ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

      2016/01/22

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

スポンサーリンク

  関連記事

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

ポジティブ心理学とは?その特徴について

ポジティブ心理学は1998年にマーティン・セリグマン博士が、

病気の人を癒すのと同じくらい、

普通の人の人生を充実したものにするよう関心を持つべきとして、始まりました。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

鼻水や痰が気になる後鼻漏とは?症状や咳の原因について

喉に鼻水が落ちているような感覚があったり、

咳や吐き気などの症状がよくある人は後鼻漏の可能性があります。

では、後鼻漏とはどのようなものなのでしょうか?

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

口内炎の治し方としてハチミツは正しい?

その前に、そもそも口内炎に、

はちみつを塗るといいという話は、

本当なのでしょうか?

その辺りも気になるところなので、

書いていきます。

まず、口内炎にはちみつを塗ると、

口内炎の周りをカバーしてくれるため、

細菌の侵入を、防ぐことが出来るようです。

また、はちみつに含まれている殺菌作用により、

口の中にある細菌が減ってくれる役割があります。

口内炎が出来ると、炎症が大きくなる理由として、

口内炎に細菌が進入することが挙げられます。

つまり、はちみつを口内炎に塗るということは、

口内炎の細菌を殺菌してくれる役割を

担っているのです。

さらに、はちみつには消炎作用もあり、

口内炎の炎症を沈静化する役割もあるのです。

しかも、はちみつにはビタミンB群などの消炎効果のほか、

ビタミン不足になると口内炎になると言われている、

ビタミンB2やB6が含まれています。

というわけで、はちみつは、これ以上ないほど、

口内炎に対して、「理にかなっている食品」だということが、

調べた結果分かりました。

はちみつって凄いですね(笑)

引用元-口内炎に効くはちみつの塗り方!!痛い場合は?

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

ハチミツの成分について

ではいったいなぜはちみつが口内炎を
治していくのに効果的なのかというと
はちみつが持っている成分に秘密が
あるのです。

 

はちみつは、ビタミンやミネラル、アミノ酸
など多くの物を含んでいます。

 

それらが殺菌作用や消毒作用、消炎作用
の役割をしてくれるのです。

 

はちみつが高濃度で糖分があるので
口の中の細菌の水分を奪ってくれて
水分を失われた細菌は消滅していきます。

 

そしてグルコン酸が消毒の作用をして
くれますし、消炎作用もあるのでよく
火傷などにもはちみつはいいと言われています。

引用元-口内炎を早く治す方法はコレ!はちみつの効果と痛くないやり方! | 季節カフェ

スポンサーリンク



口内炎へのハチミツの効果は?

f81b2ba06dee8ecb987ea99f78f65a63_s

はちみつには消炎作用や殺菌作用があり、
傷口を保護する能力があります。

つまり口内炎には効果があります!

はちみつを患部に塗ることで、
これ以上ばい菌が入るのを防ぎ。
傷口を塞ぎ刺激を減らし、
かつ炎症を抑えるので治りが早くなるんですね。

しかも口腔内の粘膜には欠かせないビタミンB2も豊富に含まれているので、
傷口を直接対処すると同時に必要な栄養素も補給してくれるんですよ♪

 

また民間療法ではココアパウダーをはちみつで練り上げたものが非常に効果的。

ココアには亜鉛など傷口を早く治癒させる成分が含まれており、
はちみつと一緒にぬることでさらに治るのが早まります。

またココアには鉄分が豊富なので、
この2つを合わせることで口内炎を治すのに必要な鉄分とビタミンB2を補えます。
(※はちみつには鉄分の吸収を助ける効果もあるんですよ〜)

 

ただしウィルス性の口内炎だと感じたら、
自分で治療を試みるのではなくすぐに病院で診てもらってくださいね!!

引用元-口内炎にはちみつは痛い?効果のほどは? | 新旬

ハチミツや塩に期待するのは殺菌作用である

口内炎の市販薬やうがい薬などが手元にない場合、自宅にあるもので治療を試みる、いわゆる民間療法がいくつか存在します。使われるのは、塩やハチミツ、梅干しといった殺菌作用のある食材です。

塩は昔から歯磨剤として用いられ、塩入りの歯磨き粉などが販売されています。ハチミツにも強い殺菌力があると言われており、火傷などの消毒や虫歯の応急処置に利用されてきました。そして梅干しについても、おにぎりやお弁当の腐敗を防ぐために入れるなど、古くから抗菌作用が知られています。

確かに、口内炎を早く治すには口の中の細菌の繁殖を抑えることが大切なので、殺菌作用のある食材は効果があるように思えます。しかし、これらの食材が持つ殺菌力を引き出すには、ある程度の濃度や条件が必要です。口内炎の市販薬や殺菌効果の高いうがい薬に比べれば、ほどほどの効果だと言えるでしょう。

引用元-医師に聞く!口内炎に塩やハチミツ、梅干しを塗ると早く治る? | ヘルスケア大学

口内炎へハチミツの塗り方とは

口内炎の治し方の一つとしてはちみつを使うという方法があるということはわかったと思います。

では実際にはどのように利用するのでしょうか?

はちみつで口内炎を治したい場合の利用方法は簡単で、
まずは清潔な脱脂綿などで患部をきれいにふき取る。
指や綿棒などを利用して、患部にはちみつを塗りつける。
という作業だけです。

もちろん、はちみつを直接口内炎に塗ると痛みがあるので、どうしても我慢ができないという人は別の方法を利用したほうがいいかもしれません。

引用元-口内炎にはちみつが効果あるけど激痛?塗り方や治し方は? | 暮らしのなかの気になること確かめよう!

 - 生活の知恵, 美容・健康