ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

      2016/01/25

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

冷え性を日々の運動で改善する

冷え性を改善するために運動を始めてみませんか?

効果的な有酸素運動を行うことにより、習慣など様々な面が

改善されることも期待されます。

運動不足の方は是非、ウォーキングから始めてみましょう。

焼きみかんで美容などの効果が期待できる栄養素とは?

みかんを焼いて焼きみかんにすることで、

皮に含まれるβクリプトキサンチンという栄養素が、

皮から浸み出して、含まれる油と一緒に果肉に入っていき、

美容などの効果を生むそうです。

クリスマスのプレゼントは何がいい?彼氏へのプレゼントとは

いよいよクリスマスが近づいてきました。

彼氏にクリスマスプレゼントは何をあげたらいい?

と、悩んでいる方、大事なのは気持ちですよ。

脱水症状が起こった時の対処や予防するためには?頭痛の症状も

脱水症状と言えば、喉が渇くのを想像される人も

いるかもしれませんが、実際体の中では、

複雑なことが起こっています。

その時のために知っておくべきこととは?

ランニングで期待できる効果とは?自分にあった走り方を無理せず!

ランニングを継続的に行うことで様々な効果が期待できるそうです。

また、朝と夜では効果の出方も違うそうなので、

自分の目的にあった走り方を見つけ、無理せず行いましょう。

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

パチッとなる静電気は体質なの?

他の人より静電気のダメージを受ける事が

多いなと感じる事がありませんか?

静電気体質と聞く事はありますが、具体的にどういった

体質なのでしょうか?

自律神経バランスを整えるツボとは?爪もみって何?

自律神経は交感神経と、副交感神経があります。

交感神経は運動したり興奮したような時に働き、

副交感神経は、睡眠や食事などリラックス時に働きます。

二つの神経のバランスが崩れてしまうと、

不調を引きおこし、自律神経失調症にもなりかねません。

効果があるとされるツボを使って改善していきましょう。

油性ペンの落とし方 肌や服についてしまった時は?

油性ペンが肌や服に付いてしまっても、

慌てずに対処しましょう。

身近なもので結構落ちるんですね。

インクの落とし方について確認します。

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

痰がからむ咳は病気?風邪?

痰がからむような咳は苦しくなります。

病気かもしれないと思うこともあるでしょう。

心配しすぎもよくありませんが、

軽視せず症状によって対応しましょう。

腸が痛い症状の原因は?腹痛と冷えの関係とは?

お腹が痛い症状は、日常でもよくみられる症状のひとつです。

その原因は病気やストレスなど様々です。

まずはお腹の冷えを防ぎ、体質を改善していきましょう。

LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

離婚による子供への影響は?子供との話し合いやケアも大切

離婚は、夫婦の終わりとなりますが、

子供にとっては、どちらも親です。

特に精神面のケアをすることが大切となります。

カキフライを美味しく食べたい!広島流のカキフライとは?

カキは栄養豊富で美味しく、ありがたい食材です。

カキフライは定番の料理ですが、

広島では一般とはちょっと違った揚げ方をするそうです。

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

あべこべ体操について

フェルデンクライスメソッドをもとに北洞誠一さんが考案された体操。
身体をあべこべ(反対)に動かすことで身体の緊張やこわばり、ハリ、コリを簡単にリセットできる体操です。

あべこべ体操のメリット

簡単!なのに即効性が期待できる!
楽にリラックスしながら、心地よく動せる、つまり頑張らなくてもできる
体が硬くてもできる
年齢を問わずいつでもどこでも気軽にできる

引用元-あべこべ体操が肩こりに想像以上に即効性があった件

スポンサーリンク



  人気記事

あべこべ体操のポイントとは

あべこべ体操をやるにあたって意識したいのは、「基本の動き」に加えてそれとは真逆の「あべこべの動き」をすることです。「この“非日常的な動き”を取り入れることで、普段とは違ったパターンの筋肉の使い方が脳を刺激し活性化させます」と北洞さん。

 たとえば、体を右に向けたとき、普通であれば頭も一緒に右向きになりますよね。ところがあえて頭だけを左向きにすると、頭があべこべの動きになるわけです。

 この一連の動きがマスターできると、体の緊張がほぐれ、コリや張りも解消していきます。さっそく、そのやり方を見てみましょう。

引用元-すごいプレゼンを支える技術。TEDで学ぶプレゼンの鉄則3選 | 日刊キャリアトレック

スポンサーリンク



あべこべ体操のやり方

~まずは自分の状態をチェック~

1.椅子に楽にこしかけ背中を伸ばす
2.天井を見上げる
3.下を見ておへそを覗き込む
4.頭をゆっくり回す

自分の肩のハリ具合などが分かったところで、
ここからがあべこべ体操

~ベースの動き~

1.頭の後ろで両手を組む
2.ひじを開きながら天井を見上げ軽く背中をはります
3.ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中を丸くする
これがベースの動きです。

 

~1番目の動き~

「頭と目の動きを逆にします」

1.
頭の後ろで両手を組む

2.
ひじを開きながら天井を見上げ
軽く背中をはります
この時、目を下にもってくる

3.
ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中を丸くする
この時、目を上に持っていく

※頭が上の時は、目線を下に
頭が下の時は、目線を上に

 

~2番目の動き~

「頭と背中の動きを逆にします」

1.
頭の後ろで両手を組む

2.
ひじを開きながら天井を見上げ、背中を丸めます

3.
ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中をはります

 

~3番目の動き~

1.
右手を頭のてっぺんから回して、
左耳をさわり、首を右に倒す

2.
この状態のまま、
右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
次に左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
交互に5回します

次は頭の倒す方向を逆にして同じことをします。

1.
左手を頭のてっぺんから回して、
右耳をさわり、首を左に倒す

2.
この状態のまま、
左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
次に右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
交互に5回します

引用元-30秒 で 肩こり 解消 ! あべこべ体操 | 誰でもできる!1日5分マッサージ

あべこべ体操にはベースとなる運動法があった

a0002_007409_m (1)

実はこの「あべこべ体操」は、
「フェルデンクライスメソッド」という運動法がベース。

イスラエルの物理学者であるモーシェ・フェルデンクライスは、
ヒザの怪我で医者から車椅子生活を宣告されていた。

しかし彼は神経学・解剖学・生体力学などで、
独自のエクササイズを開発しヒザが完治させた。

現在このメソッドは世界中に広がり、
リハビリにも使われている。

その指導資格を持つ北洞先生は、
高齢者向けの運動指導を行っていく中で、
無理なく身体のコリやハリをとる、
あべこべ体操を考案したのだった。

引用元-金スマ|あべこべ体操 肩こりが30秒で改善!驚異の肩こり解消体操!方法・やり方!ダイエット効果も! | 日刊てれじろう

肩こりを予防するには

肩こりの4大原因のうち「運動不足」と「ストレス」は、日常の習慣が背景になっています。それだけに生活を見直し、肩こりを起こしにくい習慣をつけることが大切です。
<原因と予防策>
肩こりを起こしているときの首や肩は血流が悪くなっていて、新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくく、疲れやすい状態になっています。それを改善するのが適度の運動です。
運動は、それ自体が血流を改善する効果があります。と同時に、運動を続けることで筋肉量の低下を防ぎ、また筋肉が柔軟になります。筋肉は血液を送るポンプのような役割をしているので、運動を続けることで全身の血流を改善し、日ごろから肩こりを起こしにくいからだをつくることが大切です。
肩こりの予防では、筋肉に強い負荷をかけるよりも、筋肉を動かすことに意味があります。軽い運動、例えば散歩やウオーキング、室内での浅い屈伸運動でも全身の血流がよくなるので、定期的におこなうようにしましょう。歩くときは手を少し大きく振る、屈伸運動では膝を伸ばすときに両手を上や前、横に伸ばす方法で、肩の筋肉もほぐすことができます。
一方、「ストレス」による肩こりの解消にも、運動は効果的です。からだを動かすと血流が改善されるだけでなく、気分転換にもなるからです。また運動を始めると、やり方をおぼえたり、グッズ(運動着、靴など)を選んだり、目標をもつ(タイムを縮める、体重を減らすなど)といった楽しみが増え、それもストレス解消につながります。 
ストレス性の肩こりは女性に多く、とくに気分が落ち込みやすい女性は要注意。毎日の生活のなかに適度の運動習慣を取り入れ、肩こりを起こしにくいからだづくりを心がけましょう

引用元-肩こり…5つの原因と予防策 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

 - 生活の知恵, 美容・健康