ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

      2016/01/25

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

スポンサーリンク

  関連記事

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

ロードバイク初心者はまず練習から!乗り方や降り方の練習も!

ロードバイクはママチャリとは全然違います。

ママチャリ感覚で初心者が乗ると、おそらく失敗するでしょう。

まずは練習して乗り方を体に覚えさせましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

紅茶の効能でリラックス

紅茶の魅力といえば、淹れたときにふわっと漂う香りもそのひとつ。この香りにリラックス効果があるため、自律神経を整え精神を落ち着かせてくれるのです。

いちばんのオススメは、アールグレイ。アールグレイはベルガモットオレンジが香るフレーバーティーの一種です。

このベルガモットに含まれているエステル、アルコールといった成分がより高いリラックス効果をもたらしてくれますよ。最近イライラすることが多い、不眠症かも・・・という方は、夜寝る前にアールグレイを飲んでみてはいかがでしょうか?

引用元-リラックス効果だけじゃない?紅茶の種類別、美容効果あれこれ | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

紅茶に含まれるテアニンによるリラックス効果

紅茶に含まれるテアニンは、紅茶のうまみと甘みを醸し出すアミノ酸の一種です。テアニンの最大の効能は何といっても、リラックス効果でしょう。特筆すべきは、テアニンのリラックス効果というのは、「眠気を起こすことが無い」ということです。テアニンを摂取しても、人間の脳内でシータ波が出ないということが研究であきらかにされています。(シータ波というのは、浅い睡眠のときに出る脳波です。)
ストレスを抱えていたり、不安でどうしようもなかったり、また、気分が落ち込んでいるときには、紅茶を飲んでみるといいでしょう。
また、テアニンは細菌感染などに対して、自然抵抗力を高める効果があるといわれています。

引用元-紅茶に含まれるテアニンのリラックス効果

スポンサーリンク



リラックス効果を高めるためにテアニンを多く抽出

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s

~テアニンを多く抽出するには温度が決め手!~

テアニンは、リラックス効果があったり、
甘み旨みの味に影響したりと、紅茶には大切な成分です。

どうせだったら、たくさん摂りたいと思いませんか?
(α波は、多ければ多いほどリラックス効果が高いです。)

そこで、ポイントになるのがお湯の温度です。

通常は、95度以上の沸騰したお湯の中で、
葉っぱがジャンピングするのが、
おいしく作れている合図です。

ですが、テアニンは60~65度だと一番良く抽出されます。

そして、熱過ぎず、ぬるすぎず、
人が飲む時に、ちょうど良く感じられる温度が約65度です。

アツアツの紅茶を、コップに注いでから冷めるのを
待つんじゃなくて、ポットの中で冷ますと、
テアニンがより多く出た紅茶を飲む事が出来るんです!

引用元-紅茶にはリラックスの効能が!職場で疲れた心を癒す魔法の飲み物! | トレンド情報サイト

紅茶の効能は風の予防にも効く

紅茶の成分の1つであるフラボノイドやテアフラビンは、インフルエンザ菌の感染力を抑制するほどの強い殺菌効果があり、即効性も期待できます。
また、紅茶でうがいをすることでも予防効果があることが分かっており、その効果は市販のうがい薬を上回るそうですので、外出先から帰ってきたときには紅茶でうがいをする習慣をつけるとよいでしょう。ただし、牛乳を加えてしまうとその働きは失われてしまいますので注意が必要です。
昔から紅茶は万病に効くと言われるほどさまざまな薬用成分があります。
​また、紅茶は飲むだけではなく、消臭効果もあるため、使用済のティーパックを部屋に置くなどして活用してみるのもいいかもしれませんね。

引用元-紅茶のうれしい効能とは | 美肌レシピ

紅茶の効能を使いわけよう

紅茶は体の冷えが気になるときや、少し憂鬱な気分のときにお勧めです。
紅茶をベースに様々な食材(生薬)を加え「薬膳茶」としても美味しく頂けます。
穏やかな性質のため、胃の弱い人でも飲みやすいです。

体を温め、冷えを解消(紅茶は茶葉を発酵。良く発酵させた茶葉の方が、体を温める作用は強くなる傾向があります)
精神を安定、リラックス効果
高い殺菌作用(風邪の予防など)
利尿作用
消化促進
 
ミルクティーとして飲まれることも多いですが、ここでポイント。
牛乳には精神を安定させる作用がありますが、紅茶の殺菌効果を弱めます。
リラックスしたいときにはミルクティーで、殺菌効果を期待したいときにはストレートで飲みましょう。

引用元-紅茶や緑茶類には薬膳効能がたっぷり!国際薬膳師が教える、健康と美容効果を高める飲み方 – Column Latte

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学