ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

      2018/12/28

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

昼食後の昼寝による効果は?身長を伸ばしたいなら質の良い睡眠を

遺伝の関係等で全ての人という訳には

いかないかもしれませんが、睡眠で成長ホルモンが分泌される

事が身長を伸ばすには重要となります。

昼寝は短い時間でよりよい睡眠をとるようにしましょう。

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

人気沸騰の鶏肉料理 鶏肉の栄養や調理レシピについて

柔らかい食感と旨味がある鶏肉ですが、

特徴としては脂肪が少なく、消化が良いなどがあります。

牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が皮の部分に集中しているのがポイントです。

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

口内炎の治し方としてハチミツは正しい?

その前に、そもそも口内炎に、

はちみつを塗るといいという話は、

本当なのでしょうか?

その辺りも気になるところなので、

書いていきます。

まず、口内炎にはちみつを塗ると、

口内炎の周りをカバーしてくれるため、

細菌の侵入を、防ぐことが出来るようです。

また、はちみつに含まれている殺菌作用により、

口の中にある細菌が減ってくれる役割があります。

口内炎が出来ると、炎症が大きくなる理由として、

口内炎に細菌が進入することが挙げられます。

つまり、はちみつを口内炎に塗るということは、

口内炎の細菌を殺菌してくれる役割を

担っているのです。

さらに、はちみつには消炎作用もあり、

口内炎の炎症を沈静化する役割もあるのです。

しかも、はちみつにはビタミンB群などの消炎効果のほか、

ビタミン不足になると口内炎になると言われている、

ビタミンB2やB6が含まれています。

というわけで、はちみつは、これ以上ないほど、

口内炎に対して、「理にかなっている食品」だということが、

調べた結果分かりました。

はちみつって凄いですね(笑)

引用元-口内炎に効くはちみつの塗り方!!痛い場合は?

スポンサーリンク



  人気記事

ハチミツの成分について

ではいったいなぜはちみつが口内炎を
治していくのに効果的なのかというと
はちみつが持っている成分に秘密が
あるのです。

 

はちみつは、ビタミンやミネラル、アミノ酸
など多くの物を含んでいます。

 

それらが殺菌作用や消毒作用、消炎作用
の役割をしてくれるのです。

 

はちみつが高濃度で糖分があるので
口の中の細菌の水分を奪ってくれて
水分を失われた細菌は消滅していきます。

 

そしてグルコン酸が消毒の作用をして
くれますし、消炎作用もあるのでよく
火傷などにもはちみつはいいと言われています。

引用元-口内炎を早く治す方法はコレ!はちみつの効果と痛くないやり方! | 季節カフェ

スポンサーリンク



口内炎へのハチミツの効果は?

f81b2ba06dee8ecb987ea99f78f65a63_s

はちみつには消炎作用や殺菌作用があり、
傷口を保護する能力があります。

つまり口内炎には効果があります!

はちみつを患部に塗ることで、
これ以上ばい菌が入るのを防ぎ。
傷口を塞ぎ刺激を減らし、
かつ炎症を抑えるので治りが早くなるんですね。

しかも口腔内の粘膜には欠かせないビタミンB2も豊富に含まれているので、
傷口を直接対処すると同時に必要な栄養素も補給してくれるんですよ♪

 

また民間療法ではココアパウダーをはちみつで練り上げたものが非常に効果的。

ココアには亜鉛など傷口を早く治癒させる成分が含まれており、
はちみつと一緒にぬることでさらに治るのが早まります。

またココアには鉄分が豊富なので、
この2つを合わせることで口内炎を治すのに必要な鉄分とビタミンB2を補えます。
(※はちみつには鉄分の吸収を助ける効果もあるんですよ〜)

 

ただしウィルス性の口内炎だと感じたら、
自分で治療を試みるのではなくすぐに病院で診てもらってくださいね!!

引用元-口内炎にはちみつは痛い?効果のほどは? | 新旬

ハチミツや塩に期待するのは殺菌作用である

口内炎の市販薬やうがい薬などが手元にない場合、自宅にあるもので治療を試みる、いわゆる民間療法がいくつか存在します。使われるのは、塩やハチミツ、梅干しといった殺菌作用のある食材です。

塩は昔から歯磨剤として用いられ、塩入りの歯磨き粉などが販売されています。ハチミツにも強い殺菌力があると言われており、火傷などの消毒や虫歯の応急処置に利用されてきました。そして梅干しについても、おにぎりやお弁当の腐敗を防ぐために入れるなど、古くから抗菌作用が知られています。

確かに、口内炎を早く治すには口の中の細菌の繁殖を抑えることが大切なので、殺菌作用のある食材は効果があるように思えます。しかし、これらの食材が持つ殺菌力を引き出すには、ある程度の濃度や条件が必要です。口内炎の市販薬や殺菌効果の高いうがい薬に比べれば、ほどほどの効果だと言えるでしょう。

引用元-医師に聞く!口内炎に塩やハチミツ、梅干しを塗ると早く治る? | ヘルスケア大学

口内炎へハチミツの塗り方とは

口内炎の治し方の一つとしてはちみつを使うという方法があるということはわかったと思います。

では実際にはどのように利用するのでしょうか?

はちみつで口内炎を治したい場合の利用方法は簡単で、
まずは清潔な脱脂綿などで患部をきれいにふき取る。
指や綿棒などを利用して、患部にはちみつを塗りつける。
という作業だけです。

もちろん、はちみつを直接口内炎に塗ると痛みがあるので、どうしても我慢ができないという人は別の方法を利用したほうがいいかもしれません。

引用元-口内炎にはちみつが効果あるけど激痛?塗り方や治し方は? | 暮らしのなかの気になること確かめよう!

 - 生活の知恵, 美容・健康