ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

      2017/06/21

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

急性胃腸炎の原因について

原因は様々挙げられますが、主にこのような原因が考えられています。

暴飲暴食
細菌・ウイルス
クスリ・薬物の多用
過度なストレス

【暴飲暴食】
胃が荒れる原因の一つがこの、“暴飲暴食”です。胃への負担が大きくなり症状悪化の原因となります。

【細菌・ウイルス】
細菌の原因菌と言われているのが、

サルモネラ
腸炎ビブリオ
カンピロバクター
O-157

ウイルスの原因菌

ノロウイルス
ロタウイルス

【クスリ・薬物】

急性胃腸炎の原因となりやすいクスリ
非ステロイド系消炎
鎮痛剤ステロイド剤
抗がん剤

【過度のストレス】
急性胃腸炎の原因を考えると、ほとんどが細菌やウイルスを原因として考えます。しかし、ストレスが原因で「急性胃腸炎」という診断を受けた人も少なくはないでしょう。

引用元-急性胃腸炎の原因はストレス?感染やうつることはないの? – 元気な美的ライフ

スポンサーリンク



  人気記事

急性胃腸炎の症状について

急性胃腸炎の症状には
・下痢
・嘔吐
・腹痛
・血便
・頭痛・発熱
・倦怠感
・脱水症状
などがあります。

下痢がひどい場合は、内容物がほとんど出ないで
水分しか出ない水溶便になることがあります。
風邪を引いた時にも胃腸の具合が悪くなることがありますが、
急性胃腸炎のそれは風邪を大きく上回ります。

免疫力が低下していると、症状が長期化してしまい
さらに体全身に広がっていって
肝炎・脳炎・腎炎・心筋炎などを起こす場合もあります。

引用元-急性胃腸炎はうつる!潜伏期間は何日か?治し方はシンプル 水分補給と職制限、体を温めること | ZOOT

スポンサーリンク



急性胃腸炎とストレスの関係について

実は急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。

その理由に、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。

そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。

また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する事を言います。

この機能が低下するという事は、それだけ細菌やウイルスを侵入、増殖させやすい体になってしまうというわけです。

さらに、感染性胃腸炎の場合は原因となるウイルスや細菌が体外から排出されると胃腸の症状はなくなりますが、ストレス性胃腸炎の場合はストレスがなくならない限り、薬を飲んでも症状が治まりません。

引用元-急性胃腸炎はストレスが原因【症状と潜伏期間】治療と予防法は? | 豆知識PRESS

急性胃腸炎の下痢の症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎は、ウイルス性の場合が多く、その感染力の強さや菌の数によって違ってきます。また、本人の免疫力の強さによって、ウイルスに対抗する力も変わってきます。その為、人によって個人差はありますが、通常は3日くらいで下痢の症状はおさまってきます。

引用元-急性胃腸炎!下痢の期間はどのくらい? | インフォブシーズン

症状の進行具合は、いきなり耐えられないほどの腹痛が来るのではなく、まずは、腹部の不快感から始まります。そして、悪寒や吐き気が出はじめ、風邪と勘違いすることもあります。そしてとうとう腹痛が本格化して、下痢が始まります。

この時期に病院へ行くと、断食をすすめられる場合が多いです。胃腸を休めることで、症状を回復させようとしているのです。しかし何も食べないのはつらいという方は、おかゆやゼリーなどの極めて消化の良いものを食べましょう。そして、3日後くらいには、下痢も止まり、体調も回復していきます。

引用元-急性胃腸炎!下痢の期間はどのくらい? | インフォブシーズン

急性胃腸炎で回復期の食事は?

嘔吐が3時間以上起こらなくなったら、回復期に入ったとみてよいでしょう。食事の始め時です。嘔吐がなくなれば、まだ下痢をしていても少しずつ食べてよいといわれます。
 
◆胃に優しい食事

おかゆ、うどん、豆腐、味噌汁、バナナなどから食べ始めます。玄米や野菜はヘルシーですが、食物繊維が多いので胃に負担がかかります。
 
少しずつ慣れてきたら、白身魚や鶏ササミ、大根、ジャガイモなど胃を保護するといわれる食事を取りましょう。
 
◆小分けして食べる

1度にたくさん食べると、消化が良い食べ物でも負担になります。1日5~6食に分けて食べましょう。
 
完全に回復した後も刺激物や脂っぽい食事などを避けると、再発防止になります。

引用元-急性胃腸炎を発症…何を食べたらいいの?急性胃腸炎の病中&病後の食事[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

 - 生活の知恵, 美容・健康