ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供の性格に影響を与える環境や育て方

      2016/07/01

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

スポンサーリンク

  関連記事

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

服の収納術きれいに見せるコツやおしゃれを演出するには?

洋服の収納は、ちょっとしたコツさえつかめば、

おしゃれに演出できるそうです。見せる収納術や、

子供の洋服の効率の良い収納方法についても見てみましょう。

日本三名園の由来とは?兼六園、偕楽園と後楽園の魅力について

四季が彩る日本は、どこをとっても美しいものがあります。

中でも、日本三名園と言われる兼六園、偕楽園、後楽園は、

一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

唇が乾燥する原因とは? はちみつで唇をケアする

普段何気なくやってることが唇の乾燥をまねいているかもしれません。

乾燥の原因を知り、しっかりケアをして

素敵なリップにしましょう。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

お盆の由来はインド?日本?お休みの意味を知る

お盆といえばお盆休みと考える人は多くいるかもしれません。

里帰りや旅行など、ゴールデンウィークのような光景を

お盆休みでも見かけます。

ただ休むだけでなく、お盆の由来を知ることで、

また違った余暇の過ごし方ができるかもしれません。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

環境がよければ子供の性格は良くなるのか

良い親のもとに立派な子供が育ち、悪い親のもとでは必ず悪い子供が育ちます。
しかし、必ずしもそうとはいえない現象があるのも事実です。親は偉大でも、優しくて一所懸命に努力する人でも、その子供は遊び好きでわがままで、すぐカッとなるという場合もあります。また、親は酒癖が悪く、仕事もせずブラブラしていても、その子供は礼儀正しく勉強もでき、近所の子供の模範となるような場合もあります。私の主張する性格形成環境説からすると、ずいぶん矛盾があるようです。親の良い因子は決して子に良いものとして報われなかったり、悪い因子も百パーセント悪いものとして報われなかったりします。
では、なぜそのそうなことが起こるのでしょうか。実は親の育て方と同時に、その環境をどう受け止めるかという、子供側の先天的素質の部分が、親の育て方と同等の大きな性格形成の要因となるのです。環境が悪くても、先天的な素質つまり遺伝子的要素が良い場合には、環境を超えて良い子ができますし、先天的な素質が悪い場合には、たとえ環境が良くても、環境に甘えたり、環境に依存したりするのです。

引用元-どんな育てられ方をしたかが性格を作る一因になる:ルパム三世-論 – ブロマガ

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

スポンサーリンク



親の態度や育て方と子供の性格

支配型

親が子どもを支配するような態度をとることが多いと、子どもは親の顔色をうかがうようになり、従順で服従的な態度を見せるようになりますが、一方で、自発的に自分で動くことができなくなり、消極的な性格になりやすくなります。

服従型

子どもの顔色をうかがいながら育児するような親の場合、子どもの言いなりになってしまいます。ほしいものを言われるままに買い与えたり、遊ばせたいだけ遊ばせたりします。このような親に育てられた子どもは、人に従わない、無責任、乱暴をふるう、不注意などの性格を見せることがあります。

保護型

必要以上に、子どもを守ろうという態度で接するのが、保護型の親の特徴です。保護型の親に育てられた場合、子どもは危険に対して思慮深くなり、一方で親の保護から離れた場所に好奇心を見せることがあります。また、常に守られているという安心感があるため、感情が安定しており、人に対して親切にすることができます。

拒否型

親が子どもを拒否するような冷淡な態度を取り続けていると、子どもは親から拒否されることで、不安や劣等感にさいなまれやすく、神経質になりやすくなります。また、親の気をひこうとするあまり、落ち着きがなくなることがあります。中には反社会的な行動を起こして、親の注意を自分に引きつけておこうとしたり、親の真似をして冷淡なふるまいを見せたりする子どももいます。

このような4つのタイプですが、支配型なら服従型に態度を寄せていくことで、保護型なら拒否型に態度を寄せていくことで、支配と服従、保護と拒否のバランスがとれ、理想の親子関係が築けるとされています。

引用元-子どもの性格は、親の態度で決まるって本当? 「サイモンズ式分類」|「マイナビウーマン」

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

スポンサーリンク



親の態度や育て方と子供の性格

 自立とは、自分のアタマで考え、自分でどうするかを決定し、自分の自主
的判断で行動していく力のことです。つまり、独立独歩の行動ができること
です。
 自立を育てるには、親の考えを一方的に押し付けるのではなく、親の考え
を差し控えて、子どもの判断を尊重しながら行動させていくようにします。
子どものやり方がまずくても、のろくても、親の手出し、口出しは控えるよ
うにします。まずいところは時間をかけていけば上手になっていくはずです。
親は、褒め上手、励まし上手、やらせ上手になって、子どもの自主的行動を
応援していくようにします。
 かわいい子には旅をさせよ、という格言があります。これは、親の過保護
な手出しはしないで、子どもをつき離して育てよ、そうすればうまくいく、
という意味です。吉川英治(作家)さんは、娘に「お前にいちばんすまなか
ったと思うのは苦労をさせてやれなかったことだ」と語ったそうです。子ど
もに苦労をかえさせて育てること、これが子育てにとっても必要なことです。
親の過干渉な手出しや口出し、やってあげは、子どもをダメにする方法です。
 自立性を育てるには、子どもが自分のアタマで考える場面、子どもが判断
に迷う場面を与えて、子ども自身が積極的に工夫したり創造したりしていく
場面を多く与えるようにします。子どもはモタモタした行動をする場面もあ
るでしょうが、こうした行動は、どうしようか、こうしたらどうかな、と考
えをめぐらしている結果ですから、途中から親は口出しをしないようにしま
す。モタモタした行動から、創意工夫する力、構想し創造する力が生まれ出
てくるのです。モタモタした行動を積み重ねていくことで習熟や熟練の身体
化が行われていくようになります。
 親は、子どもに責任ある行動を選択する場面を多く与えるようにします。
子どもにそうした場面を多くセットしてやります。「……をしなさい」では
なく、「どうしたらいいと思う?」と、問いかけ、子どもが自主的に判断を
下して行動を選択していく場面を多く与えましょう。「こんな時、どうした
らいいかな。困ったな。どうしようか? あなたの考えを聞かせて」と、子
どもに親が相談を持ちかけるのもいいですね。

引用元-自立心の育て方

子供とテレビについて

乳児期、幼児期に共有型の関わりをされた子どもは、児童期に入ったとき、テレビをはじめとしたメディア媒体への接触に関して、ある程度、自己コントロールができるというデータが出ています。
 
つまり、児童期になっていきなり、「テレビは一日二時間までよ」「テレビばかり見てないで宿題しなさい」などと自己コントロールさせようとしてもむずかしいということです。メディア媒体への接し方も、幼い時期に、大人が子どもの自発性をうながすように関わっていくことによって促進されるのです。
 
これは、単にテレビ視聴に限ったことではなく、いろいろな物事についても言えます。親が日常で子どもにどう接したかが、生活の別の場面にも影響するというわけです。これがいわゆる、「子どもは親がこうさせたいと思うように育つのではなく、親が普段振舞っている行動様式を知らず知らずのうちに身につける」ということなのでしょう。

引用元-親子関係と子どもの性格~秦野悦子 |PHPファミリー|子育てママ、パパを応援

子供の性格に悪影響を与える行動は控える

親だって人間ですから、いつでもニコニコほがらかに、とはいきませんよね。仕事や夫婦間でのストレスによって、子どもにどうしてもキツく当たってしまったり、支配的な言い方をしてしまうこともあるかもしれません。
「可愛さ余って憎さ100倍」なんて言葉もあるくらいです。

しかし、あまりに子育てに真剣になり過ぎるあまり、上に挙げたような行動を取ってしまうのは「百害あって一利無し」というもの。
自分の子どもとは言え1人の人間ですから、一定の尊敬を持って接することが大切です。それが、上に挙げたような悪影響を及ぼす行動を防ぐことにつながるでしょう。

子どもの性格が形成される上で、親の行動はとても重要です。

引用元-子供の性格に悪影響でしかない親の行動7つ【環境・遺伝と心の関係】 – マーミー

twitterの反応

 - 生活の知恵, 育児・子育て, 雑学