ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

      2016/03/18

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

背中に激痛で動けない!原因はぎっくり背中?

背中の痛みの原因は様々ですが、

その中でもぎっくり背中について確認します。

その効果が期待できる対処法や予防法とは?

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

重い物を持つ時の注意点やコツとは?

重い物を運ぶ時、つい力任せで運んでしまっていませんか?

実はかなり腰に負担をかけているかもしれません。

しっかりした持ち方で腰を痛めないよう注意しましょう。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

口内炎には塩が効果的

アフタ性口内炎の治し方の中で、とても効果的な民間療法が塩(自然塩)を患部に塗って殺菌することです。
 
想像しただけで悲鳴を上げる人もいそうですが・・・ご名答です(笑)
 
ハッキリ言って、のた打ち回るほどの痛みを伴います。
 
この方法はかなり原始的ですが、私としては、とてもおススメな治し方です。
 
なぜか?
 
まずはご存知のように、塩はとても強い殺菌効果、抗菌効果があります。
 
さらに、塩は昔から伝わる「最も自然な殺菌方法である」ということが挙げられます。
 
アフタ性口内炎の患部から体内に異物が入ると考えると、出来るだけ自然な物の方が良いですよね。
 
やり方も、とてもカンタンです。(※痛いという事実はのぞく)
 
【ステップ1】キレイな水で軽くうがいして、患部を清潔にする
 
【ステップ2】少し多めの塩(自然塩)を患部に塗る
 
【ステップ3】1分間ほどじっと我慢する(我慢です!)
 
【ステップ4】キレイな水で患部をよく洗い流す
 
この方法は、終わった直後は患部を中心に口の中がジンジンと麻痺したようになりますが、しばらくすると痛みがやわらぎ、とても爽快に過ごすことが出来ます。
 
ちょっと荒療治ではありますが、四六時中痛いことを考えると、一瞬だけ我慢すれば爽快感を得られるというのは、決して悪い選択ではないでしょう。
 
塩なら、何も購入する必要もないですし、薬局などへ足を運ぶ必要すらありません。
 
痛くて困った時、今すぐにでも実践できることは、大きな利点ですね。

引用元-アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎) 治し方「塩」

スポンサーリンク



  人気記事

口内炎の治し方 塩うがいで効果あり

うがいをする塩水の作り方は非常に簡単。
コップに入った水の中にひとつまみの塩を混ぜるだけです。

コップにひとつまみの塩だと、それほどしょっぱくないですが、どうしても苦手な人は酢やイソジンなどのうがい薬でも代用OKです。
目的は口の中の殺菌なんで。

うがいの仕方は、〝ブクブクうがい〟をして〝ガラガラうがい〟です。
ブクブクうがいは、口の中の食べかすなどを取り除くために行う感じの、ブクブクというかグチュグチュというか、とにかく強めに口の中に塩水を行き渡らせ、のどには届かせないうがいです。
ガラガラうがいは、上を向いて、のどの奥まで塩水が届くようにガラガラとする、まぁ普通のうがいです。

ブクブクうがいを2回、それからガラガラうがいを2回しましょう。
1回のうがいの時間は、ゆっくりめで10数えるくらいでいいです。

最後はしっかり塩水を、普通の水でうがいをして洗い流してください。
食塩水など殺菌効果のあるものを口の中に残しておくことで、口内炎の原因となる細菌だけでなく、口内の細胞まで痛めてしまっては元も子もありません。

これを、起床時、毎食後、帰宅時、就寝前など行うようにすれば良いでしょう。

引用元-薬を使わない口内炎の治し方|塩うがい|歯磨き粉|鼻呼吸

スポンサーリンク



塩うがいをした後は口内炎にならない予防策を

dfbbb4630e3539f668d33f0c1e17d7c5_s

塩を使う場合は「塩水でのうがい」程度にしておくことがおすすめです。うがいでも痛みは生じる可能性がありますし、効果のほどは明確ではありません。一番多いアフタ性口内炎の治し方としては、生活習慣の改善が原因から考えて有効です。
・睡眠不足、ストレスの解消をして免疫力をアップさせる
・ビタミンの補充(ビタミン剤やサプリメントの活用もふくめて)
・口腔内を清潔に保つ
・いつも当たっている歯があれば歯科受診
・刺激物や熱すぎるものばかりを食べない
・口呼吸をしない様にする
・市販薬の使用(ドリンク薬や飲み薬、パッチ剤、塗り薬等)
こうした方法が挙げられます。ただし範囲が広かったり、なかなか治らなかったりする場合はすぐに治療を開始しなければならない重病の一症状の場合もあるので、医師の受診をしてください。
塩を口内炎に塗るというのは、はっきりとした効果があるわけではありません。そのため、口内炎ができてしまったら、身体を労わったり、栄養を摂ったり、ストレスフリーの生活を心がけたほうが得策かもしれません。

引用元-口内炎に塩をぬると早く治る?その真偽とは|ケアミー

口内炎への塩の効果はどのくらい?

私は口の中を噛むと2~3日で口内炎になり、1週間~10日は痛みが続きます。

塩うがいをした時の口内炎は直径5㎜ほど。
傷口の周りは白くなり、さらにその周りは赤くなっているという典型的なアフタ性口内炎でした。

もう口を動かすだけで痛い。

それなのに塩水でうがいとかふざけるな!と思いながら(笑)朝・昼・晩とうがいをすること二日。
ちなみに水道水より塩水で口をゆすいだ方が沁みませんでした。

そして3日目の朝、起きたときのこと。
あれだけ紛らわせなかった強い痛みがなくなっていたんです。
(夜になると痛みが戻りましたが、傷口が開いたかめくれたかしたんだと思います)

さらにうがい続けて3日目には、初日と比べると痛みが半分以下になりました。
4日目には傷口が塞がって白い部分だけになりました。

こんなこと、今までなかったんですよ。
感動しました。

そもそも口内炎は傷口にばい菌が入って炎症を起こすことで出来ます。
なので口の中を清潔に保つことができれば早く治るんですね。
塩には殺菌効果(菌を増やさない効果)があるので、定期的に塩うがいをすることで菌が減っていったというわけです。

口の中を噛んだその日に塩うがいをしておけば炎症を起こさずに済むかもしれません。
お試しあれ!

引用元-口内炎に試してほしい!塩うがいの方法。 – よしまのメモ帳

梅干しも塩と同様に口内炎に効果がある

梅干しをつかった料理をたくさん食べる!というのも効果的ですが、今回おすすめしたいのは梅茶を飲むということです。

梅茶のつくり方ですが、ふだん皆さんがのんでるような温かい緑茶に梅干を一粒加える。
これだけです!
だいたい緑茶湯呑みに1杯に対して、梅干が一粒です。

できれば冷たい緑茶よりも温かい緑茶の方がいいです。
梅がほぐれやすいのと、熱いことで口の中にお茶が留まっている時間が長いからです。

これもかなり口内炎に効果が見込めますので、とくに梅好きの方には試していただきたい方法ですね!

引用元-口内炎の治し方!塩やはちみつが効くって本当?即効で治る方法とは?

 - 生活の知恵, 美容・健康