ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

      2017/03/24

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

スポンサーリンク

  関連記事

初動負荷トレーニングとは?得られる効果について

有名スポーツ選手も行っているとされる、

初動負荷トレーニングとはどんなトレーニングなのでしょうか?

また、それによって得られる効果とは?

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

血圧が高い時の食事はどんなものがいい?バランスの取れた食事を

血圧が高い時や、血圧が高めと言われた時は、

まず食事を見直してみましょう。

偏った食事は高血圧の原因になりかねません。

コーヒーの効果 がん予防に効果はあるのか

コーヒーの健康面に対する効果が見直されています。

がん予防にもコーヒーが効果を発揮するのか。

含まれるクロロゲン酸が関係しているようです。

顎関節症の症状には頭痛や肩こりも 治し方とは?

顎関節症の症状は様々ですが、

頭痛や肩こりも引き起こすのです。

つらい頭痛を改善する体操や治療方法とは?

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

ノロウイルスの疑い 病院へ行くべき?対処法や予防法

ノロウイルスの疑いがある時は病院へ行きましょう。

症状が似ている他の病気の場合もあります。

また、対処法や予防法についても知っておきましょう。

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

何か始めたい専業主婦の方へおすすめの趣味や資格とは

結婚してからは家事や育児の主婦業で、

なかなか趣味を見つけられない人は多くいるでしょう。

だからこそ何か始めたいと思った時に思い切って

やっちゃいましょう!

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

雨の日の過ごし方は?友達や家族とスッキリ過ごすために

雨が降ると少しばかり残念な気持ちになったり、

憂鬱な気分になったりするものです。

そんな雨の日の過ごし方をどのようにしたらいいのでしょうか?

雨の日をポジティブな日にできると良いですね。

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

クリスマスプレゼントを友人へ 何を送る?

クリスマスはカップルだけのイベントではありません。

男友達や女友達など、せっかくのクリスマスですから、

プレゼント交換して盛り上がりましょう。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

ツボ押しによって緊張をほぐす

緊張している状態を効果的にほぐすには、ツボ押しを取り入れてみるのも非常にお勧めです。特に、深呼吸を行いながら緊張をほぐすツボを押すことで非常に大きな効果が得られますので、是非一度試してみると良いでしょう。緊張をほぐす効果のあるツボは、手の内側に集中して存在しますので、ここでは緊張緩和の効果があるツボについて少し紹介しておくことにしましょう。
●合谷(ごうこく)
手の甲側の人差し指と中指の骨がちょうど合流する部分にあり、万能な効果があるツボだとされています。緊張をほぐす効果はもちろん、不安解消効果も高く過敏になっている神経を穏やかな状態に導くことが出来ます。
●労宮(ろうきゅう)
親指を外側に出して手を握った際に、小指の先が当たる手のひら部分にあるツボです。ツボを刺激する際は、先のあまり尖っていないペンや棒などを使って、優しく押す動作を5回程度繰り返すと効果的です。
●神門(しんもん)
小指側の手首の内側部分にある骨とスジの間の窪みがツボになります。ある程度の力を入れてグリグリと押すように刺激すると、精神状態を落ち着かせる効果があり緊張をほぐすことが出来ます。
●内関(ないかん)
手首内側から指3本分肘側に進んだところにツボがあります。触って確認してみると二本の太い腱がありますので、すぐに分かるはずです。
ツボ押しの際は、親指で強めに押すようにすると効果的です。このツボは心臓の鼓動を安定させる効果がありますので、緊張をほぐしたいという場合は押してみると良いでしょう。

引用元-ツボ押しによって緊張をほぐす|緊張をほぐす方法はズバリこれだ!緊張しいのあなたは必見!

スポンサーリンク



  人気記事

ツボ押しは手軽さが魅力

緊張感を感じやすいのは、筋肉と関節が冷えていたり、つっている時。そこで、簡単に筋肉を緩めて血の巡りをよくし、体を温めることで、瞬時に緊張を緩和できるのがツボ押しです。特に面接前の待ち時間や、会社訪問の合間に簡単に押せる手のひらや腕のツボがおすすめ。ツボを指の腹で、左右どちらの手もバランスよく押すといいのですが、ポイントは疲れている側から始めること。例えば頭痛を右側に感じる時は右側の手のひらにあるツボから押し始めるといいでしょう。

引用元-面接前に使える! 瞬時に緊張をほぐすツボ押しテクニック | ニュース&コラム | 就活ノウハウ | 就活スタイル マイナビ 学生の窓口

スポンサーリンク



緊張をほぐすツボの押し方のコツ

a0007_001775_m

例えば、「労宮」「合谷」「神門」「内関」はいずれも手や腕の付け根にあるツボなので、会議中などでも机の下で押したり、腕組みをしながらでも押すことができるため、周りに気付かれずにさりげなく押すことができます。このときにどれかひとつだけを刺激するというよりは「労宮」→「神門」→「内関」というように全てを押していくとより効果的です。

どのツボも強さはギューッと力を込め少し痛みが感じるくらいに押すと効果的です。
ツボ押しのポイントとしては、息をゆっくりと(5秒ほど)吐きながらじっくりと押すことです。
こうすることで呼吸も整うため緊張を和らげるのに効果的です。
この呼吸も神経の働きを整える重要なポイントなので覚えておいて下さい。

ツボを押す時は、可能なら目を閉じて、心を落ち着かせ、ゆっくりと深呼吸をしながら行うと効果的です。ツボの刺激が硬くなった身体と心を緊張から解き放ってくれます。

一度押して効果がなければ何度も繰り返し試してください。
そして、効果が得られたときは、どのツボが効果的であったのかを自分で把握しておきましょう。そうすることで次回から自分に効果のあるツボを素早く、スムーズに押すことができるようになります。

「ツボの位置がよくわからない」という場合は、病院や整体などにかかったときに聞いてみるのもいいと思います。ツボ押しは手軽な「緊張を和らげる方法」なので色々試してみてください。

引用元-緊急時の即効薬「緊張をほぐすツボ」 | 緊張で声が震える…緊張克服LAB

身の回りの物でツボ押しするのも効果的

ツボを指で押すのはもっとも簡単ですが、もう少し刺激が欲しいときにツボ押しグッズを使ってみるのも手。身の回りにあるものでも充分に効果があります。
例えば爪楊枝5~10本を輪ゴムで束ねてツボを押します。これは根元でも先でも自分の心地よいと思う方で使ってみてください。傷つくまではやらずにあくまで心地よい力加減で。握って形が変わるような反発力のあるボールを握るのも効果的。また、ワインのコルクは手に馴染みがよく、関節に押し当てたりする使い方もできるので、鞄にしのばせておいて、いざというときに使ってみるのもおすすめです。

引用元-面接前に使える! 瞬時に緊張をほぐすツボ押しテクニック – Ameba News [アメーバニュース]

ツボ押しで顔の緊張も取りたい

ツボを押すことによって、顔の緊張も取りたい場合は、
巨梁というツボがあります。

このツボは、顔のほっぺたのあたりにあるツボです。

鼻からそのまま横に移動し、親指2本分ほどの場所にあるので、
この場所を覚えておくといいでしょう。

目の周りのツボなどは、ツボの場所が比較的分かりやすいですが、
この巨梁というツボは、場所がちょっとわかりづらいかもしれません。

巨梁は、押すと痛みを感じるので、
押してみると分かるかもしれません。

顔が緊張していると感じた時は、
ツボのマッサージを実践してみるのもいいかもしれません。

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康