ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

      2016/03/03

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

低音の耳鳴りがする時に考えられる病気は?

低音の耳鳴りの特徴

耳鳴りの音が“ブーン”や“ゴー”などという低い音だったら低音の耳鳴りに分類されます。

なおこれらの音は、耳の穴に何かが詰まったような感覚と共に聞こえてくる場合が少なくありません。

低音の耳鳴りから考えられる病気

低音の耳鳴りから考えられる代表的な病気と言えばメニエール病ですが、耳管狭窄や低音型難聴などの可能性もあります。

メニエール病は激しい眩暈や吐き気などが起こる病気で、低音型難聴は耳が聞こえにくいというより耳が詰まったように感じられる病気です。

どちらも30代から50代の中高年女性に多い傾向があります。

低音の耳鳴りはストレスが原因?

低音の耳鳴りにはストレスが大きく関係していると言われています。
ちょうど仕事・家事・育児の両立で疲れている年代の女性に低音の耳鳴りが多いのはこのためでしょう。

ストレスに負けてメニエール病や低音型難聴に罹ってしまう前に、充分な休養をとることが大切です。

引用元-【高音の耳鳴りと低音の耳鳴りの違い】 | ミミナリDoctor

スポンサーリンク



  人気記事

耳鳴りの原因は病気?メニエール病とは

めまいを起こす耳の病気の中で、一般の方にも知られているのが「メニエール病」です。
メニエール病の症状としては、突発的な回転性のめまい発作に襲われます。自分は静かに座っているのに、急に周りの風景がグルグル回り出したり、玄関で靴の紐を結んで立ち上がった途端、急にめまいがしてその場にしゃがみ込んでしまったりなど。めまいは数十分からひどい場合だと数時間続くことがあり、何度も反復します。発作が繰り返される間隔は安定しておらず、めまいが毎日のように続く時もあれば、週に1回、月に1回、年に数回ということもあります。また、めまいが激しい場合でしたら吐き気を催し、嘔吐してしまうこともあります。
めまいの発作が起こると、仕事や生活にも支障をきたし、中にはパニック状態になってしまう方もいます。発作が突発的であるため、発作への不安からQOL(生活の質)が著しく低下してしまうことも考えられます。

引用元-メニエール病の症状は、めまいの発作、難聴・耳鳴り・耳閉感。ストレスが原因の内耳の病気|杉本クリニック|杉本嘉朗先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)

スポンサーリンク



ただの耳鳴りじゃない?突発性難聴について

突発性難聴がもたらす症状

突発性難聴は、あるとき突然身に降りかかってきます。なにかしら前兆がある場合もありますが、「ただの耳鳴り」「ちょっとしためまい」だとして見逃しがちです。

そんな突発性難聴がもたらすおもな症状には、耳が遠くなる・聞こえなくなるほか、耳鳴りや激しいめまいなどがあります。また、これらの症状が続くことによる、精神的な疲労や吐き気に悩まされるケースもあります。単に聞こえなくなるだけではないのです。

根本治療が確立されていない現状

原因としては、ウイルスや内耳循環障害などによる説が主流となっているほか、ストレスが一因を占めているといわれていますが、まだはっきりと原因が特定できていません。そのため、突発性難聴を根本的に治す治療法が確立されていないのが現状です。

病院へ足を運んでも、耳鳴りやめまいの受難から解放されない人がいるのは、こうした事情があるからなのです。

引用元-耳のお悩み改善なび【突発性難聴編】

自律神経失調症と耳鳴りの関係について

耳鳴りと自律神経失調症は、とても深い関係があります。耳鳴りやめまい、難聴が同時に起きて、強い吐き気や嘔吐がある場合は要注意。ストレス等が原因となって自律神経がおかしくなり、内耳のリンパ液に異常が生じることからこれらの症状が起こることがよくあります。
耳鳴りと自律神経失調症の原因と診断方法

自律神経失調症になって交感神経が過敏になると、内耳や中耳から脳へ通じる神経への血液の流れが悪くなります。
これによって音を運ぶ器官である中耳と感じる器官である内耳、さらに音を脳へと伝える前庭神経それぞれの機能が低下してしまい、耳鳴りといった症状になってあらわれるのです。
自律神経失調症は様々な要因が絡み合って起こる病気ですから、判断が難しいところ。現在の診断方法は医師の問診や面談、自律神経機能検査、心理・性格検査などの結果から総合的に判断されます。

引用元-自律神経失調症に伴う耳鳴り

耳鳴りの治療法について

 耳鳴りの検査を行った結果、耳鳴りの原因となる病気が見つかった場合には、その病気を治すための治療を行うことで、耳鳴りの症状も改善することが可能です。

ただし、その病気がメニエール病や突発性難聴といったメカニズムや原因、治療法がほとんど分かっていない病気であった場合には、残念ながら手の施しようはなく、耳鳴りを改善できる可能性がある様々な治療を試していくこととなります。

また、病気が見られなかった場合にはストレスなどが原因と思われるため、心療内科の治療を受けることとなります。具体的には精神安定剤や抗不安薬などを処方することでストレスの緩和に努め、治療を図ります。

このように、基本となるのは原因となる病気を治療していくことと、ストレスが原因となっている場合にはストレスを緩和していくことで症状の改善を目指します。

また、生活習慣や食習慣を改善していくことも、耳鳴りの治療には大切とされています。したがって、自己の努力の上に医療機関の治療が加わることで、効果的な治療が可能となります。

引用元-耳鳴りの症状・原因・治療法ガイド

 - 生活の知恵, 美容・健康