ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

      2017/01/27

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

独身男性は結婚しないのか?もしくはできないのか?

30を越えたあたりから男性はお金も持ち始め、

自分の趣味に時間もお金もかけられるようになります。

結婚しない独身男性は今後も増えていくのでしょうか?

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

妊娠中にカフェインが良くない理由とは

カフェインは、精神機能を高めることで眠気等をおさえる中枢神経興奮作用や、よく知られている利尿作用、さらには心筋に直接作用して収縮力や拍出量を増加させる作用、基礎代謝を高める作用など、さまざまな働きがあります。コーヒーや紅茶を疲れた時に飲んで心が休まっていたのも、眠気を取り払いたい時に飲んで目が冴えていたのも、すべてカフェインのおかげなのです。

妊娠中の方にとって、カフェインの摂取は量と時期に気をつける必要があります。まずカフェインの摂取量ですが、妊娠の後期になると代謝がゆっくりとしてくるため、カフェインを分解して排泄するのに時間がかかり、体内に留まったカフェインが容易に胎盤を通過し、胎児もママと同じ血中濃度になってしまいます。胎児の肝臓機能はまだまだ未熟なため、カフェイン自体を排泄する能力を持っておらず、体内に高濃度のカフェインが留まってしまうことは、発育の遅れに影響するという報告がいくつかあるようです。また、毎日コーヒーを8杯以上飲んでいる方の死産リスクが高まるという報告もあるのです。

ただし、全く摂ってはいけないというわけではありません。あくまでも過剰摂取が好ましくないということなので、あまり神経質になりすぎず、もともとコーヒーや紅茶が好きな方は、我慢せずゆっくり愉しむ時間をつくることも忘れないようにしましょう。

引用元-コーヒー1杯ならOK?妊娠中のカフェイン摂取に関する最新研究 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

妊娠中に紅茶は1日何杯くらいなら飲んでも大丈夫?

WHO(世界保健機構)の規定によれば、1日に摂取してよいカフェインの上限は300mgとされています。
上限が300mgとされていますが、300mgを超えなえれば本当に安全なのでしょうか?

 

カフェインの摂取量に関しての研究は海外では盛んに行われています。
最近のイギリスの研究では、200mgのカフェインを摂取し場合に、胎盤の血流が25%減ることが報告されています。

 

さらに、カフェイン摂取量ごとの流産や低出生体重児のリスク増加についても報告されています。
1日のカフェイン摂取量が100mg未満の場合と比べて、
・100~199mg⇒リスクが1.2倍になる
・200~299mg⇒リスクが1.4倍になる
・300mg以上  ⇒リスクが1.5倍になる
ということも報告されています。

 

どうでしょうか?「WHOが示す300mgを越えなければいいのかな?」と私も思っていましたが、最新の研究報告などを調べると300mgが必ずしも安全ではないことがわかりますね。

 

100mgでも流産や低出生体重児のリスクが1.2倍に増加するのです。
イギリスの研究結果を踏まえると、ほぼリスクのない100mg以内に抑えたいところですよね?

引用元-【妊娠】妊婦はノンカフェインの紅茶しか飲めない?カフェインの恐怖 | 妊婦力

スポンサーリンク



紅茶に含まれるタンニンにも注意が必要

9ba5fa9a2b570af86b825cf55e94cdc8_m

紅茶にはタンニンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。
一見体によさそうですが、
タンニンは鉄と結合して鉄分の吸収を阻害する働きがありますので、
貧血になりやすい妊婦さんによっては、カフェインと同じくらい
タンニンに気を付けた方が良いかもしれません。

では、紅茶にはどのくらいタンニンが含まれているのかというと、
静岡県茶業会議所によると、
100gあたり20%という書き方がされています。
これがどの位の量かはわかりませんが、
コーヒーの方が紅茶よりも3倍多くタンニンが
含まれているといわれていますので、
コーヒー分くらいの量なら問題はないかと思いますが、
貧血気味の方はほどほどに!

引用元-妊婦は紅茶を飲んでもいいの?カフェインは大丈夫? | 妊婦妊娠生活応援サイト

妊娠中におすすめのノンカフェインのハーブティとは

ルイボスティーはハーブティーの一種で、乾燥させたマメ科植物の葉から作ることができる健康茶です。カフェインは含まれておらず、妊婦が避けたほうがよいとされるカテキンの含有量も、お茶や紅茶に比べるとごく少量なので安心できます。

さらに妊婦に必要な栄養素である鉄分も含まれているので、貧血気味の方にも効果的です。ルイボスティーは個人的にもおすすめですが、妊婦さんが産婦人科の先生から勧められることも多いようです。

ただし、種類や販売メーカーによって味に違いがあります。多少の苦味やクセのようなものもあるので「美味しい」という方もいれば「苦手かも」という方もいらっしゃるかもしれません。

ルイボスティーを妊娠中の飲み物として選ぶときは、なるべく加工されていないシンプルな茶葉のものを選ぶこともおすすめします。お腹の赤ちゃんのことを考えても、オーガニックのルイボスティーがやっぱり安心です。

引用元-妊婦に紅茶 はダメ?1日何杯までなら大丈夫?

紅茶やコーヒー以外にもカフェインが含まれる食品は多い

カフェインはコーヒーや紅茶の他にも、さまざまな食品や飲料に含まれています。たとえば、緑茶や番茶などの日本茶、コーラ、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなど。カフェインの1日の摂取量は、コーヒーだけではなく、これらすべてを合わせた量で考えることになりますが、それはかなり大変そうです。
「私たち産科医が医療現場で、カフェインによって直接なんらかの悪影響を感じるということはありません。コーヒーや紅茶などの嗜好品は、飲む人にとって楽しみの一つですよね。妊娠中に気分が冴えなかったり、イライラする時に飲むメリットは大きいと思います。ですから、カフェインはいろいろなものに含まれていますが、すごく厳密に計算して摂取量を守る必要はないと思います。1日の総量でコーヒー2〜3杯分程度なら、問題ないでしょう。好きなものをゆっくり飲んで、リラックスしてください。
 しかし、もし赤ちゃんへの影響がご心配なら、不安に感じながらカフェインを摂るよりは、カフェインの入っていない麦茶やハーブティーに替えるか、カフェインレスの代用品を探してみるのもいいかもしれませんね」
 では出産後は、またカフェインの入ったものを飲んでもいいのでしょうか?
「カフェインは母乳にも影響しますから、出産後、授乳中に多量に摂取すると、赤ちゃんが母乳からカフェインを摂取することになり、落ち着きがなくなったり、興奮して泣きやまなかったりする場合があります。また、カフェインを摂取していない場合に比べ、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が高まるという報告もありますから、出産後も気を付けましょう」
 コーヒーが大好きで毎日飲みたいという人は、出産後のことも考えて、今から代用品を探してみては?

引用元-Maternity Jineko【マタニティージネコ】/女性のための健康生活ガイド『ジネコ』

 - 美容・健康, 育児・子育て, 雑学