ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

      2019/04/01

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

スポンサーリンク

  関連記事

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

ベジブロスって?野菜の皮など捨てずに有効活用!

野菜の皮など、普段捨ててしまっているようなものを

有効活用しましょう!

ベジブロスはご存知ですか?

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

にんにくの健康や美容への効果があらわれる時間帯とは?

にんにくは体にいいと漠然に思っていませんか?

にんにくは疲労回復や血圧予防のほかに美容にも効果があるそうです。

また、効果があらわれる時間帯があるそうです。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

面接の際に緊張をほぐす精神のバランスについて

就職試験など、短い時間の面接で自分を判断されてしまう。

緊張しているからダメだったんだ、と落ち込む前に

まずは心の持ち方を変えてみませんか?

ちょっとしたことで気持ちは大きく変わることができます。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

大掃除のコツは重曹を使いこなすことにあった

大掃除の頑固な汚れを落とすには、

重曹を使いこなすことがコツのようです。

簡単にまとめてみました。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

紅茶キノコ?コンブチャ?美容にいいって本当?

コンブチャという発酵ドリンクがセレブの間で

流行しているようです。昆布茶とは関係ないようですね。

紅茶キノコのことをコンブチャというのですが、

美容や健康にも効果があるそうです。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

血圧が高い時の対処法で血圧を下げられる方法は?

血圧が高い時に、日常生活からできる対処法や、

簡単にできる対処法は、どのようなものがあるでしょうか?

ストレスを溜めないようにすることも大切です。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

起立性低血圧とは?症状について

急に立ち上がったときや長時間立ち続けていると、立ちくらみ・めまいなどを起こすのが起立性低血圧です。起立性低血圧は大きく2種類に分かれます。ひとつは原因の明らかな症候性起立性低血圧、もうひとつは原因不明の特発性起立性低血です。
私たちが立っているとき、身体の中では血液が重力の影響で上半身から下半身に移行する傾向があります。健康な人の場合、自律神経の作用で下半身の血管を収縮させて血液量の配分を調節していますが、血液の循環を調節するしくみに障害が生じると、瞬時の血圧調整ができなくなるために一時的に血圧が低くなります。
受診される患者さんの中には、立ちくらみやめまいなどの症状を「貧血」と言ってこられる方も少なくありませんが、鉄欠乏性貧血とはまったく別の病態ですので、この点は区別する必要があります。診断の基準としては、立ち上がって3分以内に収縮期血圧(最高血圧)が20mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が10mmHg以上低下した場合を起立性低血圧としています。

引用元-貧血とは異なる立ちくらみやめまい「起立性低血圧」とは|メディカルノート

スポンサーリンク



  人気記事

起立性低血圧の原因とは?

起立性低血圧の主な原因は自律神経系の障害です。
 
自律神経系は私たちの体の隅から隅まで張り巡らされていて、網の目のようになっています。
これは心臓や、呼吸系、血液の流れ、消化管などの機能をコントロールするためです。
 
また体全体に血液は流れていますが、血液は常に体の中を循環しています。
その出発点となるのが心臓で、また帰着点となるのも心臓です。
 
心臓に帰ってきた血液はまた体中を巡るために心臓を出ていきます。
循環中の血液は各細胞において、細胞へ必要な物質を届けて、
細胞から老廃物などの不要な物質を受け取っています。
 
横になっている際、私たちの心臓と脳は同じくらいの高さに位置しているので
血液はラクラクと脳へと到達できます。
 
しかし立っているときはどうでしょうか?
脳は心臓よりもはるか高い位置にありますね。
 
そのため血液は脳まで登りきることが出来ず、多くの血液が下半身へと流れます。
脳へ集まる血液が少なくなれば、脳は動かなくなってしまいます。
 
なぜなら、血液中のエネルギーを得ることが出来ないからです。

引用元-起立性低血圧の原因とは?症状と対処法。

スポンサーリンク



起立性低血圧の種類や起きやすいタイミングについて

起立性低血圧の種類とは?

起立性低血圧の中にも種類があります。
①直後型(1型):寝たり、座ったりした状態から立ち上がった直後にすぐに血圧が下がる。
②遅延型(2型):立った後、10分くらいかけて少しぐらい血圧が下がってくる。
③中間型(3型):1型と2型の中間に位置する。
高齢者には遅延型(2型)が多いのが特徴的です。
その為に立ち上がって10分くらいは活発な行動は控えて、ゆっくり体を慣らして様子を見ることをオススメします。

どのようなタイミングにおきやすいのか?

その人の状態によって異なりますが、多くの場合は下記のタイミングに注意が必要です。

食 後:食事を摂取すると消化管の血流が急速に増大する為に血圧が低下しやすくなります。
排便後:便を出す為に力を入れると副交感神経が興奮するので、血管の収縮反応が起こりにくく血圧が低下しやすくなります。また排便に時間がかかる人では便座に座る時間が長くなることが要因の1つだと考えられます。
就寝後:就寝中は副交感神経が働いています。副交感神経は体を休ませている状態の為に血圧を調整する機能が低下しています。その為に就寝の途中のトイレや起きた際に血圧が低下しやすくなります。
入浴後:浴槽に浸かって体に水圧がかかり手足の血液が押し戻されて血圧が高い状態になります。浴槽から出ると水圧がなくなる為に手足に血液が流れようとする為に上半身の血圧が低下しやすくなります。

引用元-起立性低血圧について、原因から症状・予防対策まで詳しくまとめてみました。

起立性低血圧になりやすい人とは

高齢者
妊娠した女性
十代の男女
上記は起立性低血圧になりやすいとされています。

また精神疾患の合併症として発症しやすく、特に拒食症、過食症などの摂食障害を持つ人に多くみられる傾向があります。

アルコールやストレス、過労、暴食といった血圧を下げやすい習慣は起立性低血圧の誘引となります。特にアルコールは脱水効果があるため、低血圧の方が常飲するのはあまりお勧めできません。

引用元-ひどい立ちくらみは貧血じゃなく低血圧!原因究明と簡単予防法 | 健康生活

起立性低血圧の対処法について

まずは、寝ている状態から急に立ち上がらないようにしましょう。特に朝は低血圧になっているので、起床時は起立性低血圧を起こしやすくなっています。
起きるときはゆっくりと、いったん座って心を落ち着けてから立ち上がるようにしましょう。普段から低血圧の人は多めの水分摂取や塩分の多い食事をとるといった行動も効果的です(ただし、心不全などの合併症がない場合)。
基礎疾患がある場合はその治療を行うことが必要です。
 
不規則な生活により自律神経が乱れている場合は、早寝早起き、健康的な食事、適度な運動など規則正しい生活リズムを心がけ、自律神経のバランスを整えましょう。

引用元-立ちくらみはどうして起こるの?対処法は?その疑問にお答えします! | いしゃまち

 - 生活の知恵, 美容・健康