ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

      2018/09/01

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

セルライトの原因は冷えにアリ肥満はセルライトの原因ではない

冷え性の人にセルライトが出来るのが多いそうです。

それもそのはず、セルライトの原因は冷えなのです。

血行不良なども原因の一つとなります。

独身の女性の割合とは 結婚に対する考え方は?

女性の結婚に対する考え方は以前とは

だいぶ変わってきているようです。

独身の割合やその考え方とはどのようなものなのでしょうか?

口内炎の治し方 唇にできたときはどうしたいい?

口内炎ができる原因はいくつかあるようですが、

舌や唇にできると食事がしにくかったりします。

唇の裏にできやすい口内炎の治し方とは?

足がむずむずして眠れない症状はむずむず脚症候群かも?原因や症状について

脚の奥の方に気持ちの悪い感覚があったり、

安静にしているときに足がむずむずするなどの症状がある場合、

それはむずむず脚症候群かもしれません。

症状や原因を確認してみましょう。

冷え性対策のグッズをご紹介 プレゼントにもおすすめ

冷え性のグッズはたくさんありますが、

その中でもおすすめの物をご紹介します。

冷え性の方へのプレゼントにもおすすめです。

30代や40代女性の独身の楽しみ方とは

独身の方が増え、ソロ化が進む中、

独身をプラスに捉え、存分に独身を楽しむ女性は増えています。

独身の楽しみ方とは?

牡蠣の生食用と加熱用の違い 注意点とは

スーパーなどで見かけることが多いと思いますが、

生食用と加熱用の牡蠣が置いてあります。

鮮度の違いでないことはご存知でしたか?

正しい認識を持たないと、あたってしまうかも。

マンボウの死因は本当?絶滅危惧種に指定される

マンボウは泳ぎが下手でストレスにも弱く、

ネットでも死因の多さなど、度々話題となっておりました。

今回、そのマンボウが絶滅危惧種にしてされたのです。

耳がこもる症状の原因は風邪?気を付けたい病気とは?

風邪の時に、耳が聞こえにくかったり、

こもるような感覚を受けたことはありませんか?

この耳がこもる症状は、どのようなことが原因なのでしょうか?

てんかん発作を見かけたときのために知っておくべき対応とは

てんかんの発作は、突然起こります。

街中や大きな施設などで発作を起こしている方を見かけた場合、

どのような対応を取るべきなのでしょうか?

背中が痛い症状が真ん中に現れる原因とは 吐き気もある時は?

背中が痛い症状と共に吐き気がする場合があります。

吐き気を伴う場合、内臓疾患により痛みが生じている可能性があります。

背中の真ん中あたりが痛む場合の原因とは?

花粉症による目のかゆみの対策は?ヘアスタイルにも気をつける

花粉症による目のかゆみをどうにかしたい。

そう思う方は多くいると思います。

目のかゆみへの対策とは?ヘアスタイルにも気をつけてみましょう。

足の痺れの原因は坐骨神経痛?原因や症状とは

坐骨神経痛とは腰から膝の辺りまで伸びている神経で、

足の痛みも坐骨神経痛の事が多いのです。

痺れや痛みと坐骨神経痛について確認しましょう。

インフルエンザ?発熱を伴う腰痛の原因は?考えられる病気について

腰痛は骨の歪みなどが原因として考えられますが、

発熱を伴う場合は、骨の歪みが原因とは考えにくいそうです。

それでは、どのような病気が考えられるのでしょう。

気になる症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

洋服の収納をクローゼットにきれいに収納するコツとは?

服の収納スペースが足りないと感じたり、衣替えの際に、

クローゼットを見直してみませんか?

クローゼットを上手に活用するコツとは?

牛にならない?食後のごろ寝はダイエットにつながる?

食事の後に、すぐに横になると牛になると良く言われたものです。

ですが、この食後のごろ寝が消化を助けたり、

ダイエット効果もあるそうです。

後鼻漏が口臭の原因に?関係や対策について

後鼻漏であると、口臭にも影響があるそうです。

後鼻漏と口臭の関係とは?

また、どのような対策をすべきなのでしょうか?

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

口内炎の治し方は塩うがい?その効果とは

憂鬱な口内炎の治し方として塩があります。

塗るというまさに原始的な方法もありますが、

うがいでも十分効果はあるそうです。

体を温めるおすすめの飲み物

■牛乳
セロトニンを合成するトリプトファンが含まれており、睡眠を促す働きがあります。また、ストレスを和らげ、精神を落ち着かせるカルシウムも含まれているため、眠る前にホットミルクにして飲めば体が温まるだけでなく安眠効果も期待できます。
■赤ワイン
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが含まれています。レスベラトロールには、細胞が新しく生まれ変わるのを助ける働きがあるため、お酒でできるエイジングケアとしてオススメです。また、オレンジの輪切りなどを入れたホットワインにでもすれば、アロマによるリラックス効果も期待できます。
■ウーロン茶
肌荒れや老化を防止するといわれるウーロン茶ポリフェノールが含まれています。また、脂肪の吸収を抑える働きもあり、ダイエット中の方にもオススメです。
■紅茶
紅茶ポリフェノールが含まれており、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を防いだり、脂肪の吸収を抑える働きもあります。
■日本酒
肌の主成分であるタンパク質をはじめ、肌の新陳代謝を促し、若々しい肌を保つといわれるビタミンB群が含まれています。
■黒豆茶
抗酸化作用のあるビタミンEやアントシアニンという物質を含んでおり、シワやたるみを予防する働きも。また、食物繊維が豊富に含まれているため便秘気味の方にもオススメです。
■しょうが湯
辛み成分であるジンゲロールや、香りの成分であるガラノラクトンという物質には、血液の流れをスムーズにし、血行をよくする作用があるため、冷え性を改善する働きがあります。

引用元-今すぐ飲みたい!体を温める飲み物 | 美肌レシピ

スポンサーリンク



  人気記事

ホットコーヒーは結果的に体を冷やす?

飲み物でも製造過程で発酵されている物は体を温めてくれます。例えばレストランに入ると食後の飲み物としてよく出されるコーヒーと紅茶。どちらもカフェインが含まれていて飲むと頭がすっきりしますし、消化を助けてもくれます。

しかし温めることに関しての効果は真逆で、コーヒーは体を冷やし紅茶は温める作用があります。

コーヒーはコーヒー豆を収穫してその豆を炒って作るのですが、紅茶はお茶の葉を発酵させて作るからです。

ホットコーヒーを飲んだら一時的に体が温まりますが、その後体を冷やしてしまいます。温め効果を狙うなら紅茶を選んだ方がいいのです。
私たち日本人は緑茶は馴染み深く、温かい緑茶を飲む機会も多いですよね。この緑茶ですが健康や美容にも効果的な成分が含まれているのですが、実は体を冷やす飲み物に分類されてしまうのです。

その理由はコーヒーと同様で、緑茶は不発酵茶だからです。

引用元-温かい飲み物は冷え性改善に効果的は嘘?本当に体を温める飲み物とは | 女性の美学

スポンサーリンク



生姜を飲みやすくするレシピ

bsTSU85_koucyanotpod

生姜+黒砂糖、生姜+はちみつ
お湯に生姜と黒砂糖、または生姜とはちみつを溶かして飲みます。
さらに葛を溶かして、葛湯にするとトロトロで最後まで温かく飲めますし、
葛にも体を温める作用があるので効果倍増です。
 
生姜は、はちみつ漬けにしたものも売っていますし
自分で密閉容器などに生姜のスライスと蜂蜜を入れて漬け込んでも。
生姜+ゆず茶、生姜+かりん茶
ゆず茶やかりん茶はのどに良く風邪予防に飲む人も多いものです。
ジャムのように甘みがあるので、チューブのおろし生姜をそのまま入れても
とても飲みやすいです。

引用元-体を温める飲み物

身体を温めるためにココアもおすすめ

お茶以外では「ココア」には身体を温めてくれる作用があります。

ココアには身体を温めてくれる代表と言える「ショウガ」に匹敵するほどの効果があると言われているほどです。

まず、ショウガに含まれているジンゲロールと言う成分は、血行を良くし、代謝を高めてくれる効果があると知られています。

ココアにはテオブロミンという抹消の血管を拡張してくれる効果があります。

この抹消の血管を拡張する効果により、血行が良くなると期待されています。

引用元-冷え性の体が温まる飲み物は?逆に体を冷やす飲み物は?

身体を温めることによる効果とは

・血管が広がり新陳代謝が活発に
体が冷えて血流が悪くなると、十分な酸素と栄養が細胞に届かず、病気や肌トラブルの原因となります。体を温めることで血流は改善され、細胞のすみずみまで必要な酸素と栄養が行き渡ります。細胞の新陳代謝が活発化すると言われており、溜め込まれた老廃物もスムーズに排出されるようになるのです。

・基礎代謝が上がりダイエットに
体が冷えると効率的に脂肪を燃焼できなくなるので、太りやすい体質になってしまいます。体温が1度違うだけで、1日あたり約140kcalの消費カロリーの差が出てくるそうです。体が温まって血行が良くなれば、脂肪の燃焼効率と基礎代謝も上がります。

・免疫力がぐんぐんアップ
免疫力が高まると風邪を引きにくくなる、病気になりにくくなる、美肌になるといいことづくめ。体温が自分の平熱より1度下がるだけで免疫力は3割低下し、逆に1度上がるだけで5倍から6倍もアップすると言われています。内臓まで冷える「低体温」の原因は、ストレスや不規則な食生活にあります。冷たい食べ物や飲み物を避けて体を動かすだけで、風邪知らずの健康な体に近づきます。

引用元-ホットドリンクが体を冷やす!? 本当に体を温める飲み物とは?|マナトピ – 学びのトピック、盛りだくさん。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学