ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

      2016/01/25

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性チェックをして原因から冷え性を解消

疲れが取れにくい、手足の先が冷たいなど

冷え性かもと思ったらセルフチェックをしてみましょう。

冷え性になる原因について考え、改善策を考えましょう。

足のむくみをオフィスや自宅で解消 効果的なマッサージとは

足の気になるむくみをちょっとした時間を使って、解消しませんか?

オフィスや自宅でも簡単に出来る解消法です。

積極的にむくみ解消を行い、

むくみを翌日に持ち越さないようにしましょう。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

リウマチの症状と原因について 男性より女性がなりやすい?

関節リウマチは男女比は1:4程度で、

女性がかかりやすいと言われています。

リウマチの症状を知り、対処できるようにしましょう。

原因については、あまりよくわかっていないようです。

納豆の栄養分や効果とは 女性にはオススメの食材

納豆は体に良いというイメージがありますが、

具体的にどんな栄養分が含まれているのでしょう?

効果と一緒に栄養素について確認します。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

ストレートネックの症状に注意 頭痛が主な症状

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

破れたストッキング活用術で再利用

破れてしまったストッキング、捨てていませんか?

捨てる前に再利用して節約しましょう。

色々な活用術があるのです。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

基礎体温の正しい測り方について

基礎体温はちょっとした動きでもすぐに上がってしまうので、寝起きのタイミングですぐに測ることが大切です。以下のポイントを守り、正しく計測しましょう。基礎体温表に体温を記録すると同時に、体調も記録すると変化をとらえやすくなりますよ。

 

1. 基礎体温計を用意する

基礎体温を測るには、通常の体温計ではなく、小数点第2位まで表示できる基礎体温計が必要です。基礎体温は低温期と高温期で0.3~0.5度の違いしかないため、小数点第1位までしか表示できない通常の体温計では正確に記録することができないからです。

引用元-基礎体温の測り方と表グラフの見方。妊娠しやすいカラダかわかる? – こそだてハック

2. 毎朝、起きたらすぐに測る

本来、基礎体温は寝ているときの体温ですが、寝ているときに体温を測ることはできないので、寝起きで体がまだ休んでいるタイミングに測ります。毎日同じ時間に測ることも大切なポイント。二度寝などで起床時間がずれても、起きたときにすぐ測ってください。

3. 舌の裏側中央にあるすじの根元に体温計を当てる

基礎体温計は、舌の裏側にある筋の根本に当てて測ります。もし舌の上で測ると0.04~0.1度ほどの誤差が出てしまい、正確な記録ができなくなってしまうからです。舌の裏に当て、口を閉じて空気に触れないようにするのが正しい測り方です。

4. 安静な状態で測る

起き上がったり、飲食や寝返り、あくびをするだけでも体温は上がってしまいます。できるだけ体を動かさず、布団の中で寝たままの状態で測りましょう。検温中も動かないようにしてください。

5. 飲酒や睡眠不足に注意

お酒を飲んだ次の日や睡眠不足のときは基礎体温を正しく測れないことがあります。排卵日を正しく知りたいという人はできるだけ飲酒を控え、睡眠をたっぷりとるようにしてくださいね。

引用元-基礎体温の測り方と表グラフの見方。妊娠しやすいカラダかわかる? – こそだてハック

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

基礎体温の計測で注意すること

基礎体温の計測を行う上で注意すべきことは
なるべく動かなくてもいいように体温計は枕元に置いておく

基礎体温は毎日同じ時間帯に測定する

その日の体調もメモしておく

体温を測る前日はなるべく睡眠をしっかりとる

体温計は小数点以下2桁が表示されるものを使う

水銀体温計は破損して水銀が口に入ると危険なので使わない

体温は舌の上ではなく、舌の下で測る(舌の上で測ると体温がブレやすいため)

などが挙げられます。

基礎体温を毎日測定するのは結構面倒くさいですが、
毎朝の2~3分を習慣化すれば、大変なことではありません。

引用元-基礎体温って何?正しい測り方を解説!

スポンサーリンク



基礎体温を記録し始めるとどんなグラフになるのか

startup-593327_1280 (1)

体温が低めの時期「低温期」と、
体温が高めの時期「高温期」の2つに分かれます。

あなたの体のホルモンバランスがきちんと整っていると、

月経初日(第1日目)から約15日間、低温期が続きます。

低温期とは、

基礎体温が35℃~36℃前半くらいまでの間を行ったり来たり
する時期のことをいいます。(平均値は個人差があるため、ありません)

そして月経1日目から数えて16日目くらいに、

ジェットコースターの下り坂のように基礎体温がガクンっと
急に下がります。

実は、これが排卵のサイン!

排卵は、低温期から高温期に移るときに起こります。

上記グラフの赤いハート印が排卵日です。

そして排卵すると、今度は高温期になります。

高温期は基礎体温が36℃後半~37℃前半くらいを行ったり来たり
する時期のことをいいます。(平均値は個人差があるため、ありません)

引用元-基礎体温はどうやってチェックしていますか? – 無排卵月経でも、病院の治療をせずに妊娠したいあなたへ

基礎体温のグラフが上下にガタガタになると良くない

基礎体温の上下が激しく、グラフの波形がガタガタになっている場合には、生活リズムが不規則である疑いがあります。

起床時間や睡眠時間がバラバラですと、そのバラけがホルモンバランスに影響を与えるために、グラフがガタガタになりやすくなってしまいます。

もし、現在のあなたの基礎体温表がこのパターンに該当する場合には、規則正しい生活を心がけ、睡眠時間を十分に確保することで、グラフパターンが正常になる場合が多いです。

また、そもそも基礎体温の測定方法が間違っている可能性があるので、一度自分の基礎体温の測定方法が正しいかどうか確認するとよいと思います!

引用元-【基礎体温表】グラフの要注意パターン5つ!もしかして不妊症?

基礎体温計とスマホアプリが連携

ボタンひとつでスマートフォンに基礎体温データをワイヤレスで転送。基礎体温グラフ・体調データの共有により夫婦の妊活やカップルの体調管理が可能-

 株式会社東芝(以下、東芝)とピノ・アソシエイツ株式会社(以下、ピノ・アソシエイツ)は、東芝の基礎体温計とピノ・アソシエイツのスマートフォン向け無料アプリ「ペアリズム」のデータ連携を開始します。本年12月下旬からAndroid版アプリが対応し、2016年春にiOS版も対応する予定です。

引用元-東芝の基礎体温計とスマートフォンアプリ「ペアリズム」の連携開始について – 産経ニュース

 ピノ・アソシエイツの「ペアリズム」は、女性専用アプリ「ペアリズムW」と男性専用アプリ「ペアリズムM」の2種類で構成される「ペアアプリケーション」で、女性特有の月経リズムを共有することにより、夫婦の妊活、カップルの体調管理をサポートします。今回の東芝の基礎体温計との連携により、女性用アプリ「ペアリズムW」を起動して基礎体温計のボタンを押すだけで計測データをスマートフォンアプリにワイヤレスで転送し、手入力の必要なく記録することができるようになります。また、過去の生理日に基づき予測した次回以降の生理日や排卵日を基礎体温グラフ上に自動表示するため、妊娠の可能性やカラダのリズムを把握しやすく、妊活や体調管理に役立ちます。さらに、女性が記録した基礎体温や体調症状の記録をパートナーの男性用アプリ「ペアリズムM」に同期します。これにより、従来から同期対象としてきた生理周期や妊娠の可能性などの情報に加え、基礎体温や体調症状などのデータも男性側で把握できるようになるため、妊活や体調管理に取り組む夫婦やカップルを今まで以上に力強くサポートすることができます。

 東芝の基礎体温計は、数秒のデータ転送時間で日々の体温を簡単に記録できます。また、基礎体温計内に最大7回分の体温データを記録できるので、週末などにまとめてスマートフォンアプリにデータを転送することも可能です。基礎体温計には、短時間で正確に体温を測定するためのセンサー技術、予測アルゴリズム、測定したデータを確実に転送するための通信技術、体温計を毎日使用しても1年以上電池交換が不要な超低消費電力技術などが採用されています。東芝の基礎体温計は、2013年から「楽天キレイドナビ」、今年7月から「ルナルナ体温ノート」とデータ連携を開始しており、新たに「ペアリズム」と連携を始めることにより、女性の健康・美容をサポートします。

ピノ・アソシエイツが運営するスマートフォンアプリ「ペアリズム」は、1.「女性特有の月経リズムについてのセルフケア」と、2.「パートナーの男性とのより良い関係づくり」の2つを両立させたいという想いから誕生したカップル・夫婦向けのペアアプリです。近年、女性の社会進出が進む一方で、晩婚化や出産の高齢化など、ライフスタイルが大きく変化し、女性特有の健康トラブルに悩む女性が増えています。また、約9割の女性がPMS(月経前症候群)(※1)を経験したことがあり、その大半がストレスを感じている一方で、男性のPMSに関する認知度は約1割に留まり、男女間で大きな認知の差があると言われています(※2)。ペアリズムは、このような月経の影響による心身のコンディションの変動を女性が自己管理するための機能を備えると共に、パートナーの男性と生理周期のリズムを共有するための機能もサポートしました。女性がパートナーの男性とペアリング(パートナー登録)をすると、女性用アプリ(※3)の生理日や排卵日などの予測をはじめ、女性にしか分からない月経周期のリズムをカップル・夫婦間で共有することができます。ピノ・アソシエイツは、今後も「ペアリズム」の提供および機能強化を通じて、女性の健康管理およびカップル・夫婦間のパートナーシップの向上に寄与するサービスを提供してまいります。

引用元-東芝の基礎体温計とスマートフォンアプリ「ペアリズム」の連携開始について – 産経ニュース

 - 生活の知恵, 美容・健康