ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

      2016/02/06

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

昼食後昼寝の効果的な時間とは大人にはどんな効果が?

人は1日のうちに2回眠気が来ると言われています。

大人は仕事もありますので、中々昼寝をすることは難しいかも

しれませんが、短い時間を見つけて午後からも

効率的な仕事ができるようにしましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

紅茶に含まれるカフェインは妊娠中には良くない?

妊娠中は、普段以上に摂取するものを気にしますよね。

とくに、「カフェインはよくない」と聞きます。

紅茶好きの方も飲み方を工夫すれば問題なさそうです。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

紅茶のカフェインを夜の寝る前に摂取するのは良くない?

紅茶のカフェインはコーヒーより少ないと

されていますが、やはり夜や寝る前に紅茶を

飲むのは良くないのでしょうか?

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

坐骨神経痛の治し方はストレッチで改善

坐骨神経痛は主に症状であるため、原因によって

治し方は異なると思われます。少しでも、痛みや痺れを

ストレッチで改善できれば嬉しいですね。

尿の異常な色と臭いは病気のサイン?原因とは?

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、

体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。

色やにおいの異常も何かのサインということが多いそうです。

健康体でも尿の色が濃くなったりすることもあるので、

あまり心配しすぎもよくありませんが、

一つの目安として覚えておくといいかもしれません。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

納豆の賞味期限は1週間?1ヶ月?いつまでなの?

納豆は発酵食品ですからあまり賞味期限を気にせず

食べていることもあると思います。

いつまで食べても大丈夫なのでしょう?

子供の心因性頻尿は小さなストレスも原因となる

子供は大人が思っている以上に些細なことや、意外なことにストレスを感じていることがあります。
そして、環境の変化や行事の練習、または家庭環境など不安や緊張があるとそれは顕著となり、頻尿になる子供は多いんです。

また、トイレで怖い思いをしたり、保育園や幼稚園に行っている子なら、友達にトイレ中を見られてからかわれたり、逆に友達のトイレ中を見てしまい自分もこんな風に見られたら嫌だなと思ってしまったりといった事が原因となることもあるようです。

いずれにしても、それが膀胱炎のような病的なものなのか、心因性の頻尿であるのかは、〝夜、寝ている間にトイレに行くかどうか〟である程度の判断は出来ます。
心因性頻尿の場合は、寝ている間は尿意を催さないんですね(・з・)ノ
ちなみに、おねしょをする場合はトイレに行っているのと同じことです。

あとは、排尿時や排尿後の痛みの有無も見分ける大きな要因でしょう。

引用元-子供の頻尿は膀胱炎?ストレスが原因|心因性の対処方法

スポンサーリンク



  人気記事

親が子供へできる心因性頻尿への具体的な対処法とは

「話を聞いてあげると言ってもどんな風に?」と思われるかもしれません。スキンシップを多く取り入れた方法を使いながら聞いてあげるといいです。具体的な方法として、次のようなことをしてあげると効果的です。

・座った状態で抱きしめてあげる
・2人で一緒に出かけてご飯を食べながら話を聞く
・一緒にお風呂に入る
・一緒にお布団に入って本を読んであげる
・2人だけでピクニックに行く

というようなお子さんが安心できることをしてあげるのです。親はやっぱり安心できる“場所”なんです。不安要素を心に抱えている場合は、こういった一緒の行動をしてあげることが話しやすい雰囲気を作ります。

まず、心を落ち着かせて、不安となって心の中でくすぶっている原因を言葉にして出させることが大切です。

また、このような方法があります。

例えば、「おしっこに行かなくても大丈夫になる薬だよ」と言ってビタミン剤のようなサプリメントを定期的に与えると、状態が落ち着き良くなっていくことがあります。これを『プラシーボ効果(偽薬効果)』と言います。ドラマ『Dr.倫太郎』でもこの方法を用いたストーリーがありましたね。だから、言葉としては聞いたことがあるかもしれません。

私の娘は、「お腹が痛い」と言って学校を休みがちだったのですが、スキンシップを取って話を聞き、この方法を試したことがありますが効果があり、学校に行くようになりました。

心因性頻尿と診断を受けて、相談者様はさぞ心配になり胸を痛めたことと思います。でも、こんなときこそお母さんの愛情でくるんであげることが大切です。確かに授業が遅れてしまうということも考えるかもしれませんが、今はお子さんの心にある不安要素を取り除いてあげることを優先しましょう。そうすれば、おのずとトイレに行きたくなる回数も減ってきます。

引用元-またトイレ? 子どもが「心因性頻尿」になる原因とケア方法 | パピマミ

スポンサーリンク



子供自身でトイレを我慢できることを理解させる

心因性頻尿は不安が原因で起きる病気で、不安さえなくなれば膀胱には問題がないので、トイレに頻繁に行かなくても良くなります。

不安を解決される方法の一つは、まずトイレは我慢することができることを理解させることです。

 

休日などにどのぐらいトイレにいかなくても良いかタイマーではかり、ぎりぎりまでトイレを我慢させることによって、自分が我慢できることを理解させます。

また、高学年になると嫌がりますが、トイレに行けない状況下をつくり、おむつを履かせて我慢させ、2、3時間我慢したらトイレに行けるような状況にすると意外とトイレを我慢できるようです。

おむつが濡れていないことをみさせて、トイレは我慢できることを理解させることができれば頻尿が治まる可能性があります。

自分でトイレを我慢できることを理解させ、不安を取り除くことが大切なのです。

引用元-トイレが近いトイレが我慢できない子どもは心因性頻尿かも?!心因性頻尿は適切な対応で治る! | 健康推進Baquun

プラシーボ効果で子供を落ち着かせる

子どもの心因性頻尿の場合は、不安要素を取り除き、抱き締めるなどのスキンシップで、とにかく安心感を与え続けることが重要です。いざとなっても大丈夫!という安心感を持たせることが役立ちます。プラシーボ(placebo)ではありませんが、例えば、ビタミン剤といった身体に害のないサプリメントなどを、頻尿の薬だと言って与えると落ち着く場合もあります。このような作用のことを「プラシーボ効果」(偽薬効果)と言います。

引用元-心因性頻尿 ―こころが尿意を催させる― Veritas 心理教育相談室

子供の頻尿で心因性以外に考えられる原因とは

過活動膀胱

これは膀胱におしっこをたくさん溜められないという病気。オムツが外れてからもずっとトイレが近く漏れやすいという場合に可能性があります。

自然と治ることもあるようですが、気になるようなら薬での治療もできるので泌尿器科で相談してみてもいいですね。

感染症によるもの

細菌が膀胱に入ってしまい炎症を起こして頻尿になり、おしっこをする時に痛みがあっておしっこが濁っているようなら膀胱炎で間違いないでしょう。

菌がもっと奥まで入り込んでしまうと腎盂(じんう)炎という危険な病気になってしまうこともあります。

私自身、一度膀胱炎を経験していますが、嫌なものですよね。娘も2歳の時に膀胱炎になり「痛い!」と泣きながらおしっこをしていたのを覚えています。抗生物質を早く飲むことで治りましたが、あまり水分を摂らずおしっこを我慢することが多かったことが原因となったようです。

おしっこをする時に痛い、熱があるという場合には感染症を疑いましょう。

引用元-またおしっこ?と言いたくなる程の子供の頻尿の意外な原因とは? | MARCH(マーチ)

 - 美容・健康, 育児・子育て