ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

   

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

耳の下が痛い時の原因とは

風邪をひいてリンパが腫れたり痛みを引き起こした事があるという方は多いでしょうが、特に考えられる原因もないのに耳の下が痛い場合に考えられ原因としてあげられる代表的な内容をいくつかピックアップします。

おたふく
おたふくって聞くと、幼少の頃にかかる病気という印象があるのですが、年齢関係なく発症する可能性がある病気です。 主に免疫力が落ちてしまっている時に感染しやすいと言われています。

中耳炎 や 内耳炎
耳の中の掻き傷などから細菌が侵入して炎症を起こし、痛みを伴う事があります。

虫歯
虫歯が原因で歯茎の腫れや炎症が起きていて、それと連動して耳の下に痛みが出る事があります。

顎関節症
口を大きく開けたり閉じたりした時にカクンカクンと音がする場合は顎関節症の疑いもあり、それと同時に顎下あたりに炎症が起こって耳の下が痛む事があります。

引用元-耳の下が痛い原因はリンパ? 何科に受診すればいい?くらしのはてな

スポンサーリンク



  人気記事

耳の下のリンパの痛みについて

全身に散らばる様々な器官の中でも、最も大きいものの一つが、耳下付近にあることが多いです。なぜこの部分だけが大きいのかという明確な理由はありませんが頭からつま先まで常に血液が流れていますが、血液の循環とも関係があるのではないかという説もあり、この部分にリンパ管が集まっている分、腫れた時に痛みを感じやすいのが特徴です。

この付近は、顎のラインと耳がちょうど交わる辺りに位置します。
特に炎症を起こしていない時でも、耳下辺りを軽く指で押すと、こりこりとしたいつもの肌感と違う僅かなしこりを感じる場合もあります。

引用元-リンパ痛み耳下について解説

スポンサーリンク



耳の下のリンパの腫れで考えられる病気とは

◎ 流行性耳下腺炎

馴染みの深い名称は 【 おたふく風邪 】 です。 ちょっと聞き慣れないですが、ムンプスウイルスに感染する事で発症します。 耳の下から頬、あごの下あたりが腫れて痛みも伴います。 ただ、1度かかるとウイルスに対する抗体が体内で作られるので、一般的には、2度目の感染はありません。

◎ 急性リンパ節炎

風邪に似た症状から始まり、発熱の後、耳の下 や 首、脇の下のリンパ節が腫れて痛みます。 ひどい時は、38度以上の高熱が1週間 ~ 1ヶ月に渡り続くことがあります。 軽度の場合は、しばらくすれば腫れも引き治っていきますが、重度の場合は、外科治療でリンパ節を切除する必要も出てきます。

◎ 風疹

【 三日ばしか 】 とも呼ばれます。 発熱の後、体全体に発疹が出てきます。 耳の下 や 、頸部リンパ節 が腫れる事もあり、主に小学生の子供の感染が多いです。 大人になってから感染すると重症化しやすかったり、妊婦さんが感染した場合は、お腹の赤ちゃんにも影響が出る事があります。

引用元-風邪で耳の下が痛い! リンパが腫れた時の対処法は? – 美と健康のはてな美と健康のはてな

耳の下の腫れで痛い症状がない時はリンパ節炎?

● 症 状
  リンパ節とは、一般にはリンパ腺といわれるもので、触るとグリグリとしていますが、炎症がなければ痛みはありません。一つだけのこともありますが、いくつか集まって触れることもあります。頚部全体で約200個のリンパ節があるといわれ、リンパ節が炎症を起こすと、腫れて痛くなります。
   
● 原 因
  かぜなどにより、細菌やウイルスが鼻やのどに感染すると、そこから体内に侵入します。そこで首にあるリンパ節が働き、細菌やウイルスが全身に広がらないよう食い止めます。その働きの結果としてリンパ節が腫れて痛くなるのです。この状態を、頚部リンパ節炎といいます。ただし、他にもリンパ節が腫れる原因は色々あります。

引用元-子どもの救急&病気 耳の症状|坂井耳鼻咽喉科 キッズサイト|愛知県春日井市|耳鼻科

リンパの腫れや痛い症状が引かない時は必ず病院へ

何日たってもリンパの腫れがひかないことや、マッサージも効果もないこともあります。

こうしたケースでは、原因は肩こりではなく、なにか別の原因がリンパの腫れをひきおこしているのかもしれません。

これが悪性リンパ腫の症状である可能性もあります。すぐに病院で検査をうけましょう。

悪性リンパ腫の場合、リンパが腫れてもなんの痛みも伴わないという特徴があります。

それに対し肩こりが原因のリンパの腫れでは、たまに炎症などをおこし、痛みや発熱などの症状がでることもあります。

心配な兆候がでているときは、病院ですぐに検査をうけて、ただちに必要な治療をはじめましょう。

引用元-肩こりがリンパの腫れの原因に!リンパの腫れには安静とマッサージを|ヘルモア

twitterの反応

 - 生活の知恵, 美容・健康