ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

      2017/02/23

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

リウマチは遺伝する?原因や確率は?初期症状に気をつけて

リウマチは遺伝病ではないので、遺伝するということではないそうですが、

遺伝的要素は関係してそうです。

年齢別にみると40代の方が発症することが多いようです。

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

鎖骨が痛い原因は何?位置によっても違う?

鎖骨が痛い原因については生活習慣によって様々です。

中でも鎖骨の下が痛いという人は多いかもしれません。

鎖骨の痛みの位置でも原因が違ったりするそうです。

頭痛の治し方で前頭部に痛みがある場合は?対処法について

前頭部に起こる頭痛の原因としては偏頭痛や緊張型頭痛

であることが多いそうです。

症状を緩和させたり、治し方とは?

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

溶連菌て何?感染症の症状は子供に出やすい?

子供が季節や時期によってあらゆる感染症にかかってしまうことは、

よくあることかもしれません。

今回は子供がかかりやすいと言われる溶連菌の感染症の症状を確認し、

かかってしまった時は、適切な対処が出来るようにしましょう。

乗り物酔いの原因や対策は?子供の乗り物酔いの治し方とは

乗り物酔いは、乗り物の揺れや加速度によって

三半規管が刺激されることで起こります。

乗り物酔いが発生する仕組みは完全には解明されていないそうです。

原因や対策を知り、なりやすい子供にも対策ができるといいですね。

靴擦れした親指の治療は?水ぶくれも靴擦れ?

新しい靴をおろしたときは気分がいいものですが、

靴擦れになるとその気持ちも半減してしまいます。

親指にできた靴擦れの対処法とは?

赤ちゃんは出やすい?顔湿疹の原因について

季節の変わり目や体質などで顔湿疹が出ることがあります。

特に赤ちゃんは顔湿疹ができやすいそうです。

その原因とは?

炭酸水の効能による美容効果について

炭酸水の効能により美容や健康に効果があるそうです。

血行促進によりデトックス効果が期待できたり、

肌にも効果がありそうです。

また、ダイエットにも期待できるとの事なので、

うまく炭酸水を活用しましょう。

子供が頭痛でこめかみが痛いという時は?

こめかみの頭痛など、子供の慢性的な頭痛が近年増えてきているそうです。

子供は正確に症状を伝えられない場合が多くあります。

大人が観察し、気付いてあげることが大切です。

鼻づまりが気になる 原因や治し方とは

鼻づまりは主に風邪の時になりやすですが、

息がしにくかったり、気になったりします。

治し方を確認して解消しましょう。

靴擦れがかかとにできて痛い!原因や対策と靴の選び方

誰もが経験すると思いますが、かかとの靴擦れは、

痛くて足をかばって歩くと悪化するなどいいことありません。

そんな思いをしないためにも、かかとの靴擦れの原因を

知って、対策を練りましょう。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

血圧が高い症状について

高血圧症には、はっきりとした自覚症状がないため、高血圧を早期に発見することはとても難しいです。
 
中には、高血圧と診断される前に、頭痛・めまい・動悸・息切れなどの症状が出る場合もありますが、自分で高血圧によって起きていると分かる人はなかなかいないでしょう。
 
頭痛やめまいなどの症状は、日常的に良く起こる症状ですから、高血圧から来ていると考えにくいのです。ストレスの強い環境で過ごしている人であれば、頭痛が日頃から起きていても、自分が高血圧だと結びつけるのは中々難しいものです。また、疲れているからめまいが起きるのだろうなどと漠然と考えがちです。
 
動悸・息切れも、年のせいだと考えてしまいがちですし、貧血といわれている人であれば、めまいや立ちくらみもよく起きることです。そんなことから、高血圧症には一般的に固有の自覚症状がないと言われるのです。
 
高血圧症を早期に発見する手段としては、定期的に血圧を測定することです。しかし、定期検診で高血圧症と診断されることはまれです。
 
なぜかというと、血圧を一度だけ測って高めの数値が出ても、高血圧とはならず、何度も測って高い数値が出てはじめて高血圧と診断されるからです。定期検診でたまたま高い値が出たのだろうと、あまり深刻に考える人が少ないというのも実際のところです。
 
高血圧症をそのままにしておくと、命に関わる病気を引き起こします。動脈硬化や虚血性心疾患、脳卒中を起こしてからでは大変です。高血圧に固有の自覚症状がないからと言って、放置しておいてはいけないのです。自分で定期的に血圧を測るくせを付けると良いでしょう。

引用元-血圧が高い原因と症状

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

血圧が高い人に共通する2つの生活習慣について

血圧が高い人たちは共通して生活習慣に対しても課題がある場合が多いです。2点に触れてそれぞれを言及し、まとめようと考えます。

(1)塩分摂取量に関して

高血圧と食事は密接な関係があることを言及しており、食生活の中では特に塩分が重要で血圧の上昇の役割を担っています。

ところが日本人の平均摂取量は国民健康調査によると11.2g が一日辺りとして表れており、欧米に比べて高い状態であるそうです。

醤油の味付けや汁物の摂取など考えられる原因は私たちの日々の中にも潜んでいます。

(2)ストレスの問題

主として精神的なストレスが血圧上昇に影響があることは医学的にも証明されていると言われています。

今日ではあらゆる部分がストレスの発生源になっていることも多く、原因としては絞り切れないこともあるとのことです。

ストレスを受けることで、交感神経の活性化につながり興奮物質が排出され心拍数と血液量に展開され血圧にもかかわってきます。

白衣高血圧など病院で起きる症状もそれらの一つであります。

私たちが暮らしていく中でほぼ多数の人が身に覚えがあることだと思われます。自分たちの足元には血圧が高くなる原因も多くあり、それに立ち向かう重要性も必要とされています。

引用元-血圧が高い3つの症状!2つの対処法とは | 習慣病.com

スポンサーリンク



血圧が高い原因について

そもそも血圧が上がる原因はなんなのでしょうか?

実は高血圧の90%以上は原因不明だと言われています。
しかし生活習慣と遺伝との深い関係があるということはわかっています。

高血圧は原因によって「一次性高血圧」と「二次性高血圧」とに大別することができます。

一次性高血圧
一次性高血圧は別名「本能性高血圧」とも言われ、とくに体に明らかな異常がないのにも関わらず血圧が高くなります。
しかし血圧が上がる要因はわかっていて、加齢、ストレス、生活習慣、そして遺伝からくるものだと言われています。

引用元-血圧が高い それによる症状は?原因は?改善法は? | お悩み解決.com

二次性高血圧
二次性高血圧は病気によって、その症状で血圧が上がるものをいいます。腎臓病やホルモン異常などによって血圧が高くなることがあります。

日本で多くの高血圧の割合を占めているのが一次性高血圧です。

引用元-血圧が高い それによる症状は?原因は?改善法は? | お悩み解決.com

血圧が急に上がった理由とは

血圧が急に上がるのは、寒さやストレスが多い

ではなぜこんなことが起きるのでしょうか。いろんなケースを経験しました。急に血圧が上がってしばらく下がらない場合は、以下のような事情が背景にあることが多いようです。

■寒くなって寒い部屋で血圧を測るようになっていた
■測定する前に動き回っていたか、急いだり興奮していた
■血圧を測る条件が変わった
■自分の何かの病気を心配し不安になりはじめた
■トラブル、不幸、不安、経済的問題等でいつも心配している
■仕事のストレスが増えた、仕事が忙しくなった
■新しい緊張が起こった
■高い血圧になったのを心配している
■血圧の薬の飲み忘れが多くなった(うつ病や認知症ではよくあります)
■ドリンク剤、サプリ、漢方薬、他の病院からの薬などを飲み始めていた
■前夜の睡眠不足があった
■塩分の多い食事を多く摂るようになっていた
■寝室を変えた
■排便や排尿を我慢している時に測っている
■座ってすぐに測定している
■測定の時いつも何かを考えている
■血圧計の数値を見ながら測ったり、話しながら測っている
■テレビを見ながらや新聞を読みながら測っている
■周囲が騒々しい環境で測定した
■マンシェット(腕に巻く帯)の締め付けがきつくて測る時に痛い

この様な事情がありますと血圧は直ぐに反応して上昇することがあります。そしてその問題が解決されない限り高い血圧はなかなか解消しません。したがって高血圧は長期にわたり持続することになります。

引用元-心臓病・高血圧 | ◆080 安定していた血圧が急に上がった その原因は? | けやき坂クリニック | 栃木県鹿沼市

血圧が高い症状がある時は生活習慣や食生活の見直しを

高血圧を防ぐには普段の生活を見直すことが大切です。

『高血圧症は動脈硬化や心臓病を引き起こす原因となります。今より血圧を高くしないという意識は大切です。(看護師)』

『一日の必要塩分量は成人男性で10g未満ですが、6g程度が推奨されます。血圧高めの人は摂取塩分が多過ぎる傾向があります。醤油の代わりにポン酢やコショウなどを使ったり、麺類の汁を残すなどの工夫をしましょう。(看護師)』

『肉類や甘味類などの高脂肪、高コレステロールな食品を控え、野菜や果物、ナッツ類、豆類、魚類、低脂肪乳製品、穀類(全粒粉のもの)などを中心に健康的な食習慣を心がけましょう。(看護師)』

『運動でも血圧は下げられます。ウォーキングやアクアサイズ(水中運動)、サイクリングなど30分程度の有酸素運動を週に3~4日、できれば毎日行いましょう。(看護師)』

『アルコールの飲み過ぎは血圧を上げます。適量は日本酒で1合、ビールで中ビン1本、焼酎で半合弱程度です。タバコは動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳卒中の原因となります。(看護師)』

『冬は寒さの影響で急に血圧が上昇する傾向があります。部屋の温度差が出ないようにしましょう。夏は脱水による水分不足から血管が詰まりやすく、脳梗塞が最も多い時期です。積極的に水を飲み、脱水状態を避けましょう。(看護師)』

自覚症状がなく、なかなか気づきにくい高血圧ですが、放っておくと病気のリスクが高まります。健康的な生活を心がけ、改善を心がけましょう。

引用元-もしかしたら高血圧かも…どういう自覚症状があるの? | マイナビニュース

 - 生活の知恵, 美容・健康