ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

      2017/03/27

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

スポンサーリンク

  関連記事

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

顔の毛穴の汚れをしっかり掃除をして美肌になる!

毛穴のケアはしていますか?

顔の毛穴の木になる汚れをしっかり掃除して、

綺麗になりましょう。

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

車中泊で必要なグッズは?より快適な車中泊のために!

車中泊で一番大切なのは、快適に寝ることができることや、

車内でリラックスできることだと思います。

そのための様々なグッズを揃えていくのも、

車中泊をより楽しいものにしていくかもしれませんね。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

子供が頭痛を訴えてきた時は?

「髄膜炎」や「脳炎」の初期症状は、風邪によく似ていると言われています。ですから、子供が頭痛を訴え、かつ風邪症状がある場合には、髄膜炎や脳炎との識別が肝心です。髄膜炎は、ウイルスや細菌が原因で脳のクモ膜と硬膜の間に、脳炎は脳実質に炎症が起こる病気です。ですから、重症化すると命に関わったり後遺症が残ったりするので、ママが早めに気が付いてあげることが大切です。

また、子供も片頭痛を起こすようです。子供の片頭痛の特徴は、2時間ほどの短い頭痛発作の場合もあること、頭の片方だけでなく両側を痛がるケースが多いこと、吐き気や食欲不振を伴うケースが多いことと言われています。

引用元-【頭が痛い時(頭痛)の5つの原因】吐き気や気持ち悪いときは要注意?後頭部やこめかみなど部位別チェック!|welq [ウェルク]

スポンサーリンク



  人気記事

こめかみの頭痛は偏頭痛の特徴

脳の血管が拡張することによって、
神経を刺激する時に起こる激しい痛みが偏頭痛の特徴であるそうです。

他にも自覚症状があり、
吐き気や嘔吐、目にチカチカするような違和感を感じるなど、
音や光に過敏になります。

大人の偏頭痛の場合、痛みの前兆があり4時間以上続くこともありますが、
子供の偏頭痛の場合は、1時間くらいで治まるそうです。

そのため、子供が急に頭痛を訴える場合もありますが、
その際は仮病を疑わずに、症状を確認して上げる必要があるかもしれません。

スポンサーリンク



子供の偏頭痛の特徴について

頭痛には、大きく分けて2種類あります。

1つは症候性頭痛で、何らかの疾患が原因となり
引き起こされる頭痛のことです。

脳腫瘍や脳出血など生命に関わるような疾患による
危険な頭痛の場合もあります。

もう1つは機能性頭痛といって、
大半がこのタイプの頭痛です。

脳の検査をしても異常が認められない慢性的な頭痛で、
偏頭痛や緊張型頭痛などがこちらに分類されます。

偏頭痛は遺伝することが多く、
半数程度に家族歴が認められます。

大人の偏頭痛は、こめかみ周辺を中心に脈を打つように
ズキンズキンと痛みますが、
子供の場合はこのような痛み方の他に、
頭が全体的に締めつけられる様な痛みを訴えることも多く、
偏頭痛の特徴から外れるために
診断が遅れる原因ともなっています。

他に子供の偏頭痛の特徴としては、
前兆がなく突然痛み始め、
短時間で収束してしまうことや、
頭痛に伴う胃腸の症状が強く、
嘔吐や下痢を起こしやすいという点が挙げられます。

引用元-子供の頭痛は「心配し過ぎず、軽く見過ぎず」。普段の様子をよく観察して、慌てず対処しよう | 健康のネタ帳 ヘルスチャンネル

頭痛を訴える子供が増えている

最近は、一次性頭痛で医療機関を受診するお子さんが

増えてきています。

片頭痛というと、大人の病気と思われがち。

ですが、子供は骨の形成が未発達なので、

姿勢の乱れによる首の緊張から頭痛になったり、

学校がストレスになっていたり。

睡眠不足など、日常生活の過ごし方に問題があることがあります。

3~4歳で片頭痛を起こす子供もいて、

特に母親が片頭痛持ちだと、

遺伝する確率が高くなってしまいます。

一般的な症状

こめかみ周辺のズキンズキンと脈打つような痛み
吐き気や嘔吐、下痢などの症状を伴うことがある
普段は気にならない光や音、においに対して敏感になる
寝過ぎや寝不足
閃輝暗点(せんきあんてん)
※片頭痛の前兆現象として、目の前に、きらきらとした稲妻のような
光が見える

引用元-遅れると大変なことに!?分かりにくい子供の脳腫瘍!初期症状は? – 人生みんな!楽しく過ごそう!

子供の偏頭痛の対処は日常生活から

子どもの片頭痛の場合、日常生活の中で注意すればある程度改善できるものです。まず1つ目。

①食事をしっかりとる

片頭痛が空腹による低血糖が原因になっていることが、近年の研究結果で明らかになってきたようです。片頭痛になり易い子どもは低血圧気味の子が多いようです。その為朝食を食べずに登校するケースが多いようです。

朝食を抜くとお昼前には血糖値が下がりきってしまいます。そしてそれが片頭痛を起こしやすくするのです。朝食を食べて低血糖を避ける事で片頭痛をかなり減らすことができます。

②片頭痛を誘発する食品を摂りすぎない

片頭痛を誘発する食品もあります。主に言われるのがチョコレート・チーズ・ハム・ソーセージなどです。これも個人差が有るのですが、片頭痛が気になる場合は避けた方が良い食品のようです。

③頭痛を誘発する環境を避ける

テレビなどを見る時部屋を暗くしない、ゲームなどをやりすぎないなど強い光をなるべく浴びないようにする。騒音や強烈な臭いを避ける。人ごみを避ける等が挙げられます。

④寝過ぎを避ける

寝過ぎは血管を拡張させるため片頭痛の原因になります。片頭痛持ちのお子さんを持つ家庭の皆さんは、休日もなるべく規則正しい生活をするよう心掛けてください。

またマグネシウムとビタミンB2は、片頭痛の頻度を減らす作用が有るようです。大豆や海藻類・カツオ・イワシ・レバー類・卵等を積極的に摂るようにしてください。片頭痛に苦しむ事で、早くから片頭痛用の薬を飲む機会が増えているようです。

小児の頃から薬を頻繁に飲むケースも多いようです。できればなるべく薬には頼りたくないですね。注意しないと薬の乱用にも繋がりかねません。日常の生活でなるべく解消していく努力をしていきたいですね。

引用元-子供の片頭痛で悩んでませんか?対処法は日常生活の中に! | 健康生活

 - 生活の知恵, 美容・健康, 育児・子育て