ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

      2017/02/23

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ホテルの宿泊予約を安くする裏技とは?

ホテルの宿泊の予約は近年、

外国の方も多くなったため取りにくくなっているようです。

そこで、宿泊予約を取るワザや安く済ますテクニックを

ご紹介します。

足つぼのマッサージは疲れやむくみにも効果あり?

足つぼのマッサージは様々な効果をもたらすと

言われています。足のむくみや疲れ、さらには

坐骨神経痛にも効果があるのだそうです。

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

高校で部活は続けるべき?勉強との両立はできる?

勉強も難しくなり、部活も本格化する高校生。

受験のために部活は諦めるのが正解なのでしょうか?

両立はきれいごとなのか?そんなことはないと思います。

一度しかない高校生活に悔いを残さないことが、

一番大切なのでしょう。

急性胃腸炎の辛い症状 下痢はどのくらい続く?

下痢や嘔吐を繰り返し、腹痛が止まない症状は、

急性胃腸炎の症状です。発熱や倦怠感も伴う急性胃腸炎の

下痢の症状はどのくらい続くのでしょうか?

耳かきを子供へしてあげるときの方法や注意点とは

子供の耳かきどうしていますか?

耳かきを嫌がって、なかなか出来ないということも

あるかもしれません。

子供の耳かきをする方法や注意点とは、

どのようなものなのでしょうか。

健康を維持するために軽い運動を始めよう 簡単にできる運動とは?

健康を維持いていく上で適度な運動は非常に重要となります。

簡単にできる運動であれば、少しずつでも始められそうです。

まずは無理せず、簡単な運動から始めてみましょう。

子供に起こりやすい溶連菌感染症の症状は大人でも感染する場合がある?

子供がいる方には割となじみがあるかもしれない溶連菌ですが、

この溶連菌は子供だけでなく大人にも感染の可能性があります。

症状や合併症は?

心因性頻尿の原因はストレス?排尿を意識しすぎないように

大事な会議、試験、発表する時など緊張する場面で、

トイレが近くなったりしますね。

心理的な要素やストレスなどが心因性頻尿の

引き金になることがあるのです。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

昼食後が眠い!眠気がひどい原因や対策とは

午前中の仕事を終え、昼食で回復したつもりが、

昼食後に眠いなんてことは、よくあることだと思います。

ですが、それは工夫をすれば、改善できる可能性があるそうです。

少しの時間昼寝をするのもおすすめです。

サンタクロースは今どこにいる?出発は?追跡してみよう

サンタクロースは出発したのかな?

子供達が待ちきれない時は、

サンタクロースを追跡してみるのもいいかもしれません。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

冷え性を改善 日常の飲み物や食べ物から

冷え性を無理せず食事で改善したい、

そんな方に冷え性を食事で改善する方法をご紹介します。

食べる時間や水分量なども冷え性と関係があるようです。

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

耳の音の正体は?ゴーという耳鳴りは要注意

耳の穴に指を入れると音が聞こえます。

あのゴーという音は筋肉が動いている音なのだそうです。

しかし、日常生活でゴーという音の耳鳴りがするようだと

要注意です。

口内炎が舌に 原因や特徴とは?

口内炎の中でも、最も辛いといわれているものが、

舌にできる口内炎です。舌は味や熱さを感じる働きの他に、

口の中に入った食べ物を食べるのを助け、

発音では重要な働きをします。

口内炎が舌にできてしまう原因や特徴とは?

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

肩こりの原因の一つに筋膜

筋膜とは、筋肉の繊維の束を包んでいる膜のことで、肩こりはこの筋膜が硬くなっていることが原因の一つと考えられるそうです。

全身の筋膜はつながっているため、一部でも硬くなってしまうと、その影響は全身に及んでしまいます。

筋肉の表面にある「筋膜」にシワができ、そのシワに引っ張られるように筋肉がコリ固まってしまうそうです。

つまり、肩こりを解消するためには、この全身の筋膜のシワを伸ばす必要があるのです。

引用元-肩こりは揉んでも意味がない?筋膜リリース体操で解消しよう!|林先生が驚く初耳学 11月29日

スポンサーリンク



  人気記事

肩こり解消のための筋膜リリースストレッチ

筋膜をリリースする体操を教えてくれるのが、首都大学東京の理学療法士、竹井仁先生です。

①右(左)手を頭の後ろの回します。手のひらを前に向けます

②左(右)手を腰の後ろに回します。てのひらは後ろを向けます。

③そして、後ろからみた肩甲骨が反時計回り(時計回り)に回るようにゆっくりとまわしていきます。

④そして鼻を左(右)肩に近づけるように横を向きます

①~④の状態を作ったら、姿勢を30秒~45秒キープします。この時間がきつい人はできる範囲で維持するようにします。

⑤次に右足(左足)を左足(右足)の左前に出して、足を交差させ体を左(右)に倒します。

⑥⑤の姿勢を30秒~45秒キープします。

①~⑥の手順を反対側でも同じようにします。()の中が反対です。

これを1日に3回行います。

この体操を肩こりがひどい方に3日間実践してもらうだけで、超音波エストグラフィを使って筋肉と筋膜の状態を観察した結果、肩こりが改善されているという結果が出たのです。

1ヶ月継続してすると、肩こりが解消され、見た目もすっきりとするのです。

引用元-肩こりは揉んでも意味が無い?筋膜リリース体操で解消する!

スポンサーリンク



肩こりは強く揉まれるほど酷くなる

マッサージされた時に、物足りないと感じれば、もっと強くやって欲しい、と感じることがあると思います。

中には、「私は強くやってくれる人でなければダメなんです」と、言う人もいるぐらいですが、強いマッサージを受ければ受けるほど、肩こりは酷くなっていきます。

特に普段から強いマッサージや指圧を受けている人は、逆に筋肉が硬くなって、治るまでに時間がかかります。

しかしそうはいっても、肩こりが辛い人にとってはどうしようもなく、その場しのぎでもいいからと、マッサージを受け、また続けていると、麻酔と同じように、弱い刺激では段々効かなくなる。

そういった悪循環になっています。

引用元-肩こり | 揺らぎ整体

肩こりを解消できる3つの体操とは

1:椅子に座った状態で斜め上に、人差し指を指して腕をめいいっぱい上げる
約10秒そのままで、続いて片方の腕も斜め上に人差し指を伸ばして上げる(10秒)
それを3回繰り返す

2:壁に背中を付けて立ち、胸と張って、肩甲骨をできるだけ、壁に押し付ける。
何秒かどうかはわかりませんが、10秒ぐらいを3回繰り返します。
ここでは、胸を出来るだけ張っています。

引用元-肩こり解消-ためしてみよう肩こり編

3:壁に向き合い、胸の高さぐらいで手のひらを壁に付けます。
足のかかとを付けて、Vの字につま先を開きます。
その状態でかかとを上に上げ、つま先立ちをします。10秒ストップ。
そのままかかとを降ろし、次につま先を軸にかかとを開き、今度はハの字にして、かかとをあげます。つま先立ち10秒間止めます。
かかとを降ろし、今度はかかとを軸につま先を開き、かかとを上げる。続いてつま先を軸にハの字で行います。

こうして足が徐々に広がっていきますが、限界まで広げて、今度は逆に戻ってきます。
つま先を軸、かかとを軸を繰り返し、最後に両かかとが付いたVの字で終了です。

このつま先立ちをする理由は、肩こりの人は普段立っている時にかかとの方に体重が乗っているのを修正するためです。

引用元-肩こり解消-ためしてみよう肩こり編

日常生活の中に肩こりの原因はある

姿勢
■姿勢の悪さからくる肩こり
■立ち方(悪い姿勢)のためにおこる肩こり
■座り方(悪い姿勢)のためにおこる肩こり

体の誤った使い方からおこる肩こり
■荷物の持ち方が悪いためにおこる肩こり
■姿勢を気にするあまり真っ直ぐにしようとしておこる肩こり
■首をならしすぎたためにおこる肩こり
■無意識に肩や背中に力が入っているための肩こり
■腕を伸ばしすぎてパソコンをうつための肩こり
■ストレッチをしているが常に力をいれてストレッチをしているための肩こり
■車の運転で前をよくみようとして首を前にだして運転しているための肩こり
■歯が見えることを気にして唇をとじようとして歯茎に力がはいっているため肩こり
■おなかをへこまそうとして常に力を入れているための肩こり

環境からくる肩こり
■寒い場所で働いているために冷えによる肩こり
■会社でクーラーが冷えすぎているための肩こり
■季節の変わり目になるとでる肩こり

ストレスや感情からくる肩こり
■常にイライラしているための肩こり
■恐怖や不安があるためにおこる肩こり
■上司や人の前に立つと緊張しすぎてでる肩こり

引用元-なぜ肩こりがよくならないのか|大久保整体 骨だけが整体ではない 誠健流 宇治市

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学