ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

   

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

耳鳴りと頭痛の症状がある原因は?治し方はある?

デスクワークや、身体のゆがみなどによる慢性的な肩こりから

耳鳴りと頭痛を伴う場合があります。

その他の症状や治し方とは、どのようなものがあるのでしょう?

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

起立性低血圧とは?症状について

急に立ち上がったときや長時間立ち続けていると、立ちくらみ・めまいなどを起こすのが起立性低血圧です。起立性低血圧は大きく2種類に分かれます。ひとつは原因の明らかな症候性起立性低血圧、もうひとつは原因不明の特発性起立性低血です。
私たちが立っているとき、身体の中では血液が重力の影響で上半身から下半身に移行する傾向があります。健康な人の場合、自律神経の作用で下半身の血管を収縮させて血液量の配分を調節していますが、血液の循環を調節するしくみに障害が生じると、瞬時の血圧調整ができなくなるために一時的に血圧が低くなります。
受診される患者さんの中には、立ちくらみやめまいなどの症状を「貧血」と言ってこられる方も少なくありませんが、鉄欠乏性貧血とはまったく別の病態ですので、この点は区別する必要があります。診断の基準としては、立ち上がって3分以内に収縮期血圧(最高血圧)が20mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が10mmHg以上低下した場合を起立性低血圧としています。

引用元-貧血とは異なる立ちくらみやめまい「起立性低血圧」とは|メディカルノート

スポンサーリンク



  人気記事

起立性低血圧の原因とは?

起立性低血圧の主な原因は自律神経系の障害です。
 
自律神経系は私たちの体の隅から隅まで張り巡らされていて、網の目のようになっています。
これは心臓や、呼吸系、血液の流れ、消化管などの機能をコントロールするためです。
 
また体全体に血液は流れていますが、血液は常に体の中を循環しています。
その出発点となるのが心臓で、また帰着点となるのも心臓です。
 
心臓に帰ってきた血液はまた体中を巡るために心臓を出ていきます。
循環中の血液は各細胞において、細胞へ必要な物質を届けて、
細胞から老廃物などの不要な物質を受け取っています。
 
横になっている際、私たちの心臓と脳は同じくらいの高さに位置しているので
血液はラクラクと脳へと到達できます。
 
しかし立っているときはどうでしょうか?
脳は心臓よりもはるか高い位置にありますね。
 
そのため血液は脳まで登りきることが出来ず、多くの血液が下半身へと流れます。
脳へ集まる血液が少なくなれば、脳は動かなくなってしまいます。
 
なぜなら、血液中のエネルギーを得ることが出来ないからです。

引用元-起立性低血圧の原因とは?症状と対処法。

スポンサーリンク



起立性低血圧の種類や起きやすいタイミングについて

起立性低血圧の種類とは?

起立性低血圧の中にも種類があります。
①直後型(1型):寝たり、座ったりした状態から立ち上がった直後にすぐに血圧が下がる。
②遅延型(2型):立った後、10分くらいかけて少しぐらい血圧が下がってくる。
③中間型(3型):1型と2型の中間に位置する。
高齢者には遅延型(2型)が多いのが特徴的です。
その為に立ち上がって10分くらいは活発な行動は控えて、ゆっくり体を慣らして様子を見ることをオススメします。

どのようなタイミングにおきやすいのか?

その人の状態によって異なりますが、多くの場合は下記のタイミングに注意が必要です。

食 後:食事を摂取すると消化管の血流が急速に増大する為に血圧が低下しやすくなります。
排便後:便を出す為に力を入れると副交感神経が興奮するので、血管の収縮反応が起こりにくく血圧が低下しやすくなります。また排便に時間がかかる人では便座に座る時間が長くなることが要因の1つだと考えられます。
就寝後:就寝中は副交感神経が働いています。副交感神経は体を休ませている状態の為に血圧を調整する機能が低下しています。その為に就寝の途中のトイレや起きた際に血圧が低下しやすくなります。
入浴後:浴槽に浸かって体に水圧がかかり手足の血液が押し戻されて血圧が高い状態になります。浴槽から出ると水圧がなくなる為に手足に血液が流れようとする為に上半身の血圧が低下しやすくなります。

引用元-起立性低血圧について、原因から症状・予防対策まで詳しくまとめてみました。

起立性低血圧になりやすい人とは

高齢者
妊娠した女性
十代の男女
上記は起立性低血圧になりやすいとされています。

また精神疾患の合併症として発症しやすく、特に拒食症、過食症などの摂食障害を持つ人に多くみられる傾向があります。

アルコールやストレス、過労、暴食といった血圧を下げやすい習慣は起立性低血圧の誘引となります。特にアルコールは脱水効果があるため、低血圧の方が常飲するのはあまりお勧めできません。

引用元-ひどい立ちくらみは貧血じゃなく低血圧!原因究明と簡単予防法 | 健康生活

起立性低血圧の対処法について

まずは、寝ている状態から急に立ち上がらないようにしましょう。特に朝は低血圧になっているので、起床時は起立性低血圧を起こしやすくなっています。
起きるときはゆっくりと、いったん座って心を落ち着けてから立ち上がるようにしましょう。普段から低血圧の人は多めの水分摂取や塩分の多い食事をとるといった行動も効果的です(ただし、心不全などの合併症がない場合)。
基礎疾患がある場合はその治療を行うことが必要です。
 
不規則な生活により自律神経が乱れている場合は、早寝早起き、健康的な食事、適度な運動など規則正しい生活リズムを心がけ、自律神経のバランスを整えましょう。

引用元-立ちくらみはどうして起こるの?対処法は?その疑問にお答えします! | いしゃまち

 - 生活の知恵, 美容・健康