ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

      2016/01/22

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

基礎体温をグラフに 正しい測り方とは?

基礎代謝の測定は毎日正しく行う必要があり、

面倒です。しかし、体のリズムを知るには大事なことですので、

基礎体温を正しく計測し、日々の生活をより良いものにしましょう。

コートの気になる毛玉の原因や取る方法とは

コートの季節になりました。

そして気になるのが、毛玉です。

あるもので簡単に取ることが出来るそうなので、

試してみましょう。

テレビを観ながらのSNSは危険?デジタルによる脳への影響とは

周りを見渡せば、デジタルは当たり前の時代になりました。

特に若い人は、今の時代しか知りません。

このテレビやSNSが脳へ及ぼす影響は、

もしかしたらこの先、大きな社会問題となるかもしれません。

睡眠の質を上げたい!朝起きても疲れが取れないのは仰向けで寝ているから?

仕事や学校を終え、睡眠でしっかり疲れを取りたいところですが、

朝起きても、疲れが取れていないことはありませんか?

食生活やストレスの改善と、寝る時の体制も重要となるそうです。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

花粉症による目のかゆみで花粉症は子供もなるの?

子供の花粉症は増えているそうです。

今や5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%もいて、

なんと赤ちゃんまで花粉症になるそうです。

子供はよく目をかくので、目のかゆみなどの症状に気をつけましょう。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

疲労やストレスが原因で咳が止まらない咳喘息とは

ストレスや疲労と咳は関係があるそうです。

咳は止まらないと非常に辛いですよね。

咳喘息と言われる症状やその原因とは?

副鼻腔炎とは?原因はストレスや虫歯であることも

副鼻腔炎とは鼻の副鼻腔と言う場所に炎症が起きる病気です。

副鼻腔炎の原因は様々で、その原因に伴う治療が必要です。

歯の異常から起こることもあるそうです。

洋服の手入れにブラッシングを!方法やおすすめのブラシは?

洋服のお手入れはしていますか?

やはり、するのとしないのでは大きく違うそうです。

ブラシを使った手入れ方法とは?

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

しゃっくりが止まらない原因とは?病院へ行くべき?

通常しゃっくりは、しばらくすれば止まりますが、

止まらない時はどうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎなどが原因のこともありますが、病院へは行くべきなのでしょうか?

100回すると死ぬと言われるしゃっくりも、

長く続くようなら要注意です。

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

睡眠中に首に負担がかかると肩こりや頭痛が起こる

首には脊髄(せきずい)神経という大きな神経がありますが、そこからは8本の頸(けい)神経が伸びています。そして、この8本の頸神経は頭、首、肩、腕、指先にまで影響を及ぼしています。
 
ですので、ただ首に負担がかかっただけで、それが頭痛、肩こり、首痛、ひいては指先のしびれにまで関係することもあるのですよ。
 
 
 
慢性的に肩こりに悩まされている方は多いですが、肩こりは肩の筋肉が凝っているというよりも、そもそもの原因は首の筋肉が凝っていることが原因である場合も多いです。それだけ、首に負担をかけないことが重要になるのですね。
 
 
 
 
枕が合わないと、首の頸神経に負担がかかります

合わない枕を使っていた場合、首の角度が不自然になり、首の頸神経に負担がかかることになります。そして、睡眠中は首に負担をかけた状態を7~8時間キープしているわけですね。
 
本来は、日中に披露した首の筋肉は、就寝中にじっくり休めないといけないところですが、余計に首を疲労させているのです。
そんな状態が続くと、朝起きた時に首が痛い、頭が痛い、肩がこる、腕がしびれる、腰が痛い、といった悩みが現れやすくなります。

引用元-寝起きの肩こり、頭痛、首痛は枕が原因かも!? | 不眠症対策のファイナルアンサー

スポンサーリンク



  人気記事

枕が合っていないために起こる肩こりなどの不調

枕が原因で起こる体の不調は肩こりだけじゃないんです。
それでは、枕が原因で起こる肩こり以外の主な症状を3つご紹介します。

1、頭痛

枕が原因で頭痛になるケースは、意外と多く報告されています。
それは枕が頸部を圧迫して交感神経を過度に緊張させ、脳への血流を悪くするからです。

頭痛を引き起こす枕の特徴は、硬すぎる枕と低すぎる枕です。
枕が硬いと頭が安定せず、首に負担がかかるため眠りが浅くなります。
また、枕が低いと心臓の高さより脳の高さが低くなってしまい、頭に血が登ってしまうため眠りが浅くなります。

どちらの枕も深い眠りが得られないため、朝起きた時に頭が重く、頭痛を感じる場合があります。

2、腰痛

人間の背骨は首から腰までなめらかなカーブを描いて繋がっています。
背骨の一箇所にひずみがあれば、全体に影響して不調が出てきます。

枕の高さが合っていないと、首に負担がかかるため首の骨から背骨、腰へと負担をかけてしまいます。
全身の筋肉が少ない女性の場合は、特に影響が出やすいので注意してください。

3、いびき

枕が高すぎるとあごが引けて気道を圧迫してしまいます。
寝ている時にその状態で呼吸をすると空気の通り道が狭いため、いびきの原因となります。

枕が合っていないと、上記のように様々な不調が起こることがわかりました。
実は、人間の首には重要な神経や血管が集中しているため、首に負担をかけると体中にいろいろな不調が起こるわけです。

つまり、体の不調を防ぐためには、首に負担をかけないようにすることが大切です。

引用元-枕が肩こりの原因に!?自分に合った正しい枕の選び方 | 睡眠・快眠情報ブログ

スポンサーリンク



枕を選ぶときにチェックするポイントとは

32f0968e732cc70df8c092f48005ea34_s

枕を選ぶときにはチェックしなければいけないポイントがあります。

①枕の高さ

やはり一番のチェックポイントは枕の高さです。

最適な枕を選ぶのに高さは一番大切なポイントです。

最適な高さの枕を選びましょう。

②枕の素材

枕の中身がかたよったり、頭が沈み込んでしまうなどの枕は首に余計な負担がかかり、首の痛みや肩こりの原因になります。

③枕の大きさ

枕が小さすぎると、寝返りをしたときなどに
頭が落ちてしまう場合があります。

だから、枕の大きさは頭3個分くらいの大きさのもの選びましょう。

引用元-肩こりや、頭痛でお悩みの方、枕について考えてみては…??|出張整体ならご依頼いただいた場所へ訪問する東京都渋谷区のGLANZ

肩こりや頭痛にならないために枕の高さはどれくらいがいい?

枕選びの3つの条件に加えて重要になるのが「枕の高さ」。
人間の首はアーチ状になっているので仰向けに寝ると首と布団との間に隙間ができます。

この隙間を枕の高さにすれば自然な姿勢が保てリラックスして眠ることが出来ますが、枕に頭を乗せると重さで若干沈むので沈み込んだ状態で頭が腰より1~3cmくらい高いのが理想です。

(女性のほうが首の深さが浅く、男性の場合2~5cm、女性の場合1~3cm程度の高さを好む傾向があるようです)

 

ちなみにおススメなのは、NASAに認められた枕「テンピュールネックピロー」。

適度な柔らかさ&硬さで後頭部と首を正常な形にキープしてくれ、肩がフィットして快適に眠ることができます。

ちょっと値段はしますが3年間保障もついていますので、大切に長く使っていけるのでコスパはいいですよ♪

引用元-頭痛がする?首が痛い?!【正しい枕の選び方】 | キレイスイッチ

今ある枕を調節して肩こりや頭痛を防ぎたい時の調節方法とは

「とりあえず今ある枕を使いたい!」という方のために、今ある枕を自分の体型にあった高さに調節する方法をご紹介します。

枕が高い!と思ったら、肩の下にタオルを敷いて、肩の位置を少し高くすると枕の高さとの差が埋められますよ。または、枕に頭だけを乗せるのではなく、肩も乗せるようにするという方法もあります。逆に枕が低い!と思ったら、枕にタオルを敷いて高さをプラスしましょう。自分好みの高さになるように、タオルを重ねてくださいね。

ところで、枕にも寿命があるのをご存知でしょうか?なかなか買いかえるイメージがない枕ですが、その寿命はそれほど長くはありません。天然素材のものだと、半年~3年程度。

なかでもそばがら素材のものは短く、寿命は半年~1年程度だと言われています。寿命前であっても、そば殻が割れてきたら、鼻炎やぜんそくの原因になることがありますので、使用を中止しましょう。

一方、化学繊維のものは、1~5年程度が目安だと言われています。が、低反発のウレタン素材のものは短めで、寿命は6カ月~3年程度。低反発の特徴であるモチモチとした感触がなくなったら、買い替え時ですよ。

ちなみに、素材の特性上、表面の色が少しずつ黄色く変化していきますが、これは寿命とは関係がありませんのでご安心を。

引用元-肩こり、頭痛、寝つきの悪さ・・・それは枕のせいかも?!枕の選び方 | 女性の美学

 - 生活の知恵, 美容・健康