ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

      2019/04/01

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

サイダーとソーダの違いとは?ラムネはどっち?

違いが曖昧なものの一つにサイダーとソーダの違いが

あると思います。もちろん知っている方もいると思いますが、

休憩中のちょっとした話題になるかもしれませんね。

昼食後の眠気が異常なほどある場合は病気の可能性?

学生も社会人も昼食は撮ると思いますが、

昼食後の授業や仕事中に眠くなること多くありませんか?

この眠気が起きていられないほどの異常な眠気である場合、

病気の可能性もあるそうです。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

イルミネーションを横浜で楽しむ

横浜でイルミネーションを楽しみましょう。

カップルや家族、女性同士でイルミネーションに

癒されませんか?

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

鍋に牡蠣を入れると縮むのを防ぐには?

牡蠣を加熱する際、気になるのは『縮み』です。

牡蠣は安全のために充分に加熱をする必要があります。代表的なノロウイルスによる感染を防ぐためには『85℃以上の温度で1分以上の加熱』が必要です。これは結構、火を通さないと駄目! ということです。

でも、牡蠣を加熱すると縮んでしまって、鍋物なんかにしたときに、見えなくなるくらい小さくなってしまうことってありますよね。それを防ぐいい方法があります。

それは片栗粉を使うこと。

加熱調理をする前の牡蠣に片栗粉をまぶしてください。片栗粉が肉を覆い、水分の流出を防いでくれます。水分の蒸発を防ぐ片栗粉の性質を知っておけば、豚の生姜焼きなどをつくるときにも応用が利きます。生姜焼きの場合は豚肉に片栗粉をまぶしてから、焼けばいいのです。

引用元-牡蠣研究! 牡蠣の縮み対策には片栗粉を使う | 食育通信 online

スポンサーリンク



  人気記事

箸でつかむと崩れる豆腐は塩水につけると崩れにくい

うちの家では豆腐は絹ごし派なのですが

お鍋の時はつかみにくくてイライラしますよね。

結局おたまを使って

豆腐を入れることになります。

水炊きの場合、ポン酢が薄まるので

あまりよろしくありません。

 

それが豆腐を崩れにくくする

ライフハックがあったのです!

 

水を張ったボウルに

大さじ1の塩を入れます。

そこに豆腐を入れて15分待ちます。

 

その後、普通に鍋で炊くと

崩れにくい豆腐になるのです。

 

理由は豆腐の水分を浸透圧で

少し抜いてあげることがポイントなのです。

豆腐は水分が多く含まれた時に

崩れやすくなります。

引用元-【これ考えた人天才じゃね】お鍋の牡蠣が片栗粉で縮まらない!豆腐が崩れない!鍋のアレンジレシピ!数珠つなぎ鍋!【ライフハック】 – ちむ!ちむちむ!ブログ!

スポンサーリンク



鍋で見失うマロニーはちくわと組み合わせると見つけやすい

お鍋にマロニーちゃんは定番ですよね。

水吸っちゃうんで、入れる量とタイミングは若干気を使うところはありますが、お鍋にマロニーいれますよね。

でも、マロニーはいれたのはいいのですが、どこにいったかわかりにくくなる上に、

箸でつかもうとすると、なかなかつかむことができずにいらっとしますよね。

そんなマロニーのいらっを解消する方法は、下ごしらえする段階でちくわを使うやりかたです。

ちくわを適当な大きさに切ります。

そしてちくわの穴にマロニーを隙間なくきつめに通します。

きつめに通すことがポイントですよ!

このように下ごしらえすると、マロニー通しがくっつくこともなく、お鍋の中で行方不明にならず、

箸で使い見やすいマロニーが出来上があります。

ちくわが一緒になってしまうという欠点はありますが…。

鍋の中を捜索して、見つけ出す手間を考えれば、ありなライフハックですよね。

引用元-お鍋ライフハック!牡蠣・マロニー・豆腐を食べやすくする方

美味しい鍋を楽しむためにお肉は沸騰してから入れる

お肉は、しっかり火を通した方がいいから先に入れるんじゃないの?
と思うかもしれませんが、沸騰してから入れるのがオススメ!

その理由は、

お肉を初めから入れると、鍋底にくっ付きやすくなる
お鍋の中での滞在時間が長くなると、お肉が固くなってしまう

から。

ある程度、具材がすでに入っている状態で、
お肉を鍋の中で泳がせるようにしながら火を通していくと、
鍋底にくっつきにくくなります。

底にへばりついたお肉を、お箸で無理やり剥がしてバラバラになったり、
鍋底に沈んだお肉を見つけた時には、カチンカチンに固くなってた(T_T)
なんて悲しいことも、なくなります。

お肉がお鍋の表面近くにあることで、火の通りも確かめやすいし、
ベストタイミングでいただくことが出来るというわけです。

途中でお肉を足す場合も、必ずだしを煮立たせてから入れる
のが、ポイントですよ!

引用元-鍋の具材!入れる順番しだいでお鍋がもっと美味しくなる! | All about family!

おすすめ鍋 豚肉とほうれん草の常夜鍋

常夜鍋(じょうやなべ)は「毎晩食べても飽きないほどおいしい!」ということから名づけられたお鍋です。水と料理清酒で煮込んだ、豚肉とほうれん草が主役の鍋で、お好みの具材を入れて煮るだけで出来上がる超簡単なおいしい鍋です。

材料と作り方

豚肉
ほうれん草
昆布

料理清酒
つけダレはポン酢しょうゆがおすすめです。鍋の煮汁に清酒を加えることで、豚肉の臭みを消し、コク深くうまみたっぷりに仕上がります。おいしさのコツは煮汁に料理清酒をたっぷり使うこと。最大で「水1:料理清酒1」の割合までお好みで足してみてください。

ほうれん草は煮ると灰汁(アク)が多く出ますから、気になる方はサッと下茹でし、よく絞ったものを使うといいでしょう。また、豚肉とほうれん草以外に合う具材として、油揚げやしめじなどがおススメです。

お子様がいるご家庭では「水10:料理清酒1」の割合で、10分ほど沸騰させてアルコール分を飛ばしてから食べるのがオススメです。
豚肉は事前に、料理清酒をふりかけて下味をつけておきましょう。より美味しく食べることができますよ。

引用元-いつもの鍋を美味しくするコツ | 自分で作る鍋料理のレシピまとめ

 - スポット グルメ, 生活の知恵, 雑学