ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

かっさマッサージの効果とは?顔や足のマッサージの方法について

      2017/03/27

古くから中国に伝わるかっさですが、

マッサージによる美容や健康の効果が期待できるそうです。

その効果や方法とは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

もしかして膀胱炎?女性に多い膀胱炎の症状や原因について

膀胱炎は女性に多い病気です。

残尿感や痛みなど、気になることがあったら、

すぐに病院にかかることが大切です。

症状を確認して、予防もしっかりしましょう。

足の裏の魚の目の芯の取り方

足の裏に魚の目ができても、症状がひどくなければ、

セルフケアで済ませる人が多いかもしれません。

しかし、セルフケアには十分な注意が必要です。

原因や予防策を知って再発しないようにしましょう。

だるい体を食事で改善!疲労回復に効果がある食べ物とは?

疲労が溜まっているときのオススメの食べ物とは?

疲労回復の効果が高い食べ物は様々ありますが、

バランスもしっかり整えることが大切です。

クリスマスプレゼントを彼女に 何をあげたらいい?

彼女へのクリスマスプレゼントに迷っている方は

結構いるのではないでしょうか?

あまり考えすぎず、彼女にあった物をプレゼントしてあげましょう。

食べ物で体質を改善して静電気を起きにくくする

静電気が起きやすい体質の方は、

食生活を見直して、その体質を改善できるかもしれません。

やはり何事も健康が第一です!

LINEやゲームなどのニックネームのつけ方や例について

LINEやゲームで自分につけるニックネームって、

意外と悩んだりしませんか?どうせならかっこいい、かわいいネームを

つけたいと思いますよね。

ニックネームの例や、つけ方などを参考にしてみましょう。

偏頭痛の痛みがひどい症状や目がチカチカするのは関係がある?対処法とは?

偏頭痛の痛みがひどい時は、生活の妨げになるほどです。

目がチカチカしたり、ひどい時は吐き気までしてしまうことも。

症状や対処法とは?

花粉症による鼻づまりのメカニズムとは?寝れない時はツボを刺激

花粉症による鼻づまりの悩みを抱える人は少なくないと思います。

鼻づまりのメカニズムを理解し、少しでも解消の

糸口を掴めるといいですね。

冷え性が原因で自律神経失調症の危険

ストレスなどから引き起こる冷え性が近年増加傾向に

あるようです。冷え性が原因で自律神経のバランスが

崩れたり、逆のパターンもあるそうなので気をつけたいですね。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

糖尿病の食事制限やストレスとの関係について

糖尿病は、遺伝的要因や生活習慣により

体内の糖が上手く代謝されず血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の食事制限やストレスとの関係とは?

窓の大掃除のコツは窓の外側から掃除すること!

窓がきれいだと気分も上がりますよね。

大掃除で透き通るような窓に仕上げましょう。

コツを学んで効率のいい大掃除を!

花粉症の原因は植林?花粉症の歴史とは

国民病とも言われる花粉症ですが、

そもそもの原因はスギの植林が原因であるようです。

たくさんの人が苦しむ花粉症は一体いつまで続くのでしょうか?

様々な原因があり、解決は中々難しそうです。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

ストレートネックの治し方とは? 治療や改善方法について

ストレートネックになってしまったら、その治し方とは?

また、どのように改善していけばよいのでしょうか?

治療方法や改善方法を確認しましょう。

紅茶の効能でリラックス効果 ストレス解消におすすめ

気分が上がらない、疲労感があるなどの時は

紅茶を飲みましょう。紅茶の効能にリラックス効果があります。

ほっとしたい時に一息紅茶を。

血圧を下げる食べ物とされるゴマや納豆、玉ねぎの効果について

血圧を下げたい、あるいは血圧が上がるのを予防したい。

まずは生活習慣の改善が大切ですが、食事の見直しももちろん必要です。

血圧を下げる食べ物として言われる、ゴマや納豆や玉ねぎの効果とは?

独身者の老後生活孤独は寂しい?住宅や病気は?

独身者の老後は寂しいとよく言われますが、

それは独身者に限られた事ではないので心配する事はないと思います。

ただ、孤独や不安を感じやすかったり、病気などをした場合の事は

よく考えておくべきだと思われます。

住宅などもしっかりとしたプランが必要かもしれません。

口内炎が痛い 食事ができない時におすすめの食べ物

口内炎が痛いと気分も落ちてしまいがちですが、

しっかり食事をして体力を落とさないことが大事です。

食事ができないほどの時でも工夫して食事を摂るようにしましょう。

かっさマッサージによる美容と健康に期待できる効果について

デトックス効果
肌をこすることでツボを刺激し、体調を改善して体内の毒素や老廃物を外に出しやすくします。
この効果により顔のむくみや体のむくみの解消、新陳代謝の促進、美肌効果、頭皮の血行促進による育毛効果があると言われています。
かっさによる健康効果はいつでもどこでも得られますし、副作用もありません。高価な経費もかかりませんし、専門的な知識も資格もいらずに自分で行えるのでぜひ基本を覚えてかっさで頭皮マッサージをしましょう。
血行促進効果
頭皮は血行が悪くなると硬くなり弾力がなくなります。触ってみると頭皮のコリがあるのがよくわかります。
このような時にかっさで頭皮マッサージをすれば、毛根まで必要な栄養が運ばれます。頭皮のコリが取れないままですと栄養をもらえない髪は抜けてしまったり、切れてしまったりして薄毛につながります。
薄毛予防にはかっさで頭皮マッサージが効果的なので、基本を覚えて今すぐに始めましょう。頭皮マッサージは髪に良いだけでなく、顔の血行が良くなり顔色も明るくなります。リラックス効果は全身にも伝わりますから、体のどの部分をかっさでマッサージしても新陳代謝の促進とリラックス効果が良い影響を与えます。

引用元-逆効果?間違った頭皮マッサージに注意 | 知らなきゃ損!?正しいヘアケア講座

スポンサーリンク



  人気記事

かっさの特徴について

民間療法として長い間人から人へと伝えられてきたことからもわかるように、かっさをするために、熟練された高度な技術や高い専門性は必要ありません。

安全性が高く、副作用が少ない

いくつかの基本的な約束事を守れば、誰がやっても効果が得られるのが最大の魅力です。また、体にダメージを与える可能性が低く、副作用を心配する必要もないのです。

手軽にセルフケアしやすい

専門的な知識が必要ないので、基本的なルールをマスターすれば誰でも自宅で行うことができます。セルフケアで長く続けやすい美容法だといえるでしょう。

ここで注意したいのはその頻度です。肌が弱い人にとって、かっさプレートでこすること自体が肌への刺激になる場合があります。特に顔の場合は、週に1〜2回を目安に行いましょう。

押さえておきたいかっさ6つの約束事

かっさで効果をあげるためにぜひ押さえておきたい約束事です。

1.かっさ専用プレートや中華料理で使う陶製のレンゲを用意すること
2.オイルやクリームなどの潤滑剤を必ず使うこと(頭皮は除く)
3.顔の場合は中心から外側に、小さならせんを描くように動かすこと
4.内側から外側へ下から上へなど、必ず一定の方向に動かすこと
5.1箇所につき3回程度を目安にこすること
6.左右同じ回数行うこと

引用元-かっさにはどんな効果があるの? | スキンケア大学

スポンサーリンク



かっさマッサージの効果を上げるとされるツボについて

小顔、肩こり解消、脚痩せに効果的なツボがあります。通常のかっさマッサージと一緒に刺激して効果を上げましょう。

小顔効果

代謝を高めて顔のむくみやたるみを改善します。

承漿(しょうしょう)……下唇の下。中央の凹みの少し下の部分
攅竹(さんちく)……左右の眉がしらにある深くくぼんだ部分
睛明(せいめい)……左右の目頭と鼻の間にあるくぼんだ部分
肩こり解消

肩の筋肉疲労解消や血行促進効果があります。

天柱(てんちゅう)……首の後ろの髪の生え際で、中央のくぼみから左右に親指1本分ずつ外側
風池(ふうち)……天柱の左右に親指1本分ずつ外側
肩井(けんせい)……左右とも首のつけ根と肩先の中間
脚痩せ

血行とリンパの流れを促進してむくみを改善します。

承山(しょうざん)……左右ともアキレス腱とふくらはぎの筋肉の境目部分
足三里(あしさんり)……左右とも膝の皿下にあるくぼみから指幅4本分さらに下部分
三陰交(さんいんこう)……左右とも脚の内側のくるぶしから指幅3本分上のくぼみ

引用元-かっさの効果を上げるツボ(小顔・肩こり・脚痩せなど) | スキンケア大学

かっさによる顔マッサージの方法

顔マッサージについては、
額から鼻、口、そしてアゴの順番で行いましょう。

手順としては、
まず額から生え際に動かし、そして、生え際の中央から耳へ動かします。

次に、小鼻の横からこめかみに向かい、こめかみから耳へ動かします。

そして、口角の横から耳へ動かし、さらに、あごの中央から耳へ動かします。

最後に、耳の下から鎖骨へ動かすようにしましょう。

かっさで脚のむくみを取る方法

1.肌を滑りやすい状態にしましょう

ボディーローションとボディオイルを1:1の割合で手のひらに取って混ぜます。
そして、足の甲から付け根まで塗ります。
この時、かっさで皮膚を傷めないようにしっかり塗るようにしましょう。
途中で滑りが悪いと感じたら、再度塗りなおしてみましょう。

2.足の甲とくるぶしのマッサージをしましょう

脚の甲を指の側から足首側に流します。
皮膚が薄く、すぐ下には骨があるため、力を入れないように、
なでるようにしましょう。
くるぶしの周りを2~3周マッサージし、
かかと側から足の甲に向かって弧を描くようにマッサージします。
脚をマッサージする時は、太ももやふくらはぎからではなく、
足の甲やくるぶし周辺にも水分や老廃物が滞りやすいので、
その辺もマッサージするようにしましょう。

3.ふくらはぎのマッサージをしましょう

足首の付け根からひざの裏へまっすぐに流します。
すねにある太い骨とひざの部分以外も同じように行います。
少し力を入れるとかっさプレートがふくらはぎにグッとくいこみます。
その状態で一気に流し込みましょう。

4.太もものマッサージをしましょう

ひざ裏から脚の付け根まで流します。
内モモについては、まっすぐ脚の付け根に向かって流し、
前面部分については、ひざ上の肉を持ち上げるように流します。
外モモについては、内側に向かって斜めに流すようにしましょう。
マッサージは、心臓に遠い場所からする必要があるので、
順番は変えないようにしましょう。
ふくらはぎと同じように、少し力を入れてマッサージするようにしましょう。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学