ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

   

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

口呼吸は自覚しにくい セルフチェックをしてみよう

本来、人間は鼻で呼吸をします。鼻からの空気では足りなくなった時に口からの空気を利用します。母乳の時の赤ちゃんは全て鼻呼吸で行っています。徐々に口呼吸を覚えていき、鼻炎や癖などで口で呼吸する割合が高まってくると、口呼吸の方が空気の量も多く取り込めるため、鼻呼吸より口呼吸が中心となってしまいます。

口呼吸のセルフチェック

気が付くといつも口が開いている
鼻が詰まりやすい
口が乾きやすい
イビキをかきやすい
口を閉じると苦しく感じる
風邪をひきやすい
朝起きた時喉がカラカラになる
口臭が気になる

引用元-口呼吸によって起こる9つの危険と6つの改善方法

スポンサーリンク



  人気記事

口呼吸ではなく鼻呼吸がいいのはなぜなのか?

口呼吸で生活していると、喘息(ぜんそく)、アトピー、睡眠時無呼吸症候群、口臭、免疫機能の低下…などなど、様々な弊害を引き起こします。

鼻は呼吸を、口は食べ物を本来運ぶ場所と考えると当然かもしれません。

実際、口呼吸より鼻呼吸の方が多くの酸素を体内に取り入れる事が可能です。酸素の取りこみは人間にとって不可欠な要素、より多くの酸素を体内に入れる事が可能な鼻呼吸への改善は必須とも言えますね。

鼻呼吸に改善することで、口呼吸による弊害が取り除かれるだけでなく、酸素吸入量が増えることで血行が良くなり「免疫力が上がる」「顔色がよくなる」「集中力が上がる」「小顔になれる」など、メリットがとても豊富です。

あなたにとって利益しかありませんので、これを機会に鼻呼吸に改善を始めましょう。

引用元-口呼吸の治し方!口呼吸から鼻呼吸へと即刻シフトする7つの改善策 | Healthy Lifestyle

スポンサーリンク



口呼吸は様々な障害の原因となる

口の中の細菌の活動性が高まり、
むし歯や歯周病のリスクを増大させます

集中力が欠けたり

口が開いているので、舌が下がり、くちびるに締まりがなくなり、歯並びも悪く

そして、

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)になりやすくなる ⇒ いびきの原因
雑菌が繁殖する ⇒ 口臭がきつくなる原因
雑菌が繁殖るる ⇒ 舌苔ができやすくなる原因
唾液が乾燥しやすくなる ⇒ 歯周病の原因
唾液が乾燥しやすくなる ⇒ 虫歯の原因
粘膜が乾くので ⇒ 喉の病気や味覚障害の原因
鼻を使わないので機能が低下し ⇒ 嗅覚に影響

さらに、

口から呼吸する時間がながくなるので「生」の空気が直接
体内に取り込み

免疫機能の混乱
免疫力の低下

など、リスクが高まります。

引用元-口を開けて寝る原因と対策はこれだ!危険!?睡眠時の口呼吸に注意! | 猫の手も借りたい

口呼吸の簡単な3つの治し方について

先ずは自分が口呼吸をしている、
という自覚をしっかりと持ち、日頃から
意識することが重要で、これだけでも
改善がみられることが有るようです。

そして下記の3つの方法を実践するだけで
驚くほど改善する人もいるようです。

1、睡眠時にサージカルテープを口に貼る
2、片方の歯だけで物を噛まない
3、ガムなどを噛んで咀嚼筋を鍛える
(書籍:正しく鼻呼吸すれば病気にならない)
たった3つの方法を実践することで
アトピーなどの病気が改善されたという
人がいらっしゃるのに驚きですが、すべての人に
効果があるわけではありません。

ですが言うまでもなく体に負担が
かかるような方法ではありませんので
是非実践して頂きたいと思います。

1のサージカルテープは口の中央に
縦に貼り、全部覆ってしまわないようにします。

2や3に関しては説明はいらないですね。
物を噛む時は奥歯を使い均等に噛みましょう。
とっても簡単ですから是非チャレンジ
してみてください。

引用元-口呼吸、3つの簡単な治し方と「あいうべ体操」で舌の位置を治そう! | 知恵の小袋

口呼吸を改善するあいうべ体操とは

舌や口周りの筋力を鍛えるには「あいうべ体操」がオススメです。口呼吸の人が普段あまり使わない筋力を使うことができ、鼻呼吸への矯正に効果的です。

あいうべ体操の方法

「あー」…口を大きく開ける
「いー」…口を大きく横に広げる
「うー」…口をすぼめて前に突き出す
「べー」…舌を下に突き出す

引用元-口呼吸の治し方!鼻呼吸へ改善する5つの方法 | ニオイノラボ

この体操を1日30セット程度(朝・昼・夜に10回ずつ)行い、口呼吸が改善するまであきらめずに継続することが大切です。期間の目安としては「2週間~1ヶ月」続けてみて下さい。声は出しても出さなくても問題ありません。

アゴの関節に痛みを感じる人は、「い・う」のみでもOK。また、入浴中は筋肉が緩くなるので効果を得やすくなります。

引用元-口呼吸の治し方!鼻呼吸へ改善する5つの方法 | ニオイノラボ

 - 生活の知恵, 美容・健康