ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

高血圧で血圧を下げたい!血圧を下げる方法はお酢?

      2019/04/01

昔からお酢は健康に良いと言われています。

疲労回復、痛風などに効果があるとされていますが、

血圧を下げる方法としてもお酢は注目されているのです。

スポンサーリンク

  関連記事

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

第一印象をよくする表情をウンパニ体操で

恋愛やビジネスなど、どのような場面でも

重要となるのが第一印象です。今後の関係も左右する

と言っても過言ではないと思います。

表情豊かにするためにウンパニ体操で表情筋を鍛えましょう。

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

セルライトは運動不足を解消すれば消える負担の少ない有酸素運動が効果的

気になるセルライトは運動すれば消えると言いますが、

運動は得意じゃないし、と思っている方。

負担の少ない簡単な運動でも効果があるのです。

むしろセルライトにはあまり激しい運動は良くないそうです。

ストレートネックとは違うスマホ首とは?

スマホのしすぎで首を痛めていたりしていませんか?

これはストレートネックとは少々違うようです。

早い段階で対処するようにしましょう。

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

お寿司を食べる時のマナー 食べる順番は決まっている訳ではない

お寿司の食べ方や順番について様々なことが言われます。

食べる順番については、特に決まりごとはないのです。

順番通りに食べるとより美味しく頂けるということなんですね。

お寿司屋さんで恥をかかないように、

最小限のマナーは知っておきましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

お酢で血圧が下がる?

なぜ、お酢で血圧が下がるのか?

不思議ですよね。

実は、お酢に含まれているアデノシンに秘密があります。

このアデノシンというのは、血管を拡張して、血液の流れを良くする作用をもっています。

血液の流れが良くなってくれば、それで血圧も下がりますので、高血圧の予防や改善に繋がるというわけだったんですね。

ですが、いいことばかりではありません。

お酢を摂取したとしても、効果に持続性がないんです。

つまり、お酢を摂るのを止めれば、以前のように血圧が戻ってしまいます。

そのようなことから、お酢で高血圧対策を考えているなら、毎日摂取することが大事です。

引用元-お酢で高血圧の予防と改善!

スポンサーリンク



  人気記事

お酢の効能について

■酢は消化をゆっくりにしてくれる。
食事のときに酢をいっしょに摂ると胃での消化をゆっくりにしてくれろので血糖値が急激に上がりません。糖尿病の方にもお勧めです。

■酢のコレステロール抑制効果
お酢には血圧と同じくコレステロールも正常化する働きがありますが、持続性はあまりありません。血圧と同じくスプーン大さじ1杯でOKです。
過剰なコレステロールは、脳こうそくや心筋こうそくを誘発するとも言われています。お酢1杯で血圧とコレステロールを抑える一石二鳥にもそれ以上の効果があります。

■酢はカルシュームの吸収を50%程度UPさせる。
カルシュームが不足すると血圧が上がりますが、酢をいっしょに摂るとカルシュームの吸収がよくなるので血圧抑制効果があります。
もちろん、骨粗しょう症の予防になりますし、カルシュームには脳神経の興奮を抑制する働きがあるので酢といっしょにカルシュームを摂ると吸収がよくなりストレスに強くなり、ストレスによる血圧上昇を抑制できます。

■酢の疲労回復効果
人はグリコーゲンと言うエネルギー源を使って身体を動かす、すると乳酸が増えてきますがこの乳酸が疲労の元でなります。この時、酢を飲むと乳酸があまり溜まりません。さらに酢のスーパーパワーは酢と一緒に糖分を摂ると元気の元であるグリコーゲンが増えてくるのです。酢は昔から疲労回復に効くと言われています。疲労回復が早くなります。

引用元-酢で血圧が下がる!酢の健康パワー

スポンサーリンク



お酢はどのように取り入れたらいいのか

最も手軽なのは飲んでしまうことですが、そのまま飲むとむせてしまって飲めないので、ジュースに混ぜるといいでしょう。

血圧を下げるには1日あたり15ml程度の酢を飲めばよく、もしグラス1杯のジュースにこれを入れれば、味も気にせず飲めるためお勧めです。

もちろん、リンゴ酢や黒酢などの飲みやすく工夫された酢の飲料を取り入れるのもよいでしょう。リンゴ酢などは牛乳と混ぜることでとてもおいしいドリンクになります。

酢の味やにおいそのものが苦手でどうしても飲めない場合には、酢をカプセルにしたサプリメントなども売っているため、これを飲めば良いと思います。

筆者の父も高血圧でやずやの香酢をもう10年くらい飲み続けており、血圧はなんとか許容範囲に収まって重大な病気もすることなく元気にしています。

もっとも、酢は料理における「さしすせそ」の「す」にあたる調味料であるため、汎用性は高いです。

したがって、酢漬け、酢のもの、ドレッシングなど様々なものに使うことができますし、油っぽいと感じる食材にはこれをかけることでさっぱりとした味わいになるものです。好みに応じて色々な使い方を試してみるとよいでしょう。

引用元-血圧を下げる酢の効果 | 高血圧の症状・原因・治療法ガイド

お酢以外で血圧を下げる方法とは?

血液がドロドロ・ネバネバな状態で血液の流れが悪くなると、必然的に血管に負荷がかかることとなり、その結果として血圧が高くなります。このようなことから、血液をサラサラにして血流を良くしてあげることで、当然のことながら血圧を下げることに繋がります。

ここでは、血液をサラサラにする食品・食材の代表的なものを幾つか紹介します。

タマネギ・ニンニク
タマネギやニンニクは血液サラサラ効果が期待できる食べ物として認知度も高い食材ですが、これはタマネギやニンニクの持つ強い匂いの元なっている成分である【アリシン】による効能です。アリシンには血液中のコレステロールを低下させ血液をサラサラにしてくれる抗血栓作用と共に、抹消血管の拡張作用もあることから、効果的に血圧を下げる食品と言えます。

また、タマネギには【ケルセチン】というフラボノイドの一種である成分が含まれており、このケルセチンに血圧を低下させる作用があると考えらています。

サバ・イワシ・サンマなどの青魚
サバ・イワシ・サンマなどに代表されるいわゆる青魚には【EPA(エイコサペンタエン酸)】という不飽和脂肪酸が多く含まれており、このEPAに血小板の凝固を防ぐ作用があることから、血液をサラサラにする効果が高いと言われています。

EPAを多く含んでいる食品としては先に挙げたサバ・イワシ・サンマ以外に、マグロ・ハマチ・ブリ・太刀魚などが挙げられ、これらの魚には心筋梗塞や動脈硬化を予防するといった効能が期待できる【DHA(ドコサヘキサエン酸)】も多く含まれています。

引用元-血圧を下げる食品・食材

血圧を下げる効果があると言われるお酢タマネギの作り方とは

〈材料〉
タマネギ…1個
塩…少々
酢…適量
ハチミツ…適量
※酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればなんでもよい。
〈作り方〉
1、タマネギは洗って皮をむき、半分に切って薄切りにする。
2、1をさっと水にさらす。
3、2の水けを切って、塩を振りかけ、よく混ぜる。
4、3を密閉できる容器に入れ、タマネギがひたひたになるまで酢を入れる。
5、ハチミツを少量の湯で溶かし、4に加えてよく混ぜる。
6、5を密閉し、冷蔵庫で保存する。
〈食べ方と保存方法〉
・漬けて5日目くらいからが食べごろ
・タマネギを毎日適量たべるほか、漬け汁もそのまま適量飲むと良い
・冷蔵庫で1週間〜10日間は保存できる

引用元-高血圧、糖尿病を撃退する特効薬「酢タマネギ」に注目! | クックパッドニュース

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学