ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

      2016/01/25

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

スポンサーリンク

  関連記事

寝起きの口の中の乾燥を何とかしたい!口臭などの原因にも

寝起きで口の中が乾燥している事がよくあるという

人は要注意です。口呼吸が主な原因のようですが、

口呼吸は健康にもエチケットにもあまりよろしくないのです。

エアコンの電気代節約方法は?冷房の温度設定なども気をつけて

エアコンの電気代を節約するためのメンテナンスや、

温度設定について確認し、環境にもお財布にも、

得する生活術を身につけましょう。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

糖尿病の初期症状は尿から?尿の色や頻度も関係

糖尿病は症状が自分自身では分かりずらいのが特徴です。

ですがき尿などの初期症状を把握し、

早めに検査して未然に防げるようにしましょう。

冷え性対策のストレッチ 押すと効果のあるツボとは

冷え性に負けないためにストレッチで身体を温めてあげましょう。

簡単にできるストレッチと冷え性に効果があるツボを

ご紹介します。

寝る前の食事がよくないのはなぜ?食事の時間と睡眠について

寝る前の食事は良くない、太るとよく聞きます。

では、なぜ寝る前の食事は良くないのでしょうか?

また、寝る前の時間を多く摂れば、

遅い時間の食事は問題ないのでしょうか?

あくびが止まらない?他人のあくびがうつるのはなぜ?

あくびは脳の疲労や緊張しているときなどに出ますが、

友人と話しているときなどに、あくびをするとうつるのは、

なぜなのでしょうか?

注意すべきあくびとは?

耳鳴りの原因は病気?低音の耳鳴りで気をつけたい病気とは

耳鳴りがすると、耳鳴りもつらいですが、

耳鳴りによる不安感もつらいですよね。

無理せず周りの人に相談したり、病院へかかりましょう。

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

赤ちゃんのしゃっくりの原因や止め方とは?赤ちゃんへの授乳は?

赤ちゃんがしゃっくりをしていると、

大丈夫かな?と気になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、あまり心配することもないようです。

北海道のスキー場で子供でも楽しめるスキー場とは

北海道でスキーやスノボを楽しみたい、でも子供が

心配だったりしますよね。

ここでは子供でも安全に楽しめるスキー場をご紹介します。

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

何か始めたい スポーツなら何がいい?

年や季節の変わり目など、

何か始めたいなぁと漠然と思うことありませんか?

スポーツを始めて時間を有効に使いたいですね。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

なぜウォーキングで肩こりが改善されるのか

歩くことで使用する筋肉は体の8割にもなるそうです。特に下半身の筋肉を使うことで、下に溜まりやすい血液をおし上げてくれます。まるでポンプのような役割をしてくれます。血液をおしあげてくれる事によって、心臓や肺などの機能が活発になり、血流がよくなっていきます。

心臓や肺機能が改善されると全身に血の巡りがよくなります。血流がよくなる事で肩こりの原因と言われている老廃物質の代謝や排出されるのです。たかがウォーキングと思われますが、思っている以上に改善されている事に気づくでしょう。

そして足の裏には沢山のツボがあると言われています。ウォーキングする事によって、肩こりのツボと言われている指の付け根が刺激され、肩こりが解消すると言われています。ウォーキングは肩こりに効果的ですが、他にも健康面でいい効果があるので、ウォーキングはオススメです。

引用元-正しいウォーキング | 肩こり解消ガイド

スポンサーリンク



  人気記事

肩こり改善のウォーキングのポイントとは

① 姿勢よく歩く

② 歩幅を少し広めに

③ 腕を大きく振る

この3つです。

 

①の姿勢に関しては、

よく言われることですが、頭のてっぺんから糸で引っ張られるイメージで。

胸を張るというよりは、骨盤をたてるイメージで立ってウォーキングしましょう!

 

②の歩幅に関して、

普段歩くときより少し歩幅を広げて歩きましょう。

かかとからついて、つま先から蹴りだす。そんなイメージで歩いてくださいね!

 

③の腕振りについて、

しっかり振るように歩きましょう。かといって不自然に力を入れて振る必要はありません。

力を抜いて、自然に振ることのできる範囲で振りましょう。

普段歩くときは後ろに手を振れていない人が多いですから、

後ろに手を振るときに意識してやってみるのが手を大きく振るコツです!

 

 

これら3つのポイントに気をつけてウォーキングしましょう!

大切なのは「続けること」です。

引用元-肩こり改善に何か運動を始めたい・・・けど何をすれば・・・ | 大阪市大正区の人気整体 ひろ整骨院

スポンサーリンク



ウォーキングで得られるメリットについて

bs26NJ_retuwotukuruahirucyan (1)

①血液の循環がよくなる。

血液の循環がよくなることで、疲労物質は除去され栄養が運ばれます。

その結果、細胞が元気になって体が楽になるんです。

肩こりの敵は循環不良からくるので循環をよくしてあげることがポイントなんです。

 

②筋肉の老化を遅らせる。

先ほども書きましたが血流がよくなると細胞がどんどん生まれ変わります。

血液がしっかり酸素と栄養を届けてくれているから元気でいれるのです。

 

③骨が強くなる。

歩くことで骨に刺激を入れることはとても大切。

刺激が少ないと骨はどんどん弱ってしまいます。

実は骨も毎日生まれ変わってます。

血流がよくなることで古い組織は除去されて新しい組織を作る。

そんな修復を毎日毎日、体はしているんです。

 

④ストレス解消になる。

運動はがっつりやると疲れてしまう。

でも適度に体を動かすウォーキングは、

自律神経のバランスもよくなると言われているんですよ〜。

 

⑤日常生活が楽になる。

一回では大きく変化はしませんが、継続して行うことで、

少しずつ確実に体は変化していきます。

使えてなかったところが使えるようになったり、

弱りかけていた筋肉も刺激が入ることで強くなります。

引用元-ウォーキングで肩こり解消!歩くだけで得れる5つのメリット | ひふみ整体

ウォーキングを続けるために まずは30分を目標に

最初から頑張りし過ぎると長続きしないので最初は30分歩くのを目標にしましょう。今までほとんど運動をする習慣がなかったのであればまずは10~15分でも構いません。

しかしウォーキングはあくまでも一つの「運動」なのでキビキビと歩く必要があります。普段よりも若干大股歩きで、なおかつ腕を大きく振りながら背筋を伸ばして真っ直ぐ前方を見ながら歩くのがコツです。

30分位であれば往復で2キロ位なので、大体家から一キロくらい離れた地点を目標にして歩くとちょうど良いかもしれません。同じルートだと飽きる方は行きと帰りを別にしても良いでしょう。

ルート選択の注意点は歩道がきちんとある場所でなおかつ人通りがある程度あれば安心です。運動前後の軽い準備体操やストレッチもセットで行いましょう。

引用元-ウォーキングで肩こり解消!

ウォーキングの前には、準備体操をしよう

いきなり勢いよく歩き出すのではなく、軽く体を動かしたりして全身に血液を送り、筋肉の温度を高めます。さらに、ストレッチで、筋肉や腱を伸ばしやすくし、関節の動く範囲を予め広げておきます。
捻挫やケガを防ぐためにも、運動の効果的に行うためにも大切なことです。 ウォーキングは主に下半身の筋肉を使いますので、下半身を中心に、特にアキレス腱を念入りに伸ばしておきましょう。
しっかりウォーミングアップをすることは、ウォーキングの脂肪燃焼効果アップにもつながります。 ウォーキングの途中で脚や腰に疲れや痛みがでてきた時にもストレッチをすることで調子が戻ることがあります。ただし、無理は禁物です。

引用元-ウォーキングの前後に|ストレッチ|エクササイズ|ダイエットナビ | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

 - スポーツ, 生活の知恵, 美容・健康