状をとることでフィルム無しでも容器内の乾燥を最適にコントロールすることが可能となりました」

 見た目の楽しさだけでなく、乾燥を防ぐ工夫をした上でフィルムを外しているとのことでした。

引用元-Yahoo!ニュース

納豆の発泡スチロール容器はいつ頃から?

1960年代以降は、流通面で効率的なことなどから、一般的には発泡スチロール容器が使われている。発泡スチロール容器は積み重ねられる形状になっていて、2 – 4つを1セットとして売られている場合も多い。また、納豆を容器に入れたままかき混ぜて糸を引くことができるように、底に凹凸が付けられるなどの工夫もなされている。発泡スチロール容器の普及は納豆の消費拡大に大きく貢献した。ただし、藁に比べると通気性が悪く、また納豆の臭い成分を吸着しにくいために、納豆独特の臭いがこもって強くなる傾向がある。こうした風味の違いや、「自然食品」的なイメージから、一部の高級品や自然志向の商品、土産物では現在でも藁や経木を使う場合がある。
からしと納豆用のタレが付属することも多い。2008年には、ミツカンが新改良の発泡スチロール容器の製品を発売した。これは同梱のタレを従来の液状袋入りからゼリー状にして容器内の小室に直接注入したもので、納豆とタレ袋を分離するフィルムを廃して通気性を向上させると共にタレとの混合を容易にしていた。ただし長時間容器を傾けて運搬・保存できない、ゼリー状のタレと納豆との混ざりが悪い、という欠点があったためか2013年現在は、蓋に液体タレを内包させる新方式に変更されている。

引用元-納豆 – Wikipedia

 - 生活の知恵, 雑学