ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

島根県の松江城山公園で桜を満喫

   

島根県松江市殿町の松江城山公園の桜は、

日本さくら名所100選に選ばれています。

周辺には、地元のグルメを堪能できるスポットもあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

北海道旅行 ぜひ食べたいホテルの朝食

北海道は食べ物がおいしいとよく言いますが、

宿泊するホテルの朝食のレベルがまさに全国のなかでも

高評価なのです。ぜひ食べてみたいですね。

台湾ランタンフェスティバルの多種多彩なランタンアート

海外旅行でも人気の台湾で毎年旧暦の正月に

ランタンフェスティバルというイベントが行われます。

幻想的なランタンアートを味わいましょう。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

金沢の温泉巡りを楽しく!女子旅おすすめの温泉

金沢には素敵な温泉がたくさんあります。

女子旅で疲れを癒すために最適な温泉を見つけて、

姫気分を味わいましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

イルミネーションをよみうりランドで楽しもう

よみうりランドのイルミネーションが10月から

点灯されています。ジュエルミネーションを楽しむために

アクセス情報など確認しましょう。

東北最大級の小岩井ウィンターイルミネーション銀河農場の夜

冬の小岩井農場の夜を彩るイルミネーションイベントです。

農場のかわいい動物たちが表現された巨大キャンバス絵や

光の動物園、SL機関車、トラクターバスのイルミネーションなど

綺麗に彩られています。

アイスクリームの発祥とは?人気店のようなアイスクリームの作り方

暑い時期のアイスクリームは最高に美味しいですね。

そんなアイスクリームの発祥はご存知ですか?

美味しいアイスクリームの作り方とは?

栃木県で紅葉を楽しむ おすすめスポットとは

紅葉の季節です。北海道や東北地方では時期が

終わってしまったようですが、

関東はこれから。しっかり楽しみましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

初夢とはいつ見る夢のこと 一富士二鷹三茄子とは?

初夢とは、何日に見たものが初夢となるのでしょう。

大晦日の夜?元日の夜?

一富士二鷹三茄子の意味とは?

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

ソロキャンプの道具は少なめに!1人の時のテントや持ち物はどんなものがいい?

ソロキャンプでは、あまり道具が多くならないようにしましょう。

また、一人でキャンプする場合のテントの選び方やポイントをおさえて、

より快適なソロキャンプができるようにしたいですね。

震災犠牲者鎮魂の意を込める神戸ルミナリエイルミネーション

神戸ルミナリエのイルミネーション、

今年は、日本初公開となる屋根つきの回廊「ガレリアコぺルタ」を展示し、

光のトンネルを通り抜けることができるそうです。

北海道の帯広観光で行っておきたいおすすめ観光スポットとは

夏は暑く冬は寒い帯広ですが、自然に囲まれた素晴らしい地域です。

イメージ通りの北海道と言えば帯広かもしれません。

数あるスポットから少しだけご紹介します。

迫力と魅力たっぷりの日本三名瀑を知る

日本三名瀑は、一般的に華厳の滝、那智の滝、袋田の滝の

3つの滝とされています。

どこも情緒があり、一見の価値ありです。

北海道美瑛町の青い池のライトアップ

北海道の美瑛町にある青い池。

幻想的な風景で人々を魅了します。

その青い池のライトアップされた景色を楽しみましょう。

松江城山公園について

松江城は亀田山に作られた平山城です。

鎌倉時代から戦国時代にかけて、この場所には末次氏が治める末次城という城があったが戦国時代の戦で毛利元就によって滅ぼされます。

江戸時代になると末次城の跡地に堀尾忠氏が松江城を築き、松江藩の藩庁としていずも地方の政治経済の中心となりました。

明治時代になると廃藩置県によって廃城となり、また、廃城令によって払い下げられることになります。

しかし、出雲郡の豪農や元藩士によって買い戻され、天守は保存されることになります。

1934年には国の史跡となり、1年後には国の重要文化財に指定されました。

2006年には日本100名城、2015年には天守が国宝に指定されました。

現在では、松江城の城跡は松江城山公園として利用されています。

天守だけではなく石垣や櫓も公園全体に残っています。

松江城山公園の園内にはソメイヨシノを中心にヤエザクラ、シダレザクラなど約200本の桜が咲きます。

黒い色をしている天守と桜の薄紅色のコントラストが素晴らしく、毎年多くの花見客でにぎわいます。

満開時には天守最上階から360度の松江城下と桜が楽しめます。

引用元-松江城山公園の桜2016の見頃はいつ?駐車場やライトアップ情報も | フェンリルの眼X

スポンサーリンク



  人気記事

松江城山公園の桜と交通アクセスについて

[桜の種類] 染井吉野・八重桜・枝垂れ桜
[桜の本数] 約200本

[所在地] 島根県松江市殿町
[最寄駅] JR松江駅から松江レイクラインバス松江城下車徒歩約2分
[最寄IC] 松江自動車道・松江西ICから約10分
[夜間鑑賞] 3月中旬から4月中旬(18時~21時)桜の開花状況に合わせて

引用元-島根県の花見スポットと桜の開花時期<2016年(最新版)> | 疑問を解決!

スポンサーリンク



松江城山公園の見頃とライトアップについて

松江城山公園の開花予想・見ごろ

例年ですと桜開花は3月下旬で、見ごろは4月上旬に迎えます。

見ごろの満開の季節になりますとソメイヨシノ・ヤエザクラ・シダレザクラが松江城を後ろに咲き誇ります。

満開となり見ごろを迎えた週末は「お城まつり」も開催されますので大変混雑しますが、美しい桜と荘厳なお城とのコントラストはこの時期しか観られない貴重なものですので、満開の時期を見計らってのお花見をおすすめします。

夜桜ライトアップの時間

桜の季節に開催のお城まつり期間中はライトアップされ夜桜を楽しむことができます。日中とは180度違うライトアップされ、さらに幻想的で美しい桜とお城のコントラストを楽しめます。

ライトアップの時間は日没から21時までですので、お花見とお城を存分にご堪能ください。

引用元-松江城山公園の桜2016開花予想見どころ!ライトアップと駐車場は? | 生活の知恵 お役立ち情報

松江城山公園周辺の神社などのスポットについて

松江城山公園に行ったら国宝や国の史跡に指定されている松江城も見学しておきましょう。

宍道湖を眺望できる天守や、城跡内にある松江神社、松江護国神社、城山稲荷神社はおすすめの立ち寄りスポットで、歴史の勉強ができます。

小泉八雲記念館、小泉八雲の旧居、武家屋敷、広大な回遊式庭園で日本一のぼたんの花を観賞できる由志園、松江フォーゲルパーク、宍道湖も行ってみたいスポットです。

お食事処は島根の名物である出雲蕎麦を食べられるお店や松江の地ビールを味わえるお店、宍道湖で獲れた魚介を使った料理のお店などがたくさんあり、軽食から本格的な日本料理まで地元のグルメを楽しめます。

引用元-松江城山公園夜桜ライトアップ!開催日時やアクセス、ホテル予約は? | いありーいべんと

松江城の人柱伝説について

天守台の石垣を築くことができず、何度も崩れ落ちた。人柱がなければ工事は完成しないと、工夫らの間から出た。そこで、盆踊りを開催し、その中で最も美しく、もっとも踊りの上手な少女が生け贄にされた。娘は踊りの最中にさらわれ、事情もわからず埋め殺されたという。石垣は見事にでき上がり城も無事落成したが、城主の父子が急死し改易となった。人々は娘の無念のたたりであると恐れたため、天守は荒れて放置された。その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという城の伝説が残る。また、城が揺れるとの言い伝えで城下では盆踊りをしなかった。(「小泉八雲/人柱にされた娘」など)。
天守台下の北東部石垣が何度も崩落するため困っていたところ、堀尾吉晴の旧友という虚無僧が現れて、崩落部分を掘らせたところ槍の刺さった髑髏が出てきたので虚無僧が祈祷したが、まだ危ういところがあるというと虚無僧は「祈祷では無理だ。」というのである。どうすればいいのかたずねると、「私の息子を仕官させてくるのであれば、私が人柱になろう。」というので、虚無僧に人柱になってもらい工事を再開させることができたが、堀尾家は普請の途中に2代忠晴で絶え改易となった、というものである[6]。
これには別に、虚無僧の尺八が聞こえてきたので捕まえて人柱にしたところ、尺八の音が聞こえるようになった、というものもある。[7]

引用元-松江城 – Wikipedia

 - イベント, スポット グルメ, 中国地方, 自然