ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりを体操でほぐす オフィスでもできる体操を紹介

      2017/06/21

オフィスでデスクに向かって長時間仕事をしていて、

肩こりがつらい方は多いのではないのでしょうか。

適度に体操して効果的に解消しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

口内炎のときの食事 子供にはどんな食べ物がいい?

子供が口内炎になったとき、

痛くて食事ができないこともあると思います。

そんなとき、どんな食事が有効なのでしょうか?

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

紅茶の効能は様々 ダイエットや美容にも効果アリ!

紅茶の効能による美容やダイエットへの効果を

期待できるそうです。

飲みすぎず、有効に使いたいですね。

鍋を食べる時のちょっとしたコツでより美味しく

冬は鍋を食べる機会が多いと思いますが、

ちょっとした工夫やコツで、より美味しくお鍋を

楽しむことができます。是非試してみましょう。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

朝起きたら痰がからむ 原因は?

毎朝痰がからんで、辛い思いをしたことありませんか?

原因をつきとめ、改善していきましょう。

症状がひどい場合は診察を受けましょう。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

紅茶に含まれるカフェインの効果とは

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーですが、

紅茶にもカフェインは含まれているのです。

その効果とはどのようなものなのでしょうか。

突然現れる蕁麻疹の症状の原因や対処法?湿疹とは何が違う?

蕁麻疹の症状が突然現れて、かゆみが辛かった経験はありませんか?

蕁麻疹の原因の特定は難しいとされています。

また、湿疹と蕁麻疹の違いとは?

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

会話が続かない状態にならないための会話のコツとは?

会話をしていても、会話が続かないから相槌のみでやり過ごす、

なんてことはありませんか?

ちょっとしたコツをつかめば、会話も続いて、

会話自体が楽しくなるかもしれません。

10代で起こるひざの痛みオスグッド病の原因や予防法とは?

10代のひざの痛みといえば、成長痛が思い浮かびますが、

特にスポーツをしている子供で多く発症するとされるものがあるのです。

オスグッド病というひざに痛みの症状が現れるものなのですが、

原因や予防法はあるのでしょうか?

紅茶の効能による下痢の改善 ただし飲み過ぎに注意

紅茶に含まれるタンニンによって

下痢が改善されるそうです。

その効能について確認します。

炭酸飲料の泡が吹きこぼれるのを防ぐ方法

炭酸飲料をつい落としたり、振ってしまったりすると、

開けた時に泡が吹きこぼれてしまいます。

紹介する方法で防ぐことができるそうです!

紅茶の効能はメリットだけではないデメリットについて

このブログでも紅茶の数々の効能についての

記事がいくつかありますが、デメリットもあるようです。

特に好きで飲み過ぎてしまう方や貧血の方などは、

気をつけましょう。

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

肩こりに効く2つの体操

肩こりが起こる原因はいろいろありますが、長時間のデスクワークによる肩こりに効く2つのテクニックをご紹介します。

肩こりに効く2つのテクニック

【STEP1】老廃物を流す

右手の人差し指か中指を左肩から下、左腕の付け根の下部分に当てます。
指でその近辺を強めに押しながら「痛気持ちいいツボ」を探します。
見つけたらその部分を指でぐっと押し、20秒ほど押し続けます。
反対側も同じように行います。

引用元-30秒ですっきり! 理系のためのオフィス系ストレッチ (1) 長時間のデスクワークに効果あり! 座ったままできる肩こり解消テクニック | マイナビニュース

【STEP2】前のめりの姿勢を伸ばす

ペンを1本用意します。
背中に手を回し、ペンを握ります。右手でペンの上端、左手で下端を持ちます。
ペンを軽く上に引いたり、下に引いたりを2、3度繰り返します。
ペンの持ち手を変えて、同じように行います。

引用元-0秒ですっきり! 理系のためのオフィス系ストレッチ (1) 長時間のデスクワークに効果あり! 座ったままできる肩こり解消テクニック | マイナビニュース

スポンサーリンク



  人気記事

肩こりからくる頭痛には頭痛体操が効果的

そんな「肩こり頭痛」と呼ばれる緊張型頭痛は、筋肉の緊張をほぐす「頭痛体操」で手軽に緩和できてしまうんです。

やり方はとってもカンタン!
以下の様に体を動かしてください。

正面を向いて頭を動かさないようにする
両手を胸の高さで保ち、水平に腕を振る
体の中心をコマの軸のようにして左右交互に繰り返す
頭痛体操のポイントは、頭を動かさないこと。
体操は1回2分程の時間でOKですので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、頭痛体操は座ったままでも可能なんです!
席を立ちにくいデスクワークの合間にもできるので、ちょっとしたストレッチ代わりにピッタリですね!

引用元-肩こりと頭痛は「頭痛体操」で防げる!?2分でできる超簡単ストレッチ | ナースが教える仕事術

スポンサーリンク



オフィスでも休憩の合間に 肩こり対策のポーズとは

【ひじくっつけのポーズ】
肩甲骨の周りの血行を良くするポーズです。特にパソコンを使ったデスクワークの人は手を常に前に出しているために肩甲骨の周りの筋肉が緊張しがち。猫背になったり手を前に出したりして肩甲骨の間を伸ばすと、その周りの筋肉が緊張してしまうのです。逆に、肩甲骨は寄せると筋肉がゆるみます。筋肉をゆるめたり緊張させたりして血行がよくなるようにします。

<やり方>
1.手は肩において、体の前で両ひじをくっつける。
2.手を肩においたまま両ひじをなるべくつけた状態でひじを上にあげ、息を吐きながら、ひじを開いて肩を大きくまわす。これを3回繰り返す。
3.今度は反対に、吸いながら両ひじを開いたまま上に持ち上げ、上で両ひじをなるべくつけてから、吐きながらおろしてくる。これを3回繰り返す。

引用元-オフィスで自宅でベッドの上で! ひどい肩こりに悩まされたら試してほしいヨガ5ポーズ | Pouch[ポーチ]

bsPAK85_telshinagaramemowosuru1292

オフィスで簡単にできる肩こりのストレッチ

肩こりを予防したり、あるいは解消したりできるストレッチの方法はいたって簡単なものになりますが、具体的に下記のように実行するとようでしょう。

【簡単にできるストレッチの方法】
(1)最初に両手の指を組んでください
(2)指を組んだ手を頭上にあげて伸ばしましょう
(3)指を組んだ手のひらを上に向けるようにしてください
(4)腕全体を後ろに向かって伸ばしてください

以上の方法が肩こり予防や解消に効果があるストレッチになります。尚、余裕がある方は、手のひらを外側にして前の方に向かって伸ばす方法も効果があります。この場合は、少々下向き加減で背中を丸めるようなイメージで行ってくださいね。

上記のような方法でも、オフィスで気軽の実行できるかと思いますが、それでも雰囲気的に恥ずかしいようであれば、次のような方法も試してみてください。

【動作が目立たないストレッチ】
(1)最初に腕を後ろの回して指を組んでください
(2)指を組んだ手のひらを上方に向かって伸ばしましょう

引用元-オフィスなどで誰でも簡単にできる肩こり解消のストレッチ

オフィスで広がるマウス症候群に注意

パソコンを頻繁に使用する方に「マウス症候群」が広がっています。これは、パソコンの備品であるマウスが引き起こす肩こり・手のしびれです。

マウスを長時間使用していると、右手を常に前に出した姿勢がつづいてしまいます。一緒に右肩も前に出た状態になり、体にとって不自然な姿勢が続くことで、肩や手首に負担がかかり、血行不良や末梢神経の障害が起きやすくなります。パソコンを長時間使用して、右手・右肩にしびれ・痛み・違和感を感じる時は要注意です。

そんな時には、休憩と軽いストレッチ体操が効果的。デスクワークの時には無理にでも休憩時間を作り、ストレッチ体操に取組みましょう。

引用元-オフィスに出没するマウス症候群|肩と腰のメカニズム コラム|肩こり・腰痛情報局|肩こり・腰痛の総合情報サイト 『肩こり・腰痛倶楽部』

 - 生活の知恵, 社会 ビジネス, 美容・健康