ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

      2016/10/24

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

納豆などの発酵食品の美容効果とは

アンチエイジングに重要なビタミンCやカロテン、ポリフェノール。これらの栄養素は発酵作用の過程における酵素の働きによって、効率よく働くのです。

そのため、免疫細胞が活性化され、体内での吸収がよくなるという効果があると言われ、抗酸化作用もより高くなります。

例えば、米の発酵液にはくすみの原因となるメラニン色素を抑える働きがあります。さらに乳酸菌の発酵エキスにはチロシナーゼの働きを阻害する働きがあり、美白効果が期待できるとされています。

また、納豆に含まれるポリグルタミン酸はヒアルロン酸の10倍の保水力があると言われ、保湿効果が期待できますね。

さらに酵素にはデトックス効果があると言われています。体内の老廃物を排出することで、便秘の解消につながり、ダイエットにもいいですね。

引用元-アンチエイジングには納豆!発酵食品で10歳若く見られる肌に大変身! | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

納豆の栄養素で美肌に効果がある成分

(1)大豆イソフラボン

大豆イソフラボンの嬉しい特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。また、コラーゲンの合成を促進させるのでお肌のハリを維持させ、肌細胞自体の新陳代謝も高めてくれるので肌の生まれ変わりが促進され保湿力が高まります。

(2)ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは血液をサラサラにする力を持っています。血液がサラサラになり血行が良くなる事でお肌の隅々まで栄養がいきわたり、美肌につながります。

(3)ビタミンB群

ビタミンB2は細胞の再生を促すと同時に肌に有害な過酸化脂質の働きを抑え、肌荒れを防いでくれます。ビタミンB6は、皮脂が過剰に分泌されるのを抑え、べたつきや吹き出物を防ぎます。

(4)アルギニン

アミノ酸のひとつであるアルギニン。成長ホルモンの分泌を助けます。

(5)粘液多糖類

納豆のネバネバ成分です。ビフィズス菌を増やす効果があります。ビフィズス菌は腸内環境を調え、便秘に伴う肌荒れやニキビを改善します。

(6)ポリグルタミン酸

納豆菌が発酵過程で作り出す納豆のネバネバ成分の一つで、ヒアルロン酸の約10倍の保水力があると言われています。

なんと納豆には、こんなにも沢山の美肌成分が含まれていたのです。そうと聞いたら、毎朝納豆を…!と思われたあなた。ちょっと待って下さい。食べ方にもポイントがあるのです。

引用元-肌荒れやニキビも改善!? 納豆のもつ美肌パワーとは | 女性の美肌・美容マガジンLBR

スポンサーリンク



キムチ納豆でより栄養素の効果を高めよう

f8ecca1a564ae838763388aeab6bf51f_m

納豆菌は乳酸菌を増殖させることにより、体内の脂肪を燃焼させ、
燃焼すると同時に腸内を洗浄するからなんです!!

キムチのカプサイシンで脂肪を燃焼させ、高たんぱくな納豆で
体に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維を補充してくれます。

ダイエットにも強い味方のキムチ納豆。

アメリカの健康専門誌『ヘルス』によると、
オリーブオイル、大豆、グリークヨーグルト、レンズマメ、キムチは
世界の5大健康食品として選ばれているほど、キムチと大豆は栄養が豊富です。

引用元-キムチ納豆で相乗効果アップ!美容に嬉しい栄養効果とは

キムチ納豆のおすすめの食べ方とは

キムチ納豆+玉ねぎ(整腸作用UP)

玉ねぎに含まれているオリゴ糖は、キムチに含まれている乳酸菌のひとつビフィズス菌の餌になります。玉ねぎを加えることで更に整腸作用がアップし、ダイエットや美肌に効果的となります。
キムチ納豆+たまご(ビタミン摂取)

たまごにはビタミンが豊富に含まれています。たまごを加えることにより栄養バランスがアップします。
キムチ納豆+チーズ(カルシウム摂取)

納豆に含まれているビタミンKとチーズのカルシウム。ビタミンKはカルシウムの働きを助けます。
キムチ納豆+ごま油(抗酸化作用)

ごま油にはビタミン、ミネラルが豊富な上に、抗酸化物質も含まれています。
また、ごま油をキムチ納豆にかけることでビビンバ風になると評判で、美味しく美肌、アンチエイジングを望めます。
キムチ納豆+オリーブオイル(抗酸化作用)

オリーブオイルも抗酸化作用など綺麗になりたい女性には嬉しい効果があります。キムチ納豆に加えることで味がまろやかになります。
キムチ納豆+トマト(旨味UP)

トマトには、リコピン、アルブチンといった美肌やアンチエイジング効果が期待できる成分が含まれている他、最近では脂肪燃焼成分があることもわかっています。

引用元-キムチ納豆ダイエットでより美容効果を上げる秘密と厳選レシピ

納豆の美容効果で老化をストップ

人間の体は、約60兆個の細胞からできています。この細胞を包み守っている膜(細胞膜)に存在する基礎物質の1つが納豆の原料である大豆に豊富に含まれているレシチンで、細胞に必要な栄養素を細胞内に取り入れたり、逆に不必要な老廃物を排出したりする働きを担っているのです。
 つまり、健全な細胞を維持していくためには欠かせない物質が、レシチンなのです。レシチンが不足すると、細胞の新陳代謝がうまくいかなくなり、心身ともに不調が生じやすくなります。逆にいえば、納豆を常食し、レシチンを十分に補給できていれば、細胞は生き生きと活動を続けられるということです。
 体内の細胞が活性化すれば、当然、若さを維持することも期待できます。実際、納豆に含まれるレシチンは若返りの成分といえるほど、私たちの老化を食い止める役割を果たしているのです。 加齢とともに体内には老化を促進させる過酸化脂質という物質が増えてきます。この過酸化脂質は、たんぱく質といっしょになるとリポフスチンという黄褐色の顆粒を合成し、細胞の核近くに沈着していきます。これが、老人性のシミの原因ではないかと考えられているのです。
 老人性のシミを予防し、美肌を維持するためには、リポフスチンを分解しなければいけません。現在、リポフスチンを分解するものとしては、納豆などに含まれるレシチン、同じくビタミンEなどが知られています。これらを積極的に摂取すればリポフスチンの分解が期待でき、老人性のシミを予防し、美肌を維持できるというわけです。
 そのなかでも、納豆は最強の美肌食といえるかもしれません。というのは、納豆はレシチンだけでなく、ビタミンEも豊富に含んでいます。じつは、レシチンとビタミンEの組み合わせは、肌などの若返り効果を高めてくれるのです。
 ビタミンEは、高い抗酸化作用を持っています。つまり、酸化する(サビつかせる)のを防いでくれるのです。レシチンには不飽和脂肪酸が含まれており、それは体内に入ると酸化しやすいという欠点があります。不飽和脂肪酸が酸化すると、レシチンの働きが弱くなり、若返り効果も落ちてしまいかねません。しかし、ビタミンEといっしょに摂取すればレシチンの不飽和脂肪酸が酸化することなく、若返り効果も期待できるというわけです。そして、レシチンとビタミンEを豊富に含んでいる納豆は、最も合理的な肌の若返り食といっても過言ではないでしょう。
 レシチンは、人間の細胞のなかには必ず存在するものですが、ストレスが多く、栄養バランスが乱れがちな現代人には不足傾向があります。また、加齢とともに細胞の新陳代謝が落ち、肌の潤いなども失われていきます。それをストップし、いつまでも若々しさを保つためにも、レシチンとビタミンEを含む納豆の常食はたいへん有効な手段だといえるでしょう。

引用元-21世紀の美容食・納豆/全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学