ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

血圧が低いとされる数値とは?低血圧は危険?

   

高血圧に比べ、血圧が低い場合はあまり病気として扱われていません。

しかし、めまいや倦怠感、頭痛など、低血圧が原因で起こる症状は、

できれば改善したいものです。血圧の数値がどのくらいなら、

低血圧となるのかを知り、そこに潜む危険に対応できるようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

ストレートネックの症状に注意!主な症状は頭痛

近年増加傾向にあるのがストレートネックです。

主な症状は頭痛ですが、それ以外にも不調の症状が出るようです。

ストレートネックについて見ていきましょう。

うっとうしい蚊に刺されないための対策や方法とは?

蚊に刺されてしまうとかゆみが起こるため、

できれば刺されたくないと誰もが思います。

蚊に刺されないようにする対策や方法はあるのでしょうか?

喉や耳が痛い原因は急性扁桃炎かも?

喉や耳の奥が痛いなど、喉の痛みと耳の痛みが、

一緒にでる場合は急性扁桃炎の可能性があります。

急性扁桃炎は、喉の入り口にある扁桃が赤く腫れて痛み、

発熱や悪寒などの辛い症状に悩まされる病気です。

耳の下の痛みの原因は?リンパが痛い時は病気?

耳の下が痛い時に考えられる原因とは何でしょう?

リンパの腫れや痛みがある時は、

注意が必要です。

健康診断と会社や労働者の義務について

全ての会社は、社員に対して、

1年に1度必ず健康診断を受診させる義務があるとされています。

会社と労働者にある義務とは?

ダイエットにコーヒーの効果は期待できる?インスタントでもいいの?

コーヒーはダイエットにも効果的と言われています。

しかし、その効果はインスタンコーヒーでも

同等なのか、もしくは効果はないのでしょうか?

集中力を上げたい!高めた集中力を持続させる方法は?

どうして自分は集中力がないんだろうと思ったことはありませんか?

それは、環境や考え方で変えられるかもしれません。

スポーツや勉強、仕事など生活に必要な集中力を高めるには、

どうすればいいのでしょうか?

集中力を上げる方法とは?

炭酸水の効能が健康に効果 疲れにも効果的

炭酸水を飲みなれない日本では、

あまり浸透していない炭酸水ですが、

海外においては日常的に炭酸水を飲む文化が定着しています。

効能による健康への効果とは?

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

皮膚のかゆみと内臓疾患の関係とは?隠れる重病の可能性

皮膚のかゆみは内臓疾患と関係することがあります。

特に重病疾患の症状であることもあるので、

注意が必要です。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

ダイエットに効果的な入浴するタイミングとは

入浴するタイミングで食欲を抑えてダイエット効果を期待するのですが、

他にも睡眠や健康に関しても入浴というのは

大事なことのようです。

血圧が低い どのくらいの数値が低血圧?

最大血圧100mmHg以下なら低血圧

血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈のかべに与える圧力のことをいい、心臓が収縮して血液を送り出したときの血圧を最大血圧、いっぽう、心臓が拡張して血液を戻すときの血圧を最小血圧といいます。WHO(世界保健機関)によると、血圧の正常値は、最大血圧100~130mmHg、最小血圧61~89mmHgです。低血圧は、この範囲を下回る、最大血圧100mmHg以下のことを指します。
心臓のポンプ力が弱い

低血圧には、遺伝や体質によるものと、病気が原因で起こるものとがありますが、ほとんどが遺伝や体質によるものです。低血圧の人は、血液を送り出す心臓のポンプ力が弱いため、血液の流れが弱くなります。当然、心臓に戻るのも遅くなり、ますます心臓から送り出される血液の流れは悪くなります。とくに、長時間立っているとき、脳への血液の流れが弱く血液量が減ってしまうと、立ちくらみやめまいを起こします。これは脳貧血と呼ばれる症状です。

引用元-低血圧 | ソフィ生理辞典 | 生理のお悩み相談室 | 生理用品のソフィ

スポンサーリンク



  人気記事

低血圧と低血圧症について

厳密には定義されていませんが、一般的に上の血圧が100m/hg以下の場合を、低血圧とよびます。しかし、血圧が低いこと自体は、病気ではありませんので、低血圧によって、治療を必要とする何らかの症状が現れると「低血圧症」という病名がつきます。低血圧症には、次の4つがあります。
1、本態性低血圧症
 低血圧を起こしている原因はわからないが、何らかの自覚症状があるもの。
 
2、症候性(二次性)低血圧症
 心臓疾患・内分泌系器官疾患・自律神経失調症といった他の疾患、また、降圧剤や向精神薬などの副作用が原因となって、低血圧が引き起こされるもの。それに伴って何らかの症状が起こる。この場合は、元の疾患の治療を行なう、薬剤の処方を変えるなどして、低血圧の改善をはかる。
 
3、起立性低血圧症
 急に立ち上がったときや、長時間立っているときなどに、自律神経による血圧の調整がうまく働かず、低血圧を生じ、それに伴って何らかの症状が起こるもの。
    
4、食事性低血圧症
 食事の際、胃と腸の血流が増え、全身への血流が減少し、急に低血圧となり、何らかの症状が起こるもの

引用元-低血圧と高血圧|症状|治療|生活習慣病

スポンサーリンク



女性は低血圧になりやすい?

低血圧の発生頻度を調べたデータによると、低血圧の発生が多いのは比較的
若い層、しかも女性が多いです。
 
起立性低血圧は高齢者に多い症状で、横になった状態から上体を起こした時
にめまいやふらつきを起こす症状なのですが、若い女性は女性ホルモンによる
血管の拡張作用が起因して低血圧が引き起こされていると言われています。
 
また、ダイエットや運動不足、偏食やファーストフード、睡眠不足やストレス
なども大きく影響していると言われ、湯船に浸からないシャワー族が増えてい
ることも関係していると言われます。
 
低血圧は、傍目から見ると大きな病気には見えず、ただの怠け者に見えてしま
うこともあります。それがまたストレスになって自律神経を乱してしまい、
不眠症やうつなどの原因になってしまうことも少なくありません。

引用元-低血圧になりやすい人

低血圧改善に血圧測定を 朝の測定を継続的に

低血圧を改善するためには、まず日頃の血圧がどの程度なのかを把握しておかなくてはなりません。
まずは自分の血圧を調べてみましょう。
病院など、血圧測定器を置いている場所で測ってみるのもよいのですが、血圧はその時の状況で変化してしまうので、1度測っただけではなかなか平常値がわかりにくいものです。
できれば市販されている家庭用の小型血圧測定器を用意して何度か計測してみてください。
血圧は1日のうちでもかなり大きく上下し、日中は高くなります。
運動したり興奮したり、ストレスなどによっても影響を受けますので、すぐに変化してしまいます。
血圧は条件を一定にして測定することが大切です。
影響を受けにくい朝、起床時に測るのがよいでしょう。
また、なるべくいつも同じような条件で(ベッドに腰掛けたまま測るなど)測るようにしましょう。

引用元-低血圧の状態と数値とは | 低血圧症状を克服しよう!改善対策ガイド

すっきり起きるための低血圧対策について

血圧は、自律神経によって調整されていますので、ストレスをためたり、不摂生な生活を送ることによってより症状が悪化しますので、規則正しい生活を送るようにしてください。低血圧の症状をさけるための方法をいくつか下記にご紹介します。

(1)1日に水分補給をしっかりと行う
(2)ナトリウム(塩分)を摂るようにする
(3)炭水化物(ごはん、パン、パスタ、イモ類など)の摂取を少量にし、野菜を多めに食べるようにする
(4)カフェイン(コーヒー、紅茶など)を摂りすぎない
(5)足に血流がとどまることを避けるため、長時間の立ちっぱなしを避ける
(6)適度な運動をする
(7)起立性低血圧の人は、急に起き上がるようなことはしない

朝起きた時は、そのまま仰向けになった状態で足を上にあげましょう。こうすることで血流を上半身に流すようにできますので、血液の循環がよくなります。

引用元-寒くて朝起きるのがツラい低血圧女子……スッキリ起きられる「低血圧対策」とは?|「マイナビウーマン」

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学