ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

   

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

顔の皮膚が乾燥して皮むけする 対処法や改善策について

乾燥肌で顔が皮むけしたり、メイクがあまりにのらず、

困っている、なんてことありませんか?

乾燥には季節的なものと慢性的なものがあるそうです。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

食後の虫歯予防にチーズ?オススメの種類は?

チーズには虫歯を予防し、虫歯の進行をおさえる効果があるそうです。

また、ごく初期の虫歯の兆候がみられる歯であれば、

チーズを食べることで自然治癒できる可能性があるそうです。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

手術での全身麻酔の方法は?リスクや合併症はある?

手術では体にメスを入れるため、痛みを感じなくさせ、

ストレスから患者の体を守ることが麻酔の役割となります。

全身麻酔の場合、考えられるリスクはどのようなことがあるのでしょうか?

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

起立性低血圧とは?症状について

急に立ち上がったときや長時間立ち続けていると、立ちくらみ・めまいなどを起こすのが起立性低血圧です。起立性低血圧は大きく2種類に分かれます。ひとつは原因の明らかな症候性起立性低血圧、もうひとつは原因不明の特発性起立性低血です。
私たちが立っているとき、身体の中では血液が重力の影響で上半身から下半身に移行する傾向があります。健康な人の場合、自律神経の作用で下半身の血管を収縮させて血液量の配分を調節していますが、血液の循環を調節するしくみに障害が生じると、瞬時の血圧調整ができなくなるために一時的に血圧が低くなります。
受診される患者さんの中には、立ちくらみやめまいなどの症状を「貧血」と言ってこられる方も少なくありませんが、鉄欠乏性貧血とはまったく別の病態ですので、この点は区別する必要があります。診断の基準としては、立ち上がって3分以内に収縮期血圧(最高血圧)が20mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が10mmHg以上低下した場合を起立性低血圧としています。

引用元-貧血とは異なる立ちくらみやめまい「起立性低血圧」とは|メディカルノート

スポンサーリンク



  人気記事

起立性低血圧の原因とは?

起立性低血圧の主な原因は自律神経系の障害です。
 
自律神経系は私たちの体の隅から隅まで張り巡らされていて、網の目のようになっています。
これは心臓や、呼吸系、血液の流れ、消化管などの機能をコントロールするためです。
 
また体全体に血液は流れていますが、血液は常に体の中を循環しています。
その出発点となるのが心臓で、また帰着点となるのも心臓です。
 
心臓に帰ってきた血液はまた体中を巡るために心臓を出ていきます。
循環中の血液は各細胞において、細胞へ必要な物質を届けて、
細胞から老廃物などの不要な物質を受け取っています。
 
横になっている際、私たちの心臓と脳は同じくらいの高さに位置しているので
血液はラクラクと脳へと到達できます。
 
しかし立っているときはどうでしょうか?
脳は心臓よりもはるか高い位置にありますね。
 
そのため血液は脳まで登りきることが出来ず、多くの血液が下半身へと流れます。
脳へ集まる血液が少なくなれば、脳は動かなくなってしまいます。
 
なぜなら、血液中のエネルギーを得ることが出来ないからです。

引用元-起立性低血圧の原因とは?症状と対処法。

スポンサーリンク



起立性低血圧の種類や起きやすいタイミングについて

起立性低血圧の種類とは?

起立性低血圧の中にも種類があります。
①直後型(1型):寝たり、座ったりした状態から立ち上がった直後にすぐに血圧が下がる。
②遅延型(2型):立った後、10分くらいかけて少しぐらい血圧が下がってくる。
③中間型(3型):1型と2型の中間に位置する。
高齢者には遅延型(2型)が多いのが特徴的です。
その為に立ち上がって10分くらいは活発な行動は控えて、ゆっくり体を慣らして様子を見ることをオススメします。

どのようなタイミングにおきやすいのか?

その人の状態によって異なりますが、多くの場合は下記のタイミングに注意が必要です。

食 後:食事を摂取すると消化管の血流が急速に増大する為に血圧が低下しやすくなります。
排便後:便を出す為に力を入れると副交感神経が興奮するので、血管の収縮反応が起こりにくく血圧が低下しやすくなります。また排便に時間がかかる人では便座に座る時間が長くなることが要因の1つだと考えられます。
就寝後:就寝中は副交感神経が働いています。副交感神経は体を休ませている状態の為に血圧を調整する機能が低下しています。その為に就寝の途中のトイレや起きた際に血圧が低下しやすくなります。
入浴後:浴槽に浸かって体に水圧がかかり手足の血液が押し戻されて血圧が高い状態になります。浴槽から出ると水圧がなくなる為に手足に血液が流れようとする為に上半身の血圧が低下しやすくなります。

引用元-起立性低血圧について、原因から症状・予防対策まで詳しくまとめてみました。

起立性低血圧になりやすい人とは

高齢者
妊娠した女性
十代の男女
上記は起立性低血圧になりやすいとされています。

また精神疾患の合併症として発症しやすく、特に拒食症、過食症などの摂食障害を持つ人に多くみられる傾向があります。

アルコールやストレス、過労、暴食といった血圧を下げやすい習慣は起立性低血圧の誘引となります。特にアルコールは脱水効果があるため、低血圧の方が常飲するのはあまりお勧めできません。

引用元-ひどい立ちくらみは貧血じゃなく低血圧!原因究明と簡単予防法 | 健康生活

起立性低血圧の対処法について

まずは、寝ている状態から急に立ち上がらないようにしましょう。特に朝は低血圧になっているので、起床時は起立性低血圧を起こしやすくなっています。
起きるときはゆっくりと、いったん座って心を落ち着けてから立ち上がるようにしましょう。普段から低血圧の人は多めの水分摂取や塩分の多い食事をとるといった行動も効果的です(ただし、心不全などの合併症がない場合)。
基礎疾患がある場合はその治療を行うことが必要です。
 
不規則な生活により自律神経が乱れている場合は、早寝早起き、健康的な食事、適度な運動など規則正しい生活リズムを心がけ、自律神経のバランスを整えましょう。

引用元-立ちくらみはどうして起こるの?対処法は?その疑問にお答えします! | いしゃまち

 - 生活の知恵, 美容・健康