ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こり解消にウォーキングを 体操も忘れずに

      2016/01/25

肩こりの解消にウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングによるメリットはたくさんあります。

始める前の体操も忘れずに!

スポンサーリンク

  関連記事

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

足が疲れやすい 足の疲れの解消法とは?効果的なツボは?

仕事で立っている時間が長かったり、歩き続けなければならない場合、

どうしても足が疲れやすいですよね。

特に女性の靴は疲れやすいということもあります。

足の疲れを解消するツボやポイントを見て、

疲れを次の日に残さないようにしたいものです。

突然めまいが起きた時の対処法は?立ちくらみのようなめまいの場合

めまいにも種類があり、考えられる原因や病気は様々です。

突然めまいに襲われた時は、どうすべきなのでしょうか?

脳に心配がある時は、その時の症状も確認しておきましょう。

しゃっくりが出る原因とは?疲れやストレスが関係することも

急に出るしゃっくりですが、原因については、

ご存知の方も多いかもしれません。

ストレスや疲れなどが関係していることもあるようです。

発熱がある時のお風呂は?子供もや大人も38度以上の発熱時は控える

風邪で発熱がある場合、お風呂は控えたほうがいいとされていましたが、

最近はそうでもないようですね。発熱に関しては38度近くある場合は、

控えたほうがよさそうですが、基本的には体を冷やさないように

入浴するのがいいとされているそうです。

腸閉塞の前兆や初期症状はある?予防策は?

一般的な腸閉塞は、消化しきれなかったものが、

腸に徐々に詰まって行く状態ともいえるので、

前兆が起こる可能性があるようです。

なるべく早く気づいて治療できるようにしましょう。

顎関節症が原因で耳が痛いことも?顎関節症の原因とは?

耳の下や、耳の前にある関節が痛いと思ったら、

顎関節症の可能性があります。

顎関節症で悩んでいる人は痛みの緩和法も参考にしてください。

コーヒーの効果 健康に良い?悪い?ダイエットには?

コーヒーは体に悪いというイメージが強いですが、

本当のところは、どうなのでしょう?

コーヒーの健康に対する効果とは?

健康や美容にも関係が深いケイ素の効果や効能について

ケイ素は、シリカ(二酸化ケイ素)とも呼ばれており、

地球上のあらゆる物質や物体にケイ素が含まれているそうです。

注目されるケイ素の効果や効能とは?

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

痰がからむ 違和感の原因とは?

のどに痰がからむような違和感を感じるのは、

風邪やアレルギーが原因であることが主です。

悪化しないように気をつけましょう。

会話が続かない人の特徴とは?上司や初見の人との会話

仲のいい友達となら会話も途切れることは少ないかもしれませんが、

それが、初対面であったり、目上の人や上司であると、

どんな会話をしていいのか迷って沈黙してしまうということも

多いかもしれません。

会話をうまく続けるために、会話が続かない人の特徴を知り、

そういった場面に活かせるようにしましょう。

昼食後の昼寝の効果は仕事にも?効果的な昼寝とは

近年、昼寝を取り入れる企業があるほど

昼寝の効果は見直されています。

午後からも元気に仕事ができるように

昼寝を取り入れてみましょう。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

ジンギスカンといえば北海道札幌!ジンギスカンの魅力や健康効果も?

ジンギスカンは、中央部が盛り上がった円形の鍋で、

ラムやマトンを野菜と一緒に焼く料理と定義されています。

タレに関しても食べ方が2種類あり、大変人気があります。

ジンギスカンは札幌のイメージが強いですが、

他地域でも食べられているのはご存知だったでしょうか?

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

子供と川遊びの時に注意すべきこととは

夏の時期は暑く、子供と川遊びもいいですよね。

ですが、川などの自然は、恐い一面もあります。

注意すべき点を確認して楽しく川遊びをしましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

なぜウォーキングで肩こりが改善されるのか

歩くことで使用する筋肉は体の8割にもなるそうです。特に下半身の筋肉を使うことで、下に溜まりやすい血液をおし上げてくれます。まるでポンプのような役割をしてくれます。血液をおしあげてくれる事によって、心臓や肺などの機能が活発になり、血流がよくなっていきます。

心臓や肺機能が改善されると全身に血の巡りがよくなります。血流がよくなる事で肩こりの原因と言われている老廃物質の代謝や排出されるのです。たかがウォーキングと思われますが、思っている以上に改善されている事に気づくでしょう。

そして足の裏には沢山のツボがあると言われています。ウォーキングする事によって、肩こりのツボと言われている指の付け根が刺激され、肩こりが解消すると言われています。ウォーキングは肩こりに効果的ですが、他にも健康面でいい効果があるので、ウォーキングはオススメです。

引用元-正しいウォーキング | 肩こり解消ガイド

スポンサーリンク



  人気記事

肩こり改善のウォーキングのポイントとは

① 姿勢よく歩く

② 歩幅を少し広めに

③ 腕を大きく振る

この3つです。

 

①の姿勢に関しては、

よく言われることですが、頭のてっぺんから糸で引っ張られるイメージで。

胸を張るというよりは、骨盤をたてるイメージで立ってウォーキングしましょう!

 

②の歩幅に関して、

普段歩くときより少し歩幅を広げて歩きましょう。

かかとからついて、つま先から蹴りだす。そんなイメージで歩いてくださいね!

 

③の腕振りについて、

しっかり振るように歩きましょう。かといって不自然に力を入れて振る必要はありません。

力を抜いて、自然に振ることのできる範囲で振りましょう。

普段歩くときは後ろに手を振れていない人が多いですから、

後ろに手を振るときに意識してやってみるのが手を大きく振るコツです!

 

 

これら3つのポイントに気をつけてウォーキングしましょう!

大切なのは「続けること」です。

引用元-肩こり改善に何か運動を始めたい・・・けど何をすれば・・・ | 大阪市大正区の人気整体 ひろ整骨院

スポンサーリンク



ウォーキングで得られるメリットについて

bs26NJ_retuwotukuruahirucyan (1)

①血液の循環がよくなる。

血液の循環がよくなることで、疲労物質は除去され栄養が運ばれます。

その結果、細胞が元気になって体が楽になるんです。

肩こりの敵は循環不良からくるので循環をよくしてあげることがポイントなんです。

 

②筋肉の老化を遅らせる。

先ほども書きましたが血流がよくなると細胞がどんどん生まれ変わります。

血液がしっかり酸素と栄養を届けてくれているから元気でいれるのです。

 

③骨が強くなる。

歩くことで骨に刺激を入れることはとても大切。

刺激が少ないと骨はどんどん弱ってしまいます。

実は骨も毎日生まれ変わってます。

血流がよくなることで古い組織は除去されて新しい組織を作る。

そんな修復を毎日毎日、体はしているんです。

 

④ストレス解消になる。

運動はがっつりやると疲れてしまう。

でも適度に体を動かすウォーキングは、

自律神経のバランスもよくなると言われているんですよ〜。

 

⑤日常生活が楽になる。

一回では大きく変化はしませんが、継続して行うことで、

少しずつ確実に体は変化していきます。

使えてなかったところが使えるようになったり、

弱りかけていた筋肉も刺激が入ることで強くなります。

引用元-ウォーキングで肩こり解消!歩くだけで得れる5つのメリット | ひふみ整体

ウォーキングを続けるために まずは30分を目標に

最初から頑張りし過ぎると長続きしないので最初は30分歩くのを目標にしましょう。今までほとんど運動をする習慣がなかったのであればまずは10~15分でも構いません。

しかしウォーキングはあくまでも一つの「運動」なのでキビキビと歩く必要があります。普段よりも若干大股歩きで、なおかつ腕を大きく振りながら背筋を伸ばして真っ直ぐ前方を見ながら歩くのがコツです。

30分位であれば往復で2キロ位なので、大体家から一キロくらい離れた地点を目標にして歩くとちょうど良いかもしれません。同じルートだと飽きる方は行きと帰りを別にしても良いでしょう。

ルート選択の注意点は歩道がきちんとある場所でなおかつ人通りがある程度あれば安心です。運動前後の軽い準備体操やストレッチもセットで行いましょう。

引用元-ウォーキングで肩こり解消!

ウォーキングの前には、準備体操をしよう

いきなり勢いよく歩き出すのではなく、軽く体を動かしたりして全身に血液を送り、筋肉の温度を高めます。さらに、ストレッチで、筋肉や腱を伸ばしやすくし、関節の動く範囲を予め広げておきます。
捻挫やケガを防ぐためにも、運動の効果的に行うためにも大切なことです。 ウォーキングは主に下半身の筋肉を使いますので、下半身を中心に、特にアキレス腱を念入りに伸ばしておきましょう。
しっかりウォーミングアップをすることは、ウォーキングの脂肪燃焼効果アップにもつながります。 ウォーキングの途中で脚や腰に疲れや痛みがでてきた時にもストレッチをすることで調子が戻ることがあります。ただし、無理は禁物です。

引用元-ウォーキングの前後に|ストレッチ|エクササイズ|ダイエットナビ | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

 - スポーツ, 生活の知恵, 美容・健康