ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

   

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

リウマチの原因はストレスかも?男性患者も増加している原因とは

精神的なストレスが積み重なる事が、

リウマチの原因となるようです。女性に多いとされるリウマチですが、

男性の患者も増加しているそうです。

また、既に関節リウマチになっている人でも、

ストレスによって進行を悪化させる場合もあります。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

ランニングウェアはどう選ぶ?初心者から始めるウェアの選び方とは

ランニングを始めようと思っている方や、始めようとしても

中々重い腰が上がらない方は、まずランニングウェアを購入してみるのもいいかもしれません。

おしゃれとしても始められるし、機能もいいウェアが揃っています。

ランニングウェアの選び方について確認し、

自分に合ったものを身につけられるようにしましょう。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

乾燥するオフィスで顔などの乾燥対策をしよう

オフィスでの乾燥はお肌に影響するので心配ですよね。

もちろん、家で顔などのスキンケアも大事なのですが、

オフィスでできる、ちょっとした対策を試してみませんか?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

高校で勉強のために部活はやめるべき?

私自信は中学、高校と6年間柔道を続けていました。
勉強なんて中学、高校のときはほとんどしておらず、毎日毎日、道場に通いつめて一生懸命励んでいました。
高校3年生の春、試合で大きな怪我をしてしまい最後の試合に出れないと決まったときの悔しさと悲しさは本当に絶望したことを今でも覚えています。

部活を続けて、夏から本格的に受験勉強をがんばるか、部活をやめてしまってすぐに勉強へ専念するか。

これはどちらも正解はありません。

ただ、長い人生、そうそれこそ10年後に振り返ったときに、少しでも後悔してしまうのであれば、続けたほうが断然自分のためになります。
それは受験で第一志望へ合格することと等しいくらいの価値があります。
部活でつちかった仲間や気持ちやまっすぐに打ち込む心は、必ず将来の役に立ちます。
勉強はそれなりの作戦を考えなければいけませんが、なにより後ろ向きな退部だけはお勧めしないことだけお伝えしておきます。

引用元-部活と受験勉強を両立させるたった1つの方法 | 勉強が苦手な受験生のための必勝勉強法

スポンサーリンク



  人気記事

高校で部活と勉強を両立させるためのテクニック

(1)授業は最大の学習チャンス! 授業中にすべて理解するつもりで臨む
部活をしていると帰宅時間が遅くなり、勉強時間が確保できないことも多くなります。だからこそ、授業で習ったことはその場で理解できるようにしておくことが大事。とにかく授業中にすべて理解するつもりで、集中して学習に臨みましょう。具体的には、板書されていない重要ポイントや解き方などもノートに書き込んでおくこと。学習した当日でも、半分は忘れてしまいます。後から見て分かるように、きちんと整理し、ポイントを押さえてノートをとっておくことが重要です。
(2)時間のないときは、予習よりも復習重視! 毎日の積み重ねがものをいう
短時間でもかまわないので、その日の授業で習ったことを、必ず復習すること。出来るだけ習慣化できるように、毎日同じ時間に復習するようにしたいものです。どうしても眠くて夜遅くまで起きていられないという人には、早めに就寝して、朝の時間を活用することもおすすめです。前日の晩にやることだけを決めて、教材を枕元に用意しておくなどすれば、起床後すぐに取り掛かることができるので、より効率的に学習できます。こうした普段の積み重ねで、テスト前の負担も減らせます。

引用元-目指せ文武両道! 部活と勉強を両立させるテクニック|マイナビ進学U17

スポンサーリンク



部活と勉強を両立させるために時間を効率的に使う

大切なのは、時間を効率的に使うこと。時間が限られているからこそ、部活動が終わったらモードを切り替えて集中して勉強したり、短い時間でも効率良く勉強できる方法を工夫したり……という姿勢が大事です。部活動で時間がないと嘆いている方はいま一度、自分の一日を客観的に振り返ってみてください。夕食の前後や就寝前など、実はダラダラとテレビやスマホを見ている時間があったりしませんか? その時間を有効に使う方法を考えてみましょう。夜は疲れて集中できないという方は早めに寝てしまい、早朝に勉強時間を取るのも有効。ぐっすり寝た後なら頭も働きます。
登下校中の電車内のように「スキマ時間」を活用するのも手。混み合った電車内でノートを拡げるのは難しいかも知れませんが、たとえば歴史の授業で出てきた人物名をスマホで検索し、イメージを補ってくれるような様々な情報を眺めているだけでも、記憶の定着に役立ちます。工夫をすれば、意外とできることは多いものです。
オススメは、部活動の仲間と一緒に勉強することです。みんな同じ状況ですから、悩みも共通のはず。部活動が休みの日に集まって勉強すれば、結束も強まるのではないでしょうか。部活動と勉強の狭間でひとり悩むくらいなら、勉強を部活動の一部にしてしまいましょう。
人それぞれ状況は違いますから、すべての高校生に「絶対に部活を辞めるな」とは言いません。ただ、もしもまだ改善できることがあるようでしたら、それをすべてやりきってから決断しても遅くはないと思います。

引用元-部活と勉強、両立問題 |高校生(受験生)のみなさま|アクセス進学ラボ

高校での両立は自己管理能力を身につけることもできる

難関国公立大に多くの生徒を現役合格させている高校の先生の中には、「部活動に参加している生徒の方が、受験に必要な自己管理能力を身につけていることが多い」と考えるかたが多くいます。夜、疲れて帰宅し、就寝までの限られた時間の中で、優先順位をつけて勉強したり、通学時間や授業と授業のあいまなどのスキマ時間に効率的に勉強したりすることで、結果的に部活動引退後に計画的に勉強を進める自己管理能力が身につく、というわけです。
 
 もちろん、お子さま自身が、「目標を実現するためには、部活動の時間を学習に充てるべきだ」と判断したのであれば、その決意を尊重してあげたいものです。しかし、保護者のかたから「部活動をやめなさい!(そうすれば勉強時間がきっと増えるはずだから)」と強く勧めるべきかどうか、じっくりと考えた方がよさそうです。

引用元-「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?|ベネッセ教育情報サイト

高校生活で悔いを残さないことが一番大切

多少なりとも自分が好き・興味があるからその部活を選んでいるはず。

受験勉強と両立できないから…という理由で部活を途中で諦めてしまえば、後悔が残るのは必然です。

引退まで続ける同期が練習に励む中受験勉強をしても身が入らず、結局部活をやめても期待していたほどに勉強時間は増えなかった……というのは悲しすぎますし、せっかくの1度きりの高校生活に大きな悔いが残ってしまいます。これはとてももったいないことです。

引用元-大事なのは「覚悟」!部活と受験勉強の両立に必要なもの | 現役東大生が勉強法を解説!大学受験.net

twitterの反応

 - スポーツ, 学習, 生活の知恵, 育児・子育て