ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

      2017/05/21

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

スポンサーリンク

  関連記事

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

納豆を加熱するとある成分が壊れてしまう

納豆は栄養価の高い食材です。
「ナットウキナーゼ」という成分は高血圧や動脈硬化を防ぎ
血液をさらさらにしてくれます。

このナットウキナーゼ。
実は納豆を加熱してしまうと壊れてしまうのです。

納豆オムレツ、納豆スパゲッティ、納豆チーズトーストのせ・・・などなど。
納豆のアイデアレシピは数多くあります。
どれも美味しいですよね。

ですが、このように調理をしてしまった納豆からは
ナットウキナーゼが失われてしまうのです。
納豆に血液サラサラ効果を期待するならば
加熱はやめましょう。

納豆をバリエーション豊かなレシピで楽しみたいと言う方には
ちょっと悲しい情報かもしれません。

ですが、大豆はタンパク質が豊富。畑の肉と言われています。
摂取するのは体にいいというのは確実です。

それでもやはり、
あったかご飯にもよく混ぜた納豆をのせる。
お醤油をたらりと回しかけ、さらさらと食べる。

これがベストとされています。
これもまた別々に混ぜて食べると最も納豆菌効果を得られるそうなのですが、
いずれにしても
「美味しいもの」こそが最良の栄養です。

あまり気にせず納豆ご飯をもりもり食べましょう!

引用元-納豆の栄養は加熱すると台無し?

スポンサーリンク



  人気記事

納豆を食べる際に気をつけたいこと

“納豆のNGな食べ方”について、お話していきたいと思います。
 
■1:常温で放置する
納豆は、要冷蔵食品です。うっかり冷蔵庫に入れ忘れて常温で放置すると、再発酵がはじまり、アンモニア臭がしたり、品質が悪くなったりすることも。
購入後は、すみやかに冷蔵庫にしまいましょう。
 
■2:加熱する
納豆に含まれる代表的な栄養成分“ナットウキナーゼ”には、血液をサラサラにしたり、免疫力を高めたり、血圧を下げたりする働きがあるとされています。ですがそれは、常温で食べる場合の話。
ナットウキナーゼは熱に弱く、70度を超えると効果が失われはじめるので、加熱調理は控えることをオススメします。
ご飯と一緒に食べるときは、別々の器に盛り、直接乗せないようにするとなお良いです。
 
■3:食べ過ぎる
いくら「体に良いから……」といっても、食べ過ぎはいけません。納豆には、“セレン”という抗がん作用・抗酸化作用を持つ栄養成分が含まれているのですが、摂りすぎることで吐き気や嘔吐、肝機能不全といった中毒症状を引き起こす危険があります。
成人女性のセレンの推奨量(㎍/日)は、25㎍なのに対し、納豆1パック(50g)あたり8㎍のセレンが含まれているので、1日3パック程度におさめるのが良さそうですね。

引用元-7月10日は「納豆の日」!スゴイ栄養を台無しにするNGな食べ方3つ – エキサイトニュース

スポンサーリンク



納豆を加熱しても他の栄養素は残る

5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_m

確かに、湯どうしした納豆はネバネバ感がなくなり、食べやすくはなるものの、血液をサラサラにする大事な要素がなくなってしまう・・・と言われます。

 

このネバネバ感が「ナットウキナーゼ」と呼ばれる、血液の流れをスムーズにするもの。血栓などが溶かされるので、是非とも食したいものですが、納豆の効能はナットウキナーゼだけではありません。

料理界の著名人、服部幸應先生によれば「ナットウキナーゼは熱に弱く、加熱をすると確かに効果は弱まるものの、納豆の骨を丈夫にする役割、腸内環境を整えたりする役割は、熱を加えても全く変わらない」と太鼓判です。

 

つまり、様々な口コミにある「納豆は生以外は栄養はない」という話は「間違い」だったことが判明。そもそも、納豆が何でできているのかを考えてみましょう。

大豆は畑の肉、と呼ばれる食べ物。大豆には、高タンパク質が含まれ、コレステロールを全く含みません。含まれるのは、脂肪・各種ビタミン・ミネラルで、妊婦さんが胎児の栄養のために食べることを推奨されるのもわかります。

引用元-納豆の栄養と効能! 加熱するとどうなる?一番の食べ方は | 健康な毎日を~幸せ元気もりもり生活

納豆とひきわりの栄養の違いとは

通常の納豆とひきわりでは栄養に違いがあり、通常の方が栄養が多くあるのですがひきわりは食べやすいように作られていて消化に良いです。

あまり噛んで食べない人にはお勧めできるタイプと言えます。

ひきわりは小さく刻まれたタイプなので食物繊維が通常のものより少なく、ポリアミンという動脈硬化を防止する成分が少ないのが特徴です。

これでは通常の納豆の方が栄養があるのですが、長所もあります。

実はひきわりの方がビタミンK2の含有量が多く、この栄養はカルシウム効果を持っているので骨を丈夫にして骨粗しょう症の発症率が下がります。

それ以外に傷の治りや出血を抑える効果があります。

このようにひきわりにも勝っている点もあるので、今まで通り好きな方を食べてもらっても結構ですので継続して食べていきましょう。

次からは栄養を良くする食べ方を教えます。

引用元-納豆の栄養は加熱やひきわりでどう違う!? | 自然な生活

納豆の栄養価は何回混ぜても変わらない

かき混ぜる回数と栄養価は関係ないようです。しかし旨味についてはかき混ぜる方が増します。
調べてみましたが、
「納豆の血液サラサラ効果は、およそ7割がネバネバの中に、残り3割が豆の中にあると言われています。かき混ぜるとネバネバが増える気がしますが、空気を含んだだけで、ネバネバの成分やナットウキナーゼ自体は増えていないからです。
一方、混ぜると、ネバネバの成分である “ポリグルタミン酸”がちぎれてきて、うまみの成分であるグルタミン酸が表面に出てきます。このため、よく混ぜると納豆の旨味は増すと考えられています。」
だそうです。
私は納豆本体よりもネバネバ部分が好きです^^;

引用元-納豆は混ぜれば混ぜるほど栄養価が高くなると聞いた事があるのですが、… – Yahoo!知恵袋

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学