ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

      2016/01/25

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

コートの毛玉が気になる!できにくい素材やできにくくする対策とは

コートの毛玉は非常に気になります。

できにくい素材や予防できたりするのでしょうか。

コートの毛玉への対策とは?

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

納豆でダイエット方法や注意点は?

納豆ダイエットは、1日に納豆を1パック(約50g)食べるだけ。
食事を減らす必要もないし、食べ方のルールもありません!
ご飯と混ぜて食べても、単品で食べても、料理に使ってもOKなんです◎

おまけに、食べるタイミングも基本的には自由。
朝でも昼でも夜でも、3時のおやつでも…。
自分の好きな時に、好きなように食べられるというゆる~い感じなので、
ダイエット法というよりは健康法に近いような!?

ただし、次の4点には注意してください。

1: 栄養が偏るので、納豆以外の物もバランス良く食べる(「納豆だけ」はダメ)
2: 食べ過ぎも良くないので、1日MAX2パックまで!
3: 大豆のアレルギーがある人は避けるべし!
4: 食べ続けるうちに身体に異変を感じるようになったら、すぐ止める

引用元-ホントの効果は?私の納豆ダイエット体験【ダイエットLAB】

いくらダイエットに良いって言っても、食べ過ぎはカロリーオーバーの元です。

それに、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きを持つ
「大豆イソフラボン」がとっても豊富なんだけど、
摂り過ぎは身体の中のホルモン分泌バランスを崩す可能性があります。

実際、狂ったように納豆を1日に何パックも食べていた時期は、
生理の周期が狂ったりしたことも><;
適度な量を摂っている場合は、体脂肪を減らしてくれたり、
美肌に効果があったり…と、女性に嬉しい成分なんですけどね。。。

引用元-ホントの効果は?私の納豆ダイエット体験【ダイエットLAB】

スポンサーリンク



  人気記事

納豆の大豆たんぱく質の効果で脂肪を燃焼する

納豆には大豆特有のタンパク質が含まれています。そのタンパク質とは「大豆タンパク質」。
大豆タンパク質は、肉や魚などに含まれるタンパク質と違って良質で、しかもカロリーが低いんです。なので、ダイエット中にタンパク質を摂るには、カロリーの低い大豆タンパク質を摂るとカロリーが抑えられて良いんですよ。
さらに大豆タンパク質には、脂肪の燃焼を促すアディネポネクチンという物質を増やす働きがあります。
大豆タンパク質をたくさん摂って、アディネポネクチンをどんどん増やせば、それだけ体にたまった脂肪がじゃんじゃん燃えてくれますのでダイエットにつながるんです。
代謝を上げるためには筋肉量を増やすことが大切ですが、その筋肉を大きくするためのタンパク質として大豆タンパク質は低カロリーで適しています。また、脂肪燃焼効果も兼ね備えているということで、ダイエット中に納豆を食べると、ダイエットしやすい体をつくれるんですね。

引用元-やっぱりすごい食材!ダイエットに役立つ納豆の6つ効果と食べ方| ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

スポンサーリンク



納豆の大豆サポニンで太りにくい体質に

e054083481ef6096f2a4f003e9563465_m

大豆に含まれるサポニンには、太りにくい身体を

作る働きがあるんです。

 

 

 

 

このサポニンには、つまり肥満を予防する働き、

小腸から脂肪や糖質が吸収されるんですが、この吸収

をしにくくする働きがるんです。

 

 

 

 

小腸には、絨毛と呼ばれる突起のようなものが

あるんですが、脂肪や糖の吸収が良い人は、この

絨毛が太くなっており、より吸収効果が高いということ

なんです。

 

 

 

 

つまり、大豆サポニンを摂ることで、この絨毛が

うまく機能し、本来ある脂肪をや糖を吸収しにくく

する絨毛にもどしてあげる働きがあるんです。

 

 

 

 

このことによって、肥満を予防することができる

というわけなんです。

引用元-納豆ダイエットの秘密!驚きの効果は食事にプラスワンするだけ | ダイエットで人生がかわる

納豆の大豆イソフラボンがホルモンバランスを良好にする

納豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様な働きをします。そのため、ホルモンバランスを整えたり、乳がんを予防やアンチエイジングの効果があります。
イソフラボンは、エストロゲンが不足しているときには、エストロゲンを補う働きをし、エストロゲンが多すぎるときには、エストロゲンの働きを抑制する働きをしてくれるのです。

また、大豆イソフラボンにはコレステロールを下げる効果があります。血液中のコレステロールを下げることは、動脈硬化の予防だけでなく、ダイエットにも効果的です。
コレステロールが高くなると、体に脂肪を溜め込みやすくなってしまいますが、コレステロールの代謝を促進することによって、体脂肪を減らすこともでき、ダイエットに効果的なのです。

納豆は大豆イソフラボンが豊富に含まれ、女性にうれしい効果が期待できる食材と言えるでしょう。

引用元-【納豆ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism

納豆のカロリーはどのくらい?

■納豆1パック(約50g)当たり
エネルギー:100kcal
たんぱく質:8g
脂質:5g
炭水化物:6g
食物繊維:3g
カリウム:330mg
カルシウム:45mg
マグネシウム:50mg
鉄分:1.5mg
ビタミンB2:0.28mg
ビタミンE:0.25mg

納豆のカロリーは決して低いとは言えないかもしれません。たった1パックで100カロリー程度あります。これは脂質を多く含むのが原因といわれています。確かに、白米が50g当たり84キロカロリー程度なので、白米よりもカロリーが高いことがわかります。

しかし、納豆は、主食の炭水化物と違い、1日に何百gも食べるものでもないので、納豆がカロリーが高いからといって太る原因ではないといわれています。高カロリーであるが、太る原因にはなっていない「納豆」は、とても健康的な食材ともいえるのではないでしょうか。

引用元-納豆は高カロリーなのにダイエットに良い食材なのはなぜ?|welq [ウェルク]

 - 生活の知恵, 美容・健康