ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

      2016/04/08

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

内蔵型冷え性とは またその原因とは

内蔵型冷え性・・・・・・ちょっと聞き慣れない言葉ですよね。内蔵型とはその名の通り、腸などを指します。
内蔵型冷え性の原因は、体温調節を司る自律神経が正常に機能しなくなることと言われています。

人間の体は、手や足などの末端部分よりも生命の維持に必要な体幹部分を守るように働いているのが正常な状態です。
寒ければ手足の血管を収縮させ体の中心に血液を集めて、体の機能が落ちないよう体温を維持します。

ですが、自律神経に異常をきたすと、末端の血管を収縮出来ずに手足は暖かいまま、末端の血液を内臓に送れないため内臓が冷えてしまうという現象が起きます。これが内蔵型冷え性です。

引用元-夏の冷え性の原因!怪談話より怖い冷え性のタイプとは!? | あいねっと

スポンサーリンク



  人気記事

内蔵型冷え性かをセルフチェクしてみよう

もしかして私って内臓型冷え性かも!?

そう思ったあなたは、簡単にチェックができますのでお試しください。内臓の温度を測るとよいそうです。

10分間測定可能な体温計をご用意ください。最近の体温計は長時間測れないタイプのものが多いようですのでご確認くださいね。体温計を用意したら10分間腋の下にはさんで普通どおりに測定します。

10分間腋の下にはさんでいると内臓の温度に近づくということです。初めて知りました!

そして、10分後に体温計が36.3度以下なら内臓型冷え性の可能性があるらしいのです。

内臓型冷え性というように、四肢末端冷え性や下半身冷え性のように手足が冷たくなることはなく(中には内臓型と他の冷え性を併せ持つ方もいるそうですが)手足の温度は暖かいのが特徴とのこと。

また、寒い日にだるさを感じるのも内臓型冷え性の特徴。

どうでしたか? 36.3度以上ありましたか? 36.3度以下の方、ご心配な方は、専門医に一度ご相談いただくとよいかと思います。

内臓型冷え性はとっても怖い冷え性なんだそうですよ!

引用元-危険な冷え症内臓型冷え性をご存知ですか?

スポンサーリンク



内蔵型冷え性の症状について

bsN189_boudesasu

内臓型冷え性は、通常の冷え性の「身体が冷える、寒い」の他に
以下のような自覚症状がある場合が多いです。

・お腹が冷える
・お腹がはりやすい
・厚着をしても身体が冷える
・風邪をひきやすい
・倦怠感がある
・冷えがひどく動けなくなる時がある

内臓型冷え性の弊害としては、
胃腸の働きが低下することによる便秘・下痢が起こりやすくなることや、女性の場合は生理不順や不妊、男性の場合は薄毛やEDの原因にあることがあります。
血行不良から肌にも悪影響が出たり、新陳代謝が悪くなるのでむくみが出て更に血行が悪くなる・・・といった悪循環に陥ります。

内臓型冷え性は以下の方法で確認することもできます。

 ①手のひらを、へその上と下、それぞれに置きます。
 ②へその下よりもへその上の方が冷たい場合、内臓型冷え性の可能性が高いです。

引用元-内臓型冷え性ってどんな症状?改善方法は?

内蔵型冷え性の危険性

内臓型冷え性は、内臓が冷えるタイプの冷え性です。

末端冷え性などと違い、自覚症状があまりなく、
「なんとなく風邪をひきやすい」「なんとなく倦怠感がある」
程度にとらえがちな内蔵型冷え性ですが、
実は放っておくとさまざまな病気にかかる可能性があります。

そもそも、内臓型冷え性が進むと、脳の機能も全体的に落ちてきてしまいます。

そうなると、思考力もさがり、身体に不調が現れ、また抵抗力や免疫力も低下します。

また、内臓型冷え性で冷えるのは身体の中の臓器のため、腸や膀胱にも冷えが及びます。

腸が冷えるとおなかにガスがたまり、便秘や下痢の原因にもなってしまいます。

また、膀胱は冷えることで細菌が繁殖しやすくなり、膀胱炎になる危険性が高まります。

女性であれば月経のリズムが狂ったり、
止まったりすることもありますし、
機能性胃腸障害なども内臓型冷え性が原因で引き起こされることがあります。

しかし、この内臓型冷え性で最も怖い点は、自覚しづらいということでしょう。

さまざまな身体の不調が現れても、内臓型冷え性が原因だとは気づきにくく、ただの風邪や体調不良で済ましてしまうことになります。

引用元-内臓型冷え性.com

夏に悪化傾向の男性もなりやすい内蔵型冷え性

お腹のみぞおち辺りを触ってみてください。
手足は温かいのに、お腹のあたりが冷えていていたら危険なサイン。これがいわゆる「内蔵型冷え性」の特徴です。
自覚症状がないため、なかなか冷え性だと気づかず、放っておかれることが多いため、「隠れ冷え性」とも言われています。

冷え性で多いのは、手先足先が冷える「四肢末端型冷え性」タイプ。これは女性に多く見られるものですが、いわゆる一般的な「四肢末端型冷え性」とは異なる「内蔵型冷え性」の場合、男性にも多くみられるのが特徴です。そして「内蔵型冷え性」は、冬より夏に悪化する傾向のある冷え性なのです。

そのメカニズムは……。

体温調整には血管が関係していて、暑いと血管は広がり、寒いと縮みます。
猛暑下の体は、自動的に血液を広げて血流をよくすることで、体の外に熱を逃しています。つまり、この働きによって、暑い夏は体の熱が外へ逃げやすいようになっているのです。

そこに必要以上のクーラーや冷たい飲み物の摂りすぎると、体は芯から冷え、余計に熱が逃げやすくなってしまいます。結果、体の熱が必要以上に奪われ、内臓が冷えきってしまうことに……。

「内蔵型冷え性」の顕著な症状は、下痢や便秘なので、心当たりがある方は、体が冷えすぎていないかを確認しましょう。また、腸が冷えると免疫力が低下し、風邪などの病気にかかりやすくなってしまうので、十分な注意が必要です。

引用元-男性にも多い、夏の隠れ冷え性! 猛暑下のダルさの原因は「内臓型冷え性」かも!?(tenki.jpサプリ 2015年8月3日) – 日本気象協会 tenki.jp

 - 生活の知恵, 美容・健康