ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

      2016/01/25

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

頭痛で吐き気が伴う場合の原因とは?

頭痛を抱える人は大変多いと言われています。

その分、原因も多いそうです。

頭痛に吐き気も伴う場合はどうなのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

納豆でダイエット方法や注意点は?

納豆ダイエットは、1日に納豆を1パック(約50g)食べるだけ。
食事を減らす必要もないし、食べ方のルールもありません!
ご飯と混ぜて食べても、単品で食べても、料理に使ってもOKなんです◎

おまけに、食べるタイミングも基本的には自由。
朝でも昼でも夜でも、3時のおやつでも…。
自分の好きな時に、好きなように食べられるというゆる~い感じなので、
ダイエット法というよりは健康法に近いような!?

ただし、次の4点には注意してください。

1: 栄養が偏るので、納豆以外の物もバランス良く食べる(「納豆だけ」はダメ)
2: 食べ過ぎも良くないので、1日MAX2パックまで!
3: 大豆のアレルギーがある人は避けるべし!
4: 食べ続けるうちに身体に異変を感じるようになったら、すぐ止める

引用元-ホントの効果は?私の納豆ダイエット体験【ダイエットLAB】

いくらダイエットに良いって言っても、食べ過ぎはカロリーオーバーの元です。

それに、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きを持つ
「大豆イソフラボン」がとっても豊富なんだけど、
摂り過ぎは身体の中のホルモン分泌バランスを崩す可能性があります。

実際、狂ったように納豆を1日に何パックも食べていた時期は、
生理の周期が狂ったりしたことも><;
適度な量を摂っている場合は、体脂肪を減らしてくれたり、
美肌に効果があったり…と、女性に嬉しい成分なんですけどね。。。

引用元-ホントの効果は?私の納豆ダイエット体験【ダイエットLAB】

スポンサーリンク



  人気記事

納豆の大豆たんぱく質の効果で脂肪を燃焼する

納豆には大豆特有のタンパク質が含まれています。そのタンパク質とは「大豆タンパク質」。
大豆タンパク質は、肉や魚などに含まれるタンパク質と違って良質で、しかもカロリーが低いんです。なので、ダイエット中にタンパク質を摂るには、カロリーの低い大豆タンパク質を摂るとカロリーが抑えられて良いんですよ。
さらに大豆タンパク質には、脂肪の燃焼を促すアディネポネクチンという物質を増やす働きがあります。
大豆タンパク質をたくさん摂って、アディネポネクチンをどんどん増やせば、それだけ体にたまった脂肪がじゃんじゃん燃えてくれますのでダイエットにつながるんです。
代謝を上げるためには筋肉量を増やすことが大切ですが、その筋肉を大きくするためのタンパク質として大豆タンパク質は低カロリーで適しています。また、脂肪燃焼効果も兼ね備えているということで、ダイエット中に納豆を食べると、ダイエットしやすい体をつくれるんですね。

引用元-やっぱりすごい食材!ダイエットに役立つ納豆の6つ効果と食べ方| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

スポンサーリンク



納豆の大豆サポニンで太りにくい体質に

e054083481ef6096f2a4f003e9563465_m

大豆に含まれるサポニンには、太りにくい身体を

作る働きがあるんです。

 

 

 

 

このサポニンには、つまり肥満を予防する働き、

小腸から脂肪や糖質が吸収されるんですが、この吸収

をしにくくする働きがるんです。

 

 

 

 

小腸には、絨毛と呼ばれる突起のようなものが

あるんですが、脂肪や糖の吸収が良い人は、この

絨毛が太くなっており、より吸収効果が高いということ

なんです。

 

 

 

 

つまり、大豆サポニンを摂ることで、この絨毛が

うまく機能し、本来ある脂肪をや糖を吸収しにくく

する絨毛にもどしてあげる働きがあるんです。

 

 

 

 

このことによって、肥満を予防することができる

というわけなんです。

引用元-納豆ダイエットの秘密!驚きの効果は食事にプラスワンするだけ | ダイエットで人生がかわる

納豆の大豆イソフラボンがホルモンバランスを良好にする

納豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様な働きをします。そのため、ホルモンバランスを整えたり、乳がんを予防やアンチエイジングの効果があります。
イソフラボンは、エストロゲンが不足しているときには、エストロゲンを補う働きをし、エストロゲンが多すぎるときには、エストロゲンの働きを抑制する働きをしてくれるのです。

また、大豆イソフラボンにはコレステロールを下げる効果があります。血液中のコレステロールを下げることは、動脈硬化の予防だけでなく、ダイエットにも効果的です。
コレステロールが高くなると、体に脂肪を溜め込みやすくなってしまいますが、コレステロールの代謝を促進することによって、体脂肪を減らすこともでき、ダイエットに効果的なのです。

納豆は大豆イソフラボンが豊富に含まれ、女性にうれしい効果が期待できる食材と言えるでしょう。

引用元-【納豆ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism

納豆のカロリーはどのくらい?

■納豆1パック(約50g)当たり
エネルギー:100kcal
たんぱく質:8g
脂質:5g
炭水化物:6g
食物繊維:3g
カリウム:330mg
カルシウム:45mg
マグネシウム:50mg
鉄分:1.5mg
ビタミンB2:0.28mg
ビタミンE:0.25mg

納豆のカロリーは決して低いとは言えないかもしれません。たった1パックで100カロリー程度あります。これは脂質を多く含むのが原因といわれています。確かに、白米が50g当たり84キロカロリー程度なので、白米よりもカロリーが高いことがわかります。

しかし、納豆は、主食の炭水化物と違い、1日に何百gも食べるものでもないので、納豆がカロリーが高いからといって太る原因ではないといわれています。高カロリーであるが、太る原因にはなっていない「納豆」は、とても健康的な食材ともいえるのではないでしょうか。

引用元-納豆は高カロリーなのにダイエットに良い食材なのはなぜ?|welq [ウェルク]

 - 生活の知恵, 美容・健康