ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

血圧が低い原因について数値はどのくらいで低いとなるのか

      2017/04/25

朝が起きられなかったり、いきなり立ち上がると、

立ちくらみが起きたりしていませんか?

疲れやすい症状や疲れがとれにくい症状も血圧が低い人特徴です。

血圧が低い事の原因とは何なのでしょうか?

また、血圧の数値がどのくらいだと低いという事になるのでしょう?

スポンサーリンク

  関連記事

血圧の下が高いのはどんな状態?原因や改善策とは

血圧の正常値は上が129㎜Hg、下が84㎜Hgと言われています。

上下の血圧のどちらかでも超えると血圧は正常値とはいえません。

血圧の下が高い場合、体はどんな状態なのでしょうか?

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法を参考にしてみてください。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

気になる靴の臭いを取る洗い方で清潔を保つコツ

靴を清潔に保つために靴を洗いましょう。

臭いを取る洗い方と保管時の脱臭方法など

清潔に保つ方法とは?

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

新車の車検の期間は?費用はどのくらい?

定期的にある車検ですが、車検はどんなものかご存知ですか?

新車である場合、初回の車検はおおむね3年です。

車検の期間や費用とは?

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

みんな大好き親子丼の発祥ってどこ?作り方もご紹介

家庭には必ずある玉子をつかった代表的な丼ものといえば、

やはり親子丼ではないでしょうか。

親子丼の発祥には諸説ありますが、考えた人に感謝ですね!

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

子供の頻尿はなぜ起こる?子供の心因性頻尿について

心因性頻尿は、子供にも起きる病気であり、

小さなストレスでもなりえるそうです。

親が子供にしてあげられることとは、

どんなことがあるのでしょうか。

二日酔いにいい飲み物とは?解消する効果は?

楽しんだ次の日の二日酔いには悩まされます。

解消できる飲み物とは?

コーヒーやスポーツドリンクの効果とは?

入浴の効果は美容にも 正しい入浴でキレイになろう

入浴することで美容にも効果をもたらします。

ただ、入浴方法を間違えると、

逆効果になることもあるようなので、注意が必要です。

大掃除のコツをつかんでキッチン台所をきれいに

水回りであるキッチンの大掃除は完璧にこなしたい。

完璧にこなして年を越したいですよね。

コツを知り、効率の良い大掃除を!

コーヒーで効果的に便秘を改善?それとも悪化してしまうの?

コーヒーには便通を良くして便秘を改善する効果があると

いう意見と、コーヒーを飲むと便秘が悪化すると

いう意見もあります。どちらが正しいのでしょうか?

顎関節症の治療はどんなもの?対策は?

顎関節症の治療とはどのようなものなのでしょうか?

また最近、顎関節症は増加傾向にあるようです。

できることから対策はしておいた方がよさそうです。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

緊張型頭痛の治し方や対処法、治療について

緊張型頭痛を改善したい。

日常生活で気をつけるべきことはどんなことなのでしょう。

治し方や対処法について確認します。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

血圧が低い状態の低血圧とは

低血圧とは、めまいや失神などの症状が出現するほど血圧が低い状態です。
正常な場合、体は動脈内の血圧を狭い一定の範囲内に維持しています。
血圧が高くなりすぎると血管が損傷し、破裂して出血や他の合併症を引き起こします。
血圧が低くなりすぎると全身に十分な血液が供給されなくなり、結果的に細胞は十分な酸素や栄養素を受け取れず、老廃物も除去できなくなります。
一般的に低血圧は高血圧よりも良いといわれており、安静時血圧が低いながらも正常範囲内の健康な人は、正常範囲内で高めの血圧の人よりも長生きする傾向があります。
体には血圧を調節するいくつかのしくみがあり、それによって静脈や細動脈の内径、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)、血管内の血液の量などを変化させます。
これらのしくみによって、運動や睡眠など日常的な活動の間に高くなったり低くなったりした血圧を正常に戻します。

静脈や細動脈は拡張したり収縮して、保持する血液の量を変化させます。
静脈や細動脈が収縮すると保持できる血液の量が減るため、より多くの血液が動脈内に流れこみ、結果的に血圧が上昇します。
逆に、静脈や細動脈が拡張すると保持できる血液の量が増えるため、動脈内に押し出される血液の量が減って、結果的に血圧が低下します。
動脈内の血流への抵抗が一定である限りは、1分間に心臓が送り出す血液の量(心拍出量)が増えれば増えるほど、血圧は上昇します。
体は心拍数を遅くしたり速くしたり、心臓の収縮を弱めたり強めたりすることによって、それぞれの拍動の間に送り出す血液の量を変化させます。
動脈内の血流への抵抗が一定である限りは、血管内の血液量が増えれば増えるほど血圧は上昇します。
血液量を増やしたり減らしたりするために、腎臓は尿中に排出する体液の量を調節します。

引用元-低血圧 ~様々な原因と症状~

スポンサーリンク



  人気記事

様々な低血圧のタイプについて

(1) 本態性低血圧
低血圧の中で最も多いのが、原因がよく分からない「本態性低血圧」です。多くは体質的なものですが、両親や兄弟(姉妹)に低血圧の人がいる場合には、遺伝による可能性もあります。病院では、ほかに病気の可能性がない場合に、本態性低血圧と診断されます。

(2) 起立性低血圧
ベッドから起き上がったときや、いすから立ち上がったときなどに、急にフラッとするのが「起立性低血圧」です。一般に、横になった状態から立ち上がったときに、最大血圧が20mmHg以上下がる場合に、起立性低血圧とされます。
原因として、低血圧によって脳の血液量が減少しやすいケースのほか、血圧を調節する自律神経の障害によっても起こります。そのためこのタイプは、日ごろ低血圧でない人にもみられます。

(3) 二次性低血圧(症候性低血圧)
病気や薬が原因で低血圧になるタイプです。よく知られているのは、糖尿病で血糖値コントロールがうまくいっていないときに起こりやすい起立性低血圧です。
そのほか循環器系疾患(心臓の弁や血管などに異常がある場合など)、内分泌系疾患(アジソン病など)(※2)、パーキンソン病、がん、甲状腺異常などの病気でも、低血圧を引き起こすことがあります。
また高齢者に多いものでは、薬による副作用(降圧薬など)や、食後低血圧といって食事の後にめまいやだるさを感じるタイプもあります。日ごろ高血圧気味の高齢者でも、こうした一時的な低血圧がみられることがあります。

(※2)アジソン病は副腎皮質ホルモンの分泌低下により、気力や筋力、食欲などの減退、低血圧などの症状がみられる病気。

引用元-そのだるさ、「低血圧」が原因かも | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

スポンサーリンク



血圧が低い原因について

原因
さまざまな障害や薬によって代償機序が十分に働かなくなるために、低血圧が生じることがあります。たとえば、心臓発作(心筋梗塞)、心臓弁障害、頻脈(心拍が非常に速くなる)、徐脈(心拍が非常に遅くなる)、不整脈などの心疾患が生じると心拍出量は減少します。これらの障害は心臓のポンプ機能に損傷を与えます。細菌感染症にかかると、細菌が産生する毒素によって細動脈が拡張することがあります。脱水症、出血、腎障害によって血液量が減少します。一部の腎障害では、血管に体液を戻す腎機能が低下し、結果として大量の体液が尿中に排出されます(反対に腎不全では、腎臓が血液から体液を取り除くことができなくなり、水分過剰となって血圧を上昇させます)。神経障害(自律神経機能不全)によって、センサーと、代償機序を調節する器官の間の信号の伝達が障害される場合があります。さらに、年をとるにつれて血圧の変化に対する代償機序の反応が遅くなります。

引用元-低血圧の基礎知識: 低血圧: メルクマニュアル 家庭版

どのくらいの数値だと血圧が低いのか?

血圧の数値が正常よりも低い状態、つまり、一般に収縮期血圧(最高血圧)の数値が100~110mmHg以下を低血圧といわれています。
なお、低血圧の診断をする場合は、主として収縮期血圧(最高血圧)の数値を目安としています。
血圧にはそれぞれの個人差があるので、基準がどのくらいの数値だと言い切れないようです。厚生労働省では、最高血圧の数値を90mmHg以下を低血圧として定義しているようですが、男女で分けて、男性が105mmHg以下、女性では100mmHg以下を低血圧とする考え方もあり、一概にどの数値とは決まっていないようです。

引用元-血圧の数値がどれくらいだと低血圧と診断されるのでしょうか?|Healthil[ヘルシル]

血圧が低い状態の時の対処法について

塩分やたんぱく質をバランス良くとる
塩分には血管を収縮させて血圧を上げる作用や、食欲を増進させる働きがあります。食塩だけでなく、ミネラルや植物性たんぱく質が豊富なみそを積極的にとりましょう。ただし、とりすぎると高血圧の原因になりますので、注意しましょう。また、たんぱく質は不足しやすいので、肉、卵、魚介類、乳製品、大豆製品などをバランス良くとることも大切です。なかでも、チェダーチーズには血圧をコントロールする物質が含まれ、低血圧の症状緩和に効果があるといわれています。

アルコールを控える
アルコールには血管を広げる作用があるため、アルコールが血液中にある間は血圧が低くなります。血圧が低めの人は、お酒を飲むと起立性低血圧による失神を起こしやすくなるので、アルコールは控えましょう。

生活を規則正しくする
低血圧の人は朝が苦手なため、ギリギリまで寝ていて、朝食もとらずに家を出る傾向があります。しかし、朝食は1日の活動に備えて血圧を正常に上昇させるための大切なエネルギー源です。早寝早起きを心がけ、十分に睡眠をとり、1日3回規則正しく食事をするというリズムをつくりましょう。適度な運動を生活に組み込むことも大切です。

病院で診察を受ける
血圧が低くても自覚症状がなければ治療を受ける必要はありませんが、めまいや立ちくらみ、倦怠感などつらい自覚症状が続く場合は、主治医の診察を受けましょう。漢方薬や鍼灸など、東洋医学による治療が効果を上げる場合もあります。

引用元-血圧が低めである 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学