ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

      2017/02/23

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

脇の下のしこりやリンパが痛い原因とは?

脇の下にしこりができたり、リンパが痛い時、

その原因は気になると思います。

簡単ではありますが、原因についてご紹介します。

肩こりや頭痛がつらい目の奥が痛いのはなぜ?原因とは

パソコン、スマートフォン、テレビなどを見る事が多い現代。

目は大きなダメージを受けています。

肩こりや頭痛、目の奥が痛い症状が出た時は要注意です。

水切りヨーグルトの栄養や効果とは?ダイエットにも効果あり

ヨーグルトは、健康的な食べ物という印象が強いですが、

水切りヨーグルトは、その効果を高めることに期待できるそうです。

水切りヨーグルトの作り方や、栄養と効果について見てみましょう。

憩室炎とはどんな症状の病気?痛み方は?

憩室炎は、大腸の壁が外に飛び出してできる憩室で、

細菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

症状や原因は、どのようなものなのでしょうか?

耳鳴りが気になる 耳鳴りの原因と特徴について

耳鳴りの症状は、音がするものがないのに、

様々な音が聞こえるというものです。

病気の場合もあるそうですが、多くはストレスや疲れが

溜まっている時に起こるそうです。

目の奥が痛い原因や眩しいと感じる原因は?目の疲れに効くツボとは

目が疲れると、まばたきの回数が増えたり、目の奥が痛いなど、

目に症状が現れてきます。光が眩しいと感じるのも症状の一つです。

原因として多いのは眼精疲労やドライアイだと言われています。

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

年賀状のマナー特に気をつけたいビジネス関係への書き方とは

ビジネスの上で年賀状は感謝や抱負を述べる大切な

ツールとなります。マナー違反な年賀状にならないように、

注意して書きましょう。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

肉の隠語の秘密とは?

食肉のことをボタンやサクラ、モミジ、カシワというのを

耳にしたことはありませんか?

例えば、カシワとは鶏肉のことをさすのです。

なぜそのような隠語が使われることになったのか、

それは歴史を紐解くと理解できるのです。

鼻のかみすぎに注意!耳が痛い症状や鼻のかみ方について

風邪などで鼻水をかむことはありますが、

鼻をかみすぎて耳が痛いと感じたことはありませんか?

鼻のかみ方を見直して負担をかけないようにしましょう。

入園・入学祝いのお返しは必要?礼状やのしの書き方とは?

子供が入園・入学祝いをもらったら、

お返しをしなくてはと思ってしまいますね。

ですが、基本的にお返しは必要ではないそうです。

話題のミドリムシの栄養や効果とは ユーグレナって?

未来食材として期待されるミドリムシ。

ミドリムシは藻の一種ですが、

植物と動物両方の性質を持つとても珍しい生物です。

59種類もの栄養素を持つミドリムシが

もたらす効果とは?

ストレスチェック制度って知ってる?義務化された目的とは

2015年12月から、ストレスチェックテストを

行うことが義務化されました。一体どのようなものなのでしょうか?

その目的や制度が導入されることで、どんな影響があるのでしょうか?

朝が弱い 起きれない人の対処法

毎日の朝が起きれなくてつらい。

そんな朝が弱い人におすすめの睡眠から快適に

目覚めることができる方法をいくつかご紹介します。

内蔵型冷え性の原因と症状 男性もなりやすい?

内蔵型冷え性とは内臓の血行が悪くなり、

いつも冷えた状態になってしまうことです。

男性もなりやすそうなのですが、なぜなのでしょうか?

立ち仕事の足の痛みや疲れが取れない原因と疲れをとる方法について

毎日の仕事で足が疲れていませんか?

休んでも中々疲れが取れない原因とは?

立ち仕事で足の痛みを防ぐための方法とは、

どんなものなのでしょう。

納豆の栄養素が加熱によってなくなるって本当?

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分は、

どうやら熱に弱いようです。

ただし、他の栄養素まで加熱すると良くないという

ワケではないのです。

機能性低血糖とは?過食などの症状や原因について

機能性低血糖症という病気は、あまり聞いたことがない

という人も多いかと思います。

まずは、機能性低血糖症という病気について知りましょう。

肩こりの原因の一つに筋膜

筋膜とは、筋肉の繊維の束を包んでいる膜のことで、肩こりはこの筋膜が硬くなっていることが原因の一つと考えられるそうです。

全身の筋膜はつながっているため、一部でも硬くなってしまうと、その影響は全身に及んでしまいます。

筋肉の表面にある「筋膜」にシワができ、そのシワに引っ張られるように筋肉がコリ固まってしまうそうです。

つまり、肩こりを解消するためには、この全身の筋膜のシワを伸ばす必要があるのです。

引用元-肩こりは揉んでも意味がない?筋膜リリース体操で解消しよう!|林先生が驚く初耳学 11月29日

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

肩こり解消のための筋膜リリースストレッチ

筋膜をリリースする体操を教えてくれるのが、首都大学東京の理学療法士、竹井仁先生です。

①右(左)手を頭の後ろの回します。手のひらを前に向けます

②左(右)手を腰の後ろに回します。てのひらは後ろを向けます。

③そして、後ろからみた肩甲骨が反時計回り(時計回り)に回るようにゆっくりとまわしていきます。

④そして鼻を左(右)肩に近づけるように横を向きます

①~④の状態を作ったら、姿勢を30秒~45秒キープします。この時間がきつい人はできる範囲で維持するようにします。

⑤次に右足(左足)を左足(右足)の左前に出して、足を交差させ体を左(右)に倒します。

⑥⑤の姿勢を30秒~45秒キープします。

①~⑥の手順を反対側でも同じようにします。()の中が反対です。

これを1日に3回行います。

この体操を肩こりがひどい方に3日間実践してもらうだけで、超音波エストグラフィを使って筋肉と筋膜の状態を観察した結果、肩こりが改善されているという結果が出たのです。

1ヶ月継続してすると、肩こりが解消され、見た目もすっきりとするのです。

引用元-肩こりは揉んでも意味が無い?筋膜リリース体操で解消する!

スポンサーリンク



肩こりは強く揉まれるほど酷くなる

マッサージされた時に、物足りないと感じれば、もっと強くやって欲しい、と感じることがあると思います。

中には、「私は強くやってくれる人でなければダメなんです」と、言う人もいるぐらいですが、強いマッサージを受ければ受けるほど、肩こりは酷くなっていきます。

特に普段から強いマッサージや指圧を受けている人は、逆に筋肉が硬くなって、治るまでに時間がかかります。

しかしそうはいっても、肩こりが辛い人にとってはどうしようもなく、その場しのぎでもいいからと、マッサージを受け、また続けていると、麻酔と同じように、弱い刺激では段々効かなくなる。

そういった悪循環になっています。

引用元-肩こり | 揺らぎ整体

肩こりを解消できる3つの体操とは

1:椅子に座った状態で斜め上に、人差し指を指して腕をめいいっぱい上げる
約10秒そのままで、続いて片方の腕も斜め上に人差し指を伸ばして上げる(10秒)
それを3回繰り返す

2:壁に背中を付けて立ち、胸と張って、肩甲骨をできるだけ、壁に押し付ける。
何秒かどうかはわかりませんが、10秒ぐらいを3回繰り返します。
ここでは、胸を出来るだけ張っています。

引用元-肩こり解消-ためしてみよう肩こり編

3:壁に向き合い、胸の高さぐらいで手のひらを壁に付けます。
足のかかとを付けて、Vの字につま先を開きます。
その状態でかかとを上に上げ、つま先立ちをします。10秒ストップ。
そのままかかとを降ろし、次につま先を軸にかかとを開き、今度はハの字にして、かかとをあげます。つま先立ち10秒間止めます。
かかとを降ろし、今度はかかとを軸につま先を開き、かかとを上げる。続いてつま先を軸にハの字で行います。

こうして足が徐々に広がっていきますが、限界まで広げて、今度は逆に戻ってきます。
つま先を軸、かかとを軸を繰り返し、最後に両かかとが付いたVの字で終了です。

このつま先立ちをする理由は、肩こりの人は普段立っている時にかかとの方に体重が乗っているのを修正するためです。

引用元-肩こり解消-ためしてみよう肩こり編

日常生活の中に肩こりの原因はある

姿勢
■姿勢の悪さからくる肩こり
■立ち方(悪い姿勢)のためにおこる肩こり
■座り方(悪い姿勢)のためにおこる肩こり

体の誤った使い方からおこる肩こり
■荷物の持ち方が悪いためにおこる肩こり
■姿勢を気にするあまり真っ直ぐにしようとしておこる肩こり
■首をならしすぎたためにおこる肩こり
■無意識に肩や背中に力が入っているための肩こり
■腕を伸ばしすぎてパソコンをうつための肩こり
■ストレッチをしているが常に力をいれてストレッチをしているための肩こり
■車の運転で前をよくみようとして首を前にだして運転しているための肩こり
■歯が見えることを気にして唇をとじようとして歯茎に力がはいっているため肩こり
■おなかをへこまそうとして常に力を入れているための肩こり

環境からくる肩こり
■寒い場所で働いているために冷えによる肩こり
■会社でクーラーが冷えすぎているための肩こり
■季節の変わり目になるとでる肩こり

ストレスや感情からくる肩こり
■常にイライラしているための肩こり
■恐怖や不安があるためにおこる肩こり
■上司や人の前に立つと緊張しすぎてでる肩こり

引用元-なぜ肩こりがよくならないのか|大久保整体 骨だけが整体ではない 誠健流 宇治市

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学