ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

      2019/07/09

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

スポンサーリンク

  関連記事

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

脇汗を止めるには?原因とおすすめの対策を知ろう

暑い時期に薄着をしていると脇汗が気になります。

脇汗を止める方法はあるのでしょうか?

また、脇汗への対策とは?

胃が痛い時の食事はどんなものがいい?消化のいい食べ物を

胃の痛みを抱えている時の悩みの一つが食事かもしれません。

食べたいけど胃が痛いなんてこともあると思います。

胃が痛い時の食事は、どんなことを気を付けたら良いのでしょうか?

頭痛が後頭部にあり発熱も?髄膜炎はどんな病気?

後頭部の頭痛や発熱など、風邪のような症状で、

重大な病気の可能性があるかもしれません。

ただの頭痛だと甘く見ず、症状を知って対応できるようにしましょう。

酢タマネギの美容やダイエットへの効能とは?作り方やレシピは?

酢タマネギの健康や美容、ダイエットへの効果とは?

作り方も簡単なので、

一度試してみては?

非常口の標識のなぜ 色やデザインの意味とは

各所で見かける非常口のマークですが、

何気なく目にしていながら意外とちゃんとした

意味は気にしませんよね。一体どういった意味を持っているのでしょう。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

ストレスが原因?肩こりや頭痛の症状 緊張型頭痛の原因とは

日常生活の中で頭痛に悩まされる方も多いのでは

ないでしょうか?頭痛の原因の大半を占めるという緊張型頭痛。

原因や症状について確認します。

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

納豆の栄養素は美容に効果的 キムチと合わせるとさらに良し!

体にもお肌にも良いものといえば納豆です。

美容にいいから毎日食べているという方も非常に多いですよね。

納豆の栄養や美容について確認しましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

ゴマの血圧を下げる食べ物としての効果について

ごまには「ゴマリグナン」という特有の成分が含まれています。このゴマリグナンには、強い抗酸化作用があり、血液中のコレステロールを低下させたり、血圧の上昇を抑える作用があるのです。

このごまの効果を効率よく摂るためには、炒ったりすったりするのがいいでしょう。炒りたてをすって食べると、香ばしくてそのままでも十分美味しいですので、他の調味料を入れる必要がなくなります。これは、減塩効果にも繋がりますので、お勧めです。

1日にごま大さじ1杯くらいを目安に食べると良いでしょう。ごまは様々な料理に合いますので、日々の食事に習慣的に摂り入れたい食材ですね。

引用元-血圧を下げる「食材」の一覧と効果 | 高血圧を薬以外で治す方法

スポンサーリンク



  人気記事

[wpp limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100 stats_comments=0 stats_views=0 excerpt_length=55 post_html="
  • {thumb} {text_title}
    {summary}
  • "]

    ゴマに含まれるセサミンが血圧を改善する

    ごまは紀元前3,000年よりも昔のアフリカを起源としており、「栄養の宝庫」、「不老長寿の秘薬」と呼ばれるほど、豊富な栄養価が詰まったバランスの優れた食品です。

    ごまにはポリフェノールの一種である「ゴマリグナン」が含まれており、その中でも主成分として有名なのが「セサミン」です。ポリフェノールは活性酸素を除去する優れた抗酸化作用があるため、ごまを摂取することが血圧を改善することに役立つのです。

    過剰摂取や偏食はどんなプラス効果もマイナスに変えてしまいます。おおまかな目安としては1日に大さじ2杯(20g前後)が適量といわれているので、生活習慣などが気になる場合は適量を食生活に取り入れてみましょう。

    セサミンが血圧を改善する効果

    コレステロールの生成バランスを正常化
    コレステロールは肝臓で生成されており、肝臓の機能が低下するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の生成が増加するようになります。セサミンは肝臓の機能を正常化し、HDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロールの生成バランスを正常にします。

    セサミンがビタミンEの作用をサポート
    脂溶性であるビタミンEにも抗酸化作用があり、そのビタミンEはごまにも含まれています。セサミンはビタミンEと一緒の摂取することで、血液中のビタミンEを2倍にすることが研究で明らかにされています。

    引用元-ごまの血圧を改善する効果 | 高血圧まとめ

    スポンサーリンク



    納豆の血圧を下げる食べ物としての効果について

    沢山の身体に良い成分を含んでいる納豆ですが「血圧」とも深い関係があったのです。納豆を毎日食べている人と食べていない人では、毎日納豆を食べている人のほうが血圧の数値が正常な人が多いそうです。

    血圧とは血管にかかる圧力の事ですが、ご存知の通り血管が老化していれば血管が硬化し血圧があがります。血管は適度な弾力があり、流れる血液はさらさらである事が望ましいのです。

    納豆を作る納豆菌は「ピラジン」、「ナットウキナーゼ」といわれる成分を作ります。これらは簡単に話しますと「血液をさらさら」する効果がります。

    血管を流れる血液がドロドロですと、血管に血液が滞る「血栓」が出来やすくなります。「血栓」は心臓や脳の血管では破裂の原因になります。そもそもどろどろの血液は血管老化(硬化)の原因にもなります。血管の老化は「高血圧」となるのです。納豆菌が作る「ピラジン」は血栓を出来にくくします。

    「ナットウキナーゼ」は出来た血栓を溶かしてくれる効果が高いのです。この二つを併せ持つ「納豆」は高血圧を予防します。

    しかし気をつけて欲しいのは「ナットウキナーゼ」は70℃以上に加熱すると失活してしまうので要注意。皆さんも日々の生活に納豆を取り入れてはいかがでしょうか。

    引用元-納豆を毎日食べる人は食べない人よりも血圧が正常値だという話 | 健康生活

    納豆が高血圧に良くないと言われる理由とは?

    高血圧に納豆が悪いとされる理由です。高血圧の方がまず食事で気を付けることは「塩分」でしょう。塩分の取り過ぎが高血圧に繋がることは皆様もよくご存じのことと思います。ここで問題なのは、納豆を食べる時の味付けです。納豆そのものには塩分はありませんが、付属のタレには0.6g~0.8gの塩分が含まれています。高血圧の方の塩分摂取は一日6g以下が望ましいとされていますので、納豆のタレだけで0.8gの塩分摂取はかなり多いと言えるでしょう。今までタレ+醤油もなんて方もいらっしゃると思いますがもっての外というわけです。ですからこの場合、タレも半分程に控え、その分ネギなどの薬味を入れたりと味を工夫してみるのもいいと思います。納豆の成分が高血圧によくても、知らないうちに塩分を取り過ぎていた・・・となれば意味が無いわけです。

    そして、もう一点重要なのが、納豆と薬の関係です。高血圧の方は「ワーファリン」という薬を服用しいる場合があります。このワーファリンは血液を固まりにくくし、血栓を予防することで脳梗塞や心筋梗塞などの治療や予防をする薬です。納豆にはナットウキナーゼのほかにビタミンKが多く含まれています。ワーファリンはこのビタミンKと構造が似ており、納豆を食べてさらビタミンKを供給するlことでワーファリンの持つ血液凝固の抑止効果を妨げてしまうのです。ワーファリンの処方があった際には納豆を食べないように指導があるはずですが、知らずに食べてしまうと薬の効果を得られないこととなりますので注意してください。

    引用元-血圧が高い人へ!正しい納豆との付き合い方 | 高血圧は自宅で治療出来る病気です、病院より簡単に治す方法

    血圧を下げる食べ物としてたまねぎもオススメ

    たまねぎに特有の成分は、イソアリインというイオウ化合物の一種で、たまねぎの刺激臭や辛味の元です。たまねぎを切ると鼻がツーンとして涙が出るのは、このイソアリインが関係しています。イソアリシンが血液を固まりにくくして、血栓ができるのを押さえる作用があり、動脈硬化の予防に有効です。

    さらに、たまねぎには、ポリフェノールの一種であるケルセチンという成分が含まれています。これは油と結合する作用があるので、腸内の志望と結びついて、弁と一緒に排出し、血液をさらさらにしたり、肥満を予防してくれます。また、抗酸化作用も強く、血管を丈夫にして高血圧や動脈硬化を予防、改善するのにも有効に働きます。

    一般的に出回っているたまねぎは、黄色たまねぎですが、最近はレッドオニオンやペコロスという新顔のたまねぎも手に入るようになりました。たまねぎの効能を活かすには、調理法に気を配ることが大切です。血圧を下げるには加熱調理が向き、血糖値を下げたい人には生食が適しています。ただし、水溶性ビタミンが溶け出さないように、水にさらす時間は短めにしましょう。

    引用元-たまねぎで血圧を下げる|血圧を下げる方法

     - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学