ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

      2017/06/21

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

急性胃腸炎の原因について

原因は様々挙げられますが、主にこのような原因が考えられています。

暴飲暴食
細菌・ウイルス
クスリ・薬物の多用
過度なストレス

【暴飲暴食】
胃が荒れる原因の一つがこの、“暴飲暴食”です。胃への負担が大きくなり症状悪化の原因となります。

【細菌・ウイルス】
細菌の原因菌と言われているのが、

サルモネラ
腸炎ビブリオ
カンピロバクター
O-157

ウイルスの原因菌

ノロウイルス
ロタウイルス

【クスリ・薬物】

急性胃腸炎の原因となりやすいクスリ
非ステロイド系消炎
鎮痛剤ステロイド剤
抗がん剤

【過度のストレス】
急性胃腸炎の原因を考えると、ほとんどが細菌やウイルスを原因として考えます。しかし、ストレスが原因で「急性胃腸炎」という診断を受けた人も少なくはないでしょう。

引用元-急性胃腸炎の原因はストレス?感染やうつることはないの? – 元気な美的ライフ

スポンサーリンク



  人気記事

急性胃腸炎の症状について

急性胃腸炎の症状には
・下痢
・嘔吐
・腹痛
・血便
・頭痛・発熱
・倦怠感
・脱水症状
などがあります。

下痢がひどい場合は、内容物がほとんど出ないで
水分しか出ない水溶便になることがあります。
風邪を引いた時にも胃腸の具合が悪くなることがありますが、
急性胃腸炎のそれは風邪を大きく上回ります。

免疫力が低下していると、症状が長期化してしまい
さらに体全身に広がっていって
肝炎・脳炎・腎炎・心筋炎などを起こす場合もあります。

引用元-急性胃腸炎はうつる!潜伏期間は何日か?治し方はシンプル 水分補給と職制限、体を温めること | ZOOT

スポンサーリンク



急性胃腸炎とストレスの関係について

実は急性胃腸炎とストレスは密接な関係があると言われています。

その理由に、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。

そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。

また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する事を言います。

この機能が低下するという事は、それだけ細菌やウイルスを侵入、増殖させやすい体になってしまうというわけです。

さらに、感染性胃腸炎の場合は原因となるウイルスや細菌が体外から排出されると胃腸の症状はなくなりますが、ストレス性胃腸炎の場合はストレスがなくならない限り、薬を飲んでも症状が治まりません。

引用元-急性胃腸炎はストレスが原因【症状と潜伏期間】治療と予防法は? | 豆知識PRESS

急性胃腸炎の下痢の症状はどれくらい続く?

急性胃腸炎は、ウイルス性の場合が多く、その感染力の強さや菌の数によって違ってきます。また、本人の免疫力の強さによって、ウイルスに対抗する力も変わってきます。その為、人によって個人差はありますが、通常は3日くらいで下痢の症状はおさまってきます。

引用元-急性胃腸炎!下痢の期間はどのくらい? | インフォブシーズン

症状の進行具合は、いきなり耐えられないほどの腹痛が来るのではなく、まずは、腹部の不快感から始まります。そして、悪寒や吐き気が出はじめ、風邪と勘違いすることもあります。そしてとうとう腹痛が本格化して、下痢が始まります。

この時期に病院へ行くと、断食をすすめられる場合が多いです。胃腸を休めることで、症状を回復させようとしているのです。しかし何も食べないのはつらいという方は、おかゆやゼリーなどの極めて消化の良いものを食べましょう。そして、3日後くらいには、下痢も止まり、体調も回復していきます。

引用元-急性胃腸炎!下痢の期間はどのくらい? | インフォブシーズン

急性胃腸炎で回復期の食事は?

嘔吐が3時間以上起こらなくなったら、回復期に入ったとみてよいでしょう。食事の始め時です。嘔吐がなくなれば、まだ下痢をしていても少しずつ食べてよいといわれます。
 
◆胃に優しい食事

おかゆ、うどん、豆腐、味噌汁、バナナなどから食べ始めます。玄米や野菜はヘルシーですが、食物繊維が多いので胃に負担がかかります。
 
少しずつ慣れてきたら、白身魚や鶏ササミ、大根、ジャガイモなど胃を保護するといわれる食事を取りましょう。
 
◆小分けして食べる

1度にたくさん食べると、消化が良い食べ物でも負担になります。1日5~6食に分けて食べましょう。
 
完全に回復した後も刺激物や脂っぽい食事などを避けると、再発防止になります。

引用元-急性胃腸炎を発症…何を食べたらいいの?急性胃腸炎の病中&病後の食事[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

 - 生活の知恵, 美容・健康