ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

      2016/01/25

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

昼食後の眠気が異常なほどある場合は病気の可能性?

学生も社会人も昼食は撮ると思いますが、

昼食後の授業や仕事中に眠くなること多くありませんか?

この眠気が起きていられないほどの異常な眠気である場合、

病気の可能性もあるそうです。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

お年玉を高校生に 金額の相場は?

お正月になると親としては懐が痛いお年玉という

イベントがあります。高校生ってどのくらい渡せばいいのか。

また、高校生はお年玉をどのように使っているのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

話題のルーティンについて見直してみよう

ルーティンはスポーツやビジネスでは商談など、
これから勝負!という時にすることで気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし生活や仕事自体がルーティン化してしまうと、
少々つまらなくなってしまうかもしれませんね。

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

紅茶にはカフェインが入っている

温かい紅茶を飲むと、ほーっと思わず息がもれてしまう、それは紅茶が持つリラックス効果によるものです。

なぜリラックス効果があるかと言えば、その理由のひとつた、紅茶に含まれているカフェインです。

カフェインと言えばコーヒー、というイメージですが、実は紅茶もカフェイン飲料。実は、グラム中のカフェイン含有量で言うと、コーヒーよりもカフェインが多く含まれていると言えます。

とは言え、コーヒーをいれる際には紅茶葉よりもたくさんのコーヒー豆を必要とするので、一度に飲む量にすると、紅茶の方がコーヒーよりもカフェインは控えめです。

引用元-冬、カフェインを摂るなら「紅茶」に決まり!紅茶の美容効果とは | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

カフェインの含有量と摂取量コーヒーと紅茶の違いについて

端的に結論から言うと、コーヒーの方が圧倒的に効果が高いと言えます。
グーグルで検索した所、コーヒーのカフェイン含有量は100g当たり40mg。
紅茶のカフェイン含有量は100g当たり20mg。

もちろん焙煎具合や産地などに寄っても大きく幅はあります。
ですが、多くの場合はコーヒーの方が紅茶よりもカフェインが多いのです。

さらに紅茶というのは、紅茶の渋み成分であるタンニンが多く含まれて、このタンニンはカフェインと強く結合する特性を持ちます。
つまり含有量が少ないにもかかわらず、さらには抽出した時点でタンニンと結合して人体に影響を及ぼす量が少ないと言えます。

引用元-眠い時に紅茶は効果がある? | 大人になれる本

スポンサーリンク



紅茶に含まれるカフェインの効果について

0ea5b35e770d3960204c69e653ece4ad_m

紅茶は、コーヒーやココアと並び、カフェインを含む飲み物。
カフェインがもたらす働きで、私たちが体で直接感じやすいのは、覚醒作用、利尿作用です。眠気覚ましにカフェインを摂取するために紅茶やコーヒーを飲んだことのある人は、その効果を少なからず感じているかと思います。
 
また、紅茶やコーヒーを飲み過ぎたとか、就寝前に飲んだら、なかなか眠りにつけなかったという経験がある方もいるのではないでしょうか。カフェインによる利尿効果についても、納得できる経験をした方も多いでしょう。尿を出すことは体内の老廃物を排出する上でも役立ちます。飲み過ぎは良くありませんが、ほどほどに紅茶を飲むことがおすすめです。参考までに、カフェインの量は、入れた液体1杯でみれば、コーヒーより紅茶の方が少ないです。
 
カフェインは、交感神経を刺激して、脳を活性化します。しかし、紅茶にはテアニンという(アミノ酸の一種)成分が含まれ、リラックス効果ももたらしてくれるので、ちょうどよい緊張感と安らぎが得られます。
 
このほか、カフェインによる作用には次のようなものがあります。
疲労回復、血液循環促進、強心作用、消化促進、脂肪燃焼など。

引用元-紅茶の効能 – おいしい紅茶の専門サイト 【Orangery Tea】 紅茶情報と通販・ネット・オンラインショップ

紅茶のカフェインの効果でダイエット

カフェインには脂肪の燃焼を促す働きがありますが、カフェインを含む紅茶にもダイエット効果があるのではとおもわれますが、実際、ラットを使った実験でそれが立証されています。その実験によると、ラットを「通常のエサ+水を与えたラット群」と「通常のエサ+紅茶を与えたラット群」に分けて1年間飼育し、それぞれの体重の増減を比較したところ、紅茶を与えたラット群のほうが体重の増え方が2割も少なかったのです。このとき同時に脂肪のつき方も比較してみると、水を与えたラット群は肝臓のまわりにたくさんの脂肪が沈着していましたが、紅茶を与えたラット群は全くそれが認められませんでした。また、血液中の中性脂肪の値を見ると、水を与えたラット群のほうがはるかに高いことがわかりました。 このような結果から紅茶のダイエット効果はほぼ間違いないといえます。
ただし、ダイエットする場合、砂糖を入れて飲むのは禁物です。砂糖のほうがカフェインより早く体内に吸収されるので、作用も砂糖のほうが先に出てしまうからです。
ミルクは影響ありませんが、紅茶でダイエットをするなら、できるだけストレートティーをのむようにしたいものです。

引用元-紅茶の効能について

カフェインの1日の摂取量とは

日本では明確な基準はまだないのです。

オーストラリア・ニュージーランドでは210mg、フィンランドでは125mg。

カナダ保健省では400mgと制限されています。

カフェインは体内で分解するのに比較的時間がかかり、1日で分解できる量は500mgだといわれています。

たくさん飲んでしまうと夜まで身体に残ってしまい、不眠を招いてしまうかもしれません。

基準があったとしても個人差は大きいと思います。

私の場合は、午後に飲むとその日の夜は睡眠の質が下がる気がします。

1杯でもカフェインの影響を受けやすい体質だとわかりました。

コーヒー飲んだら寝られへんねんと友達に言うたら「こどもか!!笑」って突っ込みいれられたけど。笑。

妊婦さんはカルシウムと鉄分が不可欠ですので、胎盤を通るカフェインは控えなければいけません。

ゼロにするか、1日1〜2杯までと言われています。

ストレスにならないように、ノンカフェイン飲料と組み合わせるといいですね♬

引用元-1ヶ月のカフェインレス生活で起こった10個の素敵な変化♬ | makimaki’s blog

 - 生活の知恵, 美容・健康