ご当地探訪ブログ

ご当地ならではの情報・生活について、健康についてなどのキュレーションです

*

寒さに負けない 身体を温める飲み物とは

      2016/08/29

寒い日が続きます。身体を温めるために温かい飲み物を。

しかし、温かい飲み物を飲めばいいということでもなさそうです。

芯から身体を温める飲み物について確認しましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

寝る前にコップ1杯の水を!適切な飲み方で効果を発揮

寝る前にコップ1杯の水を飲むといいというのは、

どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ですが、飲み方や飲み過ぎは逆効果のようです。

尋常性疣贅とはイボのこと?子供に多い足の裏のイボの原因や特徴

足の裏の魚の目やタコのように見えるものは、

実は尋常性疣贅というウイルス性のイボかもしれません。

子供が感染しやすいようです。

原因や特徴とはどんなものなのでしょう?

鼻の呼吸は片方ずつって知ってる?鼻呼吸の重要性とは

日常的に鼻で呼吸をしていて、あまり意識しませんが、

鼻呼吸は片方ずつしている事はご存知ですか?

口呼吸している方は鼻呼吸に直した方がいいですよ。

就活でストレス解消法を聞かれることも?転職の面接でストレスを溜めないために

学生の就活や転職時の面接は、中々ストレスが溜まるものです。

面接でストレス解消法を聞かれることも最近は多いようです。

面接で溜まるストレス解消法はひとそれぞれですが、

大事なことはストレスを溜めないことです。

30代や40代独身の男性の楽しみ方とは?

男性と女性共にソロ化が進む現代ですが、

独身が良くないという風潮も薄くなってきているように感じます。

寂しさを感じることもあるかもしれませんが、

ポジティブに捉えて、独身を楽しむことも大切です。

独身男性の独身の楽しみ方とは?

何か始めたいと思ったらすぐ行動!大学生のうちに多くの経験を!

何気なく大学生活を送っていて、

時間があるなぁ、何か始めたいなと思っているなら

すぐ行動しましょう!時間はあるようで、ありません!

カイロは貼る場所によって効果は様々!貼ってはいけない場所とは?

寒い時に定番のカイロ。

最近は靴の中に入れるタイプ、靴下に貼るタイプなど、

色々な種類のカイロが販売されています。

そんなカイロも貼る場所を考えて貼れば、

さらに効果的に使用することができるのです。

てんかんの症状や性格変化について てんかんは子供に多い?

てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの

発作を繰り返し起こす病気です。

その原因や症状は人により様々で、

患者数も全国で60~100万人とされています。

ズボンの乾かし方を工夫してシワをつけない シワの取り方は?

ズボンを洗濯して乾かしても、ちゃんと乾かさないと

すぐにシワになってしまいます。

乾かし方やシワの取り方を知り、ズボンを長持ちさせましょう。

炭酸入浴剤で気持ち良い入浴を!期待できる効果は?

その日の疲れはその日のうちに落としたいですよね。

炭酸入浴剤をうまく使って、

明日への元気を取り戻しましょう!

肌のシミの原因とは?紫外線対策の日焼け止めSPFやPAとは

気になる肌のシミの敵である紫外線対策はしていますか?

紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、

色素沈着を発生させます。

肌のシミの原因と対策について確認しましょう。

財布の寿命とは?買い替えは何年くらいですべき?

財布の寿命って何年くらいなのでしょうか?

財布の買い替えのいいきっかけとして、

一度考えてみるのもいいかもしれません。

セルライトが痛い原因や改善する方法について

セルライトとは、老廃物や水分、脂肪がつまり、

循環が上手く回らずにどんどん肥大化していく現象です。

このセルライトが痛い原因とは何なのでしょうか?

また改善策とは?

セーターの縮みを直す方法とは トリートメントを使う

お気に入りのセーターが縮んでしまって

着られない、なんてことありませんか?

なんとトリートメントを使って縮みを戻すことができるのです。

肩こりは揉んではいけない?体操やストレッチについて

日常生活の中に肩こりの原因となる事はたくさんあります。

そんな肩こりも、つい揉んでしまいますが、

肩こりは揉んではいけないと言われています。

体操やストレッチで改善するようにしましょう。

妊娠中冷えの原因とその影響とは

妊娠中は妊娠前より体が冷えやすくなっています。

母体や胎児にも影響が出ることがあるので、

原因を知り、改善していきましょう。

紅茶の効能を利用して冷えを改善 生姜紅茶がおすすめ

紅茶には体を温める効能があります。

冷えでお悩みの方は、生姜紅茶にして飲むと

効能もより良くなるそうです。

入浴による効果は高齢者にも有効?

高齢者の方の入浴に関する効果とは、

どのようなものなのでしょうか?

体力的に注意する点も重視しておきましょう。

耳かきの頻度やコツについてについて 耳掃除をしすぎると良くない?

耳かきはどのくらいの頻度で行っていますか?

あまり頻繁にしすぎると良くないそうです。

耳掃除のコツや安全な耳かきの方法とは?

静電気が怖い 防止対策でうまく電気を逃す

外出先や車の乗車時、室内でも冬場は特に

静電気に悩まされます。ちょっとした行動で

静電気の悩みを解決できそうです。

体を温めるおすすめの飲み物

■牛乳
セロトニンを合成するトリプトファンが含まれており、睡眠を促す働きがあります。また、ストレスを和らげ、精神を落ち着かせるカルシウムも含まれているため、眠る前にホットミルクにして飲めば体が温まるだけでなく安眠効果も期待できます。
■赤ワイン
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが含まれています。レスベラトロールには、細胞が新しく生まれ変わるのを助ける働きがあるため、お酒でできるエイジングケアとしてオススメです。また、オレンジの輪切りなどを入れたホットワインにでもすれば、アロマによるリラックス効果も期待できます。
■ウーロン茶
肌荒れや老化を防止するといわれるウーロン茶ポリフェノールが含まれています。また、脂肪の吸収を抑える働きもあり、ダイエット中の方にもオススメです。
■紅茶
紅茶ポリフェノールが含まれており、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を防いだり、脂肪の吸収を抑える働きもあります。
■日本酒
肌の主成分であるタンパク質をはじめ、肌の新陳代謝を促し、若々しい肌を保つといわれるビタミンB群が含まれています。
■黒豆茶
抗酸化作用のあるビタミンEやアントシアニンという物質を含んでおり、シワやたるみを予防する働きも。また、食物繊維が豊富に含まれているため便秘気味の方にもオススメです。
■しょうが湯
辛み成分であるジンゲロールや、香りの成分であるガラノラクトンという物質には、血液の流れをスムーズにし、血行をよくする作用があるため、冷え性を改善する働きがあります。

引用元-今すぐ飲みたい!体を温める飲み物 | 美肌レシピ

スポンサーリンク



  人気記事

まだデータがありません。

ホットコーヒーは結果的に体を冷やす?

飲み物でも製造過程で発酵されている物は体を温めてくれます。例えばレストランに入ると食後の飲み物としてよく出されるコーヒーと紅茶。どちらもカフェインが含まれていて飲むと頭がすっきりしますし、消化を助けてもくれます。

しかし温めることに関しての効果は真逆で、コーヒーは体を冷やし紅茶は温める作用があります。

コーヒーはコーヒー豆を収穫してその豆を炒って作るのですが、紅茶はお茶の葉を発酵させて作るからです。

ホットコーヒーを飲んだら一時的に体が温まりますが、その後体を冷やしてしまいます。温め効果を狙うなら紅茶を選んだ方がいいのです。
私たち日本人は緑茶は馴染み深く、温かい緑茶を飲む機会も多いですよね。この緑茶ですが健康や美容にも効果的な成分が含まれているのですが、実は体を冷やす飲み物に分類されてしまうのです。

その理由はコーヒーと同様で、緑茶は不発酵茶だからです。

引用元-温かい飲み物は冷え性改善に効果的は嘘?本当に体を温める飲み物とは | 女性の美学

スポンサーリンク



生姜を飲みやすくするレシピ

bsTSU85_koucyanotpod

生姜+黒砂糖、生姜+はちみつ
お湯に生姜と黒砂糖、または生姜とはちみつを溶かして飲みます。
さらに葛を溶かして、葛湯にするとトロトロで最後まで温かく飲めますし、
葛にも体を温める作用があるので効果倍増です。
 
生姜は、はちみつ漬けにしたものも売っていますし
自分で密閉容器などに生姜のスライスと蜂蜜を入れて漬け込んでも。
生姜+ゆず茶、生姜+かりん茶
ゆず茶やかりん茶はのどに良く風邪予防に飲む人も多いものです。
ジャムのように甘みがあるので、チューブのおろし生姜をそのまま入れても
とても飲みやすいです。

引用元-体を温める飲み物

身体を温めるためにココアもおすすめ

お茶以外では「ココア」には身体を温めてくれる作用があります。

ココアには身体を温めてくれる代表と言える「ショウガ」に匹敵するほどの効果があると言われているほどです。

まず、ショウガに含まれているジンゲロールと言う成分は、血行を良くし、代謝を高めてくれる効果があると知られています。

ココアにはテオブロミンという抹消の血管を拡張してくれる効果があります。

この抹消の血管を拡張する効果により、血行が良くなると期待されています。

引用元-冷え性の体が温まる飲み物は?逆に体を冷やす飲み物は?

身体を温めることによる効果とは

・血管が広がり新陳代謝が活発に
体が冷えて血流が悪くなると、十分な酸素と栄養が細胞に届かず、病気や肌トラブルの原因となります。体を温めることで血流は改善され、細胞のすみずみまで必要な酸素と栄養が行き渡ります。細胞の新陳代謝が活発化すると言われており、溜め込まれた老廃物もスムーズに排出されるようになるのです。

・基礎代謝が上がりダイエットに
体が冷えると効率的に脂肪を燃焼できなくなるので、太りやすい体質になってしまいます。体温が1度違うだけで、1日あたり約140kcalの消費カロリーの差が出てくるそうです。体が温まって血行が良くなれば、脂肪の燃焼効率と基礎代謝も上がります。

・免疫力がぐんぐんアップ
免疫力が高まると風邪を引きにくくなる、病気になりにくくなる、美肌になるといいことづくめ。体温が自分の平熱より1度下がるだけで免疫力は3割低下し、逆に1度上がるだけで5倍から6倍もアップすると言われています。内臓まで冷える「低体温」の原因は、ストレスや不規則な食生活にあります。冷たい食べ物や飲み物を避けて体を動かすだけで、風邪知らずの健康な体に近づきます。

引用元-ホットドリンクが体を冷やす!? 本当に体を温める飲み物とは?|マナトピ – 学びのトピック、盛りだくさん。

 - 生活の知恵, 美容・健康, 雑学