ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりに効く体操 あべこべ体操とは?

      2016/01/25

あべこべ体操という肩こりに効果があると言われる

体操があります。今回は、そのあべこべ体操について

メリットや、やり方について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

便秘解消をすぐにでもしたい!生活習慣の見直しで根本から改善

すぐにでも便秘解消をしたい!

そんな方は多いと思います。根本的な原因は、

生活習慣の見直しが大切ですが、ちょっっとした工夫で翌日以降の

調子がよくなるかもしれません。

静電気を起きにくくする衣類の組み合わせや対策とは

冬場は特に静電気に悩まされます。

しかし、衣類の組み合わせによって静電気を

起きにくくできるそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?受診する時は何科?

近年、若年性更年期障害の症状を訴える人が増えているそうです。

若年性更年期障害の症状や原因とは?

男性も気を付けましょう。

洗濯する時の洗濯物を入れる順番や洗濯のコツとは

何気なくしてる洗濯も、手順良く行えば、

効率的な洗濯が出来るのです。

洗濯物を入れる順番などのコツとは?

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

慢性疲労症候群は慢性疲労と違う?原因や症状をチェックしよう

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?

近年、慢性疲労症候群である人は少なくないとも言われています。

患者は単なる疲労と誤解を受けることも多いそうです。

慢性疲労とは違う慢性疲労症候群の原因や症状とは?

起立性低血圧とは?原因や症状と対処法について

起立性低血圧とは、寝たり、座ったりしている状態から、

立ちあがった時に血液の循環がスムーズに行われずに、

脳への血のめぐりが悪くなる状態です。原因や対処法とは?

大掃除のコツ 風呂場をより快適に

年末の大掃除でお風呂場を掃除する際の

コツを集めてみました。

クエン酸は使い勝手がいいかもしれませんね。

手のツボにはどんな効果が?合谷や陽谿とは

足の裏と同様に、手も第二の心臓と呼ばれるほど、

ツボがあります。効果的な手のツボを押して、

生活を快適にしましょう。

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

口呼吸は今すぐ改善!口呼吸の治し方とは?

最近鼻呼吸ではなく口呼吸の子供が増えています。

口呼吸はなぜ良くないのか?

治し方とその理由を確認しましょう。

外反母趾が痛い!靴選びのポイントや効果が期待できる方法とは

靴を履くと足の親指の付け根が痛いと感じることはありませんか?

もしかしたら外反母趾かもしれません。

期待できる治し方や、考えられる原因とは?

確定できるわけではありませんが、参考にしてみてください。

顔の頬が乾燥して赤い症状をどうにかしたい!対処法は?

特に乾燥する季節に多い顔の頬などの乾燥肌、

悩んでいる方も多いと思います。

乾燥による赤い肌の原因や対処法とは?

靴の臭いが気になる臭いの原因と対策

現代人で靴を履かない人はほぼいないと思われますが、

毎日同じ靴を履いていると臭いが気になることはありませんか?

足や靴の臭いの原因やその対策とは?

コーヒーを飲むと腹痛や下痢の症状が出る原因と対処法について

コーヒーが好きで毎日飲んでいる人も多いと思いますが、

コーヒーを飲むとお腹が痛くなったり、下痢になってしまうという

ことはありませんか?原因と対処法とは?

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

幼稚園と保育園の違いとは

幼稚園と保育園の違いって知っているようで

知らなかったりしますよね。

近年、保育園と幼稚園の一元化動きもありますが、

まずはこの二つの違いについて確認してみたいと思います。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

あべこべ体操について

フェルデンクライスメソッドをもとに北洞誠一さんが考案された体操。
身体をあべこべ(反対)に動かすことで身体の緊張やこわばり、ハリ、コリを簡単にリセットできる体操です。

あべこべ体操のメリット

簡単!なのに即効性が期待できる!
楽にリラックスしながら、心地よく動せる、つまり頑張らなくてもできる
体が硬くてもできる
年齢を問わずいつでもどこでも気軽にできる

引用元-あべこべ体操が肩こりに想像以上に即効性があった件

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

あべこべ体操のポイントとは

あべこべ体操をやるにあたって意識したいのは、「基本の動き」に加えてそれとは真逆の「あべこべの動き」をすることです。「この“非日常的な動き”を取り入れることで、普段とは違ったパターンの筋肉の使い方が脳を刺激し活性化させます」と北洞さん。

 たとえば、体を右に向けたとき、普通であれば頭も一緒に右向きになりますよね。ところがあえて頭だけを左向きにすると、頭があべこべの動きになるわけです。

 この一連の動きがマスターできると、体の緊張がほぐれ、コリや張りも解消していきます。さっそく、そのやり方を見てみましょう。

引用元-すごいプレゼンを支える技術。TEDで学ぶプレゼンの鉄則3選 | 日刊キャリアトレック

スポンサーリンク



あべこべ体操のやり方

~まずは自分の状態をチェック~

1.椅子に楽にこしかけ背中を伸ばす
2.天井を見上げる
3.下を見ておへそを覗き込む
4.頭をゆっくり回す

自分の肩のハリ具合などが分かったところで、
ここからがあべこべ体操

~ベースの動き~

1.頭の後ろで両手を組む
2.ひじを開きながら天井を見上げ軽く背中をはります
3.ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中を丸くする
これがベースの動きです。

 

~1番目の動き~

「頭と目の動きを逆にします」

1.
頭の後ろで両手を組む

2.
ひじを開きながら天井を見上げ
軽く背中をはります
この時、目を下にもってくる

3.
ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中を丸くする
この時、目を上に持っていく

※頭が上の時は、目線を下に
頭が下の時は、目線を上に

 

~2番目の動き~

「頭と背中の動きを逆にします」

1.
頭の後ろで両手を組む

2.
ひじを開きながら天井を見上げ、背中を丸めます

3.
ひじを閉じながら、
おへそを覗き込んで、背中をはります

 

~3番目の動き~

1.
右手を頭のてっぺんから回して、
左耳をさわり、首を右に倒す

2.
この状態のまま、
右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
次に左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
交互に5回します

次は頭の倒す方向を逆にして同じことをします。

1.
左手を頭のてっぺんから回して、
右耳をさわり、首を左に倒す

2.
この状態のまま、
左のお尻をあげながら、右のお尻に体重をかける
次に右のお尻をあげながら、左のお尻に体重をかける
交互に5回します

引用元-30秒 で 肩こり 解消 ! あべこべ体操 | 誰でもできる!1日5分マッサージ

あべこべ体操にはベースとなる運動法があった

a0002_007409_m (1)

実はこの「あべこべ体操」は、
「フェルデンクライスメソッド」という運動法がベース。

イスラエルの物理学者であるモーシェ・フェルデンクライスは、
ヒザの怪我で医者から車椅子生活を宣告されていた。

しかし彼は神経学・解剖学・生体力学などで、
独自のエクササイズを開発しヒザが完治させた。

現在このメソッドは世界中に広がり、
リハビリにも使われている。

その指導資格を持つ北洞先生は、
高齢者向けの運動指導を行っていく中で、
無理なく身体のコリやハリをとる、
あべこべ体操を考案したのだった。

引用元-金スマ|あべこべ体操 肩こりが30秒で改善!驚異の肩こり解消体操!方法・やり方!ダイエット効果も! | 日刊てれじろう

肩こりを予防するには

肩こりの4大原因のうち「運動不足」と「ストレス」は、日常の習慣が背景になっています。それだけに生活を見直し、肩こりを起こしにくい習慣をつけることが大切です。
<原因と予防策>
肩こりを起こしているときの首や肩は血流が悪くなっていて、新鮮な酸素や栄養分が伝わりにくく、疲れやすい状態になっています。それを改善するのが適度の運動です。
運動は、それ自体が血流を改善する効果があります。と同時に、運動を続けることで筋肉量の低下を防ぎ、また筋肉が柔軟になります。筋肉は血液を送るポンプのような役割をしているので、運動を続けることで全身の血流を改善し、日ごろから肩こりを起こしにくいからだをつくることが大切です。
肩こりの予防では、筋肉に強い負荷をかけるよりも、筋肉を動かすことに意味があります。軽い運動、例えば散歩やウオーキング、室内での浅い屈伸運動でも全身の血流がよくなるので、定期的におこなうようにしましょう。歩くときは手を少し大きく振る、屈伸運動では膝を伸ばすときに両手を上や前、横に伸ばす方法で、肩の筋肉もほぐすことができます。
一方、「ストレス」による肩こりの解消にも、運動は効果的です。からだを動かすと血流が改善されるだけでなく、気分転換にもなるからです。また運動を始めると、やり方をおぼえたり、グッズ(運動着、靴など)を選んだり、目標をもつ(タイムを縮める、体重を減らすなど)といった楽しみが増え、それもストレス解消につながります。 
ストレス性の肩こりは女性に多く、とくに気分が落ち込みやすい女性は要注意。毎日の生活のなかに適度の運動習慣を取り入れ、肩こりを起こしにくいからだづくりを心がけましょう

引用元-肩こり…5つの原因と予防策 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア

 - 生活の知恵, 美容・健康