ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

      2016/01/22

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

スポンサーリンク

  関連記事

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

朝の時間を快適に過ごして健康体へ

朝はだるかったり、調子が出ないという方は多いかもしれません。

バタバタしてしまう朝の時間に余裕を持って、

朝食もしっかり摂るようにして、

健康な体づくりの基盤としましょう。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

唇の口内炎について

唇にできる口内炎は、唇の端があれたり、ただれたりするものが多く見られます。唇の口内炎で、ヘルペス性口内炎は、特徴的な現れ方をします。ヘルペスに初めて感染すると、唇や口の中に小さな水ぶくれがたくさんできます。1歳~3歳くらいに発症することが多く、発熱や不快感を伴い、歯肉が赤く腫れ、出血しやすい状態になります。2回目以降のヘルペス性口内炎は、再感染ヘルペスといわれますが、再び感染したわけではなく、最初に感染したヘルペスが再活性することで起こります。その場合、唇や唇の周りに、水ぶくれのようなただれが数個集まって起こることが多いといわれています。
口角炎も、唇にできる口内炎のひとつです。口角炎は、口の端である口角に、炎症を起こし、ただれたり、亀裂が入り出血したり、かさぶたができます。口角炎は口内炎の一種ですから、体力低下やビタミン不足などが原因で発症する他に、よだれや唇を舐める癖も原因のひとつといわれています。また、カンジダや細菌が感染したり、ペルペスが原因で口角炎になる場合もあります。
アフタ性口内炎は、唇の表面ではなく、唇の内側を誤って噛んだりすることで起こります。噛んでしまっったことでできるアフタ性口内炎は、上の歯で噛んだ部分と下の歯で噛んだ部分の二つの円形の潰瘍ができる場合があります。栄養状態が悪かったり、ストレスなどで抵抗力が低い場合は、となり合った口内炎が合体し、さらに大きな口内炎になることもあるので、注意が必要です。

引用元-唇の口内炎 | 口内炎の原因と治療ガイド

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

唇の裏にできやすい口内炎はどのようなものがあるのか

アフタ性口内炎

唇の裏側にできやすい口内炎といえば、「アフタ性口内炎」があります。これは、口内炎の中でも、もっとも一般的なもので、赤く縁取られた2~10ミリ程度の円形や楕円形をした白い潰瘍ができ、焼けつくような痛みを伴います。

唇に限らず、歯茎や舌、頬の裏側など、口の中のあらゆる場所にできます。アフタ性口内炎の原因は、ストレスや睡眠不足、疲れなどによる免疫力の低下、ビタミン不足のほかに、何かの拍子で口の中を噛んでしまったり、硬いものが当たったりしてできた傷など、さまざまなものが考えられます。

カタル性口内炎

「カタル性口内炎」も、唇の裏側にできやすい口内炎です。粘膜が赤く炎症を起こしたり、白くただれたりするのが特徴で、アフタ性口内炎のように、はっきりした境界線はありません。

また、痛みはそれほど強くはありませんが、粘りの強い唾液の量が増えたり、口臭が気になったりします。カタル性口内炎は、入れ歯や矯正器具が接触したり、口の中を噛んでしまったり、火傷をしたりするなど、粘膜に物理的な刺激が加わったときや、虫歯や歯周病などで、口腔内の衛生状態が悪かったりするときによく発生します。

ヘルペス性口内炎・口唇ヘルペス

「ヘルペス性口内炎」は、乳幼児に多い口内炎で、「単純ヘルペスウイルス1型」に初めて感染したときに、よく起こります。このウイルスは、日本人の70~80%が感染しているといわれているもので、ウイルスを保有している家族との接触で、感染する場合がほとんどです。

発症すると、まずは高熱や口内の痛み、歯茎の炎症などがあり、数日して解熱した頃に、唇の裏側や舌などに口内炎ができます。激しい痛みを伴うので、乳幼児の場合は、食事や水分を受けつけなくなることもあります。

引用元-唇にできた口内炎|メンズスキンケア大学

スポンサーリンク



唇の裏の口内炎の治し方とは

-shared-img-thumb-N112_kuchibiruwomottekuru_TP_V

唇の裏は口内炎が特に出来やすい所ですよね? 唇の裏の口内炎をいち早く治したい!という時にどんな治し方が有効なのでしょう?

唇の裏はちょうど歯が当たったりして治りにくかったりします。また、口内炎が出来た所は少し腫れるので、食事をしている時に誤って口内炎の所を噛んでしまう事もあって口内炎が悪化してしまったという事もあります。実際に私がそうでした。口内炎をかばって食事をするので、腫れた口内炎の所を思いっ切り噛んでしまい激痛に悶ました(苦笑)

唇の裏の口内炎にはイソジン等のうがい薬で口内を消毒したり、うがい薬を綿棒に染み込ませて直接患部に塗るのも良いと思います。まずは、口内を清潔にするという事を意識すると良いでしょう。

パッチという患部に直接貼るシールタイプもおすすめですね。貼っている間は患部を覆ってくれるので醤油やケチャップ等がシミて痛い思いをする事も少ないです。

口内炎の治し方でビタミンがいいって本当?

口内炎の原因としては、ストレスや睡眠不足もありますが、ビタミン不足も考えられます。ストレスや睡眠不足はしっかりと休養をとるしかありませんが、ビタミンは食事などから摂取するしかありません。なかなか普段の食事からビタミンを摂れない方は、ビタミン系のサプリメントを服用すると良いです。

引用元-唇の裏の口内炎の治し方!ビタミンがいいって本当?はちみつはあり? | 春夏秋冬の調べ

口内炎はビタミン摂取で治す 果物や野菜がおすすめ

緑黄色野菜なんかも、
ビタミンが、豊富な食べ物として、
有名ですよね。
また、
調味料などでいえば、
お酢。

飲み物でいえば、
麦茶や緑茶。

これらは、
口内炎によいものとして、
紹介されています。
ただし、
即効性は、
あまり期待できないようです。
もちろん、効果はあります。

お酢や麦茶などを、
利用した治し方は、
殺菌が、期待できます。
食べ物などから、
口内炎を、治す方法は、
体のためにもなるし、
一石二鳥では、ありますね。

引用元-口内炎に超即効性がある治し方まとめ!舌や唇痛みの取り方! | HAWAI好きな管理人のブログ!

口内炎の症状が軽ければ1〜2週間で自然治癒する

症状が軽い時や、他の病気の疑いがない場合、また、口内炎が1カ所のみにできている場合は、セルフケアで様子をみれば問題ありません。だいたい1〜2週間ほどで自然に消滅し、傷跡も残りません。口内炎ができてしまったら、うがい・歯磨きで口の中を清潔にし、栄養バランスや生活環境の改善を試みましょう。特に、粘膜を守る働きを持つビタミンB2を補給すると治りやすくなります。また、痛みが辛い場合は、市販薬を使用して症状を軽減することもできます。

口内炎が長引く、炎症が口中や口の外へ広がっている、また発熱や全身倦怠感がある場合は、他の病気の可能性があります。例えばウイルス性口内炎の場合は、皮膚科や耳鼻咽喉科で抗ウイルス薬を処方してもらう必要があるので、なるべく早めに専門医を受診しましょう。

引用元-唇の裏にできた口内炎の原因と治療方法 [T-SITE]

 - 生活の知恵, 美容・健康