ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

      2016/12/05

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

足のむくみの原因について むくみが症状の病気は?

むくみは血液の循環と深く関わっています。

静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、

戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態がむくみです。

足のむくみの原因を知り、予防できるようにしましょう。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

音痴の原因を探る カラオケ音痴を治すには?

音痴だから友人や会社の同僚と

カラオケに行くのが憂鬱、という方もいるかもしれません。

まずは音痴の原因を探り克服して楽しめるようにしましょう。

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

子供の耳かきの方法について

綿棒で耳の入口をぬぐうだけでOK!

耳垢は放っておいても自然に、
外へ外へと押し出されます。

奥の耳垢が気になることもあると思いますが、
無理に取らなくても大丈夫です。

徐々に入口付近に耳垢が出てくるので、
それをとるようにしましょう。

頻度は1~2週間に1回でOK

耳掃除を頻繁にすると、
耳の中の粘膜を傷つけてしまうことがあります。

また耳垢には、3つの役割があります。

殺菌作用があり、ばい菌の侵入を防ぐ。
侵入したゴミを吸着する。吸着したゴミは自然に外に排出。
耳の中を保護する。
なので、あまり耳垢をとりすぎるのもよくありません。

2週間に1回で十分ということです。

引用元-子供の耳かきの仕方。子供が嫌がったり、痛がる時の対処法 | 出産・育児ガイド

スポンサーリンク



  人気記事

赤ちゃんに耳かき棒は大丈夫?

赤ちゃんに使用する耳かき棒は、よく見かける竹や木の硬い耳かき棒は適していません。硬い素材の耳かき棒は、赤ちゃんの柔らかい肌を傷付ける場合があります。

木製の耳かき棒は丈夫で長持ちで、ちょっとの力で耳表面の皮膚についた汚れをかきだします。つまり少し力を入れるだけで、耳にくっついている汚れをかきだす強さがあるのです。赤ちゃんにはちょっと痛いかもしれません。

赤ちゃんの耳かき棒を用意するなら、シリコン等の当たりの柔らかい素材がお勧めです。耳の奥が見えやすいように発光性のある素材や、先が光るタイプも便利です。

間違って耳奥まで刺激してしまっても、当たりの柔らかいシリコン素材などの方が、鼓膜を傷つけにくいので安心です。

耳汚れを簡単にとるコツは?
赤ちゃんの耳掃除は、お風呂上がりなど、皮膚がふやけている状態の方が楽にできるようです。

先ずは耳かき棒は使用せず、ガーゼやタオルで耳の周囲を拭きとります。お風呂上がりなら、肌が温まって皮脂汚れが取りのぞきやすくなっています。赤ちゃん用の綿棒も耳周りのくぼみに活用してください。

耳の奥までは拭きとらず、手前をよく掃除します。この時、耳奥に水滴が入ったり、刺激を与えないようにしてください。

引用元-赤ちゃんの耳かきのコツ

スポンサーリンク



耳かきを子供にするときの注意点

子供の耳を掃除するうえで、十分に注意してほしいことがあります。

毎日やらない
綿棒を奥まで突っ込まない
無理に取ろうとしない
子供が暴れるときはしない
子供の耳の中は大人よりも小さくてとても柔らかいです。鼓膜までの距離もとても短く、綿棒で簡単に届いてしまいます。

優しくしていても、毎日すれば耳の中は傷つきやすくなります。耳の中を傷つけてしまうと、中耳炎や難聴の原因になってしまうので、十分に注意しましょう。

子供が動いてうまくできないときは、寝ているタイミングにやるといいでしょう。耳鼻科のお医者さんによっては、子供の耳掃除は一切しなくていいという方もいらっしゃいます。

それは、お母さんが耳掃除をして、子供の耳の中を傷つけてしまうリスクの方が高いからでしょう。無理にせず、定期的に耳鼻科で掃除をしてもらうのが一番安心ですね。

引用元-子供の耳掃除(耳かき)!上手な耳掃除(耳かき)のコツ♪ [ママリ]

耳垢を取るためだけに耳鼻科に行くのはあり?

「どうしても怖いから耳かきはプロフェッショナルに任せたい!」ということで耳鼻科で耳掃除をしてもらうことを考えている親御さんも少なくないはず。

さて「病気でもないのに…」と行くのを躊躇ってしまいそうですが、耳掃除だけのために耳鼻科に行くのはもちろんアリです。むしろ耳鼻科の先生からすれば無理にお家でケアをして耳を傷つけてしまうよりは耳かきに来てくれた方がありがたいそう。

「何て言ってかかればいいの?」と思われる親御さんもいると思いますが「耳掃除をお願いします」でOK。半年ごとぐらいに定期的にかかるといいそうです。

耳鼻科なら取りにくい耳垢もピンセットで取ってくれますし、奥の方で石のように固まってこびりついてしまったものも耳垢をふやかす薬を入れてスッキリ取り去ってくれます。
「この耳垢は手に負えないな」となったら迷わず耳鼻科へ行きましょう。

小さくてデリケートな子供の耳はケアするのに気を使いますがあまりマメに綺麗にしようとせずに気づい時にちょっとケアする程度でいいようですね。

嫌がる子にはあまり無理強いせず、耳鼻科を上手に利用したり、お家で短時間のケアに留めたりと、お子さんも親御さんも負担にならないように耳の健康を保ってあげたいものですね。

引用元-痛みのないケアをしよう!耳かきの正しい耳鼻科&自宅ケア方法 | MARCH(マーチ)

耳垢の隠れた役割について

耳のなかをきれいに保ちたくて、子どもの耳かきを頻繁にするママは多い。でも、ちょっと待って。正しい耳掃除を心掛けないと、逆効果になることもあるようだ。
「“耳あか”という言葉から汚いイメージを抱きがちですが、全部取り切らなきゃいけないわけではありません」

こう教えてくれたのは、たなか耳鼻咽喉科の田中伸明先生だ。小児耳鼻科も診療する田中先生によれば、耳あかには耳あかなりの役割があるのだという。

「耳あかの元となっているのは、耳のなかの古い角質と耳垢腺(じこうせん)から出る分泌物です。そこにほこりも混じるわけですが、耳あか自体は弱酸性なので殺菌効果があり、耳の穴から鼓膜までの外耳道を酸性に保つことでばい菌をやっつけたり、湿度を保つことで耳のなかを守る効果を持っているんです。耳掃除は2週間に一度ほどの頻度でいいと思います」(田中先生 以下同)

耳あかに耳を保護する働きがあったとは意外だが、適度な掃除は必要なようだ。耳あかをずっと放っておくと、耳垢栓塞(じこうそくせん)という症状に見舞われる可能性もあるのだとか。

「耳垢栓塞は外耳道に完全に耳あかが詰まった状態のこと。耳の聞こえが悪くなってしまうことがあります。ただ、耳の構造的に耳あかは外側に押し出されるようにできているので、耳の入り口付近の1センチほどを掃除してあげれば、耳あかがぎっしり詰まる心配はありません」

引用元-取りすぎNG!耳あかの隠れた役割 | 子どもの耳トラブル対処法 | mamatenna

 - 生活の知恵, 育児・子育て, 雑学