ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

      2016/01/25

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

紅茶にはカフェインが入っている

温かい紅茶を飲むと、ほーっと思わず息がもれてしまう、それは紅茶が持つリラックス効果によるものです。

なぜリラックス効果があるかと言えば、その理由のひとつた、紅茶に含まれているカフェインです。

カフェインと言えばコーヒー、というイメージですが、実は紅茶もカフェイン飲料。実は、グラム中のカフェイン含有量で言うと、コーヒーよりもカフェインが多く含まれていると言えます。

とは言え、コーヒーをいれる際には紅茶葉よりもたくさんのコーヒー豆を必要とするので、一度に飲む量にすると、紅茶の方がコーヒーよりもカフェインは控えめです。

引用元-冬、カフェインを摂るなら「紅茶」に決まり!紅茶の美容効果とは | 女性の美学

スポンサーリンク



  人気記事

カフェインの含有量と摂取量コーヒーと紅茶の違いについて

端的に結論から言うと、コーヒーの方が圧倒的に効果が高いと言えます。
グーグルで検索した所、コーヒーのカフェイン含有量は100g当たり40mg。
紅茶のカフェイン含有量は100g当たり20mg。

もちろん焙煎具合や産地などに寄っても大きく幅はあります。
ですが、多くの場合はコーヒーの方が紅茶よりもカフェインが多いのです。

さらに紅茶というのは、紅茶の渋み成分であるタンニンが多く含まれて、このタンニンはカフェインと強く結合する特性を持ちます。
つまり含有量が少ないにもかかわらず、さらには抽出した時点でタンニンと結合して人体に影響を及ぼす量が少ないと言えます。

引用元-眠い時に紅茶は効果がある? | 大人になれる本

スポンサーリンク



紅茶に含まれるカフェインの効果について

0ea5b35e770d3960204c69e653ece4ad_m

紅茶は、コーヒーやココアと並び、カフェインを含む飲み物。
カフェインがもたらす働きで、私たちが体で直接感じやすいのは、覚醒作用、利尿作用です。眠気覚ましにカフェインを摂取するために紅茶やコーヒーを飲んだことのある人は、その効果を少なからず感じているかと思います。
 
また、紅茶やコーヒーを飲み過ぎたとか、就寝前に飲んだら、なかなか眠りにつけなかったという経験がある方もいるのではないでしょうか。カフェインによる利尿効果についても、納得できる経験をした方も多いでしょう。尿を出すことは体内の老廃物を排出する上でも役立ちます。飲み過ぎは良くありませんが、ほどほどに紅茶を飲むことがおすすめです。参考までに、カフェインの量は、入れた液体1杯でみれば、コーヒーより紅茶の方が少ないです。
 
カフェインは、交感神経を刺激して、脳を活性化します。しかし、紅茶にはテアニンという(アミノ酸の一種)成分が含まれ、リラックス効果ももたらしてくれるので、ちょうどよい緊張感と安らぎが得られます。
 
このほか、カフェインによる作用には次のようなものがあります。
疲労回復、血液循環促進、強心作用、消化促進、脂肪燃焼など。

引用元-紅茶の効能 – おいしい紅茶の専門サイト 【Orangery Tea】 紅茶情報と通販・ネット・オンラインショップ

紅茶のカフェインの効果でダイエット

カフェインには脂肪の燃焼を促す働きがありますが、カフェインを含む紅茶にもダイエット効果があるのではとおもわれますが、実際、ラットを使った実験でそれが立証されています。その実験によると、ラットを「通常のエサ+水を与えたラット群」と「通常のエサ+紅茶を与えたラット群」に分けて1年間飼育し、それぞれの体重の増減を比較したところ、紅茶を与えたラット群のほうが体重の増え方が2割も少なかったのです。このとき同時に脂肪のつき方も比較してみると、水を与えたラット群は肝臓のまわりにたくさんの脂肪が沈着していましたが、紅茶を与えたラット群は全くそれが認められませんでした。また、血液中の中性脂肪の値を見ると、水を与えたラット群のほうがはるかに高いことがわかりました。 このような結果から紅茶のダイエット効果はほぼ間違いないといえます。
ただし、ダイエットする場合、砂糖を入れて飲むのは禁物です。砂糖のほうがカフェインより早く体内に吸収されるので、作用も砂糖のほうが先に出てしまうからです。
ミルクは影響ありませんが、紅茶でダイエットをするなら、できるだけストレートティーをのむようにしたいものです。

引用元-紅茶の効能について

カフェインの1日の摂取量とは

日本では明確な基準はまだないのです。

オーストラリア・ニュージーランドでは210mg、フィンランドでは125mg。

カナダ保健省では400mgと制限されています。

カフェインは体内で分解するのに比較的時間がかかり、1日で分解できる量は500mgだといわれています。

たくさん飲んでしまうと夜まで身体に残ってしまい、不眠を招いてしまうかもしれません。

基準があったとしても個人差は大きいと思います。

私の場合は、午後に飲むとその日の夜は睡眠の質が下がる気がします。

1杯でもカフェインの影響を受けやすい体質だとわかりました。

コーヒー飲んだら寝られへんねんと友達に言うたら「こどもか!!笑」って突っ込みいれられたけど。笑。

妊婦さんはカルシウムと鉄分が不可欠ですので、胎盤を通るカフェインは控えなければいけません。

ゼロにするか、1日1〜2杯までと言われています。

ストレスにならないように、ノンカフェイン飲料と組み合わせるといいですね♬

引用元-1ヶ月のカフェインレス生活で起こった10個の素敵な変化♬ | makimaki’s blog

 - 生活の知恵, 美容・健康