ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

      2017/03/27

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

風邪による頭痛の原因とは?発熱が高熱の場合の頭痛は注意

風邪によって発熱したり、頭痛があったりしますよね。

高熱の場合はインフルエンザも疑いますが、

高熱で頭痛を伴う場合は脳炎や髄膜炎の可能性もあるのです。

ノロウイルスの主な症状や感染経路とは

ノロウイルスが流行しているようです。

ノロウイルスの感染経路や症状を知った上で、

予防策をとりましょう。

若白髪の若者が増加する原因は?20代でも気をつけたい生活習慣

10代や20代でも若白髪が発生することがあり、若白髪と呼ばれます。

歳を取ると発生するはずの白髪がなぜ若者も発生してしまうのでしょう?

原因や対策とは?

炭酸水による洗顔で美肌効果 作り方や方法とは

炭酸水で洗顔すると美肌効果を得られるようです。

飲用のものではなく、クエン酸と重曹で作ったものが良さそうです。

炭酸水の作り方や洗顔方法とは、

どのようなものなのでしょうか。

携帯のLTEって何?LTEと4Gの違いや通信速度は?

携帯も昔とは全然変わってしまいました。

通信をよく使う人ならご存知かもしれませんが、

LTEって何のことだか知っていましたか?

入浴を効果的に HSP入浴法は健康に効果あり?

入浴は健康への効果が期待できます。

最近注目されているHSPを増やす入浴健康法もおすすめです。

ぜひ実践してみましょう。

男性も顔の毛穴のトラブル?ケア方法とは?

顔の毛穴のケアなど、女性の悩みだと思っていませんか?

これは男性にとっても大切なことなのです。

男性と女性の肌の違いとは?

ストレートネック用の枕の効果とは おすすめや選び方は?

デスクに座っての長時間にわたるパソコン作業やスマートフォンの

使いすぎによっておこってしまうストレートネック。

改善するための枕についてご紹介します。

皮膚のかゆみが顔にでる原因とは?予防が大切

顔の皮膚のかゆみがある原因は様々ですが、

習慣の改善などで予防できるそうです。

健康な皮膚を保ちましょう。

骨ストレッチとは?ダイエット効果ややり方について

メディアで紹介された骨ストレッチですが、

効果が期待できると人気のようです。

そのやり方や、効果とはどのようなものなのでしょうか?

心臓が痛い時に考えられる病気は?何科にかかるべき?

心臓が痛いと感じる時は色々と不安になると思います。

考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

また、何科にかかればいいのでしょうか?

緊張をほぐすツボを押してプレッシャーに打ち勝て!

緊張している時に、あるツボを押すと、

緊張がほぐれるそうです。

ツボの場所や押し方のコツとは?

寝る前にヨーグルトを摂るといい?睡眠やダイエットにも効果

ヨーグルトは免疫力を高めたり、腸内環境をよくするとされています。

このヨーグルトを夜の寝る前に摂取するとダイエットや睡眠などに

効果があるそうです。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

朝起きたら腰が痛い原因とは?対処法は?

朝起きたら腰が痛いと感じたことはありませんか?

疲労や寝具が原因となることもありますが、

他の原因も考えられるそうです。

肩こりや頭痛は枕が原因かも 枕を選ぶポイント

枕が合っていないと、肩こりや頭痛の原因と

なるそうです。では、どのような枕がいいのでしょうか?

快適な眠りを手に入れましょう。

静電気の電圧ってどのくらいなの?

静電気の電圧とはどの程度のものなのでしょうか?

また、静電気によって命の危険にさらされる事はあるのか?

雷も静電気が素のようです。

子供の性格に影響を与える環境や育て方

子供の性格形成には、様々な要因があります。

できれば、いい子に育って欲しいと親は願うものです。

育て方や環境が子供の性格に与える影響とは?

鼻うがいは生理食塩水で!やり方や期待できる効果とは?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から出す洗浄方法です。

鼻うがいは様々な効果が期待できますが、正しく行うことが大切です。

真水ではなく生理食塩水で行うようにしましょう。

独身者の老後へ資金は?男性も女性も貯金はどのくらい?

独身者にとって老後の不安は大きくあると思います。

年金なども含めて資金はどれくらい必要なのか?

貯金はどのくらいするべきなのでしょう?

かっさマッサージによる美容と健康に期待できる効果について

デトックス効果
肌をこすることでツボを刺激し、体調を改善して体内の毒素や老廃物を外に出しやすくします。
この効果により顔のむくみや体のむくみの解消、新陳代謝の促進、美肌効果、頭皮の血行促進による育毛効果があると言われています。
かっさによる健康効果はいつでもどこでも得られますし、副作用もありません。高価な経費もかかりませんし、専門的な知識も資格もいらずに自分で行えるのでぜひ基本を覚えてかっさで頭皮マッサージをしましょう。
血行促進効果
頭皮は血行が悪くなると硬くなり弾力がなくなります。触ってみると頭皮のコリがあるのがよくわかります。
このような時にかっさで頭皮マッサージをすれば、毛根まで必要な栄養が運ばれます。頭皮のコリが取れないままですと栄養をもらえない髪は抜けてしまったり、切れてしまったりして薄毛につながります。
薄毛予防にはかっさで頭皮マッサージが効果的なので、基本を覚えて今すぐに始めましょう。頭皮マッサージは髪に良いだけでなく、顔の血行が良くなり顔色も明るくなります。リラックス効果は全身にも伝わりますから、体のどの部分をかっさでマッサージしても新陳代謝の促進とリラックス効果が良い影響を与えます。

引用元-逆効果?間違った頭皮マッサージに注意 | 知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座

スポンサーリンク



  人気記事

かっさの特徴について

民間療法として長い間人から人へと伝えられてきたことからもわかるように、かっさをするために、熟練された高度な技術や高い専門性は必要ありません。

安全性が高く、副作用が少ない

いくつかの基本的な約束事を守れば、誰がやっても効果が得られるのが最大の魅力です。また、体にダメージを与える可能性が低く、副作用を心配する必要もないのです。

手軽にセルフケアしやすい

専門的な知識が必要ないので、基本的なルールをマスターすれば誰でも自宅で行うことができます。セルフケアで長く続けやすい美容法だといえるでしょう。

ここで注意したいのはその頻度です。肌が弱い人にとって、かっさプレートでこすること自体が肌への刺激になる場合があります。特に顔の場合は、週に1〜2回を目安に行いましょう。

押さえておきたいかっさ6つの約束事

かっさで効果をあげるためにぜひ押さえておきたい約束事です。

1.かっさ専用プレートや中華料理で使う陶製のレンゲを用意すること
2.オイルやクリームなどの潤滑剤を必ず使うこと(頭皮は除く)
3.顔の場合は中心から外側に、小さならせんを描くように動かすこと
4.内側から外側へ下から上へなど、必ず一定の方向に動かすこと
5.1箇所につき3回程度を目安にこすること
6.左右同じ回数行うこと

引用元-かっさにはどんな効果があるの? | スキンケア大学

スポンサーリンク



かっさマッサージの効果を上げるとされるツボについて

小顔、肩こり解消、脚痩せに効果的なツボがあります。通常のかっさマッサージと一緒に刺激して効果を上げましょう。

小顔効果

代謝を高めて顔のむくみやたるみを改善します。

承漿(しょうしょう)……下唇の下。中央の凹みの少し下の部分
攅竹(さんちく)……左右の眉がしらにある深くくぼんだ部分
睛明(せいめい)……左右の目頭と鼻の間にあるくぼんだ部分
肩こり解消

肩の筋肉疲労解消や血行促進効果があります。

天柱(てんちゅう)……首の後ろの髪の生え際で、中央のくぼみから左右に親指1本分ずつ外側
風池(ふうち)……天柱の左右に親指1本分ずつ外側
肩井(けんせい)……左右とも首のつけ根と肩先の中間
脚痩せ

血行とリンパの流れを促進してむくみを改善します。

承山(しょうざん)……左右ともアキレス腱とふくらはぎの筋肉の境目部分
足三里(あしさんり)……左右とも膝の皿下にあるくぼみから指幅4本分さらに下部分
三陰交(さんいんこう)……左右とも脚の内側のくるぶしから指幅3本分上のくぼみ

引用元-かっさの効果を上げるツボ(小顔・肩こり・脚痩せなど) | スキンケア大学

かっさによる顔マッサージの方法

顔マッサージについては、
額から鼻、口、そしてアゴの順番で行いましょう。

手順としては、
まず額から生え際に動かし、そして、生え際の中央から耳へ動かします。

次に、小鼻の横からこめかみに向かい、こめかみから耳へ動かします。

そして、口角の横から耳へ動かし、さらに、あごの中央から耳へ動かします。

最後に、耳の下から鎖骨へ動かすようにしましょう。

かっさで脚のむくみを取る方法

1.肌を滑りやすい状態にしましょう

ボディーローションとボディオイルを1:1の割合で手のひらに取って混ぜます。
そして、足の甲から付け根まで塗ります。
この時、かっさで皮膚を傷めないようにしっかり塗るようにしましょう。
途中で滑りが悪いと感じたら、再度塗りなおしてみましょう。

2.足の甲とくるぶしのマッサージをしましょう

脚の甲を指の側から足首側に流します。
皮膚が薄く、すぐ下には骨があるため、力を入れないように、
なでるようにしましょう。
くるぶしの周りを2~3周マッサージし、
かかと側から足の甲に向かって弧を描くようにマッサージします。
脚をマッサージする時は、太ももやふくらはぎからではなく、
足の甲やくるぶし周辺にも水分や老廃物が滞りやすいので、
その辺もマッサージするようにしましょう。

3.ふくらはぎのマッサージをしましょう

足首の付け根からひざの裏へまっすぐに流します。
すねにある太い骨とひざの部分以外も同じように行います。
少し力を入れるとかっさプレートがふくらはぎにグッとくいこみます。
その状態で一気に流し込みましょう。

4.太もものマッサージをしましょう

ひざ裏から脚の付け根まで流します。
内モモについては、まっすぐ脚の付け根に向かって流し、
前面部分については、ひざ上の肉を持ち上げるように流します。
外モモについては、内側に向かって斜めに流すようにしましょう。
マッサージは、心臓に遠い場所からする必要があるので、
順番は変えないようにしましょう。
ふくらはぎと同じように、少し力を入れてマッサージするようにしましょう。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学