ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

   

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

花粉症の症状は喉も関係?喉の痛みや咳について

花粉症の症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなど、

主な症状の他に、喉にも症状が現れます。

花粉症なのになんで咳が出るんだろうと思ったこともあるかもしれません。

その原因や症状を抑える方法についてご紹介します。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

ランニングウェアはどう選ぶ?初心者から始めるウェアの選び方とは

ランニングを始めようと思っている方や、始めようとしても

中々重い腰が上がらない方は、まずランニングウェアを購入してみるのもいいかもしれません。

おしゃれとしても始められるし、機能もいいウェアが揃っています。

ランニングウェアの選び方について確認し、

自分に合ったものを身につけられるようにしましょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

緊張をほぐす試験や受験対策で合格を勝ち取ろう

試験や受験は多くの方が人生で経験することだと思います。

勉強したのに、緊張していいパフォーマンスが出来なかった、

なんていうことのないように緊張をほぐす方法をいくつかご紹介します。

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法を参考にしてみてください。

高校で勉強のために部活はやめるべき?

私自信は中学、高校と6年間柔道を続けていました。
勉強なんて中学、高校のときはほとんどしておらず、毎日毎日、道場に通いつめて一生懸命励んでいました。
高校3年生の春、試合で大きな怪我をしてしまい最後の試合に出れないと決まったときの悔しさと悲しさは本当に絶望したことを今でも覚えています。

部活を続けて、夏から本格的に受験勉強をがんばるか、部活をやめてしまってすぐに勉強へ専念するか。

これはどちらも正解はありません。

ただ、長い人生、そうそれこそ10年後に振り返ったときに、少しでも後悔してしまうのであれば、続けたほうが断然自分のためになります。
それは受験で第一志望へ合格することと等しいくらいの価値があります。
部活でつちかった仲間や気持ちやまっすぐに打ち込む心は、必ず将来の役に立ちます。
勉強はそれなりの作戦を考えなければいけませんが、なにより後ろ向きな退部だけはお勧めしないことだけお伝えしておきます。

引用元-部活と受験勉強を両立させるたった1つの方法 | 勉強が苦手な受験生のための必勝勉強法

スポンサーリンク



  人気記事

高校で部活と勉強を両立させるためのテクニック

(1)授業は最大の学習チャンス! 授業中にすべて理解するつもりで臨む
部活をしていると帰宅時間が遅くなり、勉強時間が確保できないことも多くなります。だからこそ、授業で習ったことはその場で理解できるようにしておくことが大事。とにかく授業中にすべて理解するつもりで、集中して学習に臨みましょう。具体的には、板書されていない重要ポイントや解き方などもノートに書き込んでおくこと。学習した当日でも、半分は忘れてしまいます。後から見て分かるように、きちんと整理し、ポイントを押さえてノートをとっておくことが重要です。
(2)時間のないときは、予習よりも復習重視! 毎日の積み重ねがものをいう
短時間でもかまわないので、その日の授業で習ったことを、必ず復習すること。出来るだけ習慣化できるように、毎日同じ時間に復習するようにしたいものです。どうしても眠くて夜遅くまで起きていられないという人には、早めに就寝して、朝の時間を活用することもおすすめです。前日の晩にやることだけを決めて、教材を枕元に用意しておくなどすれば、起床後すぐに取り掛かることができるので、より効率的に学習できます。こうした普段の積み重ねで、テスト前の負担も減らせます。

引用元-目指せ文武両道! 部活と勉強を両立させるテクニック|マイナビ進学U17

スポンサーリンク



部活と勉強を両立させるために時間を効率的に使う

大切なのは、時間を効率的に使うこと。時間が限られているからこそ、部活動が終わったらモードを切り替えて集中して勉強したり、短い時間でも効率良く勉強できる方法を工夫したり……という姿勢が大事です。部活動で時間がないと嘆いている方はいま一度、自分の一日を客観的に振り返ってみてください。夕食の前後や就寝前など、実はダラダラとテレビやスマホを見ている時間があったりしませんか? その時間を有効に使う方法を考えてみましょう。夜は疲れて集中できないという方は早めに寝てしまい、早朝に勉強時間を取るのも有効。ぐっすり寝た後なら頭も働きます。
登下校中の電車内のように「スキマ時間」を活用するのも手。混み合った電車内でノートを拡げるのは難しいかも知れませんが、たとえば歴史の授業で出てきた人物名をスマホで検索し、イメージを補ってくれるような様々な情報を眺めているだけでも、記憶の定着に役立ちます。工夫をすれば、意外とできることは多いものです。
オススメは、部活動の仲間と一緒に勉強することです。みんな同じ状況ですから、悩みも共通のはず。部活動が休みの日に集まって勉強すれば、結束も強まるのではないでしょうか。部活動と勉強の狭間でひとり悩むくらいなら、勉強を部活動の一部にしてしまいましょう。
人それぞれ状況は違いますから、すべての高校生に「絶対に部活を辞めるな」とは言いません。ただ、もしもまだ改善できることがあるようでしたら、それをすべてやりきってから決断しても遅くはないと思います。

引用元-部活と勉強、両立問題 |高校生(受験生)のみなさま|アクセス進学ラボ

高校での両立は自己管理能力を身につけることもできる

難関国公立大に多くの生徒を現役合格させている高校の先生の中には、「部活動に参加している生徒の方が、受験に必要な自己管理能力を身につけていることが多い」と考えるかたが多くいます。夜、疲れて帰宅し、就寝までの限られた時間の中で、優先順位をつけて勉強したり、通学時間や授業と授業のあいまなどのスキマ時間に効率的に勉強したりすることで、結果的に部活動引退後に計画的に勉強を進める自己管理能力が身につく、というわけです。
 
 もちろん、お子さま自身が、「目標を実現するためには、部活動の時間を学習に充てるべきだ」と判断したのであれば、その決意を尊重してあげたいものです。しかし、保護者のかたから「部活動をやめなさい!(そうすれば勉強時間がきっと増えるはずだから)」と強く勧めるべきかどうか、じっくりと考えた方がよさそうです。

引用元-「部活に入っているから勉強ができない」はウソだった!?|ベネッセ教育情報サイト

高校生活で悔いを残さないことが一番大切

多少なりとも自分が好き・興味があるからその部活を選んでいるはず。

受験勉強と両立できないから…という理由で部活を途中で諦めてしまえば、後悔が残るのは必然です。

引退まで続ける同期が練習に励む中受験勉強をしても身が入らず、結局部活をやめても期待していたほどに勉強時間は増えなかった……というのは悲しすぎますし、せっかくの1度きりの高校生活に大きな悔いが残ってしまいます。これはとてももったいないことです。

引用元-大事なのは「覚悟」!部活と受験勉強の両立に必要なもの | 現役東大生が勉強法を解説!大学受験.net

twitterの反応

 - スポーツ, 学習, 生活の知恵, 育児・子育て