ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

      2016/02/06

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

頭痛の原因 子供の場合は?遺伝は関係ある?

かぜ症状もないのに、子供が頭痛を訴える原因とは?

頭痛は本人しか分からない症状なので、

子供の話をよく聞いてあげましょう。

カレーが食べたくなるのは風邪気味や前兆?予防効果も?

国民食と言われるカレーですが、カレーはお好きですか?

カレーが異常に食べたくて仕方ない!なんて時は、

それは風邪の前兆かもしれないそうです。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

子供の心因性頻尿は小さなストレスも原因となる

子供は大人が思っている以上に些細なことや、意外なことにストレスを感じていることがあります。
そして、環境の変化や行事の練習、または家庭環境など不安や緊張があるとそれは顕著となり、頻尿になる子供は多いんです。

また、トイレで怖い思いをしたり、保育園や幼稚園に行っている子なら、友達にトイレ中を見られてからかわれたり、逆に友達のトイレ中を見てしまい自分もこんな風に見られたら嫌だなと思ってしまったりといった事が原因となることもあるようです。

いずれにしても、それが膀胱炎のような病的なものなのか、心因性の頻尿であるのかは、〝夜、寝ている間にトイレに行くかどうか〟である程度の判断は出来ます。
心因性頻尿の場合は、寝ている間は尿意を催さないんですね(・з・)ノ
ちなみに、おねしょをする場合はトイレに行っているのと同じことです。

あとは、排尿時や排尿後の痛みの有無も見分ける大きな要因でしょう。

引用元-子供の頻尿は膀胱炎?ストレスが原因|心因性の対処方法

スポンサーリンク



  人気記事

親が子供へできる心因性頻尿への具体的な対処法とは

「話を聞いてあげると言ってもどんな風に?」と思われるかもしれません。スキンシップを多く取り入れた方法を使いながら聞いてあげるといいです。具体的な方法として、次のようなことをしてあげると効果的です。

・座った状態で抱きしめてあげる
・2人で一緒に出かけてご飯を食べながら話を聞く
・一緒にお風呂に入る
・一緒にお布団に入って本を読んであげる
・2人だけでピクニックに行く

というようなお子さんが安心できることをしてあげるのです。親はやっぱり安心できる“場所”なんです。不安要素を心に抱えている場合は、こういった一緒の行動をしてあげることが話しやすい雰囲気を作ります。

まず、心を落ち着かせて、不安となって心の中でくすぶっている原因を言葉にして出させることが大切です。

また、このような方法があります。

例えば、「おしっこに行かなくても大丈夫になる薬だよ」と言ってビタミン剤のようなサプリメントを定期的に与えると、状態が落ち着き良くなっていくことがあります。これを『プラシーボ効果(偽薬効果)』と言います。ドラマ『Dr.倫太郎』でもこの方法を用いたストーリーがありましたね。だから、言葉としては聞いたことがあるかもしれません。

私の娘は、「お腹が痛い」と言って学校を休みがちだったのですが、スキンシップを取って話を聞き、この方法を試したことがありますが効果があり、学校に行くようになりました。

心因性頻尿と診断を受けて、相談者様はさぞ心配になり胸を痛めたことと思います。でも、こんなときこそお母さんの愛情でくるんであげることが大切です。確かに授業が遅れてしまうということも考えるかもしれませんが、今はお子さんの心にある不安要素を取り除いてあげることを優先しましょう。そうすれば、おのずとトイレに行きたくなる回数も減ってきます。

引用元-またトイレ? 子どもが「心因性頻尿」になる原因とケア方法 | パピマミ

スポンサーリンク



子供自身でトイレを我慢できることを理解させる

心因性頻尿は不安が原因で起きる病気で、不安さえなくなれば膀胱には問題がないので、トイレに頻繁に行かなくても良くなります。

不安を解決される方法の一つは、まずトイレは我慢することができることを理解させることです。

 

休日などにどのぐらいトイレにいかなくても良いかタイマーではかり、ぎりぎりまでトイレを我慢させることによって、自分が我慢できることを理解させます。

また、高学年になると嫌がりますが、トイレに行けない状況下をつくり、おむつを履かせて我慢させ、2、3時間我慢したらトイレに行けるような状況にすると意外とトイレを我慢できるようです。

おむつが濡れていないことをみさせて、トイレは我慢できることを理解させることができれば頻尿が治まる可能性があります。

自分でトイレを我慢できることを理解させ、不安を取り除くことが大切なのです。

引用元-トイレが近いトイレが我慢できない子どもは心因性頻尿かも?!心因性頻尿は適切な対応で治る! | 健康推進Baquun

プラシーボ効果で子供を落ち着かせる

子どもの心因性頻尿の場合は、不安要素を取り除き、抱き締めるなどのスキンシップで、とにかく安心感を与え続けることが重要です。いざとなっても大丈夫!という安心感を持たせることが役立ちます。プラシーボ(placebo)ではありませんが、例えば、ビタミン剤といった身体に害のないサプリメントなどを、頻尿の薬だと言って与えると落ち着く場合もあります。このような作用のことを「プラシーボ効果」(偽薬効果)と言います。

引用元-心因性頻尿 ―こころが尿意を催させる― Veritas 心理教育相談室

子供の頻尿で心因性以外に考えられる原因とは

過活動膀胱

これは膀胱におしっこをたくさん溜められないという病気。オムツが外れてからもずっとトイレが近く漏れやすいという場合に可能性があります。

自然と治ることもあるようですが、気になるようなら薬での治療もできるので泌尿器科で相談してみてもいいですね。

感染症によるもの

細菌が膀胱に入ってしまい炎症を起こして頻尿になり、おしっこをする時に痛みがあっておしっこが濁っているようなら膀胱炎で間違いないでしょう。

菌がもっと奥まで入り込んでしまうと腎盂(じんう)炎という危険な病気になってしまうこともあります。

私自身、一度膀胱炎を経験していますが、嫌なものですよね。娘も2歳の時に膀胱炎になり「痛い!」と泣きながらおしっこをしていたのを覚えています。抗生物質を早く飲むことで治りましたが、あまり水分を摂らずおしっこを我慢することが多かったことが原因となったようです。

おしっこをする時に痛い、熱があるという場合には感染症を疑いましょう。

引用元-またおしっこ?と言いたくなる程の子供の頻尿の意外な原因とは? | MARCH(マーチ)

 - 美容・健康, 育児・子育て