ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

      2016/01/25

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

スポンサーリンク

  関連記事

LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

油性ペンが書けない!除光液で復活する?ボールペンは?

油性ペンやボールペンが書けなくなって、

すぐ捨ててしまっていませんか?

そのペン、まだ復活して使えるかもしれませんよ!

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

季節性情動障害とは

季節性情動障害とは、ある決まった季節になると特に理由なく落ち込む抑うつ症状が毎年起こる脳機能障害の一種です。大うつ病と同じように、気分が落ち込んでイライラや不安を感じたり、体がだるく感じたり、睡眠や食欲に異常をきたしたりします。10月から11月に始まる冬季うつ病では特に過眠過食になる傾向があり、炭水化物や甘いものをよく摂取するようになります。倦怠感から運動量が減って体重が増加しやすくなるほか、過眠から生体リズムが狂い、昼夜逆転して規則正しい生活が送れなくなります。

季節性情動障害は決まった季節が過ぎれば嘘のように症状が消えてなくなってしまうので、本人や周囲は「寒い(暑い)のが苦手なだけ」と考え、気づくのが難しい病気です。冬ばかりではなく、他の季節に症状が出る季節性情動障害もあります。夏季うつ病の場合は食欲不振と睡眠不足が主な症状となり、体重がどんどん減少していきます。夏が過ぎれば症状も消えるので「夏バテ」だと思われがちです。

太陽がほとんど顔を出さない極夜が存在する北欧では、日本よりも季節性情動障害が多くみられることから、季節性情動障害は太陽の光を浴びないことが原因だと考えられています。このことから、日光に近い光を浴びさせる光照射療法が有効とされています。

引用元-季節性情動障害(季節性うつ病)|うつ病(鬱病)について学べるメディアサイト|うつアカデミー

スポンサーリンク



  人気記事

冬季うつ病は日照不足が主な原因とされている

冬季うつ病は、日照時間が深く関係していると考えられています。
 人間は、明るい太陽の光を浴びると、目から脳に信号が伝わり、脳内で「脳内神経伝達物質」と呼ばれるセロトニンの作用が増強します。すると、メラトニンというホルモンの分泌が抑制され、体内時計がリセットされます。メラトニンは睡眠と覚醒の生体リズムを調整する働きや体内時計をリセットする働きをもっており、その分泌が抑制されてから約15時間後に再び活発に分泌されて眠気を催します。
 ところが、日照不足によってセロトニンの作用が弱いままだと、脳の活動が低下し、メラトニンの分泌の抑制がしっかり行われないため、体が活動モードにスイッチされにくくなり、さらに、睡眠と覚醒のリズムが乱れ、疲れやすい、食欲が抑制できない、気力がなくなり落ち込むなどといった抑うつ状態を促すことになります。
 緯度の高い地方の冬は、特に日照時間が短くなるため、冬季うつ病にかかる人の割合も増える傾向があります。また、日当たりの悪い部屋に住んでいる人や、仕事の関係で日光に当たる機会が極端に少ない人は冬ではなくてもかかりやすいといわれています。

引用元-「見過ごさないで、季節性のうつ」 ~ティーペック健康ニュース

スポンサーリンク



季節性情動障害(冬季うつ病)は女性に多い

a0002_004054_m

冬季うつ病はうつ病の一型ではありますが、その特徴として普通のうつ病とは異なる点がいくつかあります。

まず発症の特徴として、圧倒的に女性に発症しやすいことが挙げられます。うつ病は元々女性に起こりやすい疾患であり、その性差は男性:女性=1:2程度だと言われていますが、冬季うつ病ではそれが更に顕著で、男性:女性=1:4以上だと言われています。男性には比較的珍しく、女性に多いタイプのうつ病だと言えるでしょう。

また発症時期としては秋~冬にかけて、日照時間が短くなり寒くなってくる季節に生じやすく、春~夏にかけて日照時間が多くなり暖かくなると自然と改善してくるのが一般的です。症状の出現は1シーズンだけでなく、「毎年、寒くなるとうつっぽくなる」というように周期的にうつ症状がやってきます。

中には逆パターンとして「夏季うつ」と呼ばれるような夏に悪化する季節性うつ病もありますが、これは冬季うつ病に比べれば頻度は稀です。

冬季うつ病は、基本的にはうつ病の一型であるため、その症状もうつ病と基本的には同じです。しかし、一般的なうつ症状である抑うつ気分や疲労感などに加えて、非典型的な症状も目立ちます。具体的には冬季うつ病では過眠や過食が高率で認められることが知られています。

引用元-冬季うつ病(季節性情動障害)の全て|原因・症状・治療法など

過眠や過食の症状もある季節性情動障害

冬季うつは日が短くなる秋から春にかけて、寝ても寝ても眠い「過眠」や食欲がおさまらず甘いものを欲する「過食」の症状が強く出ます。それ自体が症状なのですが、周りからも「だらしのない人」と思われたり自分を責めることで、次第に本格的なうつ病に進行する可能性もあります。心療内科などに相談するのが一番ですが、自分でもできる改善法は日光浴です。北欧などでは冬季になると公共施設にも2500~10000ルクスの光を浴びる「高照度療法」の機器が設けられています。曇りでもなるべく外に出たり、ライトでも構わないので明るい光を一定の時間浴びることで「冬季うつ」を予防できるのだとか。

冬の間も日中はなるべくたくさん光を浴びて、憂鬱な気分を吹き飛ばしましょうね。

引用元-意外に身近な「冬季うつ」 一般的なうつ症状とは真逆の症状 – ライブドアニュース

季節性情動障害に打ち勝つために

寒くて暗い日々が続くとつい閉じこもりたくもなりますが、それではせっかく明るい晴れた日があっても太陽の光を浴びることができなくなり、ますます不活発になりがちです。この季節だからこそ太陽の恵みを大いに利用したいところです。

その他に、セロトニンの分泌を増やすには、早寝早起き、適度な運動をする、よく噛んで食べる、スキンシップなどが有効であると言われています。ぜひ冬季に活用してみてください。また、これらのことは一回やったから効果があるというわけではなく、数ヶ月継続することで効果が現れるということなので、ぜひ習慣にしてみたいものですね。

また、人との接点を増やすことも効き目があるようです。メンタルヘルスを良好に保つ上で自分を支えてくれるネットワークを持つ、ということは重要なことですが、ちょうどクリスマスやお正月などの季節のイベントや、忘年会、新年会などもあるこの季節、そうした機会を利用してみてはいかがでしょうか。

しばらく会っていなかった友だちや、また新しい人に出会うことで、何かいい方向へ向かうきっかけができるかもしれません。今ほど人工の灯りに頼れず、太陽の光やその他自然環境の影響をもっと受けながら暮らしていた私たちのご先祖様は、暗く長い冬に光を灯すためにこうした季節の行事を始めたのかもしれませんね。

引用元-冬の季節にゆううつになる季節性情動障害とは? - cotree(コトリー)

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学