ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

      2016/03/09

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

スポンサーリンク

  関連記事

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防策について

年々夏が暑くなっているように感じます。

猛暑が続いてもバテないための対策や予防が大切です。

暑い夏を乗り切りましょう!

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

紅茶は下痢に対する効能がある

紅茶は腸の収れん効果が高く、人によってはすぐに下痢の勢いが弱まるほどの効果があります。発酵を経て作る紅茶は体を温める効果がありますので、一石二鳥です。 お砂糖を控えめにして(既に書きましたように、砂糖は下痢や便秘を招きやすく、しかも体を冷やしてしまうと考えられています)ゆっくりといただいてください。

最近は、コンビニ食品、ファーストフードなどで空腹を満たす人が増えています。特に若者の間では増加の傾向があります。確かに美味しくて、便利ですが、食品添加物がどっさり入っているという事を知っている人はどのくらいいるでしょうか。他の加工食品の中にもしっかり入っています。市販のお米(白米)すら添加物が入っているのが現実です。このような食品添加物は下痢の原因になる事が多いものが含まれています。

下痢の原因は人によって様々ですが、昔に比べると体の害となるものを多く摂取している事は間違いないようです。しかも有害なものを排出する食物せんいや腸内の善玉菌の数も減っています。  

引用元-下痢を止める食べ物と飲み物 | 下痢の改善相談室

スポンサーリンク



  人気記事

紅茶のタンニンによって下痢を和らげる

紅茶やウーロン茶は体を温める効果が強く、下痢に悩む方にはとてもおすすめの飲み物です。

これらには、タンニンが含まれており、下痢で柔らかくなってしまった便を普通の堅さに戻してくれる働きがあるそうです。

さらに、この働きは比較的即効性が高く、人によっては飲んですぐに効果があるという方もいるそうです。

そのため下痢になりそうな時は、適量の暖かい紅茶やウーロン茶を摂取していると予防や対策として非常に効果的だと思います。

ただし、ひとつ注意していただきたいのは、紅茶の場合はストレートティにするということです。

ミルクや砂糖を入れてしまうと、これらが下痢を引き起こす原因となりかねないので、かえって逆効果になることがあるからです。

加えて、一気に温かい飲み物を飲み干すというのも刺激が強すぎるので、できればゆっくりと摂取する事をおすすめします。

スポンサーリンク



紅茶の飲用による下痢への効果

9361c827812439fe5a2b906fcd975136_m

抗菌作用との関連
ボツリヌス菌に対する殺菌効果は紅茶液が砂糖の有無に関わらず緑茶より強いことは判明している。緑茶カテキンや紅茶テアフラビンはコレラ菌など一般的な食中毒細菌に対しても殺菌効果があることが知られている。衛生状態の悪い国を旅行する時には、紅茶はどこでも入手可能であるから、できるだけ飲用することが安全である。

一方、茶ポリフェノールは乳酸菌やビフィズス菌などには影響を及ぼさず、結果的に腸内細菌の比率は善玉菌が増えて悪玉菌が減り、便秘と下痢の双方に効能を示し、便の臭気が薄くなることも確かめられている.また胃炎ひいては胃がんの原因菌といわれ出したピロリ菌に対する殺菌性も認められた。

引用元-日本紅茶協会 | 紅茶と健康

下痢に効く紅茶も飲み方に注意

紅茶には便を硬くし下痢を止める作用がありますが、紅茶を沢山飲んですぐに下痢改善!というわけにはいきません。
下痢で弱ったお腹に荒っぽいやり方はするべきではありません。
下痢のときに下痢改善目的で紅茶を飲む時は、まず紅茶は濃いめにいれ、砂糖はできるだけ控えましょう。

砂糖を控える理由は、砂糖は下痢を招きやすいと言われているためです。
同じく日常的に摂っている人工甘味料も下痢を招きやすいといわれているので、
ペットボトルで売られている紅茶より、自分でいれた紅茶の方が下痢改善にはよいかと思います。

引用元-下痢を紅茶で改善?その2つの要素と気をつける点は? | 下痢のこと

紅茶も飲みすぎると逆効果 カフェインと胃の関係について

紅茶が含んでいるカフェインには胃液を分泌して、食べ過ぎた時の消化を助けてくれる影響を持っていますが、場合によっては健康に悪いです。

なぜならカフェインを過剰摂取すると胃液が大量分泌されて荒れるからです。

この状態となると胃の粘膜が傷付いてしまい、下痢や嘔吐を伴うケースがあり、元々下痢や嘔吐だった人が紅茶を飲むとさらに腸内が荒れて危険です。

また空腹状態で紅茶のカフェインを摂取すると胃の中が荒れやすいです。

人間は空腹状態になると胃液の量が多くなるため、そんな時に増やすと当然荒れる結果となり、1時間に200~300mgのカフェインを摂取すると下痢や嘔吐になります。

そのため3時間は紅茶を控えるようにした方が良いでしょう。

またカフェインの影響が強く出過ぎると「急性胃炎」になる事があり、症状は胸やけ、嘔吐、吐血・食欲不振・胃の痛みや不快感などが現れてきます。

紅茶の場合は1日3杯までに抑えるとまず大丈夫なので安心してください。

ちなみに食欲がない時は胃に異変が起きている事が多いので、そんな時にカフェインを摂取して、腸内を荒らせる事は状況が悪化するので紅茶を控えましょう。

また風邪で胃が弱っている時も紅茶を控えて、水を飲むと好影響です。

引用元-紅茶のカフェインと影響!胃の危険を防ぐ方法 | 自然の雑学

 - 生活の知恵, 美容・健康