ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

      2016/01/25

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

小1の壁や小4の壁の問題はどう乗り越えればいい?

保育園の問題は、社会問題となり大きく報道されています。

少しその陰に隠れているのが、学童保育の問題です。

いわゆる小1の壁や小4の壁と呼ばれるものですが、

他のママ達は、ここをどう乗り越えていったのでしょうか?

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

たまに心臓が痛い症状は肋間神経痛が原因?どんな人がなりやすい?

たまに心臓が痛いと感じる人は肋間神経痛かもしれません。

肋間神経痛とは肋骨に沿って走る神経が、

何らかの原因で痛む症状のことを言います。

場所が心臓あたりのため心配ですよね。

その症状や原因はどんなものなのでしょうか?

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

内蔵型冷え性を改善するための体質改善エクササイズ

自律神経の乱れも、内臓型冷え性の原因の1つ、日常的に汗をかく習慣をつけることで、内側から内臓の冷えを改善していきましょう。

激しい運動でしっかり汗をかく、というよりも、無理のないエクササイズで、じんわり身体を温める方法が適しています。オススメは、ウォーキングやホットヨガ、エアロビクス。

「1人ではなかなか継続が難しい」という方は、お友達を誘って、ジムのマンスリー会員になっておくといいでしょう。わざわざお金を払ってまで、と感じる方なら、仰向けにねそべって、両膝をかかえ、お尻を左右にゆっくりまわすだけでも大丈夫。

左回りに5回、右回りに5回、計10回を5セット、寝る前に5分続けるだけで、随分内臓型冷えの改善を実感できると思います。

生活習慣の改善にしろ、エクササイズにしろ、大切なのは、「続けていくこと」。
短期的な実践では、本質的な体質改善にはいたりません。

内臓型冷え性がエスカレートすると、感染症にかかりやすくなったり、身体のだるさがひどくなったり、生活に支障をきたすケースまで。

健康維持と美容のため、ぜひ今日から、冷え性改善に本格的に取り組んでみるのはいかがでしょうか。

引用元-内臓の冷えを改善!腸を美人にする生活習慣とエクササイズとは | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

リンパマッサージで冷え性対策

体の働きをコントロールし、体の中心に温かさを取り戻しましょう。それにはリンパマッサージがおすすめです。

リンパとは、血液から栄養を受け取って細胞に引渡し、細胞から老廃物を引きとって血液に戻す働きをしています。リンパの流れが滞ると、細胞からは老廃物や水分が出られなくなります。これがむくみや冷えの正体です。

お腹まわりは脂肪がつきやすく、リンパの流れも滞りがち。しっかりとりんパを刺激して、体の血行を良くし、お腹を冷えから守りましょう。

リンパマッサージの流れ
1.左右の鎖骨、首周りを優しくほぐす。
2.両脇の下→腕の関節→指先を優しく刺激する。
3.指を食い込ませるようにおへそまわりを刺激する。
4.太もものつけねをしっかりと揉む。
5.膝の裏や足首を優しくほぐし、最後に右の鎖骨をマッサージ。

お風呂上りやむくみが気になる時にリンパマッサージを行うことで、鈍った体の血行が改善され、体の中からぽかぽかするのが実感できます。温めた後はお腹を冷やさないようにしっかりと守り、熱が逃げないようにしましょう。

引用元-内蔵型冷え性を改善させるリンパマッサージ

スポンサーリンク



内蔵型冷え性は温かい食べ物で改善

気力を失っている内臓を元気にするには、やはり食事のとり方が全てと言っても過言ではありません
サラダなど生野菜は体を冷やすので、食べるときは温かいスープなどと必ず一緒に食べること
冷たい水や冷たいジュースは避けて、白湯やお茶、ジュース等は常温で氷は入れずに飲むこと

また、体を温める食材を積極的に取り入れることも内臓を温める補助になります
生姜をはじめ、唐辛子やシナモン、コショウなどのスパイスも体を中から温めるのでおすすめ
その他、ニラ、ネギ、玉ねぎ、パプリカ(ピーマン)、鶏肉、エビ、黒砂糖なども体を温めてくれます

食べるときは良く噛むのも、最低30回は噛む事を習慣づけるようにしてみてください
胃腸の負担を減らし、消化を促進し、働きも良くなります
もちろん食べる時には「腹八分目」ですよ

面倒臭くてもこういった地道なことを一つずつでも習慣にしていきましょう
お腹が冷えるという人でも、冷たいものを好んで食べたり飲んだりしている人がいますが
冷えているところに更に冷たいものを入れれば余計に冷えてしまい、正常に機能することができません

引用元-お腹が冷たい原因|内臓の冷え性は食べ物の改善が重要です

身体を冷やす食べ物は避けるようにする

bsTSU882_natunokakigoorino

内臓型冷え性は、内臓が冷えたままでは改善しません。内臓を外から温める「外からのケア」と、食事や運動などをして内側から温まる「内からのケア」を心がけることです。 体を冷やす食べ物はできるだけ避けます。ビール、さしみ、すし、生野菜、冷菓子などで、これらは体の熱を奪って、内臓が冷えます。また、温かくして食べても身体を冷やす食べ物があります。夏野菜がそうです。トマト、キュウリ、柿、梨、イチゴなどの果物は避け、冷やさないようにしましょう。香辛料は体を温める作用があります。生姜、唐辛子、コショウなどをうまく使いましょう。
運動不足は、冷え性の原因です。日頃から気軽に身体を動かす習慣をつけていきましょう。運動で筋肉を動かし、身体をあたためることが大事です。寝ている間は、新陳代謝が低下して身体は冷えやすいもの。寝るときに温かくして休むことも重要です。夏にはクーラーをつけっ放しで寝るのは避けたいものです。入浴も体を温めるためには効果があります。ぬるめのお湯で、下半身をじっくり温めるのが良いでしょう。内臓が温まりやすくなります。

引用元-内臓型冷え性の原因は自律神経の乱れによる血行不良です!

内蔵型冷え性に効果的なカイロの使い方

内臓型冷え性の改善には、体の芯を温めることが大切です。たとえば、温かいスープを飲むなど体を温めるような食事をとる。あるいは運動をして筋肉をつける、といったことが効果的ですが、忙しいとなかなかできないこともありますよね。
そんなとき、手っ取り早く内臓型冷え性を改善できるのが、カイロで直接温めること。
貼る場所は腰回りの以下の2か所が効果的です。

【カイロを貼る場所① 下腹部】おへそから指4本分ほど下のあたりには丹田というツボがあり、腸を温めることができます。

【カイロを貼る場所② 仙骨】
お尻の割れ目の上あたりにある出っ張った骨のあたり。脂肪が少ないので、より効果的に温めることができ、内臓全体が温まります。

カイロは肌に直接貼らない、就寝時には使わないなど、低温やけどに注意して使いましょう。
日を追うごとに気温が下がってくるこの季節。本格的に冬が来る前に、ぜひ内臓型冷え性の改善を!

引用元-「内臓型冷え性」を改善するカイロの効果的な貼り方 | やせワザ | ダイエット、レシピ、運動のことならフィッテ | FYTTE

 - 生活の知恵, 美容・健康