ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

      2016/03/03

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

耳鳴りの特徴について

●耳鳴りの特徴

耳鳴りの音は普段の生活の中にはありません。
そして以下のような特徴があります。

・本人にしか聞こえない
・慢性的に起こっている
・耳鳴りの原因となっている病気がない、または分からない

耳鳴りは、体のどこで起こっているか、どうして起きるのかも実は分かっていません。

加齢とともに多くの方が自覚するようになって、頭や耳の中で「じーん」「キーン」といった音から解放されなくなっていきます。

●耳鳴りの放置はキケン

耳鳴りの原因は、年齢によるものだけではありません。
高血圧、脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳血管の異常などが原因で起きていることもあります。

「年だから」と放置せず、耳鳴りを感じた場合はきちんと耳鼻咽喉科で検査をした方がいいでしょう。
病気が影響している耳鳴りの場合は、病気が治癒すれば耳鳴りも同時に改善されていきます。

●「耳鳴り」に意識を向けすぎない

耳鳴りは治療をしてもなかなか改善しづらい症状です。
起きて活動している間、ずっと耳鳴りを意識していたら精神的ストレスはかなりのものになります。

ですから、「受け入れる」ということも試してみてください。
「耳鳴りと共存していく」というスタンスに変わると、不思議なことに耳鳴りがさほど気にならなくなります。

引用元-耳鳴り/原因/症状/治療 徹底解説!

スポンサーリンク



  人気記事

耳鳴りの原因はストレスであることが多い

普段、
私たちが生活の中で聞こえる耳鳴りは、
原因のほとんどがストレスです。

寝不足、疲労などで、
精神的にまいってしまい、
自律神経がバランスを崩し、
耳鳴りが聞こえてくるのです。
 
 
耳鳴りが慢性化してしまうのも、
ストレスが原因です。

ストレスで血行が悪くなり、
肩こりや首の痛みがひどくなり、
耳鳴りが慢性化していきます。

耳鳴りの一番の治療方法は、
ストレスを溜めないようにすることです。
 
 
その他の原因として、高齢化や、
病気によって引き起こされる耳鳴りも、
少なからずあります。

半日以上耳鳴りがする
片耳だけ耳鳴りがする
めまい、聞こえにくい

といった症状が出ている場合は、
至急、病院で診てもらいましょう。

引用元-耳鳴りの治し方!自分でできるストレッチとツボ治療方法! | トレンド速報ニュース

スポンサーリンク



遊技場などの大音量も耳鳴りの原因となる

意外かもしれませんが、パチンコホールなどで大音量を長時間聞き続けることによって引き起こされてしまう耳鳴りもあります。パチンコ好きの方なら、1度は耳鳴りを感じたことがあるはずです。
パチンコ店を出て静かなところにいくと、今までの大音響の残響のようにキーンといった耳鳴りがしばらく続きます。最初は短時間で元に戻る場合が多いのですが、朝から晩までパチンコ店にいたり、長い間パチンコ通いを続けたりすると、これが長期化することがあります。
耳鳴りの時間はだんだんと長くなり、最初は数時間であっても、長期化すると一週間以上続くことも…。さらに悪化すると、周りの音が聞き取り辛くなっていきます。
こういった症状を予防するためには、静かな場所で休憩をとることや、パチンコにいったあとは音の少ない環境で安静にすることが有効です。パチンコホールで耳栓を着用するのも耳鳴り予防には効果的ですよ。

引用元-パチンコも耳鳴りの原因に・・・気をつけたい騒音性難聴とは

耳鳴りが起こってしまうメカニズムについて

私たちの耳は、音を振動として捉えています。

耳の奥の方にある「蝸牛」と呼ばれる感覚器官は、その振動を電気信号に変え、脳に送るという働きをしています。この電機信号が、「高音」・「中音」・「低音」という風に届けられ、脳が音を感知するというのが、「音が聞こえる仕組み」です。

で、問題になってくるのが、「蝸牛の老化」です。

蝸牛が老化することによって、「高音」の能力が著しく低下して、高音域が聞こえにくくなってしまいます。実はこれが「耳鳴り」の原因なんですね。

高音が聞こえづらくなると、脳の「視床」という部分が、それに対処しようと試みます。もともと視床は、音の選別や調整などを行う重要な役割を担っています。

「高音」の電気信号が正確に来ていないことに気づいた視床は、脳が電気信号を受け取る感度を上げてくれます。つまり電気信号を受け取りやすい環境を作ってくれるわけですね。

ただいくら感度を上げても、来ていない電気信号を受けとることはできないので、「高音」は聞こえるようにはなりません。

しかもならないどころか、感度を上げてしまったがために、脳内のさまざまな電気信号を敏感に受け取るようになってしまいます。

実は、この脳内の余計な電気信号をキャッチしてしまうことが、耳鳴りの正体だったんですね。つまり「耳鳴り」とは、脳が作り出した音というわけ。

引用元-【ためしてガッテン】耳鳴りの治し方・改善法:補聴器を使って治す! : 19860707

耳鳴りを改善する手が砂ストレッチ

耳鳴りの原因には、加齢や疲労の蓄積などによる体の機能低下も関係しています。

耳鳴りは、普段からの体力作りや上手なストレス発散で回避できるといっても過言ではありませんが、忙しい現代では規則正しい生活や自分で健康管理をすること自体が難しいものです。

万が一耳鳴りが発生してしまっても、病院に行く暇も薬を買いに行く時間も無いという人もいるでしょう。
そんな時は、耳鳴りを治すストレッチが手軽でお勧めです。

耳鳴りストレッチのやり方

耳鳴りを改善するための体操には、耳の周囲の筋肉をほぐすストレッチがあります。
やり方は誰にでもできる簡単なものなので、下記の手順に従ってさっそく試してみましょう。

1.両肩の力を抜いて、ゆっくりと首を左に回してそのまま30秒数えましょう。
2.30秒経ったらゆっくりと首を元に戻して正面を向きます。
3.1と同じ要領で首を右に回し、やはり30秒待ちます。
4.30秒経過したらゆっくりと首を正面に戻します。
5.徐々に首を後ろに倒して天井を仰ぎ見るような体勢になります。
6.そのまま30秒数えたら、ゆっくりと首を起こして正面を向きます。
7.頭をゆっくりと下に傾けて、首筋の後ろが軽く緊張する程度の所で止めます。
8.30秒経ったら、徐々に頭を上げて正面を向きます。
9.1~8の動作を3回ほど繰り返して終了です。

引用元-【耳鳴りを自分で治す方法】 | ミミナリDoctor

 - 生活の知恵, 美容・健康