ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

      2016/02/06

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

北海道のスキー場で子供でも楽しめるスキー場とは

北海道でスキーやスノボを楽しみたい、でも子供が

心配だったりしますよね。

ここでは子供でも安全に楽しめるスキー場をご紹介します。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

しゃっくりが止まらない!止め方のポイントは耳と水とツボ!

ふとした時に、しゃっくりが出てしまい、

中々止まらないなんて経験ありませんか?

しゃっくりの止め方はいくつかあるそうなので、

1つ方法を覚えておけばいざという時に、使えるかもしれません。

男性のスキンケア!顔の乾燥への対策について

乾燥肌によってもたらされる問題は女性に限らず、

男性もあると思います。ある調査では、男性の肌に対する悩みは、

1位のアブラに次ぐ2位が乾燥であるそうです。

どのようなケアをしていったらいいのでしょうか?

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

フェイスラインやあごのニキビの原因とは?

フェイスラインやあごの辺りのニキビの原因は、

主にホルモンバランスが原因であると言われています。

生活習慣を見直し、保湿をしてニキビを改善しましょう。

子供の心因性頻尿は小さなストレスも原因となる

子供は大人が思っている以上に些細なことや、意外なことにストレスを感じていることがあります。
そして、環境の変化や行事の練習、または家庭環境など不安や緊張があるとそれは顕著となり、頻尿になる子供は多いんです。

また、トイレで怖い思いをしたり、保育園や幼稚園に行っている子なら、友達にトイレ中を見られてからかわれたり、逆に友達のトイレ中を見てしまい自分もこんな風に見られたら嫌だなと思ってしまったりといった事が原因となることもあるようです。

いずれにしても、それが膀胱炎のような病的なものなのか、心因性の頻尿であるのかは、〝夜、寝ている間にトイレに行くかどうか〟である程度の判断は出来ます。
心因性頻尿の場合は、寝ている間は尿意を催さないんですね(・з・)ノ
ちなみに、おねしょをする場合はトイレに行っているのと同じことです。

あとは、排尿時や排尿後の痛みの有無も見分ける大きな要因でしょう。

引用元-子供の頻尿は膀胱炎?ストレスが原因|心因性の対処方法

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

親が子供へできる心因性頻尿への具体的な対処法とは

「話を聞いてあげると言ってもどんな風に?」と思われるかもしれません。スキンシップを多く取り入れた方法を使いながら聞いてあげるといいです。具体的な方法として、次のようなことをしてあげると効果的です。

・座った状態で抱きしめてあげる
・2人で一緒に出かけてご飯を食べながら話を聞く
・一緒にお風呂に入る
・一緒にお布団に入って本を読んであげる
・2人だけでピクニックに行く

というようなお子さんが安心できることをしてあげるのです。親はやっぱり安心できる“場所”なんです。不安要素を心に抱えている場合は、こういった一緒の行動をしてあげることが話しやすい雰囲気を作ります。

まず、心を落ち着かせて、不安となって心の中でくすぶっている原因を言葉にして出させることが大切です。

また、このような方法があります。

例えば、「おしっこに行かなくても大丈夫になる薬だよ」と言ってビタミン剤のようなサプリメントを定期的に与えると、状態が落ち着き良くなっていくことがあります。これを『プラシーボ効果(偽薬効果)』と言います。ドラマ『Dr.倫太郎』でもこの方法を用いたストーリーがありましたね。だから、言葉としては聞いたことがあるかもしれません。

私の娘は、「お腹が痛い」と言って学校を休みがちだったのですが、スキンシップを取って話を聞き、この方法を試したことがありますが効果があり、学校に行くようになりました。

心因性頻尿と診断を受けて、相談者様はさぞ心配になり胸を痛めたことと思います。でも、こんなときこそお母さんの愛情でくるんであげることが大切です。確かに授業が遅れてしまうということも考えるかもしれませんが、今はお子さんの心にある不安要素を取り除いてあげることを優先しましょう。そうすれば、おのずとトイレに行きたくなる回数も減ってきます。

引用元-またトイレ? 子どもが「心因性頻尿」になる原因とケア方法 | パピマミ

スポンサーリンク



子供自身でトイレを我慢できることを理解させる

心因性頻尿は不安が原因で起きる病気で、不安さえなくなれば膀胱には問題がないので、トイレに頻繁に行かなくても良くなります。

不安を解決される方法の一つは、まずトイレは我慢することができることを理解させることです。

 

休日などにどのぐらいトイレにいかなくても良いかタイマーではかり、ぎりぎりまでトイレを我慢させることによって、自分が我慢できることを理解させます。

また、高学年になると嫌がりますが、トイレに行けない状況下をつくり、おむつを履かせて我慢させ、2、3時間我慢したらトイレに行けるような状況にすると意外とトイレを我慢できるようです。

おむつが濡れていないことをみさせて、トイレは我慢できることを理解させることができれば頻尿が治まる可能性があります。

自分でトイレを我慢できることを理解させ、不安を取り除くことが大切なのです。

引用元-トイレが近いトイレが我慢できない子どもは心因性頻尿かも?!心因性頻尿は適切な対応で治る! | 健康推進Baquun

プラシーボ効果で子供を落ち着かせる

子どもの心因性頻尿の場合は、不安要素を取り除き、抱き締めるなどのスキンシップで、とにかく安心感を与え続けることが重要です。いざとなっても大丈夫!という安心感を持たせることが役立ちます。プラシーボ(placebo)ではありませんが、例えば、ビタミン剤といった身体に害のないサプリメントなどを、頻尿の薬だと言って与えると落ち着く場合もあります。このような作用のことを「プラシーボ効果」(偽薬効果)と言います。

引用元-心因性頻尿 ―こころが尿意を催させる― Veritas 心理教育相談室

子供の頻尿で心因性以外に考えられる原因とは

過活動膀胱

これは膀胱におしっこをたくさん溜められないという病気。オムツが外れてからもずっとトイレが近く漏れやすいという場合に可能性があります。

自然と治ることもあるようですが、気になるようなら薬での治療もできるので泌尿器科で相談してみてもいいですね。

感染症によるもの

細菌が膀胱に入ってしまい炎症を起こして頻尿になり、おしっこをする時に痛みがあっておしっこが濁っているようなら膀胱炎で間違いないでしょう。

菌がもっと奥まで入り込んでしまうと腎盂(じんう)炎という危険な病気になってしまうこともあります。

私自身、一度膀胱炎を経験していますが、嫌なものですよね。娘も2歳の時に膀胱炎になり「痛い!」と泣きながらおしっこをしていたのを覚えています。抗生物質を早く飲むことで治りましたが、あまり水分を摂らずおしっこを我慢することが多かったことが原因となったようです。

おしっこをする時に痛い、熱があるという場合には感染症を疑いましょう。

引用元-またおしっこ?と言いたくなる程の子供の頻尿の意外な原因とは? | MARCH(マーチ)

 - 美容・健康, 育児・子育て