ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

      2016/01/25

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

スポンサーリンク

  関連記事

口内炎の治し方でハチミツの効果はどうなの?

はちみつは、口内炎の民間療法のひとつとして、

昔からおこなわれている治療方法です。

口内炎に直接はちみつを塗ると、とても痛みますが、

口内炎の治りをよくしてくれるそうです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

腸内環境をチョコレートで改善?含まれる成分とは

腸内環境を整えることは健康維持のために大事なことです。

チョコレートは腸に作用し、肌の悩みや便の悩みを

解決してくれるそうです。チョコレートの効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

ジョギングによるひざの痛みはなぜ起こる?気をつけるべきこととは?

ジョギングをしていて、ジョギング中にひざが痛くなったり、

ひざに違和感が出てしまったということはありませんか?

特に始めたばかりの人は痛めやすいので注意が必要です。

英語力を上達させたい 勉強の始め方とは?

日本にいても観光客の増加など英語を必要と

する場面が増えているように感じます。

そろそろ重い腰を上げて英語を学んでみませんか?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

預金と貯金の違いとは?貯蓄もまた意味が違う?

預金や貯金をしている方は多いと思いますが、

この言葉の違いはご存知ですか?

貯蓄もまた、意味が違うようです。

日常生活で間違わないようにしましょう。

幸運を呼ぶ数字とは?車や電話番号と生年月日の数字について

数字には様々な意味や力があると言われます。

たくさんの解釈がありますが、

その中でも、幸運を呼びそうな数字を探してみました。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

キャンプをより快適に!便利グッズやおすすめアイテムは?

キャンプの時にあると助かるアイテムや便利グッズについて確認しましょう。

必須ではないけれど、そのアイテムがあることによって、

より快適なキャンプができるなら使ってみたいですね!

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

季節性情動障害とは?冬季うつの症状について

主に秋から冬にかけて悪化するタイプのうつ病で、

冬季うつや季節性うつ病、季節性感情障害と呼ばれたりもします。

冬場は体がだるいなどがある方は、

もしかしたら冬季うつ病なのかもしれません。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

年賀状がマナー違反にならないように年賀状の書き方について

年賀状は昔から何気なく書いていましたが、

知らず知らずのうちにマナー違反な書き方を

私もしていました。しっかりとした知識をつけて

新年早々、恥をかかないようにしましょう。

緊張性頭痛とは

生涯で半数以上の人が経験するとされている緊張型頭痛。子どもからお年寄り、性別を問わず誰もが発症する可能性があります。片頭痛と似た痛みですが、片頭痛のように生活に支障が出るほどの症状ではありません。

緊張型頭痛には、ときどき痛む「反復性緊張型頭痛」と、毎日のように痛みが続く「慢性緊張型頭痛」の2タイプがあり、どちらの症状も重苦しい痛みが特徴です。後頭部を中心に、こめかみと頭全体が何かに締め付けられているような鈍い痛みを感じ、肩や首筋の強いこり、めまい、ふらつき、さらには全身のだるさなどを伴うこともあります。この痛みは数十分から1週間程続きますが、入浴後や運動後、飲酒後に一時的に軽減することがあります。

引用元-緊張型頭痛の症状と原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

緊張性頭痛の症状や痛みについて

緊張性頭痛、痛みはじめの症状

首筋がはる
肩がこる
後頭部が重くなる(鈍痛がある)
 
緊張性頭痛の痛み方

頭全体が圧迫されるような、締め付けられるような痛みがある。
発症すると「いつも頭が重い」と感じる場合がある。
 
緊張型頭痛で痛む場所

後頭部を中心とした頭全体、首筋
 
緊張型頭痛で痛む期間・時期

毎日のように痛む場合(慢性緊張型頭痛)がある→月に15日以上~数か月におよぶ
ときどき起る場合(反復発作性緊張型頭痛)がある。→月に15日未満程度
午後から夕方に強い症状が起こる場合が多い。
週末に症状が重く出ることが多い。
 
緊張型頭痛にともなう症状

軽いめまい
肩や首の強い”こり”

引用元-緊張型頭痛の原因と症状とは?期間はどれぐらい?主な治療、薬や解消法など。吐き気の症状の意味は?|ミナカラ

スポンサーリンク



緊張型頭痛は頭痛の原因の大半を占める

bsCSS_zangyougirl1292

頭痛の原因の7~8割を占めます。
中高年に多い頭痛で、女性、男性の頻度の差はありません。

片頭痛は発作的ですが、緊張型頭痛は徐々に始まり、だらだらと持続します。

朝よりも疲れてくる夕方の方が症状が出やすいようです。
後頭部から首筋にかけて痛むことが多いようです。(頭全体のこともあります)
肩こりの合併が多いようです。
片頭痛とちがって、多くは、両側性に痛みます。
痛み方は、圧迫感、緊迫感、頭重感が特徴です。
具体的には、「鉢巻きをしているような」締めつけられた感じが多いようです。
拍動性(心拍に同期した痛み)はありません。

頭痛の程度は、軽度~中等度で日常生活への影響は軽度です。              仕事は続けられることがほとんどです。
目がつかれたり、体のだるさや、ふわふわしためまい等を伴うことが多いようです。
片頭痛の特徴である吐き気や嘔吐、音や光に対する過敏は原則としてありません。

引用元-緊張型頭痛 肩こり ストレス 鎮痛剤 筋弛緩剤

緊張型頭痛の原因について

脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」 頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

引用元-頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

緊張型頭痛はストレスから引き起こされる

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。
身体的ストレスとは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、体の冷えなどがこれに当たります。そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を誘発します。また、運動不足も頭痛を招きます。
家庭内でのトラブルや仕事がうまくいかないなどの精神的ストレスも、神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。

引用元-緊張型頭痛って? | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学