ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

      2016/12/05

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

腸閉塞の症状や原因について

便秘とよく似た症状を持つと言われる腸閉塞。

では、腸閉塞の症状とは?

原因や見分け方は、どのようなものなのでしょうか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

子供の耳かきの方法について

綿棒で耳の入口をぬぐうだけでOK!

耳垢は放っておいても自然に、
外へ外へと押し出されます。

奥の耳垢が気になることもあると思いますが、
無理に取らなくても大丈夫です。

徐々に入口付近に耳垢が出てくるので、
それをとるようにしましょう。

頻度は1~2週間に1回でOK

耳掃除を頻繁にすると、
耳の中の粘膜を傷つけてしまうことがあります。

また耳垢には、3つの役割があります。

殺菌作用があり、ばい菌の侵入を防ぐ。
侵入したゴミを吸着する。吸着したゴミは自然に外に排出。
耳の中を保護する。
なので、あまり耳垢をとりすぎるのもよくありません。

2週間に1回で十分ということです。

引用元-子供の耳かきの仕方。子供が嫌がったり、痛がる時の対処法 | 出産・育児ガイド

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

赤ちゃんに耳かき棒は大丈夫?

赤ちゃんに使用する耳かき棒は、よく見かける竹や木の硬い耳かき棒は適していません。硬い素材の耳かき棒は、赤ちゃんの柔らかい肌を傷付ける場合があります。

木製の耳かき棒は丈夫で長持ちで、ちょっとの力で耳表面の皮膚についた汚れをかきだします。つまり少し力を入れるだけで、耳にくっついている汚れをかきだす強さがあるのです。赤ちゃんにはちょっと痛いかもしれません。

赤ちゃんの耳かき棒を用意するなら、シリコン等の当たりの柔らかい素材がお勧めです。耳の奥が見えやすいように発光性のある素材や、先が光るタイプも便利です。

間違って耳奥まで刺激してしまっても、当たりの柔らかいシリコン素材などの方が、鼓膜を傷つけにくいので安心です。

耳汚れを簡単にとるコツは?
赤ちゃんの耳掃除は、お風呂上がりなど、皮膚がふやけている状態の方が楽にできるようです。

先ずは耳かき棒は使用せず、ガーゼやタオルで耳の周囲を拭きとります。お風呂上がりなら、肌が温まって皮脂汚れが取りのぞきやすくなっています。赤ちゃん用の綿棒も耳周りのくぼみに活用してください。

耳の奥までは拭きとらず、手前をよく掃除します。この時、耳奥に水滴が入ったり、刺激を与えないようにしてください。

引用元-赤ちゃんの耳かきのコツ

スポンサーリンク



耳かきを子供にするときの注意点

子供の耳を掃除するうえで、十分に注意してほしいことがあります。

毎日やらない
綿棒を奥まで突っ込まない
無理に取ろうとしない
子供が暴れるときはしない
子供の耳の中は大人よりも小さくてとても柔らかいです。鼓膜までの距離もとても短く、綿棒で簡単に届いてしまいます。

優しくしていても、毎日すれば耳の中は傷つきやすくなります。耳の中を傷つけてしまうと、中耳炎や難聴の原因になってしまうので、十分に注意しましょう。

子供が動いてうまくできないときは、寝ているタイミングにやるといいでしょう。耳鼻科のお医者さんによっては、子供の耳掃除は一切しなくていいという方もいらっしゃいます。

それは、お母さんが耳掃除をして、子供の耳の中を傷つけてしまうリスクの方が高いからでしょう。無理にせず、定期的に耳鼻科で掃除をしてもらうのが一番安心ですね。

引用元-子供の耳掃除(耳かき)!上手な耳掃除(耳かき)のコツ♪ [ママリ]

耳垢を取るためだけに耳鼻科に行くのはあり?

「どうしても怖いから耳かきはプロフェッショナルに任せたい!」ということで耳鼻科で耳掃除をしてもらうことを考えている親御さんも少なくないはず。

さて「病気でもないのに…」と行くのを躊躇ってしまいそうですが、耳掃除だけのために耳鼻科に行くのはもちろんアリです。むしろ耳鼻科の先生からすれば無理にお家でケアをして耳を傷つけてしまうよりは耳かきに来てくれた方がありがたいそう。

「何て言ってかかればいいの?」と思われる親御さんもいると思いますが「耳掃除をお願いします」でOK。半年ごとぐらいに定期的にかかるといいそうです。

耳鼻科なら取りにくい耳垢もピンセットで取ってくれますし、奥の方で石のように固まってこびりついてしまったものも耳垢をふやかす薬を入れてスッキリ取り去ってくれます。
「この耳垢は手に負えないな」となったら迷わず耳鼻科へ行きましょう。

小さくてデリケートな子供の耳はケアするのに気を使いますがあまりマメに綺麗にしようとせずに気づい時にちょっとケアする程度でいいようですね。

嫌がる子にはあまり無理強いせず、耳鼻科を上手に利用したり、お家で短時間のケアに留めたりと、お子さんも親御さんも負担にならないように耳の健康を保ってあげたいものですね。

引用元-痛みのないケアをしよう!耳かきの正しい耳鼻科&自宅ケア方法 | MARCH(マーチ)

耳垢の隠れた役割について

耳のなかをきれいに保ちたくて、子どもの耳かきを頻繁にするママは多い。でも、ちょっと待って。正しい耳掃除を心掛けないと、逆効果になることもあるようだ。
「“耳あか”という言葉から汚いイメージを抱きがちですが、全部取り切らなきゃいけないわけではありません」

こう教えてくれたのは、たなか耳鼻咽喉科の田中伸明先生だ。小児耳鼻科も診療する田中先生によれば、耳あかには耳あかなりの役割があるのだという。

「耳あかの元となっているのは、耳のなかの古い角質と耳垢腺(じこうせん)から出る分泌物です。そこにほこりも混じるわけですが、耳あか自体は弱酸性なので殺菌効果があり、耳の穴から鼓膜までの外耳道を酸性に保つことでばい菌をやっつけたり、湿度を保つことで耳のなかを守る効果を持っているんです。耳掃除は2週間に一度ほどの頻度でいいと思います」(田中先生 以下同)

耳あかに耳を保護する働きがあったとは意外だが、適度な掃除は必要なようだ。耳あかをずっと放っておくと、耳垢栓塞(じこうそくせん)という症状に見舞われる可能性もあるのだとか。

「耳垢栓塞は外耳道に完全に耳あかが詰まった状態のこと。耳の聞こえが悪くなってしまうことがあります。ただ、耳の構造的に耳あかは外側に押し出されるようにできているので、耳の入り口付近の1センチほどを掃除してあげれば、耳あかがぎっしり詰まる心配はありません」

引用元-取りすぎNG!耳あかの隠れた役割 | 子どもの耳トラブル対処法 | mamatenna

 - 生活の知恵, 育児・子育て, 雑学