ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

      2018/09/01

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

スポンサーリンク

  関連記事

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

独身女性のマンション購入のメリットや選ぶポイント

働く女性の増加、そして独身女性の増加に従い、

マンションを買う女性も増えてきました。

選び方や購入することによるメリットやデメリットとは?

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

面接で緊張をほぐすには呼吸に意識を向ける

緊張をほぐすための最も簡単な方法は、呼吸に意識を向けることです。とは言え、ただ深呼吸をすればよいというわけではありません。深呼吸というと「吸う」ことから始めるのが普通ですが、緊張状態にあると必ず呼吸が細くなり、特に息が吸えなくなります。だから「吸う」よりもまず「息を吐き切る」ことから始めるのがポイント。息を吐き切れば自然と肺は息を吸い込みます。このことを念頭に、次の手順で呼吸をしてみましょう。

【1】まずは肺にある空気を吐き切る。そして吐き切ったところでゆっくり5秒数える
【2】次に息を吸い込む。胸いっぱい吸って息を止めて、またそこで5秒数える
【3】さらにまた息を吐き出し、5秒数える。この吐いて5秒止めて、吸って5秒止めて、を繰り返す

息を止めると苦しくて緊張状態になりますが、吐き出したり、吸いこんだりを繰り返すことにより緊張から緩和状態になります。こうして緊張と緩和を繰り返すことで、副交感神経を優位にし、リラックスした状態を作り出します。この呼吸法を3分~5分続けてみてください。

引用元-就活スタイル マイナビ 学生の窓口

スポンサーリンク



  人気記事

面接で緊張をほぐす心の持ち方

その方法は、自分が面接などで評価されると思わずに、自分が相手を評価する気持ちになると落ち着きます。

どうしても、面接官の人から評価される、上司などから評価されると思うと、いい自分のいいところをださないと!と気負ってしまいます。

それは向こうが評価する側で、自分が評価される側という意識があるから起きてきます。

でも、あなたもその会社を選ぶ権利はあるし、条件が合わなければこちらからお断りしてもいいのです。

なので、あなたも面接の相手を評価するぐらいの意識(本当に評価する必要はありませんよ!)、正確に言うと対等な立場でお話をする、という意識になると緊張する必要がなくなりますよ。

引用元-緊張をほぐす方法をランキングでチェック!試験や面接の時にはこれ! – ブログデラックス

スポンサーリンク



面接では取り繕わないことが緊張緩和にも繋がる

a0003_001871_m

就職活動はもちろんのこと、最近では昇進の際、資格試験の際などにも、面接を取り入れているケースがあります。

面接で大事なこと、それは、決して「取り繕わない」ことです。

面接官はプロです。その場しのぎの答えをしたところで即座に見抜きます。

わからなかったら「申し訳ありません、わかりかねます」と言ってしまってOK。

決して知ったかぶりをしないことです。

また、「自分はあがり症だから落ちるのだ」と思い込むことはやめましょう。

面接官の立場からすると、緊張しているから落とすということはありません。

面接は緊張するものです。面接官もそんなことは百も承知。

むしろ、面接でまったく緊張しない学生には違和感を覚えます。

面接官は、その人の社会性、つまり相手(お客様)や周りの立場に立ち、その場にあった言動ができる人材かどうかを見ています。

ただ、残念なことに、あがり症の人は「自分自身」に意識が向きがちです。

相手の質問が頭に入ってこないため、的外れなことを答えてしまうことが多々あります。

自分を実力以上に良く見せようという気持ちは逆効果。

相手の話をよく聞き、誠心誠意答えるようにしましょう。

引用元-面接で緊張をほぐす方法 | あがり症で緊張しがちな話しベタさんのためのスピーチ塾

面接で避けたいのは緊張の悪循環

面接での極度の緊張により、異常な汗や震え、場合によっては涙が出るなど、冷静ではいられない状態に陥ることがあるかと思います。

しかしこれらは、面接の結果には直接ひびかないことがほとんどです。緊張は、その面接への思いの強さを表すほか、あなたが素直で人間味があるという人柄の面でも、好印象になります。

どうでも良い面接なら、そこまで緊張もしないはずですし、程度の差はあれ、誰もが緊張するはずの場面だからこそ、緊張してしまうのは、面接官も想定内です。

緊張すると落ちる → 緊張してはいけないと焦る → さらに緊張する、という悪循環にはまらないようにしましょう。

緊張は、失敗を招く悪いものではなく、人間味や真面目さをアピールする武器にもなりえるのということを、覚えておいてください。

※ただし職種によっては、ストレス耐性や、ここぞという場面での精神力を重視する場合があるので、絶対にアピールになるとは限りません。

引用元-緊張は大敵!? 面接の緊張をほぐす方法6つと緊張と合否の関係

面接の前に鏡で自分の緊張を自覚する

まずはトイレに行き、自分の顔をよく見ます。
 
そして「あぁ・・・自分は今すごく緊張しているんだなぁ」ということを客観的に確認するのです。
 
 
 
緊張している時に一番やってはいけないことは「俺は絶対緊張しないぞ!」と変に緊張を意識して無理矢理押さえ込もうとすることです。
 
そうしてしまうと逆に緊張が強まっていき、自分ではどうしようもならなくなってしまうんですね。(経験ありませんか?笑)
 
 
 
大事なのは『緊張していることを自覚し、受け入れること。』
 
自覚さえすればゆっくりと落ち着いていく事ができますよ。

引用元-【就活】面接の緊張をほぐす方法!あがらない7つの対策 | メンズタイム

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 雑学