ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

   

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

アウトレットの買い物は金曜がおすすめ? 攻略情報をお届け

アウトレットモールへは行くだけでも楽しめます。

しかし店舗が多かったり求めている商品がないと残念です。

そうならないために、うまくアウトレットモールで

買い物をするコツを身につけましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

高校で勉強のために部活はやめるべき?

私自信は中学、高校と6年間柔道を続けていました。
勉強なんて中学、高校のときはほとんどしておらず、毎日毎日、道場に通いつめて一生懸命励んでいました。
高校3年生の春、試合で大きな怪我をしてしまい最後の試合に出れないと決まったときの悔しさと悲しさは本当に絶望したことを今でも覚えています。

部活を続けて、夏から本格的に受験勉強をがんばるか、部活をやめてしまってすぐに勉強へ専念するか。

これはどちらも正解はありません。

ただ、長い人生、そうそれこそ10年後に振り返ったときに、少しでも後悔してしまうのであれば、続けたほうが断然自分のためになります。
それは受験で第一志望へ合格することと等しいくらいの価値があります。
部活でつちかった仲間や気持ちやまっすぐに打ち込む心は、必ず将来の役に立ちます。
勉強はそれなりの作戦を考えなければいけませんが、なにより後ろ向きな退部だけはお勧めしないことだけお伝えしておきます。

引用元-部活と受験勉強を両立させるたった1つの方法 | 勉強が苦手な受験生のための必勝勉強法

スポンサーリンク



  人気記事

高校で部活と勉強を両立させるためのテクニック

(1)授業は最大の学習チャンス! 授業中にすべて理解するつもりで臨む
部活をしていると帰宅時間が遅くなり、勉強時間が確保できないことも多くなります。だからこそ、授業で習ったことはその場で理解できるようにしておくことが大事。とにかく授業中にすべて理解するつもりで、集中して学習に臨みましょう。具体的には、板書されていない重要ポイントや解き方などもノートに書き込んでおくこと。学習した当日でも、半分は忘れてしまいます。後から見て分かるように、きちんと整理し、ポイントを押さえてノートをとっておくことが重要です。
(2)時間のないときは、予習よりも復習重視! 毎日の積み重ねがものをいう
短時間でもかまわないので、その日の授業で習ったことを、必ず復習すること。出来るだけ習慣化できるように、毎日同じ時間に復習するようにしたいものです。どうしても眠くて夜遅くまで起きていられないという人には、早めに就寝して、朝の時間を活用することもおすすめです。前日の晩にやることだけを決めて、教材を枕元に用意しておくなどすれば、起床後すぐに取り掛かることができるので、より効率的に学習できます。こうした普段の積み重ねで、テスト前の負担も減らせます。

引用元-目指せ文武両道! 部活と勉強を両立させるテクニック|マイナビ進学U17

スポンサーリンク



部活と勉強を両立させるために時間を効率的に使う

大切なのは、時間を効率的に使うこと。時間が限られているからこそ、部活動が終わったらモードを切り替えて集中して勉強したり、短い時間でも効率良く勉強できる方法を工夫したり……という姿勢が大事です。部活動で時間がないと嘆いている方はいま一度、自分の一日を客観的に振り返ってみてください。夕食の前後や就寝前など、実はダラダラとテレビやスマホを見ている時間があったりしませんか? その時間を有効に使う方法を考えてみましょう。夜は疲れて集中できないという方は早めに寝てしまい、早朝に勉強時間を取るのも有効。ぐっすり寝た後なら頭も働きます。
登下校中の電車内のように「スキマ時間」を活用するのも手。混み合った電車内でノートを拡げるのは難しいかも知れませんが、たとえば歴史の授業で出てきた人物名をスマホで検索し、イメージを補ってくれるような様々な情報を眺めているだけでも、記憶の定着に役立ちます。工夫をすれば、意外とできることは多いものです。
オススメは、部活動の仲間と一緒に勉強することです。みんな同じ状況ですから、悩みも共通のはず。部活動が休みの日に集まって勉強すれば、結束も強まるのではないでしょうか。部活動と勉強の狭間でひとり悩むくらいなら、勉強を部活動の一部にしてしまいましょう。
人それぞれ状況は違いますから、すべての高校生に「絶対に部活を辞めるな」とは言いません。ただ、もしもまだ改善できることがあるようでしたら、それをすべてやりきってから決断しても遅くはないと思います。

引用元-部活と勉強、両立問題 |高校生(受験生)のみなさま|アクセス進学ラボ

高校での両立は自己管理能力を身につけることもできる

難関国公立大に多くの生徒を現役合格させている高校の先生の中には、「部活動に参加している生徒の方が、受験に必要な自己管理能力を身につけていることが多い」と考えるかたが多くいます。夜、疲れて帰宅し、就寝までの限られた時間の中で、優先順位をつけて勉強したり、通学時間や授業と授業のあいまなどのスキマ時間に効率的に勉強したりすることで、結果的に部活動引退後に計画的に勉強を進める自己管理能力が身につく、というわけです。
 
 もちろん、お子さま自身が、「目標を実現するためには、部活動の時間を学習に充てるべきだ」と判断したのであれば、その決意を尊重してあげたいものです。しかし、保護者のかたから「部活動をやめなさい!(そうすれば勉強時間がきっと増えるはずだから)」と強く勧めるべきかどうか、じっくりと考えた方がよさそうです。

引用元-「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?|ベネッセ教育情報サイト

高校生活で悔いを残さないことが一番大切

多少なりとも自分が好き・興味があるからその部活を選んでいるはず。

受験勉強と両立できないから…という理由で部活を途中で諦めてしまえば、後悔が残るのは必然です。

引退まで続ける同期が練習に励む中受験勉強をしても身が入らず、結局部活をやめても期待していたほどに勉強時間は増えなかった……というのは悲しすぎますし、せっかくの1度きりの高校生活に大きな悔いが残ってしまいます。これはとてももったいないことです。

引用元-大事なのは「覚悟」!部活と受験勉強の両立に必要なもの | 現役東大生が勉強法を解説!大学受験.net

twitterの反応

 - スポーツ, 学習, 生活の知恵, 育児・子育て