ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

      2017/03/27

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

急須のTPOとは?また口についてるチューブの意味は?

誰もが知る茶を注ぐために使用する急須ですが、

急須のことをどれほど知っていますか?

その秘密やマナーについて確認しましょう。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

独身男性はどのくらい貯金があるの?平均金額は?

近年ソロ化と言われる程、独身の男性や女性が増加しています。

先のことを考え貯金している方もいると思いますが、

30代男性の30パーセントは貯金がないというデータも

あるそうです。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

長野県の小諸城址懐古園で桜や風情を味わう

長野県の小諸城址懐古園で歴史や桜を楽しみましょう。

小諸城の跡地で、明治13年に本丸跡に懐古神社が祀られたことから

懐古園と呼ばれるようになりました。

園内には様々な施設もあります。

川遊びの前に自然の恐怖を知ろう

たとえ、川遊びが好きで遊び慣れていたとしても、相手は自然です。
いつどんな牙をむいて襲い掛かってくるかは誰にも予測できません。
もし、前日に雨が降っていれば増水する可能性も考えられます。
特に、梅雨のシーズンは急に雨が降るなど、天候が変わりやすいので、遊びに行く当日と前日の天気は忘れずに確認するようにしましょう。
その他、水かさが増している、流れてくるものが多い、水が濁っているなどの変化を感じた時は、安易に川へ近づかないように注意してください。

引用元-川遊びの注意点|ラフティングツアーなら山梨の【本流堂】へ

スポンサーリンク



  人気記事

川での注意点について

水場エリアには海にしても川にしても危険と隣り合わせですが、川は特に注意が必要なのです。

流れがある
川底の状況が読めない
岩や堆積物があるので危ない
海と違って浮かない
天候に大きく左右される
テレビで『川で溺れて亡くなった』というニュースを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

それもそう。川には流れというものがあります。
川の形状によって流れが速いところ、緩やかなところなどが存在し、ちょっとでも速ければ人間なんてあっという間に流されます。

引用元-川って危険!?川遊びに持って行くべき物4選。安全に楽しむ心得と準備物の紹介 | mysimasima

スポンサーリンク



川の淵や早瀬にも注意しよう

川の流れの速さや深さは、
予想以上であることがあり、注意が必要です。

川の淵は、浅く見えるのに急に深くなってしまうため事故に繋がることがあります。

また早瀬は、川が浅くても流れが速く、
子どもたちが足元を取られて流されてしまう危険もあります。

安全に見えても川には危険が潜んでいることを心に置いておきましょう。

しかし、どんなに注意していても事故は起こってしまうことがあります。

そんな時のためにライフジャケットやロープは持参して行くようにしましょう。

子どもの場合はライフジャケットを着用して遊ぶことでより安心できます。

万が一、子どもが流された場合の救助のために、
ロープや浮き輪の準備もしておくといいかもしれません。

川遊びで事故につながりやすいケース

事故につながりやすいケース
質問:泳ぐつもりがないのに、服をきたまま水中に転落してしまった。どうしたらいい?

答え:濡れた着衣が、体にまとわりついて溺れてしまうことがあります。流れの中では、濡れた服はなかなか脱げません。

⇒基本的には脱がない
・空気を含んで浮力になる
・体温の低下を防ぐ
・ケガをしにくくする

⇒泳がない・叫ばない
・下手に泳ぐと体力を消耗
・大声で叫ぶと肺の空気が抜けて沈みやすくなってしまう

そのときは、落ち着いて、大の字で仰向けの姿勢になり、体の力を抜いて、ラッコのように「背浮き」しましょう。

引用元-夏の川遊びは”水辺の魔物”がたくさん!危険ポイントと守っておきたい注意点 – 元気ママ応援プロジェクト

子供から目を離さないで川から離れるべき場合とは

流れが速くなってきた・・・浅瀬でも流れが速くなると、乳幼児は足をとられてしまいます。

空が暗くなった、雷がなっている・・・天候が急に変わると穏やかな川の流れも急変することがあります。視界も悪くなるので川遊びを終わりにしてください。

雨が降りだしたら雨宿りせず川から離れる・・・雨が降りだしたら川辺で雨宿りせず、退避してください。急に水量が増えることもあるので危険です。

流れている水が急に濁りだした・・・川の水が濁り始めたということは、もっと上の川上で増水や降雨が考えられます。川から上がり退避しましょう。

川の水は、どんなに浅瀬でも雨が降って増水し始めたら5分で、見えていた大きな石が見えなくなることも普通に考えられるそうです。だから「もうちょっと」「この場所に雨が降るまで」と考えないほうがよいですね。

また、大雨や増水時には忘れ物を取りに川に戻ることも控えてください。場所によっては道路が全て舗装されていなかったり、視界が悪くなって危険です。

自然を満喫できる川では、マナーを守って、早め早めの判断と行動を心がけて楽しみましょう。

引用元-乳幼児の川遊び

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 育児・子育て, 自然