ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

      2016/01/25

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

紅茶の効能である冷えの改善について

身体を冷やす効能を持つものの特徴は、「糖質の含有量が高いもの」「ひんやりと冷たいもの」が挙げられます。
 
逆に、身体を温める効能を持つものの特徴は、以下のようなものが挙げられます。
 
ほかほかと温かいもの
寒い地域で生産されているのも
渋みや苦み、塩気などがあるもの
 
実は、渋みや苦みを持つ緑茶は冷えを改善できないと言われています。
 
その理由は、緑茶が無発酵製法で製造されているからです。
 
同じチャノキの茶葉から製造されていても、発酵させずに製造される緑茶には身体を冷やす作用あり、完全発酵させて製造される紅茶には、身体を温める効能があるのです。
 
発酵とは、微生物の作用によって元の状態から新たな状態へと変化させる状態で、健康や美容に効果を発揮します。
 
日本では味噌や醤油、納豆など発酵による食品加工が多く、健康と美容をサポートしてくれると世界各国で注目を集めています。
 
全発酵である紅茶は、身体を温める効能がありますが、さらに生姜やシナモン、黒砂糖を加えることで冷えを改善させるための相乗効果が得られます。
 
冷えの改善のために、ぜひ紅茶をおいしく召し上がって見ませんか?

引用元-紅茶の効能 冷え性改善効果

スポンサーリンク



  人気記事

冷えの原因について

病気は血液の汚れからで、冷えが原因と言われています。さらに石原結實先生は、体を温め、免疫力をUP!すれば健康になるといわれます。

冷えから血行が悪く、夜中に何度も起きたり、寝つきが悪く、ぐっすり眠れない方も多く、手足が冷える、むくみ、疲れる、生理不順、便秘にアトピーなどの冷えからの悩みは深刻です。

新陳代謝が悪く肥満、肩こりや首のコリなども体の冷えからの原因も関係している場合もあります。低体温や低血圧など冷えることによ様々な病気に関連し、免疫力が低下することで風邪をひきやすくなります。

冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどです。体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなります

引用元-生姜紅茶で冷え性対策の効能はある・ない?

スポンサーリンク



生姜紅茶の効能で冷え性対策をしよう

773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_m (1)

生姜には体を温めてくれる作用があることは有名ですが、生姜紅茶でもその効果は同じです。生姜の辛味成分(ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロン)には、体の新陳代謝を高め、血行を良くする働きがあることから、体を温めて血行不良が原因となっている冷え性を解消してくれるといわれています。

また、紅茶は茶葉を完全に発酵させて作られるお茶の一種ですが、茶葉の発酵具合が高くなるほど体を温める作用が高まるとされており、数あるお茶の中でも、紅茶は特に体を温める作用が高いといえるのです。

この様に、身体を温める特徴を持った生姜+紅茶の組み合わせは、「冷え性」の改善・対策にとって、とても高い効果が期待できる飲み物であるといえそうです。

引用元-生姜紅茶の効能・効果と作り方(飲み方も) | 健康と栄養に関する情報ブログ

冷え性対策に生姜紅茶 作り方は?

生姜紅茶のおすすめの飲み方

生姜紅茶を作るには、まず新鮮な生姜を手に入れましょう。できれば飲む直前にすりおろします。その方が生姜の風味がよく、生姜に含まれる健康成分を効率よく摂ることができます。時間がないときや、外出先ですりおろすことができないときは、チューブや粉末のものでも大丈夫です。
一日に3~4杯飲むことを続けることです。

そして、大切なのは「生姜を加熱すること」です。先ほども説明しましたが、生の生姜の成分「ジンゲロール」を加熱により、「ショウガオール」「ジンゲロン」に変化させることで、発汗、体温上昇、脂肪燃焼などの効率を高め、さらにダイエットに効果が期待できるのです。ぜひ、熱い紅茶に生姜を入れて飲んでください。

生姜紅茶のレシピ(目安の分量)

紅茶の茶葉:ティースプーン1杯(ティーバッグ 1個)
生姜すりおろし:約10g(ガーゼなどで絞ってもよい)
お湯:200ml
黒砂糖(はちみつ):お好みの量
ティーカップに熱い紅茶を入れ、すりおろした生姜と黒砂糖(またははちみつ)を入れ、熱いうちに飲みます。
紅茶の濃さや生姜の量はお好みで調節して下さい。おいしく飲むことが一番大切なので、量にとらわれず、ご自身のお好みの加減を見つけてください。

黒砂糖は体を温める効果が非常に高く、エネルギーの代謝に必要なビタミンやミネラルが十分に含まれているので、体内での糖や脂肪の燃焼を促してくれます。黒砂糖の風味が苦手なら、はちみつを加えてください。はちみつは滋養強壮のある食べ物。免疫力アップと疲労回復作用が期待できます。

生姜紅茶を飲むおすすめのタイミングは、まず朝食前に1杯、昼ごはんの前に1杯、午後の休憩に1杯、入浴前に1杯。1日に3~4杯が理想ですが、まずは朝と入浴前から始めてみてはいかがでしょうか。

引用元-生姜紅茶でダイエット。ショウガ+紅茶のパワーでおいしく無理なく痩せる! | カレルチャペック紅茶店 Blog

様々な効果が期待される生姜紅茶

ショウガと紅茶、共通点がないような食材ですが実は同じような効果を持ち一緒に摂取することでその効果を上げることが可能です。そもそも紅茶には利尿作用があります。体内に余分な水分があるとむくみの原因になったり冷え性のもとになったりします。実はショウガにも利尿作用があり、紅茶と一緒に摂取することでこの効果を上げることができます。

またショウガと言えば身体を温めてくれ冷え性改善に効果的ですが、紅茶にも実は同じ効果があります。紅茶にはテアフラビンという成分が含まれており、この成分が身体を温めてくれるんですね。利尿作用と同じく、紅茶とショウガが身体を温めてくれるわけです。そして、生姜紅茶を飲むことで身体の血流を良くし、代謝を上げてくるれのでダイエットにも効果的です。

利尿作用、冷え性改善、ダイエット効果と女性にとっては嬉しい飲み物ですが、実は他にも効果があります。

ショウガには抑うつ気分解消にも効果があると言われており、ショウガ紅茶を飲むことで心身ともにリラックスした状態にすることができます。

引用元-飲んだ事ありますか?生姜紅茶のすごすぎる効能と自宅で出来る作り方 | UROKO

 - 生活の知恵, 美容・健康