ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

      2016/03/29

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

スポンサーリンク

  関連記事

ストレートネックの症状に注意 頭痛が主な症状

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

パスタとスパゲティの違いとは?食べる時のスプーンはマナー違反?

あまり深く考えた事はないかもしれませんが、

パスタとスパゲッティの違いはご存知ですか?

意外と答えられない人が多いこの違いとは?

仕事場やバイト先での電話対応に緊張 どうしたらいい?

仕事場やバイト先で電話を取ることがあると

思いますが、緊張して出られないという方、新入社員は

少なからず戸惑う作業なのです。

間違いを恐れずリラックスして、しっかり仕事を

こなしましょう。

南部鉄器の急須で鉄分補給ができるの?

南部鉄器の急須で飲む湯やお茶は、

鉄分が含まれ貧血にも効果的と期待されています。

内容について確認していきましょう。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

炭酸水の効能は高血圧や生理痛にも効果あり 飲む量が多いとデメリットも

炭酸水は健康や美容に効果があると言われますが、

高血圧や心臓病、生理痛にも効果があるとされています。

炭酸水の作り方や飲む量について確認しましょう。

デメリットもあるので、飲み過ぎには注意です。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

音痴の克服にはピアノがおすすめ アプリや割り箸でも克服できる?

音痴を克服する方法は様々です。

ピアノが主流のようですが、今はピアノがなくても

アプリでできるようですね。

また、割り箸などの用品を使った方法もあるそうなので、

試してみましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

入浴で効果的に疲労回復する方法や入浴時間とは

入浴を効果的にすることで、効率良く疲労を回復したい。

では、効果的な入浴法や入浴時間とは?

入浴を効果的にし、リラックスできるといいですね。

イタリアで人気のゼンパスタとは?健康や美容ダイエットにもいい?

イタリアで日本発のあの食品が

人気のようです。ゼンパスタと呼ばれているそうですが、

一体どんな食品なのでしょうか?

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

コーヒーの効果は高血圧にも?見直されるコーヒーと血圧の関係とは

以前は、コーヒーの飲みすぎは高血圧症に

つながると考えられていました。

しかし、最近はコーヒーが高血圧症に効果があると

いうのが通説のようです。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

静電気除去グッズの気になる効果とは?

現在たくさんの静電気除去シートが販売されいますが、

どんなグッズが一番効果があるのでしょう?

生活スタイルや体質に合ったグッズを見つけましょう。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

お酢で血圧が下がる?

なぜ、お酢で血圧が下がるのか?

不思議ですよね。

実は、お酢に含まれているアデノシンに秘密があります。

このアデノシンというのは、血管を拡張して、血液の流れを良くする作用をもっています。

血液の流れが良くなってくれば、それで血圧も下がりますので、高血圧の予防や改善に繋がるというわけだったんですね。

ですが、いいことばかりではありません。

お酢を摂取したとしても、効果に持続性がないんです。

つまり、お酢を摂るのを止めれば、以前のように血圧が戻ってしまいます。

そのようなことから、お酢で高血圧対策を考えているなら、毎日摂取することが大事です。

引用元-お酢で高血圧の予防と改善!

スポンサーリンク



  人気記事

お酢の効能について

■酢は消化をゆっくりにしてくれる。
食事のときに酢をいっしょに摂ると胃での消化をゆっくりにしてくれろので血糖値が急激に上がりません。糖尿病の方にもお勧めです。

■酢のコレステロール抑制効果
お酢には血圧と同じくコレステロールも正常化する働きがありますが、持続性はあまりありません。血圧と同じくスプーン大さじ1杯でOKです。
過剰なコレステロールは、脳こうそくや心筋こうそくを誘発するとも言われています。お酢1杯で血圧とコレステロールを抑える一石二鳥にもそれ以上の効果があります。

■酢はカルシュームの吸収を50%程度UPさせる。
カルシュームが不足すると血圧が上がりますが、酢をいっしょに摂るとカルシュームの吸収がよくなるので血圧抑制効果があります。
もちろん、骨粗しょう症の予防になりますし、カルシュームには脳神経の興奮を抑制する働きがあるので酢といっしょにカルシュームを摂ると吸収がよくなりストレスに強くなり、ストレスによる血圧上昇を抑制できます。

■酢の疲労回復効果
人はグリコーゲンと言うエネルギー源を使って身体を動かす、すると乳酸が増えてきますがこの乳酸が疲労の元でなります。この時、酢を飲むと乳酸があまり溜まりません。さらに酢のスーパーパワーは酢と一緒に糖分を摂ると元気の元であるグリコーゲンが増えてくるのです。酢は昔から疲労回復に効くと言われています。疲労回復が早くなります。

引用元-酢で血圧が下がる!酢の健康パワー

スポンサーリンク



お酢はどのように取り入れたらいいのか

最も手軽なのは飲んでしまうことですが、そのまま飲むとむせてしまって飲めないので、ジュースに混ぜるといいでしょう。

血圧を下げるには1日あたり15ml程度の酢を飲めばよく、もしグラス1杯のジュースにこれを入れれば、味も気にせず飲めるためお勧めです。

もちろん、リンゴ酢や黒酢などの飲みやすく工夫された酢の飲料を取り入れるのもよいでしょう。リンゴ酢などは牛乳と混ぜることでとてもおいしいドリンクになります。

酢の味やにおいそのものが苦手でどうしても飲めない場合には、酢をカプセルにしたサプリメントなども売っているため、これを飲めば良いと思います。

筆者の父も高血圧でやずやの香酢をもう10年くらい飲み続けており、血圧はなんとか許容範囲に収まって重大な病気もすることなく元気にしています。

もっとも、酢は料理における「さしすせそ」の「す」にあたる調味料であるため、汎用性は高いです。

したがって、酢漬け、酢のもの、ドレッシングなど様々なものに使うことができますし、油っぽいと感じる食材にはこれをかけることでさっぱりとした味わいになるものです。好みに応じて色々な使い方を試してみるとよいでしょう。

引用元-血圧を下げる酢の効果 | 高血圧の症状・原因・治療法ガイド

お酢以外で血圧を下げる方法とは?

血液がドロドロ・ネバネバな状態で血液の流れが悪くなると、必然的に血管に負荷がかかることとなり、その結果として血圧が高くなります。このようなことから、血液をサラサラにして血流を良くしてあげることで、当然のことながら血圧を下げることに繋がります。

ここでは、血液をサラサラにする食品・食材の代表的なものを幾つか紹介します。

タマネギ・ニンニク
タマネギやニンニクは血液サラサラ効果が期待できる食べ物として認知度も高い食材ですが、これはタマネギやニンニクの持つ強い匂いの元なっている成分である【アリシン】による効能です。アリシンには血液中のコレステロールを低下させ血液をサラサラにしてくれる抗血栓作用と共に、抹消血管の拡張作用もあることから、効果的に血圧を下げる食品と言えます。

また、タマネギには【ケルセチン】というフラボノイドの一種である成分が含まれており、このケルセチンに血圧を低下させる作用があると考えらています。

サバ・イワシ・サンマなどの青魚
サバ・イワシ・サンマなどに代表されるいわゆる青魚には【EPA(エイコサペンタエン酸)】という不飽和脂肪酸が多く含まれており、このEPAに血小板の凝固を防ぐ作用があることから、血液をサラサラにする効果が高いと言われています。

EPAを多く含んでいる食品としては先に挙げたサバ・イワシ・サンマ以外に、マグロ・ハマチ・ブリ・太刀魚などが挙げられ、これらの魚には心筋梗塞や動脈硬化を予防するといった効能が期待できる【DHA(ドコサヘキサエン酸)】も多く含まれています。

引用元-血圧を下げる食品・食材

血圧を下げる効果があると言われるお酢タマネギの作り方とは

〈材料〉
タマネギ…1個
塩…少々
酢…適量
ハチミツ…適量
※酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればなんでもよい。
〈作り方〉
1、タマネギは洗って皮をむき、半分に切って薄切りにする。
2、1をさっと水にさらす。
3、2の水けを切って、塩を振りかけ、よく混ぜる。
4、3を密閉できる容器に入れ、タマネギがひたひたになるまで酢を入れる。
5、ハチミツを少量の湯で溶かし、4に加えてよく混ぜる。
6、5を密閉し、冷蔵庫で保存する。
〈食べ方と保存方法〉
・漬けて5日目くらいからが食べごろ
・タマネギを毎日適量たべるほか、漬け汁もそのまま適量飲むと良い
・冷蔵庫で1週間〜10日間は保存できる

引用元-高血圧、糖尿病を撃退する特効薬「酢タマネギ」に注目! | クックパッドニュース

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学