ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

      2016/01/25

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

リンパマッサージとは?その効果について

リンパマッサージは聞いたことはあっても、

どんなものかというのは知らない方もしるかもしれません。

効果とはどのようなものなのでしょうか?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

セルライトの原因となる食べ物とは?改善する食べ物は?

気になるセルライトができる原因のひとつに

食生活の乱れがあります。

原因となる食べ物の摂取を控え、対策を練りましょう。

緊張をほぐしたい 緊張に負けないために

発表や試験、試合など様々な場面で緊張してしまうと、

良いパフォーマンスができません。

緊張しやすい人の特徴や緊張をほぐすために必要なことを知り、

うまく緊張と付き合うことが大切です。

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

セルライトを運動して落とす 効果的な運動とは?

気になるセルライトを効果的な運動で

落としましょう。ただし、激しい運動は

逆効果になりそうです。

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

救急車のサイレンの種類やドップラー効果とは?

緊急車両は救急車やパトカー、消防車以外にも存在します。

中でも比較的見かけることの多い救急車のサイレンについて、

その種類やドップラー効果について知っておくと、

話のネタになるかもしれません。

頭痛や吐き気・微熱が風邪以外で起こる原因とは?

微熱もあり、頭痛や吐き気などの風邪の症状は、

風邪以外にも起こる事があるそうです。

気になる事があれば、病院へ行くようにしましょう。

後鼻漏で痰が絡む?痰の色で病気がわかることも

後鼻漏で悩む人は増加傾向にあるそうです。

痰が絡むなどのすっきりしない症状は改善したいものです。

また、痰の色で病気をある程度判別できることもあるそうです。

ホテルと旅館の違いやそれぞれのメリットとは?

旅行に行くときに利用する宿泊施設ですが、

ホテルや旅館の違いとは何なのでしょう?

また、民宿との違いも合わせてみていきます。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

心臓が痛いチクチクする痛みの原因や注意すべきこととは

チクチクとした心臓の痛みが気になるという人は、

意外と多いかもしれません。

心臓が痛い原因は様々あるようです。

緊張性頭痛とは

生涯で半数以上の人が経験するとされている緊張型頭痛。子どもからお年寄り、性別を問わず誰もが発症する可能性があります。片頭痛と似た痛みですが、片頭痛のように生活に支障が出るほどの症状ではありません。

緊張型頭痛には、ときどき痛む「反復性緊張型頭痛」と、毎日のように痛みが続く「慢性緊張型頭痛」の2タイプがあり、どちらの症状も重苦しい痛みが特徴です。後頭部を中心に、こめかみと頭全体が何かに締め付けられているような鈍い痛みを感じ、肩や首筋の強いこり、めまい、ふらつき、さらには全身のだるさなどを伴うこともあります。この痛みは数十分から1週間程続きますが、入浴後や運動後、飲酒後に一時的に軽減することがあります。

引用元-緊張型頭痛の症状と原因 | ヘルスケア大学

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

緊張性頭痛の症状や痛みについて

緊張性頭痛、痛みはじめの症状

首筋がはる
肩がこる
後頭部が重くなる(鈍痛がある)
 
緊張性頭痛の痛み方

頭全体が圧迫されるような、締め付けられるような痛みがある。
発症すると「いつも頭が重い」と感じる場合がある。
 
緊張型頭痛で痛む場所

後頭部を中心とした頭全体、首筋
 
緊張型頭痛で痛む期間・時期

毎日のように痛む場合(慢性緊張型頭痛)がある→月に15日以上~数か月におよぶ
ときどき起る場合(反復発作性緊張型頭痛)がある。→月に15日未満程度
午後から夕方に強い症状が起こる場合が多い。
週末に症状が重く出ることが多い。
 
緊張型頭痛にともなう症状

軽いめまい
肩や首の強い”こり”

引用元-緊張型頭痛の原因と症状とは?期間はどれぐらい?主な治療、薬や解消法など。吐き気の症状の意味は?|ミナカラ

スポンサーリンク



緊張型頭痛は頭痛の原因の大半を占める

bsCSS_zangyougirl1292

頭痛の原因の7~8割を占めます。
中高年に多い頭痛で、女性、男性の頻度の差はありません。

片頭痛は発作的ですが、緊張型頭痛は徐々に始まり、だらだらと持続します。

朝よりも疲れてくる夕方の方が症状が出やすいようです。
後頭部から首筋にかけて痛むことが多いようです。(頭全体のこともあります)
肩こりの合併が多いようです。
片頭痛とちがって、多くは、両側性に痛みます。
痛み方は、圧迫感、緊迫感、頭重感が特徴です。
具体的には、「鉢巻きをしているような」締めつけられた感じが多いようです。
拍動性(心拍に同期した痛み)はありません。

頭痛の程度は、軽度~中等度で日常生活への影響は軽度です。              仕事は続けられることがほとんどです。
目がつかれたり、体のだるさや、ふわふわしためまい等を伴うことが多いようです。
片頭痛の特徴である吐き気や嘔吐、音や光に対する過敏は原則としてありません。

引用元-緊張型頭痛 肩こり ストレス 鎮痛剤 筋弛緩剤

緊張型頭痛の原因について

脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」 頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

引用元-頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

緊張型頭痛はストレスから引き起こされる

緊張型頭痛は、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起こると考えられています。
身体的ストレスとは、たとえば上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむき姿勢、車の運転、就寝時の合わない枕など、不自然な姿勢を長い間続けることや、体の冷えなどがこれに当たります。そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮し、こった状態になり、頭痛を誘発します。また、運動不足も頭痛を招きます。
家庭内でのトラブルや仕事がうまくいかないなどの精神的ストレスも、神経や筋肉の緊張を高め、頭痛の誘因となります。

引用元-緊張型頭痛って? | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学