ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

      2017/01/27

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

スポンサーリンク

  関連記事

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

足の汗の臭いは無臭?

人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。

よく耳にするのは「アポクリン腺」ではないでしょうか。アポクリン腺とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心なので、臭いの元になる物質が分泌されます。逆に聞きなれない「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。

足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。平均でなんと、一日コップ一杯(約200㏄)の汗をかくと言われています。ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。先ほどお話した通り、エクリン腺からでる成分はほとんどが水分で構成されているので、無臭に近いのです。

引用元-足がくさい→足の臭いを無臭にする!自宅で出来る簡単5方法

スポンサーリンク



  人気記事

靴の臭いの原因は足の汗から出る細菌

そもそも足の裏にはカラダのほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて両足で1日にコップ1杯、約200ccの汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で99%が水です。したがって、基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。

臭いの原因となるのは、表皮ブドウ球菌やいわいるバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌です。これらの細菌が汗と一緒に流れ落ちた古い角質などの成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

とくに、ブーツやストッキングは通気性が悪く、高温多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。これが雑菌をより一層繁殖させ、臭いをさらに増強させるわけですが、足の蒸れは水虫の原因にもなるので注意が必要です。

このため、冬場など革靴を履く機会が多くなるときは、できるだけ天然の革靴を選ぶことをお勧めします。天然の革は、合成革に比べて通気性がよく、汗も吸収しやすいので足の蒸れをその分だけ軽減してくれます。

引用元-足の臭い対策!原因を知ってシッカリ解消

スポンサーリンク



靴の臭いの対策について

足のムレを防ぐ対策として、足に直接触れる靴下の選び方がとても大切です。

(1)ムレにくい靴下を選ぶ

綿とシルクやウール等天然素材の繊維との混紡製品を選びましょう。綿100パーセントの靴下は吸収性には優れていますが、汗の発散性が低く、ムレやすいのです。

そのため、吸収・発散性のバランスが良い混紡製品がオススメです。

(2)ストッキングの工夫

ストッキングをはくときは、デオドラント効果のあるストッキングを選び、外出先では一日2~3回、ストッキングを履き替えることをオススメします。これにより靴の中の湿度を下げ、防臭効果が高くなります。

引用元-靴を脱げない!足の臭いの原因と対策 | スキンケア大学

靴の臭い対策の前にまずは素足から

まず素足を清潔にすることが靴の臭い対策の第一段階。といってもそれほど神経質になる必要はありません。万が一水虫の疑いがあれば病院(皮膚科)へ行ってください。薬局で薬を買うよりきちんと医師にみてもらうことが大切。今は良い薬も沢山あるのでしっかり水虫はケアしましょう!

さらに角質も、しっかりケアすることが大切です。

角質は雑菌の栄養となったり菌の住処になったりするのです。カサカサしてきたらクリームをぬってあげるのも良いでしょう!いずれにせよいくら靴の臭いを対策しても原因を絶たなければ抜本的な対策にはなりません。素足を清潔にすることが第一の基本です。

引用元-靴の臭い対策法

臭いの原因を作らないために靴は休ませながら履く

靴は毎日同じものを履かず、3足位をローテーションさせる方がいいです。汗が付着して湿った靴を完全に乾く前に履く事は、雑菌の培養箱の中へ足を入れているのと同じです。
アルコール入りのウェットティッシュで中をサッと一拭きし、10円玉10枚を入れたネットかガーゼを靴の中へ放り込んでおきましょう。この一手間をかけると、気になる靴の臭いが防げます。銅が雑菌の繁殖を抑え、分解してくれるのです。この他、緑茶やコーヒーの出がらしを乾燥させて入れておくのも脱臭効果があります。湿気が気になる人は、乾物に入っている乾燥剤や新聞紙を丸めて入れておくのも効果的です。

足が臭うのは、足裏に集中している「エクリン腺」という汗腺から出る汗が常在菌と結びつき、有機分解された雑菌が原因です。汗自体の臭いはほぼなく、雑菌の温床になりやすい環境が問題となります。足裏は体の中で一番汗をかきやすい部位の一つと言われ、一日200ml前後の汗をかく人もいる程なので、どうしても臭いが作られやすい箇所なのです。
エクリン腺は脂の多い食事ばかりをすると活発になり、汗をかきやすくなります。ご自身の足の臭いが気になる方は、食生活も見直してみて下さい。その他、緊張やストレスでも汗はかきます。よく手に汗握ると言いますよね。実は手よりも、足裏の方が何倍も汗を多くかいているので、緊張の連続、ストレス過多な人も要注意です。

引用元-「足クサ」なんて言わせない! 家庭用品を使ったカンタン足の臭い対策

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康, 雑学