ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

      2017/03/27

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

もやもや病は遺伝?症状や名前の由来について

もやもや病は、内頚動脈が頭の中に入った直後に、

左右ともに狭くなったり、詰まったりする病気で、

次第に進行していきます。

症状や名前の由来とはどのようなものなのでしょうか?

カイロダイエットをする時にカイロを貼る場所とは

ダイエット効果を高めたい時は、

内臓を温めることがポイントなんだそうです。

カイロを使ったダイエット方法とは?

貼る場所はどこに貼るのが効果的なのでしょうか?

咳が止まらない原因は病気?夜になると止まらなくなるのはなぜ?

風邪でない時や風邪が治っても咳の症状が

止まらないのはなぜなのでしょうか?

夜になると咳が出る人の原因とは?

独身女性の保険の事情とは?どんな保険に入るべきか

日本人の保険の加入率は世界の中で見ても高いそうです。

独身となると貯蓄も気になるところですので、

今回は特にシングル女性の保険の事情について見ていきましょう。

大掃除のコツ トイレを隅々まできれいに

トイレの大掃除は中々大変ですよね。

隠れた汚れも大掃除できれいにしましょう。

クエン酸を使いこなすのがコツですよ。

血圧が高い症状について 急に血圧が上がる理由とは?

血圧が高い原因は、はっきりとわかっていないそうです。

症状について理解し、生活習慣や食生活の

見直しを図りましょう。

朝の顔のむくみの予防や効果が期待できる解消法とは?

朝起きたら、いつもより顔が大きくなっている気がしたり、

目が腫れぼったく感じたことはありませんか?

顔のむくみを予防するために効果が期待できる方法や解消法とは?

職場の悩みやストレス解消法とは?多くの原因は人間関係にあり

職場でストレスを感じることがある人は、

非常に多いと思います。ですが、ストレスは絶対に無くなりません。

ストレス解消法でうまくコントロールし、

ストレスに負けてしまうことのないようにしましょう。

若白髪は治る?予防や改善をするために必要なこととは?

若白髪で悩む人が増えている原因は、

生活習慣の乱れにあるのかもしれません。

遺伝的な原因の可能性も言われていますが、そうでない場合は、

生活習慣の改善で若白髪も改善できるかもしれません。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

疲労回復をするために睡眠が大事!理想の睡眠時間とは?

疲労回復のために、睡眠はとても重要です。

特に精神的疲労が大きい場合は睡眠時間が長くなってしまうすです。

疲労回復のための理想の睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

納豆は栄養が豊富!ダイエットにも有効

栄養分が豊富な納豆ですが、

ダイエットの効果も期待できるようです。

もちろん納豆だけ食べればいいというわけではありません。

バランスよい食事に納豆を取り入れてみましょう。

大掃除のコツを押さえて部屋をきれいにしてスッキリ!

部屋の大掃除は小物や、リモコンなど

整理が大変です。まずはいるものなのか、

いらないものなのかを判断して、

不要な物は捨てるようにしましょう。

股関節ストレッチ美容や健康にも効果 簡単にできるストレッチ方法は?

股関節が硬くなっていたり、歪んでいることで、

体に及ぼす影響は多いようです。股関節のストレッチを

継続的に行い、柔らかくすることで効果を実感しましょう。

内蔵型冷え性を体の中から改善しよう

隠れ冷え性とも言われる内蔵型冷え性ですが、

まずは習慣を改善することから始めることが大事です。

食事や運動で体質を改善していきましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

車中泊のために準備するものや準備することは?

車中泊をして旅をする方も増えてきているようです。

ですが、何も準備せず車中泊をするのはあまり良くありません。

まずは準備をしっかり行い、旅も車中泊も楽しいものにしましょう。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

人間の脳は10%しか使われていないというのは間違い?

よく聞く人間の脳は10%しか使われていないという説は、

どうやら違うようです。アインシュタインは努力をしなさいという

意味で「我々人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」

と言ったそうです。そういったことが俗説を生んだのかもしれません。

緊張をほぐして大会や試合に臨もう!

大会や試合で緊張してしまってベストパフォーマンスが出来ず、

後悔した経験ありませんか?緊張をほぐして味方にしましょう。

メンタルの強さがスポーツでは非常に重要です。

かっさマッサージによる美容と健康に期待できる効果について

デトックス効果
肌をこすることでツボを刺激し、体調を改善して体内の毒素や老廃物を外に出しやすくします。
この効果により顔のむくみや体のむくみの解消、新陳代謝の促進、美肌効果、頭皮の血行促進による育毛効果があると言われています。
かっさによる健康効果はいつでもどこでも得られますし、副作用もありません。高価な経費もかかりませんし、専門的な知識も資格もいらずに自分で行えるのでぜひ基本を覚えてかっさで頭皮マッサージをしましょう。
血行促進効果
頭皮は血行が悪くなると硬くなり弾力がなくなります。触ってみると頭皮のコリがあるのがよくわかります。
このような時にかっさで頭皮マッサージをすれば、毛根まで必要な栄養が運ばれます。頭皮のコリが取れないままですと栄養をもらえない髪は抜けてしまったり、切れてしまったりして薄毛につながります。
薄毛予防にはかっさで頭皮マッサージが効果的なので、基本を覚えて今すぐに始めましょう。頭皮マッサージは髪に良いだけでなく、顔の血行が良くなり顔色も明るくなります。リラックス効果は全身にも伝わりますから、体のどの部分をかっさでマッサージしても新陳代謝の促進とリラックス効果が良い影響を与えます。

引用元-逆効果?間違った頭皮マッサージに注意 | 知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座

スポンサーリンク



  人気記事

かっさの特徴について

民間療法として長い間人から人へと伝えられてきたことからもわかるように、かっさをするために、熟練された高度な技術や高い専門性は必要ありません。

安全性が高く、副作用が少ない

いくつかの基本的な約束事を守れば、誰がやっても効果が得られるのが最大の魅力です。また、体にダメージを与える可能性が低く、副作用を心配する必要もないのです。

手軽にセルフケアしやすい

専門的な知識が必要ないので、基本的なルールをマスターすれば誰でも自宅で行うことができます。セルフケアで長く続けやすい美容法だといえるでしょう。

ここで注意したいのはその頻度です。肌が弱い人にとって、かっさプレートでこすること自体が肌への刺激になる場合があります。特に顔の場合は、週に1〜2回を目安に行いましょう。

押さえておきたいかっさ6つの約束事

かっさで効果をあげるためにぜひ押さえておきたい約束事です。

1.かっさ専用プレートや中華料理で使う陶製のレンゲを用意すること
2.オイルやクリームなどの潤滑剤を必ず使うこと(頭皮は除く)
3.顔の場合は中心から外側に、小さならせんを描くように動かすこと
4.内側から外側へ下から上へなど、必ず一定の方向に動かすこと
5.1箇所につき3回程度を目安にこすること
6.左右同じ回数行うこと

引用元-かっさにはどんな効果があるの? | スキンケア大学

スポンサーリンク



かっさマッサージの効果を上げるとされるツボについて

小顔、肩こり解消、脚痩せに効果的なツボがあります。通常のかっさマッサージと一緒に刺激して効果を上げましょう。

小顔効果

代謝を高めて顔のむくみやたるみを改善します。

承漿(しょうしょう)……下唇の下。中央の凹みの少し下の部分
攅竹(さんちく)……左右の眉がしらにある深くくぼんだ部分
睛明(せいめい)……左右の目頭と鼻の間にあるくぼんだ部分
肩こり解消

肩の筋肉疲労解消や血行促進効果があります。

天柱(てんちゅう)……首の後ろの髪の生え際で、中央のくぼみから左右に親指1本分ずつ外側
風池(ふうち)……天柱の左右に親指1本分ずつ外側
肩井(けんせい)……左右とも首のつけ根と肩先の中間
脚痩せ

血行とリンパの流れを促進してむくみを改善します。

承山(しょうざん)……左右ともアキレス腱とふくらはぎの筋肉の境目部分
足三里(あしさんり)……左右とも膝の皿下にあるくぼみから指幅4本分さらに下部分
三陰交(さんいんこう)……左右とも脚の内側のくるぶしから指幅3本分上のくぼみ

引用元-かっさの効果を上げるツボ(小顔・肩こり・脚痩せなど) | スキンケア大学

かっさによる顔マッサージの方法

顔マッサージについては、
額から鼻、口、そしてアゴの順番で行いましょう。

手順としては、
まず額から生え際に動かし、そして、生え際の中央から耳へ動かします。

次に、小鼻の横からこめかみに向かい、こめかみから耳へ動かします。

そして、口角の横から耳へ動かし、さらに、あごの中央から耳へ動かします。

最後に、耳の下から鎖骨へ動かすようにしましょう。

かっさで脚のむくみを取る方法

1.肌を滑りやすい状態にしましょう

ボディーローションとボディオイルを1:1の割合で手のひらに取って混ぜます。
そして、足の甲から付け根まで塗ります。
この時、かっさで皮膚を傷めないようにしっかり塗るようにしましょう。
途中で滑りが悪いと感じたら、再度塗りなおしてみましょう。

2.足の甲とくるぶしのマッサージをしましょう

脚の甲を指の側から足首側に流します。
皮膚が薄く、すぐ下には骨があるため、力を入れないように、
なでるようにしましょう。
くるぶしの周りを2~3周マッサージし、
かかと側から足の甲に向かって弧を描くようにマッサージします。
脚をマッサージする時は、太ももやふくらはぎからではなく、
足の甲やくるぶし周辺にも水分や老廃物が滞りやすいので、
その辺もマッサージするようにしましょう。

3.ふくらはぎのマッサージをしましょう

足首の付け根からひざの裏へまっすぐに流します。
すねにある太い骨とひざの部分以外も同じように行います。
少し力を入れるとかっさプレートがふくらはぎにグッとくいこみます。
その状態で一気に流し込みましょう。

4.太もものマッサージをしましょう

ひざ裏から脚の付け根まで流します。
内モモについては、まっすぐ脚の付け根に向かって流し、
前面部分については、ひざ上の肉を持ち上げるように流します。
外モモについては、内側に向かって斜めに流すようにしましょう。
マッサージは、心臓に遠い場所からする必要があるので、
順番は変えないようにしましょう。
ふくらはぎと同じように、少し力を入れてマッサージするようにしましょう。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学