ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

      2016/01/25

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

スポンサーリンク

  関連記事

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

朝シャンの効果とは?ハゲるって本当?

朝シャンするのは、すっきりして気持ちいいものです。

ですが、朝シャンはハゲるという話もあります。

朝シャンによる効果とは?メリットやデメリットは何なのでしょうか?

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

昼食後の眠気が異常なほどある場合は病気の可能性?

学生も社会人も昼食は撮ると思いますが、

昼食後の授業や仕事中に眠くなること多くありませんか?

この眠気が起きていられないほどの異常な眠気である場合、

病気の可能性もあるそうです。

お年玉 小学生や中学生、園児にはいくら?使い道は株式投資?

近年の小学生や中学生のお年玉事情も時代とともに

変化しているようです。

園児には紙幣より貨幣が喜ばれる傾向もあるようです。

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

大安や仏滅って何?六曜の読み方や意味について

カレンダーなどで見かけることが多いと思いますが、

大安や仏滅の読み方や意味を知っていますか?

冠婚葬祭の日取りも左右させる六曜とは?

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

宴会や一発芸に!手品で簡単なトランプやコインを使ったマジック

手品が出来ると盛り上がりますが、

難しくて中々マスター出来ないものです。

比較的簡単そうな手品をまとめてみましたので、

参考にしてみてください。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

納豆の栄養と効果とは

納豆に含まれる栄養素とは何があるのでしょう?よく耳にするのは納豆キナーゼですが、納豆は大豆が原料になっているので、その栄養素である大豆イソフラボンなども含まれています。また納豆特有のあのネバネバの正体はペプタイドとフラクタンと納豆ムチンになります。納豆は大豆よりもビタミンB群が多くなっているので美肌の効果も発揮してくれます!
ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼとは、納豆にしかない酵素になります。効果はガンの抑制する力があり、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。
納豆ムチン

納豆独特の「ネバネバ」のことをムチンと呼びます。山芋などのネバネバも同じもので、正しい名前はグルタミン酸ポリペプチドと呼ばれています。肌の若返り効果もあり、うるおいのある肌にする力があります。
食物繊維

納豆に含まれる食物繊維は、100g中に7gととても多いです。これだけでは本当に多いのかとはわかりません。例を出しますとほうれん草100g中3.5gと納豆は倍の量の食物繊維が含まれているのです。
レシチン

レシチンの効果は便秘や肥満を解消してくれます。また記憶力の低下を防ぎ脳の働きを向上させる力があります。細胞の働きを活発にするので、日本の女性が、きめ細かい肌といわれるのはこのためなのです。
ビタミンB群・E

からだの疲れを取り、体の代謝を高め健康な体を作ります。血行をよくしますので貧血を防ぎ健康な肌を作ります。女性に大切な美容効果も抜群です。

引用元-【納豆の栄養】 – 大豆の恵み

スポンサーリンク



  人気記事

納豆の効果的な食べ方について

ストレートで夜1パックが基本
パックのままがヨーグルト感覚で手軽、後片付けも楽です。調理例としては、ごはんに納豆、味噌汁納豆、カレー納豆、オムレツ納豆、キムチ納豆、マグロ納豆、とろろ納豆、オクラ納豆。発酵食品やネバネバ食品の組み合わせが有名ですがなんでも有り、試す勇気次第です。

 

食べるタイミングは夜が良い
ナットウキナーゼによる血液サラサラ効果を活かせるかもしれないから。ナットウキナーゼの効力が続くのは10時間ほど。血栓ができ易い就寝中のその恩恵を得られるという考えからのようです。

いやいや、納豆は朝食では?と思う方、朝に食べたければ朝に食べましょう。大差は無いです。

 

適量は1日1パック
摂り過ぎると害をもたらすセレンの摂取量が納豆1パックで適量だから。2〜3パック食べたところで大きな問題は無いのですが、何事も適量が適度で適切、食べ過ぎは控えましょう。

 

混ぜる回数を増やしても栄養成分は変わらない
ネバネバ度合いが変わるだけです。混ぜる回数は好みに応じてご自由に。

 

熱に弱い
ナットウキナーゼは熱に弱いらしい。

 

ひきわりよりも大粒の方が栄養豊富
多少。つまり大差が無い。

引用元-納豆の栄養効果を再確認、1日1パックで健康に! – ランニング習慣

スポンサーリンク



納豆の健康効果について

25142f176074d0c2444e4fd81f337d88_m

納豆は、人体に不可欠な必須アミノ酸群をバランス良く含んでおり、ビタミンB2・E・Kなどのビタミン群、カリウム・亜鉛・カルシウム・鉄などのミネラル成分、食物繊維など栄養素も豊富である。

 さらに納豆とその原料である大豆独自の栄養成分が、高い健康効果をもたらす。 納豆の効用は、栄養的な素晴らしさだけでなく納豆菌自体の優れた作用に負うところが大きく、納豆には1gに10億個以上という納豆菌がいる。

納豆菌は胃酸にも耐えて腸にたどりつき、善玉菌の増殖を助けて整腸作用を発揮し、便通を改善。 悪玉菌がつくる腐敗産物の生成を減らし、有害物質を吸着して排泄を促すことから肝臓の負担を軽くし、肌や各組織にもよい影響を与える。

納豆菌がつくる酵素のひとつに近年話題になっている『ナットウキナーゼ』がある。
数ある食材の中でも納豆だけが含む酵素で、血液を固まりにくくし血液の流れをサラサラにし、脳卒中や心筋梗塞、動脈効果など生活習慣病(成人病)予防に役立つ。

また、納豆や大豆に含まれるフラボノイドの一種である『イソフラボン』は、更年期の、特に女性ホルモンに働きかけ、骨粗鬆症の予防や美肌・美白の効果があるとして近年注目されている成分である。

納豆の健康効果を挙げると、疲労回復、整腸作用、便通促進、滋養強壮、コレステロールの代謝 を促す、免疫力アップ効果、活性酸素の働きを抑え体の老化やがんを防ぐ、肌や皮膚を若々しく保つ、などがある。

引用元-納豆 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical

こんな人は納豆を食べて効果を得よう

(1)成長期の女の子
大豆イソフラボンは女性ホルモンを補い、女性らしい身体にしてくれるので、身長だけでなく乳房や性器の発達が著しい成長期の女の子が食べるとより効果が顕著に表れます。
「女の子の成長期はいつ頃なの?」と疑問をもつ人もいるかもしれませんが、”初経を迎える歳”がその目安と言われています。個人差はありますが、早い子で10歳から、遅い子でも15歳から始まるので、小学校の高学年から中学生の間で第1ステップがあります。
そのため、朝食に納豆を食べる習慣を身につけ、納豆の苦手意識をなくしていくと良いでしょう
(2)妊娠の準備ができた女性
こちらも大豆イソフラボンの栄養素が役に立ちます。上でも紹介したように、子宮内の状態を整えてくれる働きがあるため、受精卵の着床が良くなり、胎児が育ちやすくなります。また妊娠すると、ホルモンバランスが崩れて苛立ちや体調不良を起こすことがあります。大豆イソフラボンを摂取することで、それを安定しやすくなります。
摂取のしすぎは腹痛や下痢になる可能性があるので注意が必要ですが、朝ごはんに納豆を1パック分食べる習慣をつけると安定して大豆イソフラボンを摂取できるでしょう
(3)不規則な生活を送る人
夜間に仕事を行い、朝に帰宅して就寝、そして日が暮れるとともに起床してまた夜に出社する……。サービス業が増えるに連れて、そんなサイクルを過ごす人が急激に増えています。また激務で十分な睡眠が取れない人も多いかと思います。それはビジネスマンに限らず、卒業論文や宿題に追われる学生でもあり得るかもしれません。
そんな人たちに、ぜひ納豆を食べてもらいたいです。不規則な生活を送る人は、ホルモンバランスが崩れ、血行不良による肌荒れや貧血になりやすくなります。また夜に回復するはずの免疫が機能せず、低下している状態で身体を動かすため、風邪をひきやすくなります。

納豆に含まれている大豆イソフラボンやムチンの効果で、そのようなホルモンバランスの安定化、血行不良の改善、免疫回復を促進し、健康な身体に近づけることができるのです

引用元-納豆の栄養ってすご過ぎる!毎日の健康をサポートする6つの栄養素まとめ!|welq [ウェルク]

納豆菌は乳酸菌の助っ人役

納豆菌と乳酸菌の違いは、耐酸性にあります。
納豆菌は酸に強いので、生きて腸内に達する確率が
高いです。

しかし乳酸菌は耐酸性が低いため、胃酸に弱く、
腸内に達する可能性が低いのです。

腸内に無事辿り着いた乳酸菌や、もともと腸内にいる
乳酸菌を納豆菌がサポートし、増殖を助け、
腸内バランスを、整えてくれます。

そんなわけで、納豆に、乳酸菌の多い食材を合わせると
腸内環境を整えてくれる、非常に健康的なおかずに
なるわけです。
そして夜に食べるとさらに様々な効果が期待できます!

他にもいろんな食材と合わせて食べると、様々な効果が
あるので、好きな組み合わせを探求してみるのも、
楽しみの一つになりそうです。

引用元-納豆の効果的な食べ方は?夜納豆+発酵食品が一番! | 今日何食べる?

 - 生活の知恵, 美容・健康