ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

      2018/12/28

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

スポンサーリンク

  関連記事

震災犠牲者鎮魂の意を込める神戸ルミナリエイルミネーション

神戸ルミナリエのイルミネーション、

今年は、日本初公開となる屋根つきの回廊「ガレリアコぺルタ」を展示し、

光のトンネルを通り抜けることができるそうです。

北海道旅行 ぜひ食べたいホテルの朝食

北海道は食べ物がおいしいとよく言いますが、

宿泊するホテルの朝食のレベルがまさに全国のなかでも

高評価なのです。ぜひ食べてみたいですね。

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

北海道のスキー場のオープン状況は?

スキー・スノーボートの季節となりました。

しかし、北海道のスキー場では続々とオープン延期が

出ているようです。雪が少ないのが原因のようですね。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

青森県の寒い冬に温もりのストーブ列車

青森県津軽鉄道のストーブ列車は、

車内にダルマストーブをつけて温まったり、

窓から地吹雪の景色を眺めるのが醍醐味です。

迫力と魅力たっぷりの日本三名瀑を知る

日本三名瀑は、一般的に華厳の滝、那智の滝、袋田の滝の

3つの滝とされています。

どこも情緒があり、一見の価値ありです。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

天空の里と呼ばれる徳島県の祖谷 癒しスポット

ゆったりと流れた時間の中で少し休憩しませんか?

徳島県の西祖谷ではそんな時間を最高の形で

迎えられそうです。

天空の里と呼ばれる長野の秘境で日々の疲れを癒す

長野県飯田市上村は日本の秘境と名高く、

遠山郷のさらに奥地に位置する下栗集落は

天空の里とも呼ばれているそうです。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

人気の北海道トマム雲海テラス 冬は霧氷テラスへ変身!

夏に人気だったトマムの雲海テラスは多くの人が訪れています。

そんな雲海テラスが冬の間は霧氷テラスへと変身します。

氷点下の神秘的な世界を体験しましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

長野県の小諸城について

長享元年(1487年)に大井光忠によって築城されたと考えられている[1]。戦国時代、武田信玄の東信州経営のために現在の縄張りとされた。現在残っている城跡の元になったものは信玄の軍師であった山本勘助の縄張りだと言い伝えられているが、根拠となる史料はない。
安土桃山時代から江戸時代にかけて、石垣を構築した近世城郭に改修された。現在のような構えとなったのは仙石秀久の改修によるもので、三重天守もその頃に建てられたものであった[2]。天守には桐紋の金箔押瓦が用いられていたが寛永3年(1626年)に落雷によって焼失している。
城郭は城下町である市街地よりも低地に縄張りされ、市街地から城内を見渡すことができ、このため穴城とも鍋蓋城ともいう別称がある。また、浅間山の田切地形の深い谷を空堀として利用しており、西側の千曲川の断崖も天然の防御として利用されている。

引用元-小諸城 – Wikipedia

スポンサーリンク



  人気記事

日本100名城の小諸城と日本さくら名所100選の懐古園

軽井沢駅よりしなの鉄道で25分。
日本100名城、日本さくら名所100選に選定されている懐古園。
四季折々の美しい情景をお楽しみいただけます。

懐古園は白鶴城や酔月城とも呼ばれた小諸城の跡で三の門には
徳川家達(いえさと)公の筆になる「懐古園」の大額が掛かっています。

小諸城は、全国的にも珍しい城下町より低い穴城で、浅間山の火山灰
で出来ている谷と丘を利用して造られ、水を用いず、崩れやすい断崖が堅固な要塞となっています。

また、文豪島崎藤村の千曲川旅情の歌「小諸なる古城のほとり」
でも知られる信州の名園となっています。

引用元-【歴史探訪】小諸城址 懐古園 |軽井沢プリンスホテル ウエスト

スポンサーリンク



小諸城址懐古園の桜の見頃やアクセスについて

[桜の場所] 小諸懐古園(こもろかいこえん)
[見頃時期] 4月中旬~4月下旬
[桜の種類] 染井吉野・小諸八重紅枝垂・他
[桜の本数] 約450本

[所在地] 長野県小諸市丁311
[最寄駅] JR・しなの鉄道小諸駅から徒歩約3分
[最寄IC] 上信越道小諸ICから約5分
[駐車場] 有(210台)500円
[入園料](共通券)大人…500円・中学生以下…200円
[入園料](散策券)大人…300円・中学生以下…100円
[開園時間] 8時30分~17時(動物園は16時30分まで)
[休園日] 12月~3月中旬まで水曜日(3月中旬~11月末までは無休)
[ライトアップ] 4月中旬から4月下旬(日没~22時)桜の開花に合わせて
[桜祭り] 小諸城址懐古園桜まつり…4月中旬~4月下旬

引用元-甲信越の桜名所と開花時期<2016年(桜前線)> | 疑問を解決!

小諸発祥の桜の小諸八重紅枝垂は必見

日本さくら名所100選に認定されている小諸城址懐古園。
広大な敷地の中にソメイヨシノ、ヒガンザクラ、シダレザクラなど
約450本が植えられています。
なかでも、小諸が発祥の地である小諸八重紅枝垂(コモロヤエベニシダレ)は必見!
紫がかった濃い紅色の花を咲かせる全国的にも珍しい桜で、
ソメイヨシノとの共演が美しい。
開花に合わせて、日没から22時までライトアップやボンボリの点灯があり、
幻想的な夜桜も楽しめます。

引用元-小諸城址 懐古園桜まつり | 子供とお出かけ情報「いこーよ」

小諸城址懐古園周辺のスポットで歴史を学ぶ

小諸城址懐古園周辺の名物と言えば、信州そばが連想されます。

そばのお食事処としては、小諸駅より徒歩5分の場所にある草笛や創業1808年の丁子庵、江戸時代の旧家を移築して来たはりこし亭、浅間山麓のそばの実のみを使っているそば七などがおすすめです。

小諸城址懐古園周辺の立ち寄りスポットとしては、小諸市立小諸義塾記念館や小諸市動物園、小諸市藤崎藤村記念館などがあり、これら施設は懐古園との共通券500円で見学する事ができます。

小諸市藤崎藤村記念館は、明治32年に恩師木村熊二の招きに応じて小諸義塾に赴任した際の藤村の小諸時代を中心とした作品や資料、遺品が多数展示されています。

藤崎藤村は、小諸時代に破戒や雲、旧主人、千曲川のスケッチなどを起稿したとされています。

小諸市立小諸義塾記念館は、藤崎藤村の恩師に当たるキリスト教の牧師である木村熊二により開設された私塾であり、現在は当時の資料などが展示されています。

引用元-小諸城址 懐古園夜桜ライトアップ!開催日時やアクセス、ホテル予約は? | いありーいべんと

 - イベント, スポット グルメ, 中部地方, 建造物, 歴史, 自然