ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

      2017/01/04

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

北海道美瑛町の青い池のライトアップ

北海道の美瑛町にある青い池。

幻想的な風景で人々を魅了します。

その青い池のライトアップされた景色を楽しみましょう。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

京都で女子旅やデートにも 秋に行きたいおすすめスポット

秋は京都へ足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

女子旅で秋の京都を満喫しましょう!

もちろんデートにもおすすめです。

伊豆の温泉へ女子旅 ゆったりとした時間を

温泉に浸かっておいしい食事を伊豆の温泉で。

女子旅でも人気のある伊豆の温泉で

日頃のストレスから解放されませんか?

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

鍋に牡蠣を入れると縮むのを防ぐには?

牡蠣を加熱する際、気になるのは『縮み』です。

牡蠣は安全のために充分に加熱をする必要があります。代表的なノロウイルスによる感染を防ぐためには『85℃以上の温度で1分以上の加熱』が必要です。これは結構、火を通さないと駄目! ということです。

でも、牡蠣を加熱すると縮んでしまって、鍋物なんかにしたときに、見えなくなるくらい小さくなってしまうことってありますよね。それを防ぐいい方法があります。

それは片栗粉を使うこと。

加熱調理をする前の牡蠣に片栗粉をまぶしてください。片栗粉が肉を覆い、水分の流出を防いでくれます。水分の蒸発を防ぐ片栗粉の性質を知っておけば、豚の生姜焼きなどをつくるときにも応用が利きます。生姜焼きの場合は豚肉に片栗粉をまぶしてから、焼けばいいのです。

引用元-牡蠣研究! 牡蠣の縮み対策には片栗粉を使う | 食育通信 online

スポンサーリンク



  人気記事

箸でつかむと崩れる豆腐は塩水につけると崩れにくい

うちの家では豆腐は絹ごし派なのですが

お鍋の時はつかみにくくてイライラしますよね。

結局おたまを使って

豆腐を入れることになります。

水炊きの場合、ポン酢が薄まるので

あまりよろしくありません。

 

それが豆腐を崩れにくくする

ライフハックがあったのです!

 

水を張ったボウルに

大さじ1の塩を入れます。

そこに豆腐を入れて15分待ちます。

 

その後、普通に鍋で炊くと

崩れにくい豆腐になるのです。

 

理由は豆腐の水分を浸透圧で

少し抜いてあげることがポイントなのです。

豆腐は水分が多く含まれた時に

崩れやすくなります。

引用元-【これ考えた人天才じゃね】お鍋の牡蠣が片栗粉で縮まらない!豆腐が崩れない!鍋のアレンジレシピ!数珠つなぎ鍋!【ライフハック】 – ちむ!ちむちむ!ブログ!

スポンサーリンク



鍋で見失うマロニーはちくわと組み合わせると見つけやすい

お鍋にマロニーちゃんは定番ですよね。

水吸っちゃうんで、入れる量とタイミングは若干気を使うところはありますが、お鍋にマロニーいれますよね。

でも、マロニーはいれたのはいいのですが、どこにいったかわかりにくくなる上に、

箸でつかもうとすると、なかなかつかむことができずにいらっとしますよね。

そんなマロニーのいらっを解消する方法は、下ごしらえする段階でちくわを使うやりかたです。

ちくわを適当な大きさに切ります。

そしてちくわの穴にマロニーを隙間なくきつめに通します。

きつめに通すことがポイントですよ!

このように下ごしらえすると、マロニー通しがくっつくこともなく、お鍋の中で行方不明にならず、

箸で使い見やすいマロニーが出来上があります。

ちくわが一緒になってしまうという欠点はありますが…。

鍋の中を捜索して、見つけ出す手間を考えれば、ありなライフハックですよね。

引用元-お鍋ライフハック!牡蠣・マロニー・豆腐を食べやすくする方

美味しい鍋を楽しむためにお肉は沸騰してから入れる

お肉は、しっかり火を通した方がいいから先に入れるんじゃないの?
と思うかもしれませんが、沸騰してから入れるのがオススメ!

その理由は、

お肉を初めから入れると、鍋底にくっ付きやすくなる
お鍋の中での滞在時間が長くなると、お肉が固くなってしまう

から。

ある程度、具材がすでに入っている状態で、
お肉を鍋の中で泳がせるようにしながら火を通していくと、
鍋底にくっつきにくくなります。

底にへばりついたお肉を、お箸で無理やり剥がしてバラバラになったり、
鍋底に沈んだお肉を見つけた時には、カチンカチンに固くなってた(T_T)
なんて悲しいことも、なくなります。

お肉がお鍋の表面近くにあることで、火の通りも確かめやすいし、
ベストタイミングでいただくことが出来るというわけです。

途中でお肉を足す場合も、必ずだしを煮立たせてから入れる
のが、ポイントですよ!

引用元-鍋の具材!入れる順番しだいでお鍋がもっと美味しくなる! | All about family!

おすすめ鍋 豚肉とほうれん草の常夜鍋

常夜鍋(じょうやなべ)は「毎晩食べても飽きないほどおいしい!」ということから名づけられたお鍋です。水と料理清酒で煮込んだ、豚肉とほうれん草が主役の鍋で、お好みの具材を入れて煮るだけで出来上がる超簡単なおいしい鍋です。

材料と作り方

豚肉
ほうれん草
昆布

料理清酒
つけダレはポン酢しょうゆがおすすめです。鍋の煮汁に清酒を加えることで、豚肉の臭みを消し、コク深くうまみたっぷりに仕上がります。おいしさのコツは煮汁に料理清酒をたっぷり使うこと。最大で「水1:料理清酒1」の割合までお好みで足してみてください。

ほうれん草は煮ると灰汁(アク)が多く出ますから、気になる方はサッと下茹でし、よく絞ったものを使うといいでしょう。また、豚肉とほうれん草以外に合う具材として、油揚げやしめじなどがおススメです。

お子様がいるご家庭では「水10:料理清酒1」の割合で、10分ほど沸騰させてアルコール分を飛ばしてから食べるのがオススメです。
豚肉は事前に、料理清酒をふりかけて下味をつけておきましょう。より美味しく食べることができますよ。

引用元-いつもの鍋を美味しくするコツ | 自分で作る鍋料理のレシピまとめ

 - スポット グルメ, 生活の知恵, 雑学