ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

      2017/03/27

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

スポンサーリンク

  関連記事

ロードバイク初心者はまず練習から!乗り方や降り方の練習も!

ロードバイクはママチャリとは全然違います。

ママチャリ感覚で初心者が乗ると、おそらく失敗するでしょう。

まずは練習して乗り方を体に覚えさせましょう。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

2015年11月19日マンボウが絶滅危惧種に

世界の国々ではマンボウを食べる文化がほとんどなく、マンボウを食するのは主に台湾と日本。しかも、この2カ国のうち、台湾では花蓮市、日本では宮城や千葉、静岡、三重など、ごく一部でしか食されていません。したがって、乱獲による個体数の減少は考えにくいと思われます。それなのに、なぜ今回、絶滅危惧種に指定されたのでしょう。
原因の一つとして、“混獲”が考えられます。マンボウは世界的に広く生息していますが、はえ縄漁や、流し網漁などで混獲される例が相次いでいます。混獲とは、漁業の際、獲ろうと思っていない別の種や、獲ろうとする魚などの幼魚を、意図せずに漁獲してしまうことです。
大規模なトロール漁では、クジラやイルカ、ウミガメ、サメなどが混獲され、マグロ漁では獲る必要のないマグロの幼魚が混獲されてしまいます。特にウミガメの場合は絶滅の危機に瀕しているため、最近では、漁業方法そのものの改良が行われています。
19日に発表されたマンボウも世界中で混獲されているため、国際自然保護連合(IUCN)は、生息数の減少が懸念されるとして、絶滅危惧種に指定しました。絶滅危惧種は、絶滅の危険性が高い順に3段階に分かれていますが、マンボウは、絶滅危惧Ⅱ類(VU)、「絶滅の危険が増大している種」とされました。

引用元-マンボウが絶滅危惧種に !! 原因は “混獲” か ?(tenki.jpサプリ 2015年11月30日) – 日本気象協会 tenki.jp

スポンサーリンク



  人気記事

話題になっているマンボウの死因について

【マンボウの死因一覧】

朝日が強過ぎて死亡

水中の泡が目に入ったストレスで死亡

海水の塩分が肌に染みたショックで死亡

前から来たウミガメとぶつかる事を予感したストレスで死亡

近くに居た仲間が死亡したショックで死亡

近くに居た仲間が死亡したショックで死亡した仲間から受けたストレスで死亡

マジか。マジなのか。
このふざけた死因はマジなのか!
100歩譲って“海水の塩分が~”とか“水中の泡が~”とかは、
「ああマンボウちゃん、体が弱いのね。」でいいかもしれない。

引用元-茨城県|マンボウを見に行くンゴwwww|サオタビ!!

スポンサーリンク



そんな弱いマンボウがなぜ今まで生き延びてきたのか

bsELL85_miorosumanou20140408 (1)

マンボウは確かに泳ぎも下手だし、ちょっとしたストレスで直ぐ死んでしまいます。
心配なさるのも、もっともです。
しかし、マンボウは種の保存については強力な武器があります。
それは膨大な数の卵です。
だいたい1.5mくらいの体長のマンボウで、約3億個の卵を産卵します。
また、マンボウの卵は浮遊卵といって、産卵されると1個ずつバラバラになり、海中に散らばります。
この為、1ヶ所にまとめて産卵する場合のように天敵に、全部の卵を食べられてしまうという事がありません。
3億個の卵が広い海に散らばるので、生存率が高くなります。
魚類を含めて生物は、少なく産んで、できるだけ確実に育てる歩留まりのいい子孫繁栄方法と、世話は出来ないぶんロスも多いけれど、たくさん産んで子孫繁栄させる方法とに別れます。

引用元-Yahoo!知恵袋

マンボウの今回の絶滅危惧の原因について

絶滅の原因になっているものは何?
どうやらマンボウを絶滅の危機にまで追い込んでいるのは、人間による原因が大きいようだ。
とくにはえ縄漁などによって、意図せずにマンボウが捕獲されてしまうことが多く、これによって世界的に生息数の減少が起きていると考えられている。

あの愛くるしいマンボウの姿が見れなくなってしまうのは悲しいですね。
がんばれマンボウ!

引用元-マンボウさんついに絶滅の危機!やはり最弱説は本当だったのか!?:デリにゅーす:So-netブログ

延縄漁で網にかかってしまうマンボウ

ガバッと網で捕獲する漁に比べて時間がかかり、餌への食いつかせ方などに技術が必要で難しい漁法ですね。延縄漁にはデメリットもあり、ウミガメや海鳥が餌と間違えて釣り針を口にしてしまい死亡するケースもあります。

マンボウの話に戻りますが、マンボウの体長は大きいもので2m~3mを超えます。これだけ大きい身体をしていれば縄でも引っかかる可能性が非常に高いです。

また、マンボウの生態はいまだわからないところが多く、釣り針の餌に食いついて死んでしまった可能性も充分にあります。釣り針が身体に刺さればそこから化膿して死亡するでしょう。

これだけ大きなサイズだと、中々避けることが難しそうですね…。

引用元-すぐ死ぬマンボウが遂に絶滅の危機!その死因であるはえ縄漁とは?

 - 社会 ビジネス, 雑学